標高1000㍍オーバー

f0103126_2182881.jpg
  先週、800㍍台の沢でそこそこイワナの反応があったので、例年より寒いとは思いつつも1000㍍オーバーの谷にチャレンジ。ところが天気は良いものの、あまりの風の冷たさに手が凍えてしまいました。当然ながらイワナの反応もほとんどなし。
  ミツバツツジとヤマザクラを堪能する一日となりました(ミツバツツジは、標高800㍍以下で開花中)。帰りがけに本流で竿を振ると、元気なヤマメが反応します。やっぱり4月はヤマメ釣りですよね!明日の天気予報は、あいにくの雨。日帰り温泉を満喫しつつ、少しヤマメと遊んでくるつもりです。
f0103126_2194644.jpg

# by scott1091 | 2006-04-15 21:08 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)

Tying room

f0103126_19134686.jpg
 東京に住んでいた頃は、家族4人で2DKのマンションに暮らしていました。子供が生まれるまでは、十分なスペースでしたが小学校入学にあわせて勉強机や物が増え、Tying roomなど持てるはずもありません。
 こんな状況ですから、何とかTying spaceを確保するべく、収納スペースは立体的に展開し、子供の勉強机も私がタイイングに使っていたライティング・デスクを息子に譲り、娘の机はうまくスペースに収まるよう同じものを購入しました。
 現在の住まいは4LDKなので、念願の自分専用のTying roomが確保されました。洋服ダンスなどが押し込まれ、一番日当たりの悪い部屋ですが、そこで過ごす時間はほとんど夜なのでまったく気になりません。逆に夏の気温差も少ないので、マテリアルの保管にも適していると思っています。
 今の部屋には、タイイング用とパソコン用に二つのライティング・デスクがあります。この二つのデスクは、いずれも東京に住んでいたとき子供達が使っていたもの。そして今息子が使っている机は、実家にあった私が学生時代に使ったもの。娘の机は、私が独身時代に購入し、東京では妻の家事、私の持ち帰り残業、そしてタイイングに使用していたものです。

# by scott1091 | 2006-04-09 19:14 | Comments(0)

イワナの沢

 先週、本来ヤマメしかいない沢で、小さいながらイワナが釣れたので、今期初めてイワナの沢に入りました。例年に比べると一週遅れですが、今年は桜が咲いてからは花冷えが続き、イワナの活性は期待できません。それでも底に定位するイワナをフライにアクションをつけて誘って、それなりの釣果を得ることができました。
 今日は、今までに経験したことがないほど、沢で動揺してしまいました。何と超至近距離で、熊と遭遇してしまいました。フライを投げれば簡単に届く距離です。熊は巨岩の岩と岩の間でしきりに何かを食べている様子で、幸いにも私に気がつきませんでした。両岸とも切り立った岩盤で、お互いの退路は私が遡行してきたルートしかないので、熊に気づかれたら無事ではすまなかったと思われます。ちなみに、今までこの沢で熊の痕跡を見たことはありませんし、今まで熊とニアミスした沢に比べると、あまりにも険しすぎる印象です。
 体毛があまりにも真っ黒なので、妙に感動してしまいました。
f0103126_20552673.jpg

# by scott1091 | 2006-04-08 21:00 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)