晩秋の白馬を訪ねて!

f0103126_1259216.jpg

白馬と言えばすぐに思い当たるのが「長野オリンピック」。歳を重ねると、ついこの間がすでに5年くらい経っていてびっくりするものですが、「長野オリンピック」も然り。1998年の開催なのですでに16年が経過しており、少し前というよりも一昔前となります。

そんな場所を訪れようと思ったきっかけは、昨年の九頭竜釣行。台風18号がもたらした記録的な大雨を避けるため、最終的に残ったルートが「糸魚川IC」から姫川沿いを白馬に抜ける148号線。新潟側のトンネル内は川のごとく水が流れ、いつ冠水してもおかしくない状況でした。こんな状態でぎりぎり白馬に抜けられたときは本当に安堵しました。

これをきっかけに白馬周辺の情報を調べたところ、私が少年だった37年前に夏休みの2週間を過ごした民宿が残っていることがわかったからです。「長野オリンピック」の開催を機に交通インフラはかなり整備されたようですが、当時の記憶だけを頼りに民宿まで行くことができました。
f0103126_18592527.jpg

↑青木湖から北アルプス望む
f0103126_1911835.jpg

民宿は今年の4月30日に営業を終了しておりますが、外観だけでも見ることができれば十分です。当時、いつかは釣りをしてみたいと思った木崎湖、中綱湖、青木湖、登った八方尾根、白馬岳はもはや懐かし限り。そして訪れた民宿でさらに感動しました。

36年前とまったく変わっていない。唯一違うのは洗面所がタイル敷きからボールに変わったくらいでしょう。柱や囲炉裏、階段や歪みのある昔の板ガラスもまったく同じ。その空間だけまるで少年時代にタイムスリップしてしまったようでした。開業から51年間で4万人が訪れたとのこと。当然ながら私のことは記憶にありませんでしたが、当時お世話になったご夫婦にもお会いすることができました。
f0103126_18595065.jpg

f0103126_9402052.jpg

f0103126_1901371.jpg

↑姫川の支流松川から北アルプスを望む
f0103126_1903367.jpg

白馬はそろそろ里でも雪が降るので、ノーマルタイヤで行くならこの週がラストチャンス。有名な白馬の三段紅葉はすでに終わりに近いですが、勇壮な北アルプスと紅葉を満喫。渋滞などはまったくなく、快適なドライブを楽しむことができました。

今回利用した宿は「白馬ハイランドホテル」。築年が1974年なので、すでに40年が経過したホテルです。ホテルは新しい方が良いというのが私の選択基準ですが、白馬村にはビジネスホテルのニーズが少ないので該当するものがありません。外観を見て少しビビりましたが、内装やユニットバスは定期的にリフォームされているようで快適でした!
f0103126_190423.jpg

f0103126_19182366.jpg

ホテルには西側の北アルプスに面した部屋と、東側の裏山に面した部屋がありますが、これは絶対に西側がお勧めです。部屋の窓から北アルプスと白馬村が一望できて最高です。また露天風呂からも北アルプスが一望できるのはまさに圧巻。かつては裏山のスキー場と併設だったようですが、この眺望のためにあるホテルといっても過言ではありません。

1階に暖炉がある関係で館内は燻した匂いがしますが、室内はしないので気にはならないと思います。土曜の宿泊で大人二人ツイン、1泊2食付「信州りんごのお土産付」で19,000円(9,500円/人)。夕食と朝食はバイキングですが、食事の内容もこの価格であれば十分でしょう。

行楽地の混雑が苦手な人には、この時期お勧めのコースだと思います。ご興味のある人は、来年の今頃にぜひどうぞ!新そばを使った信州そばもとても美味しかったです。006.gif
f0103126_191290.jpg

↑部屋から撮影。右から白馬岳(しろうまだけ)、杓子岳(しゃくしだけ)、白馬鑓ヶ岳(はくばつるぎだけ)、唐松岳(からまつだけ)。中央に見える緑のスロープがジャンプ競技場
f0103126_192967.jpg

↑白馬三山をアップで!右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳

f0103126_1055047.jpg

f0103126_20173154.jpg

by scott1091 | 2014-11-09 20:59 | 旅行 | Comments(6)

Commented by ariari at 2014-11-11 22:05 x
お疲れ様です、白馬ですか?若い頃は八方尾根スキー場に通ってました!年に20日ほど滞在したでしょうか?ただ行くのは冬のみ(笑)、一度夏に行って人が居ないのにビックリでした。秋は紅葉も良いんですね、人も少なくのんびり出来そう。長野名物?ソースカツ丼食べられましたか?最初はご飯に乗ったキャベツの千切りにビックリしまうが、食べたらビックリ美味しいですよ!
Commented by flymoto at 2014-11-11 22:18
白馬懐かしいなぁ~
今は毎週川三昧ですが昔は毎週スキー三昧で八方&五竜に通っていました。昔は諏訪までしか中央高速で行って其所から下道でしたからねー(笑)
Commented by scott1091 at 2014-11-12 19:57
ariariさん、こんばんは!

週末に八方尾根まで通っていたのですか?中央高速の諏訪までかなりの距離ですし、当時はそこから下道となれば半端な時間ではなかったでしょう。もっと手前にスキー場があるので、やはり八方尾根まで行く理由があったのでしょう。

かつて駒ヶ根に釣りに行ったとき、長野のソースかつ丼を食べてビックリ!ちなみに福井では、かつ丼と言ったらソースかつ丼を意味するようですよ~。地元の友人と食べに行きましたが、こちらはキャベツはのっていませんが、薄いかつが何枚も重なっているので、ドンブリの蓋に移さないとごはんが食べられないんです…。
Commented by scott1091 at 2014-11-12 19:58
flymotoさん、こんばんは!

諏訪から長野道がつながって本当に近くなりました。紅葉を見るだけなら日帰りで楽々という感じです。車を運転しない少年時代に土地勘を持てたのは、やはり回りに魚のいる湖や川が一杯あったからでしょう。生まれて初めて蛍を見た場所も覚えていましたよ!

motoさんは「私をスキーに連れてって」世代ですかね~?「ホイチョイ・プロダクション」全盛期は釣りなんて地味なことはしないで、派手にブイブイ言わせていたわけですね!(笑)
Commented by 7年目のたかしま at 2014-11-23 12:45 x
TOMOさん、こんにちは。
ブログは楽しみに拝見しているのですが、なかなかカキコする時間がありません??。
信州は白馬へ行ってらしたんですね。先輩方もみんな白馬へスキーに通われていたみたいですが、私も清水町民だった頃は夏休みの渓流釣りに出掛けてました。支流はテンカラ、本流は餌釣りでしたが当時は魚影が濃くて感激しました。フロロ0.15号で40cmオーバーの鼻曲がりを取り込んだのですが、3日間釣行の初日で泣く泣く放流…。それ迄はリリースした事も無かったのですが、以来、渓流魚はやっと人並みに持ち帰ることが無くなりました。
ログペンションのオーナーをはじめ、蕎麦の常念や安曇野餃子店、インド料理のモモ、お世話になった方、美味しい思い出も沢山ありました。
今回の地震は大きかった様ですが、皆様の御無事を祈っております。
Commented by scott1091 at 2014-11-25 21:54
7年目のたかしまさん、こんばんは!

南アルプスに行く人は多いですが、北アルプスまで行ってたんですね。私はこの地域の渓流はまったく疎いので、今度お会いしたときに教えてください!雪代が入るので、おそらくハイシーズンには鮎が始まっているのでしょう。鮎釣りを始めてしまうと、デカいイワナが浮いているシーズンは諦めざるを得ません。季節が違えばとつくづく思います。

私が尋ねた民宿も、建物は土壁が崩れてかなりの被害になっています。もともと大きな地震がなかった地域ですし、「神城断層」なんて初めて耳にしました。これから厳しい季節なので、一日も早い復旧を祈るばかりです。