台風11号通過後の狩野川はどう変わったの?

梅雨が明けてからとても暑い日が続いています。にも拘わらず狩野川が現在も10㌢高をキープしているのは、台風前後で十分な降水量があったから。伊豆の山々は放置植林により、保水量は自然林の頃とは比べものにならない状況ではあります。しかしダムがない数少ない自然河川なので、梅雨が明けると「山の保水量=川の水量」となります。

昔の平水は現在の20㌢高くらいだったと先人は言いますが、それくらいであればオトリを入れられない瀬も多かったでしょう。その頃はまたげないような大石がごろごろあったとのことですが、それも年々砂が出て埋まってしまったようです。平水の違いは山の保水量の違いもありますが、河庄(かしょう)が上昇している影響もあります。
f0103126_2084552.jpg

この週末は台風の影響により近隣の相模川、酒匂川が入川できないこともあり、さすがの狩野川も釣り人で賑わいました。釣況の方はオトリ店の情報にあるとおりですが、やはりこれではわからないのが「平均サイズと数」でしょう。新聞などの掲載も「サイズ『11~23㌢』、数『5~31尾』」というような感じですが、これでは平均がまったくわかりません。

釣り人は都合よく判断したいので、これを見て「俺なら20㌢が25尾くらい釣れる」と思うかもしれません。しかし今年の狩野川はサイズの平均「(11+23)÷2=17㌢」、数の平均「(5+31)÷2=18尾」をクリアーできる人は1割もいないのが現状だと思います。数だけなら2割くらいは達成していると思いますが、狩野川は天然ビリが多いのでサイズのバラつきがとても大きいです。
f0103126_209078.jpg

ではこの週末の状況に話を移しましょう。

前日マルパパさんから釣行の打診があり、近隣で他に竿を出せるところもないのでご一緒することに!子供たちが夏休みとなり、伊豆に向かう道路はどこも渋滞。裏道を駆使してもカワセミポイントの到着が9時近くになってしまいました。そこでマルパパさんと合流して、空いている場所を探します。
f0103126_2082661.jpg

さすがにこの時間になると釣り人のいない場所がありません。そこで先行者が一人いる場所に入川。垢付きは申し分ありませんが、あまり石色がよくありません。水温が上がるまでは辛抱だと思いましたが、予想以上に厳しい状況です。増水前に掛かった幼魚放流や天然の大型は姿を見せず、ビリでオトリを回す展開。

午後から場所移動しても人が多くストレスなので、どうせ釣れないなら人がいない方を優先します。先行者の人は釣れないということで移動されました。この場所はマルパパさんと二人だけになったので、ゆっくりと昼食を食べます。釣れなくてものんびりできる狩野川も悪くありません。
f0103126_208850.jpg

午後はマルパパさんと場所を入れ替えてスタート。やはり時間によるものなのでしょう。本当に浅い場所で大型が目印を飛ばします。しかし以前よりもスリムな鮎が多いのが気になるところ。また以前のように、20㌢を超えるサイズはほとんど混じらなくなりました。

薄垢の高水であれば納得もできますが、垢付きもよくてほぼ平水レベル。しかも真夏日のピーカンとなれば、天然遡上の主体群はかなり小さいと判断するべきなのでしょう。これは主体群の遡上が遅かったというのが、主たる要因ではないかと思われます。
f0103126_2071940.jpg

16時少し前ですが、自分のエリアは一通り竿を出したので戻ります。途中でマルパパさんが入れ掛かりになっていたので、しばし後ろで見学させてもらいました。私のこの日の釣果は26尾。「もう少し掛けなければな~」という内容ではありましたが、のんびりと蜩の鳴き声を聞く一日の終わりは、鮎釣りならではの贅沢な時間です。

翌日はマルパパさんは早起きしてカワセミポイントへ。その後私と釣り場で合流しました。朝から汗が噴き出すくらいの陽気で、この日も絶好の鮎釣り日和。車窓から見える狩野川にはすでに釣り人で賑わっています。マルパパさんと相談して、前日と同じ場所に駐車して、より広範囲を探ることにします。
f0103126_207251.jpg

私は下流に人がいなかったのでフェルト減らしの旅へ。平均サイズは小さいですが、前日よりも良いペースで掛かりました。天然なので「らしい」ポイントで粘れば数が出ると思いましたが、ビリでも掛けてしまえばその後は音沙汰なし。やはり今年の狩野川は、夕バミのようなケースでないと、なかなか入れ掛かりにはなりません。

午前中は我々以外は地元のベテランだけでしたが、食事の後に川に戻ると他からの転戦者が3人。午前中のように広く探ることができないので、細かく探ります。場所によっては究極のビリ鮎釣りとなりますが、この時期になるとオトリにしても力強く泳ぐので、風がなければ楽しい釣りです。
f0103126_2064011.jpg

今年の狩野川は放流鮎の成長がよく、前半は過去にないほど大きかったです。しかし天然の主体群が小さいことから、放流鮎や大型の天然が抜かれてしまうとサイズが極端に小さくなりました。すでに7月中旬なのでビリ鮎にもパワーがありますが、平均サイズは例年の6月中旬くらいの印象です。この日は全部で35尾でした。

これで楽しい週末はあっという間に終わり。釣れても釣れなくても竿を出せればご機嫌です!狩野川をホームにしていても、すでにシーズンの三分の一は終了。怪我や事故のないよう注意して、残りの三分の二もアクセルべた踏みでいきたいものです!
f0103126_2035048.jpg

f0103126_2041325.jpg

↑「土用の丑の日」は当然ながら鰻でんがなぁ!

by scott1091 | 2015-07-26 20:02 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(4)

ミッション発令、降水量を予想して鮎釣りを遂行せよ。ラジャー!

毎年楽しみな7月の三連休。しかし天気に恵まれることが少ない週で、いつも予約した宿をキャンセルすることになります。この三連休は不思議とどこの宿も満室になることが多いので、かなり前から予約しなければならないのですよ~。しかし今年も台風11号(NANGKA)の西日本縦断にぶつかってしまいました。

今回もっとも悩ましかったのは台風11号のコースと速度にあります。コースが少し西にずれれば、また上陸してから速度が上がれば、連休二日目は何とかなりそう。台風の雨雲の動きと、飛騨・木曽山脈の地形からそう思っていたので、今年は宿をキャンセルしませんでした。そして出発前に水位と雨雲レーダーを確認すると、ここまでは予想どおり。

この時点ですでに台風の中心は日本海に抜けていますが、これから明け方までにどれくらい降るかでしょう。まず目指すは九頭竜ですが、最悪でもJinzooでは竿を出せるはず。初日から九頭竜でご一緒する予定だった道楽Yさんは、朝まで様子を見ることに。途中までは快適なドライブでしたが、明け方になるとしだいに雨脚が強くなりました。
f0103126_22432778.jpg

そして福井北ICを降りる頃にはいよいよ本降り。これはだめかな~と思って九頭竜を見に行くと、濃い笹濁り程度でこれ以上増えなければ翌日は何とかなりそう。しかし上流に車を進めると、勝山はそれ以上に増水していて水色はすでに茶系。下流域の水位計も徐々に上がってきたので、ここで九頭竜に見切りをつけます。

九頭竜の写真を道楽YさんにLINEで送ると、Jinzooは水位が上がっていないので様子を見に行くとのこと。私も返事を待たずに北陸道に乗ります。途中で見えるVリバーもJinzooも水位はまったく問題なし。そして約1年ぶりとなるJinzooの風景はまったく違っていました。まずコンビニに釣り人の姿はなく、板氷は冷凍庫に一杯。弁当類も選り取り見取りでんがなぁ!

身の振り方相談所に行くと、やはり釣り人はゼロ。年券をくださいと言うと、まさに意外そうな反応。道楽Yさんが先行して竿を出している場所に車を進めますが、見渡す限り釣り人はいません。網の人がポツポツ見える程度で、昨年までの賑わいが嘘のようです。
f0103126_22434618.jpg

入川路に少し不安がありましたが、河川敷には道楽Yさんのものと思われる轍があるので、それをたどって行ったら「ぽっつん」と見慣れた車が1台。もう10時近いのに、雨が上がってから河川敷をほとんど車が走っていないということですよね…。恐るべし2015年Jinzooであります。水位は大沢野大橋で1.36㍍なのでほぼ平水。

道楽Yさんとしばし話をしていると、まもなく道楽Kさんも到着。私はベストの中身を九頭竜からJinzoo仕様に入れ替えなければならないので少し遅れて入川。一番良い場所に入れてもらったので、すぐにデカイ鮎が掛かります。しかし次が掛からない。そしてこの鮎を根掛かりでロストしてからは辛い時間…。やはり今年のJinzooは人がいない理由があります。
f0103126_22441895.jpg

午前中の釣果はやっと5尾…。場所移動してから昼食にして、午後の部は13時過ぎからスタートです。今年のJinzooは狙って釣れるほど天然がいないので、放流鮎が付いている「ひみつのアッコちゃんP」を見つけなければ撃沈でしょう。午前中一番釣れなかった私は、そんな場所を探しにフェルト減らしの旅へ。

しかしなかなか良いポイントがないものですね~。鮎が多ければどこでも釣れるのに、少ないと「ここだ」という場所がない。このままだと橋から橋まで歩いてしまいそうです。そんなときにやっと「らしい」場所を発見。オトリを送り出すと、すぐに目印が飛びました。これが小ぶりながら待望の天然。オトリにすると泳ぎがまったく違います。

この1尾を手に入れたことと、「らしい」場所の発見でここから確変。そんなときに対岸に人が現れたと思ったら、な~んと着替えていない道楽雨男さん。飽きてしまうのではと思うのですが、最後まで着替えないで2時間以上も見ておりました。雨が降らなかったのは、雨男さんが川に入らなかったからでしょうか?
f0103126_22131815.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎて、何とか挽回して全部で33尾でした。明日はいよいよ九頭竜と思って水位を確認すると、さらに上がっているのでこの時点で二日目もJinzooに決定です。宿の関係でこの日は福井まで戻り、翌日の宿泊はキャンセルして砺波に宿を手配しました。

フナヤに行ってオーダーしたタイツの代金を払い、すでに終売となっている仕掛け巻きや逆バリを大人買い。財布に入っているお金が少なくなったのでチャージしようと思ったら…。ベストに入れたはずのOPP袋がありません。ここから弱い頭をフル回転して記憶を巻き戻します。

財布を持ち歩くと嵩張るので、私は大きいお金はJAF会員証などと一緒にOPP袋に入れてベストに収納しています。いつも着ているベストは襟にキーポケットがあるのでそこに。九頭竜用はないので内ポケットの右側にそれを、左側にキーを入れるようにしています。しかしこの日は右側に天井糸が入っていたので、同じところに入れました。
f0103126_22341894.jpg

いつもは中のものを出したらチャックを締めないので、この習慣でキーを出したときにチャックを締め忘れたのでしょう。普通はこれでも落ちないものですが、ベストを脱いだときに落としたのかもしれません。この日の宿代は払えますが、見つからなければ砺波の宿代と恒例の「Toideナイト」に参加できません。

急いでフナヤに戻るとすでに閉店していたので、恥を忍んで道楽Yさんに見つからないときはお金を貸してほしいと電話します。すぐに快諾してくれましたが、「オラも明日は早起きして宝探しに行きまっせ。無事見つけましょうぞ!」と心強いお言葉。本当に感謝、感謝であります。

今年の神通は釣り人がいないので、拾われてしまう心配はないでしょう。この時期、富山は何時くらいに明るくなるかわからないので4時半に現場に到着。午前の場所をさらっと見てから午後の場所へ。これはあっさり見つかるか、見つからないのどちらかだと思ったからです。
f0103126_22461284.jpg

そして午後の場所を探し始めると、午前中の場所に道楽Yさんが到着。そちらは道楽Yさんにお願いして、私は午後の場所に集中します。あらゆるケースを想定して、考えられる場所は全て探しましたが発見できず。残されたのは川に落としてしまったパターン。竿を車に置いてから獲物の写真を撮ったときか、オトリ缶に水を入れて担いだときでしょう。

そこは分流ですが、それなりの流れ。しかも前日よりも10㌢くらい水位(1.48㍍)が上がっているのでかなり絶望的です。しかしあらゆる可能性はつぶしたので、これが最後の捜索と決めて川に沿って降りて行きました。そして50㍍くらい下ったでしょうか?

飛び石でできた本当に小さな弛みに、それは浮いていました。その状況はもはや奇跡に近く、自分の目を疑いました。すぐに道楽Yさんに電話をすると、昨晩は南風だったので捜索範囲を広げている最中だったとのこと。本当にありがとうございます。そしてご迷惑をお掛けしました。
f0103126_22463581.jpg

この日はこれで「もう釣れなくてもいいや~」という気分です。前日と違って釣り人がぽつぽついますが、どこでも入れます。しかしここはひとつ「マニアックP」を釣査してみましょうという展開になりました。メンバーは道楽Yさん、道楽Kさん、雨男さんと私の4人。

4人だけでも今年のJinzooはぶっちぎりの人口密度なのに、なぜか「マニアックP」にさらに4人。川回りに来た漁協関係者が、7月に入ってから車が止まっているのを初めて見たとのこと。そんなにここは釣れるのですかと尋ねられる始末。逆に道楽Yさんが釣れる場所を尋ねると、こちらが教えてほしい状況とのことでした。

川に降りてみると石色が悪く、竿を出したのは道楽Yさんと私のみ。私が1尾釣っただけで、この場所を見切ることにしました。この時間から車4台で移動できる場所があるのかな~と思いましたが、それは今年のJinzoo。移動した先には車もなく、見渡す限り釣り人な~し。いかに「マニアックP」の人口密度が高かったかということなのでしょう!漁協関係者が驚いたのも納得です。
f0103126_22473275.jpg

ここで4人並んで入り、少し遅れて道楽部長さんも到着。しかし私には全然釣れまへ~ん。いや、釣れているのは道楽Yさんだけという状況です。石色もあまりぱっとせず、またフェルトを減らす放浪の旅へ。しかし前日とは違って「らしい」ポイントが見つからず、一度入川場所に戻ってから今度はシモの釣査へ。

ここでやっと「らしい」ポイントを発見。すぐに掛かりますがこれはバレ。同じ場所に入れ直すとまた瞬殺。ここでやっと生き帰りました。いつものように12時に川から上がり、楽しい昼食。何台か車が通りますが、「釣れるところないがや」とか、「もう釣りきっちゃったけ」という感じです。いかに苦労しているかということなのでしょう。
f0103126_22465744.jpg

午前中はピーカンだったのに、昼食後は怪しげな雲行きになります。道楽Yさんは龍切竿からSLⅡに持ち替え、私は龍切竿の限界を確認するためそのまま続行。午前中は手前しか釣っていないので、午後からはいよいよ流芯へ。しかし今回は人がいないので、釣るラインを3本に区切って、そのラインより奥は深追いしないで往復しながら攻めました。

そしていよいよ流芯を釣り始めたときに一気に土砂降りに…。やはり闇の魔法使い、雨男さん恐るべしであります。川面が激しい雨で叩かれて底石がまったく見えませんが、そんな中で道楽Yさんと私だけが釣りを続行。龍切竿が気持ちよいくらい曲がりますが、タモを抜いていると伸されるので返します。引き合う時間が長くなると身切れもありますが、これぞ鮎釣りの醍醐味でしょう!
f0103126_22125148.jpg

すでに雨で戦意喪失している人もいるので、道楽Yさんと見計らって竿を畳みました。釣果は会心の43尾。そしてこの日は恒例の「Toideナイト」です。私は砺波の宿にチェックインして、道楽Yさんの車で移動。今回の参加者も昨年と同じ5人。楽しい夜はあっと間に過ぎて、帰りはQpapaさんの運転代行に同乗させてもらいました。

翌日は三連休最終日で渋滞が予想されるので、砺波の街を少し散策してから帰途へ。富山は梅雨明けを思わせる、雲一つない抜けるような青空。目が覚めるような稲の緑と、黒が映える甍の波。台風に泣かされた三連休ではありましたが、ご一緒させて頂いた皆様のおかげで楽しい釣行となりました。

これで次の台風12号が接近しなければ、いよいよ鮎釣りシーズン本番。
鮎の状況は良くありませんが、今年も全力投球でいきまっせ!
f0103126_22451065.jpg

f0103126_21594119.jpg

↑大門素麺とホタルイカの干物

by scott1091 | 2015-07-20 21:56 | 鮎釣り/九頭竜川、神通川他 | Comments(2)

引き水の狩野川はどうだったのよ~?

狩野川は7月3日(金)から梅雨らしい雨が続き、雨が上がったのが約1週間後の9日(木)。この間は涼しいくらいでしたが、10日(金)から一気に真夏日に!水位は最大で1㍍くらい増水しましたが、その後は概ね40~50㌢高くらいで推移したため、大きな石は垢が飛びませんでした。

絶好調の高原川のお誘いもありましたが、次の三連休は遠征を予定しているので今週は自粛。土曜は桂川に行こうかな~と思いましたが、前日マルパパさんからどこも濁って入れないので、今季初めて狩野川で竿を出したいとのメールあり。今年の狩野川は昨年のイメージでは厳しいので、ご一緒することにします。
f0103126_201116.jpg

川見した感じでは30㌢高くらいで、石が動かない瀬は垢が残っています。しかし小砂利底にある飛び石は薄垢レベル。伸びたアオノロは飛びましたが、まだ緑に見える石は散見されます。盛期であれば引き水の絶好のチャンスですが、冷たい雨が1週間続いたことによる鮎の活性低下が予想されます。

先週竿が出せなかったので今週は混雑すると思いましたが、拍子抜けするくらい釣り人がいません。下流域ではすでに見慣れた風景ですが、中流域の人気オトリ店の車の少なさは今季初めてのレベル。やはり今年の狩野川は、それくらい厳しいということなのでしょう。
f0103126_2012385.jpg

どこでも入れる状況なので、マルパパさんが入ったことがない場所へ。入るときは気づきませんでしたが、いざ川に入ってみると釣り人が二人。しかし一人はすでに竿を置いて休憩しています。竿を出している人もオトリが変わっていないようで、もう泳ぐような状態ではありません。

水位が高いので、オトリが交換できなければ我々も数時間後は同じ状況でしょう。しかしマルパパさんがすぐに掛けたのでまずは一安心。しかし私は掛けるのに手頃な場所がなく、オトリが替わらない時間が続きます。シモを見るとまったく人がいないので、ここからはフェルトを減らしに放浪の旅へ。
f0103126_2015089.jpg

取り敢えず1尾掛けなければ鮎がいる場所もわかりません。瀬で掛からないのかなと探っていくと、目が覚めるような当たり。水位が高いにもかかわらず、非常に狭いスポットにオトリを止めて待たないと掛かりません。2尾目は痛恨のバレ。ここでハリを交換して3尾目はしっかりゲット。その後はポツポツ…。

昼になったのでマルパパさんの所に戻ると、二人の釣り人はすでにいなくなっていました。場所移動も考えましたが、広いポイントを二人で独占できること。そして午後から追いが出てくると読んで、一度車に戻って昼食を食べてから同じ場所へ。狙いどおり午後の方が掛かりましたが、結果としてはもう少し水が落ちてから入るべき場所でした。

盛期であれば白泡の中でも追ってきますが、全般的に鮎の活性が低いのでポイントを絞るのが難しい一日だったと思います。真夏日になるとの予報でしたが、水温が低いので日が陰ると寒いくらい。ときおり熱気が下りてくると、逆にほっとするような気温でした。
f0103126_195959100.jpg

この日の釣果は23尾。釣況が良くないのでマルパパさんは帰ろうか悩んでいましたが、水位は下がってきているので翌日もリベンジすることに!マルパパさんの朝は早いので、翌日はカワセミ撮影ポイントで合流します。当日の水位を確認して候補を二つに絞ります。前日よりも釣り人が多いですが、いずれの場所も人はいません。

この水位であればベストタイミングと判断しましたがどうでしょう?チャラ瀬は午前中は掛からないと判断して、瀬肩から釣ります。マルパパさんはその一つ上にある瀬肩へ。慎重に手前から探っていくとすぐにオトリが替わりました。この天然の小型を釣らないことには浅場を攻略できません。
f0103126_22455823.jpg

しかし7尾釣ったところで竿が曲がっていたこともあり、後から3人入ってきました。瀬肩が狭くシモは養殖が入るような瀬ではないので、距離が近くなるので場所を空けます。マルパパさんの様子を見に行くと、オトリよりも大きいサイズが連発とのこと。昨日帰らなくてよかったと満面の笑顔。引きとめた張本人なので本当によかったです!

まだ水位が高くマルパパさんよりカミには上がれないので、20㌢高のきつい瀬を切って対岸へ。石が大きく浮石なので、この手の瀬が一番危険。流されれば石に捲られるのは必至なので、石でできる流れの強弱を読みながら慎重に切りました。大きい石はまたげないくらいなので、足の置き場を間違えると次の足掛かりを失います。
f0103126_202537.jpg

どうしてそこに鮎が溜まるのか不思議ですが、魚体は成魚放流の鮎ではありません。おそらく幼魚放流の魚ですが、黄色い鮎は皆無。しかしもぞもぞという感触の後、豪快に目印が飛びます。そんな場所で棚のエッジに出てくる鮎を誘って午前は終了です。マルパパさんの釣果はダブルスコア。あの場所を見つけたのはあっぱれであります!

他の釣り人は昼で上がり、昼食後川に戻ると前日と同じようにマルパパさんと二人だけ。午後は本命の瀬で爆釣かと思いきや、風が吹いて釣りにくくなりました。瀬肩にいる鮎が瀬に入っていることを期待しましたが、目掛かりで2尾追加したのみ。平瀬で粘ってもぽつぽつ追加する程度で時間が過ぎます。
f0103126_2031048.jpg

私はここで見切りをつけて、夕方釣るつもりだったチャラ瀬に移動。風がなければ楽しい釣りですが、竿が煽られるので微妙なテンション調整ができません。鮎任せの泳がせで掛かるほど鮎は多くないので、風の強弱を読みながらテンション系の釣りで探っていきます。こんな場所で大きいサイズがときどき目印を飛ばしますが、それをオトリにすると次がありません。

軽く一流してじっくりと狙う場所を絞り込み、そこの周辺から釣り上がってパターンを掴みました。夕凪で風も弱まり、思いどおりにテンション調整できるようになるとこの日一番のペースに突入。そしてマルパパさんが上がってきたのを機に竿を畳みました。
f0103126_2032864.jpg

ダブルツ抜けも厳しいという状況でしたが、マルパパさんが見つけた「出る出るポイント」のお裾分けとチャラ瀬に助けられて、終わってみれば前日よりも多い31尾。この日は予報どおり真夏日となり、今年初めて梅雨明けを感じるような暑さでした。

引き水のタイミングで釣り人がこれだけ少ないのは、やはり今年の狩野川は釣れないということなのでしょう。私の観測ポイントで見える鮎はすでに20㌢を超えていますが、数の少なさが今年の狩野川を表していると思います。他の河川が終わる10月になれば釣り人は戻ってきますが、それまでは今のような状況が続くのではないかと思います。

混雑しないで釣れる川がないのは致し方ありませんが、空いていてほどほど掛かる川もないものです。
f0103126_19593916.jpg

by scott1091 | 2015-07-12 19:58 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(2)

オトリ缶のエアーポンプを修理!

今週は雨で釣りに行けないので、書き溜めておいたネタを一つ公開します。

生産・販売がパナソニックから、山田電器工業に事業譲渡されたエアーポンプ。現在はハピソンというブランドになっているのはご存じのとおりです。いずれも同じ鋳型で作られているので、ダイヤル式スイッチ以外ものはダイワのオトリ缶では所定の場所に収まりません。ダイヤルスイッチのモデルはパナでも比較的新しいモデルなので、それまではダイワのOEM製品を購入する必要がありました。

さてポンプを淡水で長年使っていて、やはり最初に故障するのがモーターです。しかしこれを交換すれば問題なく使えることが多いので、今回はモーターの交換についてご紹介します。このエアーポンプに使われているモーターはマブチモーターの「RE-280RA」。子供の頃にプラモデルを作った人は「マブチ280」といえばピントくると思います。
f0103126_1242469.jpg

模型店に行けばすぐに入手できるモーターで、近くの店では税込258円で販売されていました。これと必要になるのが「ピニオンギヤ9T」。取り外すと劣化によるヒビで再利用できないことが多いです。模型店でミニ四駆用に8T(8歯)は売られていますが、9T(9歯)を置いている店は少ないです。もし入手できない場合はネット販売を利用しましょう。

配線を切って新しいモーターとつなげばよいわけですが、きれいにハンダで仕上げようと思うと、新しいモーターに付いている配線を外すのに苦労します。一番簡単な方法は、モーターのハウジングにあるツメを開き、エンドベルトキャップを取り外します。
f0103126_1245053.jpg

↑下の黄色い方が今回修理したもの。上はモデルチェンジの際に投げ売りされていた新品

ブラシに問題がなければ汚れをきれいにし、新しい方のエンドベルトキャップに付いているグリスを爪楊枝を使ってブラシと軸受に塗ります。これを新しいモーターに移植すれば、配線をいじる必要はまったくありません。1回目の交換はこの方法で十分だと思います。

短時間の移動であれば、エネループを単1スペーサーで使えば問題なし。距離を走るなら、車のシガーソケット対応の電動エアーポンプを車に積んでおけば便利です。
f0103126_2151412.jpg

f0103126_215159100.jpg

↑左の二つはダイワのオトリ缶には収まりません。左から三番目がダイヤルスイッチのモデル

by scott1091 | 2015-07-05 12:02 | DIY | Comments(6)