妻に「TALEX」をプレゼント!

最近、対向車のライトが眩しく感じると…。
妻も年齢を考えると、白内障の兆候がでてきてもおかしくありません。
一緒に「さわやかウォーキング」に参加したり、
普通の人より徒歩や自転車で出歩くことが多い妻。
白内障予防も兼ねて偏光グラスをプレゼントしました。

f0103126_21041707.jpg

レンズはもちろん「TALEX」で、フレームは「999.9」。
これで新緑や紅葉、青空のコントラスト、
川の中の魚など同じ景色を共有できます。
作製は「レジーナオプチカル」。
「TALEX」の度付は受注生産のため、
店舗で注文してから受け取りまで3~4週間を要します。

f0103126_21042547.jpg


「TALEX」
TRUEVIEW SPORTS
PPL75非球面
屈折率1.50
ハードマルチコート



# by scott1091 | 2018-07-08 20:50 | TALEX | Comments(2)

8シーズン使用した「SIMMS」の「HeadWater」を修理!

景気は良くても賃金上昇がともなわない日本は、消費マインドの冷え込みが続いて物価が上昇しないのは当然の流れ。これに反して順調な経済と賃金上昇にともなってインフレが続いている米国。日本に住んでいれば為替変動による原材料によるコスト上昇くらいしか意識することはありませんが、米国製が多いフライ用品はインフレの影響も大きいです。

フライロッドも正規代理店が扱うものは10万円を超えていますし、ウエーダーも高くなっておいそれと買うことができません。ロッドについてはもう買う必要はありませんが、ウエーダーは消耗品なので一生使うことはできません。しかし高価なゴアテックスのウエーダーを買う余力はないので、この週末に修理しました。

f0103126_21051704.jpg

このウエーダーは「SIMMS」の「HeadWater」。「SIMMS」の「made in USA」製品ではもっとも廉価版になりますが、それでも現在の価格は57,240円(税込)となります。私は里川の釣行が少ないので使用頻度は少ないですが、購入は2010年なので8シーズン使ったことになります。

「HeadWater」は太腿までの前面はゴアテックスの5レイヤー。しかし太腿から上と後ろ側はゴアテックスの3レイヤーなので、イバラなどのピンホールは避けられません。私はウエーダーの下に「FoxFire」のゴアソックスを履くので、一昨年までは汗かな~くらいの水漏れでした。

f0103126_21052745.jpg

しかし昨年履いたときは、右足はかなりの濡れ方。数年前に「SIMMS」が値上げされる前に「G3」を買ったので、そろそろ交換時期かな~と漠然と思っていました。しかしあらためて現在の価格を見ると、もう「SIMMS」のウエーダーを買うことができそうにないので、この週末修理することにしました。

すでに8シーズン経過していますが、使用頻度が少ないことと保管には留意しているので、ゴアテックスの剥離はありません。水漏れの原因は狩野川水系に多いイバラによるピンホールなので、ウエーダーをひっくり返してお湯を入れて、水漏れ箇所を確認して鉛筆でマーキングしました。

f0103126_21020865.jpg
f0103126_21015648.jpg

時間の経過とともに、染み出すくらいも含めると数が多かったですが、5レイヤー部分のピンホールは1カ所のみ。したがって全面が5レイヤーの「G3」であれば、ここまで水漏れはしないのでしょう。しかし全面が5レイヤーとなると動きにくくなるので、「G3」と「HeadWater」では一長一短があります。

「SIMMS」のウエーダーには補修キットが付属しますが、面積的に足りないので買い置きしてあった「Pazdesign」の「GORE-TEX Wader Repair Sheet」を使いました。付属している補修シートは黄ばんだようなホワイトですが、このリペアシートはウエーダーの裏地と同じ淡いグレーなので、修理後も違和感がありません。

シートはアイロンで熱圧着することで、塗付されている接着剤が融けて貼りつきます。したがってGORE-TEX専用のリペアシートであっても、透湿性が多少は損なわれるので、修理個所に対してシートは水漏れしないレベルで小さい方がベストでしょう。

f0103126_21040996.jpg

そんなこともあって同じサイズの「〇」を必要数切り出し、ピンホールの距離が近い部分だけ横長で対応しました。これで当面は水漏れの心配はなし。外側にフッ素系の防水スプレーを施せば、撥水効果はもちろん汚れ防止にもなって完璧です。

最後に狩野川の天然遡上について。巷では非常に多いとのことなので、久々にいつもの「観測ポイント」を見てきました。かなり期待しましたが、見える鮎の数、食んでアオノロが剥がれている面積から判断すると、この場所に限定すると昨年と大差ないレベルです。

しかし本流については複数の人が情報発信しているので、遡上が多いのは間違いないでしょう。以前にも書いたように私の「観測ポイント」は支流なので、工事など何らかの原因で遡上が少ない可能性があります。先日花見に行った那賀川は2年前より遡上が少ない印象でしたが、今年は駿河湾に面する河川に期待したところです。

f0103126_21045122.jpg


# by scott1091 | 2018-04-08 20:56 | DIY | Comments(0)

子供たちが巣立ちました!

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

# by scott1091 | 2018-04-01 21:32 | 家族