「HDDナビ」修理の続編①

f0103126_21254661.jpg

修理に出した2013年モデル「AVIC-VH0009CS」。まずはパイオニアの修理受付窓口に電話をして、最寄りのサービス認定店に持ち込みました。持ち込んだ店舗からナビ修理が可能な店舗に転送することになりますが、これであればユーザーの送料負担はありません。

未修理返却や修理料金見積後にキャンセルとなった場合は、点検料として1,620円(税込)が請求されます。月曜に店舗に持ち込んでから3営業日後(水)に電話があり、やはりハードディスクの交換が必要とのこと。修理代金は上限金額となる「複雑な修理(基板、メカ、HDD交換等)」に該当するので32,184円(税込)也。

修理を依頼すると、持ち込んだ6営業日後(月)に修理が完了した旨の電話があり、7営業日目(火)に店舗から引き取りました。引き取り後、最初の土曜に取り付け作業をしました。ハードディスクを交換しているので、基本データは全て再入力が必要です。

f0103126_21255716.jpg

接続機器や車両からの信号を認識しているのを確認したら、ナビに車の基本データを入力。「クルーズスカウターユニット」のカメラ高さを入力し、水平な場所でレベル表示を確認しながらカメラの角度を微調整。オーディオについてはスピーカーバランスの測定を実施します。ここまではまったく問題なく終了。

内装を復旧してから、手持ちのCDからミュージックサーバー(MSV)に音楽を取り込みます。交換前にはレンタルから取り込んだものもあったので、100枚くらい入っていました。しかし手持ちは70枚くらいでしょうか?MSV取り込みには1曲聞くくらいの時間を要するので、この作業はかなり苦痛です。

故障の引き金になった最新のマップ情報は、修理の際に取り込んでもらいました。しかしそれ以降の更新データが通信モジュールでアップデートされるため、中断を挟みながら取り込みを継続。作業は順調に終わるものと思いましたが、30枚くらい取り込んだところで急に再生が中断。

f0103126_21261766.jpg

一度CDを抜いて再度挿入すると、CDからの再生のみでMSVへの取り込みをしない状態になりました。CDを交換しても状況は改善せず。CDを入れ替えながらしばらく様子を見ますが、状況が変わらないので一度エンジンを切ります。そして再始動すると、いや~な予感がまさに的中。

ナビは起動しなくなり、まさかの修理前の状態に…。
ハードディスクが起動しません。

「オーマイガッ!」

私の貴重な休日を返してほしい。これが偽らざる気持ちです。また修理に出さなければならないので、急遽内装剥がしに取り掛かります。暗くなる前に作業を終了したかったので、端子のマーキングは妻に手伝ってもらいました。

f0103126_21260863.jpg

そして月曜に状況説明書と一緒に同じサービス認定店に持ち込みましたが、1週間経過した現在も先方からの連絡はありません。交換したハードディスクは3カ月保証が付いていますし、前回の修理料は上限金額なので、修理が終わるまで連絡する必要がないからでしょう。

同じことが二度とないように、故障が想定される部品は全て交換するように依頼しました。メーカーに新品があれば交換してほしいところですが、時間を要しているところをみると、修理対応しているものと思われます。修理が終わるのがいつになるのか未定ですが、戻ってきたらまた休日が潰れると思うと憂鬱です。

f0103126_21262775.jpg

最近のサイバーナビは振動に強いフラッシュメモリーを採用しており、ハードディスクを搭載しているモデルはありません。またMSV機能もなくなり、SDカードやスマホからの再生になっているのが現状です。

パイオニアは業績不振により、9月下旬に返済を迎える邦銀からの借入金について、再調達できない状況だったようです。今回は香港の投資ファンドから資金調達して凌いだようですが、行く末は厳しい状況でしょう。カーナビと言えばパイオニア、パナソニック、ケンウッド、アルパインですが、筆頭が外資に吸収されるようなことになれば寂しいです。カーナビがスマホで代用されるのは、時代の流れではありますけど。

8.20/8.28/9.01


by scott1091 | 2018-09-01 21:23 | | Comments(0)