掃除機は修理、それとも購入?

妻から掃除機が壊れてしまったと…。

話を聞くと電源が入ったり入らなかったりして、だましだまし使っていたようですが、最近はまったく動かなくなってしまったとのこと。家には「ルンバ880」があるので部屋の掃除は問題ありませんが、洗濯機などを掃除するには掃除機が必要です。掃除機は「dyson DC26」。

f0103126_16495342.jpg

ホースが切れてガムテープで修理して使っていたので、ホース内の電線が欠線したことが原因かと思いました。これであればホースを取り寄せて交換すれば復旧するわけですが、よくよく確認すると、本体スイッチでも稼働しません。

メーカーのホームページから問い合わせすると、本体スイッチで動かない場合の修理費は、往復の送料込みで一律21,600円(税込)とのこと。メーカーに都合のよい日と時間帯を連絡すると、クロネコヤマトが引き取りにきてくれます。梱包も不要で、ヤマトで箱を用意して発送してくれます。

f0103126_16501973.jpg
f0103126_16502996.jpg
f0103126_16504051.jpg

今回修理の明細をみるとモーター交換、コードリール交換、ホース交換、ヘッド交換と、本体以外はほぼ一新されました。仕様が変わった部品もありますが、新品になったような印象です。外見はもとより駆動系が一新されたことから、この値段であれば修理する方が正解間違いなしです。



by scott1091 | 2019-03-30 16:45 | 家電シリーズ | Comments(0)

「brembo」キャリパーのその後、最終編のはずが…

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by scott1091 | 2019-03-08 21:06 |