Welcome to the world of full-size!

体力的に九頭竜でガンガン行けるのもあと数年。そんな釣り姿を写真に残しておきたいと思う今日この頃です。しかし相応の機材を持っている友人は少ないですし、ご一緒するときはお互い釣りに夢中で撮影どころではありません。海外釣行だと撮影サービスがオプションで用意されている国もあるんですけどね!

かつて開発中の竿の曲がりを確認するために間に合わせで「FinePix S200」を購入しましたが、光学性能は問題ないものの撮像素子のサイズが小さいため、竿先が判別できなかったり顔潰れなど、ま~こんなもんでしょうくらいの写真しか撮れませんでした。もちろんアームの問題もあります。

撮像素子が小さくても人物をアップで撮影すれば問題はありませんが、竿先までファインダーに収めるとなるとどうしても大きな撮像素子が欲しいところです。これはどんなに有効画素数が多くても、撮像素子のサイズが大きいことに勝るものではありません。現在のデジイチの撮像素子のサイズは「APS-C」と「フルサイズ」があります。
f0103126_1634227.jpg

ご存じのとおり「フルサイズ」は35㎜フィルム(36.0×24.0㎜=864㎟)相当のセンサーですが、「APS-C」については各メーカーによって多少大きさが違います。代表的なニコンとキャノンを例にとれば、ニコンの「APS-C」は「23.6×15.8㎜=373㎟」、キャノンの「APS-C」は「22.3×14.9㎜=332㎟」が一般的なようです。

「縦横の長さ」を比較するとさほど変わらないように感じますが、面積で比較するといずれのメーカーであっても「APS-C」は「フルサイズ」の半分以下しかありません。各メーカーの最上位機種は「フルサイズ」ですが、思ったよりも有効画素数が多くない秘密がここにあります。同じフィルムであれば、大きい面積に焼き付けた方がプリントのときに引き延ばす倍率が小さくて済みます。

フィルムは35㎜が一般的ですが、この観点から「6×6判」(55.6×55.6mm=3,090㎟)などのフィルムもありました。面積で比較すると「フルサイズ」の3.5倍になります。私が中学時代に初めて手にした一眼レフは「ペンタックス」でしたが、並行して父の「ゼンザブロニカ」も使っていたので、フィルムが大きいことによるメリットを嫌というほど実感しました。
f0103126_16343657.jpg

フィルムと違ってデジカメの撮像素子は「サイズ」と「有効画素数」で構成されるため、単純な比較はできません。最近は「フルサイズ」神話はもう古いというような寸評も目にしますが、おそらく「フルサイズ」にこだわる年代は、私のような経験が染みついているのだと思います。ファインダー越しに見る被写体の見やすさや直感性が違いますから。

最近のデジイチは連射性能やオートフォーカス性能は「APS-Cサイズ」のカメラの方が勝っていることが多いです。しかし私はそもそも「APSフィルム」を使ったことがありません。これは「35mmフィルム」からそのままコンデジに移行してしまったからです。こんな経緯から、デジイチに移行するなら「フルサイズ」と決めていました。

私が最後に使った一眼レフはニコン「F3」。仕事で使っていたのでモータードライブは必需品ですし、人物を撮ることが多かったのでフラッシュ用のでっかいバッテリーパックを肩から下げていました。ニコンは「F4」からオートフォーカスとなりましたが、「F3」はマニュアルフォーカスです。

今さらマニュアルフォーカスに戻りたいとは思いませんが、こんな経験もあってオートフォーカスには不信感があります。とくにコンデジは被写界深度が無限大∞のようなものなので、とりあえずピントはあっているみたいと思って撮影すると、ピンアマみたいなことがよくあります。老眼が進んできて液晶モニターもよく見えませんし…。
f0103126_1635369.jpg

そんなこんなで、やはり「F3」の感覚で撮影できるカメラが欲しい。古いレンズはオートフォーカスに対応していないので、メーカーにこだわる理由はありません。九頭竜で撮影するのは妻なので、レンズの重さを考えるとカメラ本体が軽いに越したことはなし。動きの速いものを撮影するわけではないので、オートフォーカスセンサーは数が少なくても問題ないでしょう。

連射性能も高すぎると枚数が嵩んで整理するのが大変なので、5コマ/秒も撮影できれば十分。こんな要素から絞り込むと、まさにぴったりのスペックなのが「EOS 6D」となります。来年末くらいには「Mark Ⅱ」が出るとの噂なので、出たばかりの「EOS 7D MarkⅡ」よりかなりお買い得。

確かにカタログ上の「7D MarkⅡ」は魅力的ですが、撮像素子は「APS-Cサイズ」ですし「6D」よりも重たい。おそらく「6D 」も「MarkⅡ」になったら今より重くなるで、「買うなら今でしょ!」ということに。キャノンに乗り換えるとなるとレンズを揃えなければならないので、キャッシュバックキャンペーン中の「EF24-70mm F4L IS USM」レンズキットにしました。

これに「EF70-300mm F4-5.6L IS USM」があれば問題なくカバーできるでしょう。妻が手持ちや一脚で撮るのはこのレンズが限界。個人的には「EF100-400mm F4-5.6L IS Ⅱ USM」にも興味がありますが、長いものほど持ち歩かなくなるというのが私の経験則です。

最後に余談ですが店頭でカメラ本体とレンズを確認しました。そのときには気がつかなかったのですが、翌日自然光で確認するとレンズ内に白いダストが…。これが見えなかった老眼の進み具合にも驚きましたが、これをメーカーが検品で弾いていないことがさらに驚きでした。ダストがあるものと思って見れば、蛍光灯の下でも気づいたでしょう。
f0103126_16352011.jpg

電話で販売店に事情を説明すると、在庫があるか至急確認するとのこと。折り返しの電話でダストのない商品があるので交換するとのことでした。シリアルナンバーで管理されているため、レンズキットはカメラ本体も含めて一式交換になります。現品を確認して気持ちよく交換してくれましたが、レンズキットで同様のクレームがあるとのことです。

ダストは「S120」で簡単に撮影できてしまうくらいの大きさですが、総じてメーカーのスタンスは撮影には影響ないというもののようです。「価格.com」で見ると少し割高でしたが、メーカーに対して交渉力のある店を選んでよかったというのが今回の教訓。また長期保証を付けても、その店がなくなってしまえば意味がありませんものね!

精密機器の「made in Japan」品質も神話になりつつあるのかもしれません。

by scott1091 | 2014-12-27 21:31 | カメラ | Comments(0)

Merry Christmas! 2014

いつもは休みの日に前倒しするのですが、今年は暦通りのクリスマスイブ!069.gif
二人では食べきれないので撮影後に隣人におすそ分け。
ありがた迷惑かもしれませんが、気持ちですからご容赦を~!
帰宅途中のケンタッキーの駐車場がとんでもないことになっていました。
皆様、楽しいクリスマスを!
f0103126_20554432.jpg

by scott1091 | 2014-12-24 20:57 | Comments(4)

四本錨の作り方!

フライフィッシングをしている人は当然「バイス」を使って巻いていると思いましたが、意外に手巻きだったり、「オーナー」や「α-BIG」の鈎巻き器を使っている人も多いようです。また釣り場で錨の形がすぐに崩れてしまうとか、がまかつのナノコーティングのハリがすっぽ抜けてしまうなどの質問が多いので、私がいつも巻いている方法を紹介しましょう。

使う道具やスレッド(糸)は全てフライを巻くときのもので、鮎用品はハリとハリスのみ。錨を使うようになってからずっとこの方法で巻いていますが、錨が崩れてハリを戻すことはありますが、ハリがすっぽ抜けてしまうようなトラブルはありません。使っているスレッドがアロンと馴染みが良いのと、錨の中心にもスレッドが巻かれているのがポイントだと思います。

この方法では3本錨のハリスをセンターから出すのは難しいですが、私の経験ではそれによって釣果が変わることはありません。錨の形が崩れた状態で釣りをしていたり、すっぽ抜けのトラブルの方が遥かに釣果に影響しますので、ハリスの位置はあまり神経質になる必要はないと思います。

では具体的な方法を写真を入れて説明します。

まず1本をバイスに固定します。このハリにもう1本のハリとハリスを固定します。このときにハリスは、2本のハリ軸の手前に乗っているようにします。この状態はまさに蝶バリ。スレッドを巻き返して固定するので、ノット(結び)は必要ありません。
f0103126_16222082.jpg

f0103126_16225587.jpg

f0103126_1623844.jpg

f0103126_1623317.jpg

軸の1/3くらい巻いたら、スレッドの端をカット。次の2本のハリを蝶バリのように持ち、バイスに固定されている蝶バリに重ねます。この2本のハリを固定するため、スレッドを重ねるように巻き上げてから後方へ戻して行きます。4本のハリがしっかり固定されたら、蝶バリ状態から開いて4本錨に整形します。
f0103126_16242916.jpg

f0103126_16245629.jpg

f0103126_16252947.jpg

この状態でスレッドを後端まで巻き上げます。このときにスレッドがハリ先に当たると切れるので、針先を避けるように巻くのがコツ。一見難しそうですが、慣れれば問題なくできるようになります。ここからしっかりテンションを掛けながら前方へスレッドを巻き戻して軸の先端まで巻きます。
f0103126_16262449.jpg

f0103126_16263492.jpg

最後はウィップ・フィニッシュするだけの幅を巻き戻してフィニッシュ。この方法ならどこにもノットができないので見た目もスマートです。後はスレッドにアロンを吸わせて終了。よく年数が経過するとアロンが劣化するので、使うときにアロンを付けるという話を聞きますが、スレッドが緩むのでお勧めできません。この方法でアロンの劣化を顕著に感じたことはないので捕捉しておきます。
f0103126_1627230.jpg

f0103126_16273336.jpg

f0103126_1628214.jpg

f0103126_16281333.jpg

f0103126_16282856.jpg

f0103126_22581693.jpg

私は遠征以外は釣りに行く朝、不足しているハリを巻き足すことが多いです。4本錨を10~15本くらいであれば、妻が朝食とおにぎりを作っている間に片付けられますものね!
f0103126_16285433.jpg

by scott1091 | 2014-12-23 17:20 | Technique | Comments(2)

雨の中、筧(かけひ)を交換しました!

今年の12月は例年より寒い上に週末の天気が悪い!昨年の今頃はDIYで塗装をしておりましたが、今年だったら作業がまったく進まなかったでしょう。今年予定していた手摺と垣根の塗装を11月に終わらせていたのは正解でした。冬はこつこつ働かないと釣りに回すお金が捻出できませんがなぁ…。

ということでブログ公開はしていませんが、今年も「'14~'15DIYメニュー」を粛々と進めております。昨年に比べると作業は格段に少ないですが、2015年は渓流解禁とともに釣りに移行したいので仕事は前倒しで片付けていきたいところです。今週は材料が入手できたので雨の中、筧を交換しました。

つくばいの筧は古い方が庭の風景に馴染みますが、今年2月の大雪で根元が折れてしまいました。中にある塩ビ管が割れることがないよう応急処置はしておりますが、地中で塩ビパイプが折れると修理がやっかいです。また塩ビ管も紫外線で劣化するので、太陽光にさらしておくわけにもいきません。
f0103126_211028.jpg

筧の素材は「青竹」や「晒竹」を使うのが一般的ですが、油を抜いていない「青竹」の方が屋外ではもちがよいので今回は「青竹」を使用します。「駒頭(こまがしら)」を付けるとトップヘビーになって添竹が必要となるため、一番シンプルな「竹筒筧」にしました。

まずは元竹の長さを調整して、倒れないよう20㌢程地中に埋めます。枝竹は水通しをして、手水鉢(ちょうずばち) に落ちる位置を確認して長さを調整します。水栓が固着して回らなかったのは「'13~'14DIY」で対応済みなので、今回はすんなりと水が出ました。

つくばいの水門(すいもん)に設置されている排水管の径が細いため、昨年に続いてドレンクリーナーを使って管内に溜まった泥を洗い流します。地中に埋設されている雨水管の傾斜やエルボの使い方、使っている管の径など、私が施工していたらもう少し違っただろうと思います。
f0103126_2111884.jpg

竹はそのまま鋸(のこぎり)を入れると表皮がささくれてしまうので、マスキングテープをしっかり巻いてから目の細かい鋸で引きます。このときに竹を回しながら表皮から切っていくのがポイント。テープにぐるっと一周マーキングしておくとズレを最小限にすることができます。段差があまりにも大きいときは鉋(かんな)で修正しましょう。

青竹は米糠を手ぬぐいに包み、それを濡らして磨くと艶が出て色も長持ちします。今回は米糠がなかったので磨きませんでしたが、次回精米に行ったときに持ち帰ろうと思います。今年の12月は晴れる日は寒気の流入で強い風となり、釣り仲間もなかなかヤエンに行けない状況が続いています。今年は暖冬の予報ですが、目下のところは例年よりも寒い日が続いています。042.gif
f0103126_21565729.jpg

f0103126_2212992.jpg

↑がちがちに冷えた体はしゃぶしゃぶと雑炊で温まりました!

by scott1091 | 2014-12-20 20:57 | DIY | Comments(0)

カワウとシロサギの共生 or 寄生?

狩野川水系にカワウが多いことは鮎釣りに関連してかなり書いていますが、ここ2~3年でシロサギも多くなっています。今までほとんど見ることがなかったアオサギも見るようになったので、田んぼの農薬の影響なのかな~と漠然と思っていました。

しかし数日前に衝撃的な鳥の群れを目撃しました。カワウが日の出とともに、餌を求めて上空を飛行するのは狩野川水系では普通に見かける光景ですが、その日見た群れはカワウとシラサギの混成群。シロサギがあんな高い高度を飛行するのをはじめて見ました。シロサギといえば低空で餌場を移動するのが一般的でしょう。

注意深く見なければカワウの群れくらいにしか見えない高度です。そのときは珍しい群れだなくらいに思ったのですが、その理由が翌日わかりました。私の観測ポイントにシロサギが約10羽。これだけまとまった数が狭い範囲に集まっているだけでも異様な光景なのに、さらによ~く見ると水中で魚を追うカワウが2羽。

シロサギが魚を獲るときは存在を悟られないよう静止し、魚が近づいてくるのを待つのでとても非効率です。それに対して、カワウは水中を自由に動き回って魚を捕食する。追われた魚はカワウが泳げない浅場に逃げるのは至極当然な流れ。そこにシロサギが待ち受けているという布陣に見えました。

一列に並んで、一斉に潜って魚を追うカワウの群れが評判になったことがありますが、今回の混成群はこれに近いものがあります。カワウも浅場から魚を追ってもらうメリットがあれば両種の共生、カワウが恩恵を受けていなければシロサギの寄生ということになります。

そして今日はシロサギの数は減ったものの、その中に3羽のアオサギ。アオサギが夜、不気味な声で鳴くたびに私は「ギャオス」を連想しますが、シロサギやアオサギが増えている理由がこの共生 or 寄生にありそうです。

今年は大見川にあるシロサギのコロニーがかなり大きくなっていましたが、アオノロにより釣り人が減少してカワウ飛来の頻度が増加したことによる恩恵。そして鮎がいなくなると餌が少なくなるので、餌場を変えるカワウとともにシロサギも行動しているというのも、まんざら見当違いの話ではなさそうです。
f0103126_19372969.jpg

by scott1091 | 2014-12-19 21:25 | Comments(0)

VIRGO 銀座店

鮎釣り仲間のお誘いで銀座まで上京。
右も左もわかりませんがなぁ~。008.gif
おまけに目指すは銀座の隠れ家的スペインバル「VIRGO 銀座店」。
この日のコースは120分飲み放題で5,000円(税込)也。
飲み放題メニューに「CAVA BRUT」(スペイン産スパークリングワイン)があるのが嬉しいです!001.gif
f0103126_17244273.jpg

f0103126_17284582.jpg

f0103126_17245298.jpg

f0103126_17251239.jpg
f0103126_17252649.jpg
f0103126_17254297.jpg
f0103126_17255532.jpg
f0103126_172668.jpg
f0103126_17261748.jpg
f0103126_17262970.jpg

by scott1091 | 2014-12-18 23:23 | 食事処 | Comments(2)