「Short Range 龍 急瀬77」の「変化カスタムパーツ」

f0103126_21022363.jpg
f0103126_21021313.jpg

「SR77」は2014年にテストを重ね、2015年にリリースされました。どんな竿かはこのブログの「フナヤオリジナル」のカテゴリーで紹介していますのでそちらをご参照頂くとして、2018年はこの「SR77」用に「変化カスタムパーツ(へんげかすたむぱーつ)」が発売されました。

具体的には標準の1~2番を「変化カスタムパーツ」に交換することにより、「急瀬7.7㍍」が「早瀬8.0㍍」になります。使われているカーボン素材は同じで、1番を15㌢、2番を15㌢長くすることで、先端をスローテーパーにして早瀬調子を実現しています。

一般的に1~2番だけ長くすると竿の調子がダレるものですが、「SR77」はもともと急瀬。しかも短い分だけ90などよりファストテーパーなので、これでも十分なテーパーが確保されています。もともと「SR77」は「急瀬POWER」くらいの調子ですが、カスタムパーツで80になると「早瀬POWER」くらいのレベルになります。

f0103126_21010132.jpg

各節の隙間が大きいほどテーパーがきつい
↑左からSR77、風切竿85、征龍竿90


短竿ではダイワ「銀影競技SL 80J」の人気が高く、河川の大きさに関係なく使っている友人もいます。私も使い勝手の良い「80早瀬」が欲しいな~と思っていたので、今回「変化カスタムパーツ」を入手してみました。短竿を使う場所は川幅の狭い支流などを連想する人が多いと思いますが、「SR77」を神通川で常用している友人もいます。

これは引き釣りやピンポイントの釣りは、短竿ほど正確な操作ができるというメリットがあるからです。特に北陸河川は風が強いことが多いので、長竿で風に振りまわされるより、短竿で長さのデメリットを立ち込みでカバーする方が釣果が伸びるケースがあります。

f0103126_21020416.jpg
f0103126_21015783.jpg
↑急瀬から早瀬にすると2㌘アップ

最近、私の回りも85の愛用者が増えてきましたが、「90→85」に持ち替えたメリットは、「85→80」でも同様です。泳がせ釣り主体の場合は、釣れる面積は竿の長さが50㌢短くなることで10%強狭くなりますが、これも立ち位置に制約がなければ、正確な竿の操作の方がメリットは大きい。これは下手を軸に上手が1㌢ブレた場合、「80の穂先」が「90の穂先」よりブレ幅が小さいことで容易に想像できると思います。

「SR77」の1~3番は艶のあるノンペイント構造の「NPフラッシュ」で、玉口はオレンジ。4~7(元竿)番についてはクリアー全塗装で玉口のデザインはブラックにゴールドの細線。「変化カスタムパーツ」は1~2番いずれも「NPフラッシュ」ですが、玉口のデザインはありません。

f0103126_21051042.jpg

元々のデザインがパーツの寄せ集めを連想させますが、「変化カスタムパーツ」に交換すると、より一層ツギハギ感が強い、良く言えばアバンギャルドな見た目となっています。価格は税込みで「SR77」が75,600円、「変化カスタムパーツ」が17,820円なので、両方揃えると93,420円となります。

狩野川くらいの河川規模であれば、平水であれば立ち位置に制約があるポイントは少ないので、80でも上流から下流まで使えます。私は日頃85を使うことが多いですが、「変化カスタムパーツ」を入手してから80も携行するようになりました。狩野川のように底石が大きく、ピンポイントの釣りにはアドバンテージは大きいです。

f0103126_21115119.jpg

この長さですと自重やテーパーの制約がないので設計の自由度が広がりますし、ブランクを肉厚にできるので粘りがあって無理が効きます。また折損となっても竿の価格が低めなので、パーツ代も助かりますよね!ご興味のある方は「急瀬7.7㍍~早瀬8.0㍍」の世界を試されてみてはいかがでしょう。

早瀬と急瀬をカバーできるので、どこの河川でも汎用性は高いです。85や80の世界を知ってしまうと、立ち込みに制約が多い特殊なフィールドを除けば、なかなか90に戻れなくなるというのが、本音のところではないでしょうか?


by scott1091 | 2018-07-10 20:57 | フナヤオリジナル | Comments(2)

Commented by khayashi1496 at 2018-07-19 16:32
TOMOさん ご無沙汰です。
SR80は取り回しがよく今年のVりば~では後半に大活躍の予感がしたんですが・・・
ゼロからのリセットでどうなることやら?
初期のVりば~は10cmほどの掛り鮎をうまく回すことさえできれば一日たのしめました。
ただ、80でもオバースペックぽい感じもあります。
ノーマルクラスのソリッド穂先があればよいかもです?
週末は家庭菜園を始末したら、Jinzooに様子見してきます。Q
Commented by scott1091 at 2018-07-20 20:51
Qさん、お久しぶりです。

上流は凄い雨だったので、ダムの放水量も桁違いだったでしょう。Vりば~もJinzooも川の流れがまったく変わってしまったと聞いております。濁りとれるのはもう少し先になりそうですが、一日も早い復活を祈っています。

発売当初から愛用されているQさんは「SR77」のヘビーユーザーなので、インプレも間違いありません。「SR80」でもかなりの大きさまで抜けるので、さらに汎用性が高まりそうですね!Jinzooは基本「SR77」でお使いと思いますが、「SR80」でも楽しんで頂けると思います。