釣っても曳舟の鮎が増えない釣り…

土曜の午後から遠方の友人が来るので、先週釣った場所に様子を見に行きます。垢付きはあまり進んでいませんが、残り垢はしっかり成長しています。しかし鮎のハミ跡がほとんど見えません。先週はまったく釣り人がいませんでしたが、この日は先行者が二人。よくこんな場所に入ったな~と感心しつつ、前回一番掛かった場所で竿を出します。

しかしビリ鮎が1尾掛かったのみ。ここで掛かれば混雑とは無縁で友人に楽しんでもらえたのですが、今週の雨で鮎が下ってしまったようです。そこで上流から川見をして行きますが、松ヶ瀬より上は残り垢がなく新垢の状態も今一つ。先日も書きましたが、この時期は新垢が付くのに3週間以上かかります。

下流域はこの時期混雑しているので避けたいところですが、わざわざ遠出してくる友人のことを思えば背に腹は代えられません。下流に移動を始めたとき、ジャストタイミングでマルパパさんから入電。下流域を移動しながら川見しているとのことですが、人が多くて我々の感覚では入る場所がないとの情報です。emoticon-0107-sweating.gif
f0103126_20511966.jpg

唯一の救いはまだ水位が10㌢高くらいなので、下流域にはウエーダーやドライタイツでは川を切れない場所があること。両岸から流芯に竿が届かなければ、単純に渇水時の2倍人が入れることになります。しかし問題はそんな場所は葦が底石に挟まって、オトリが根掛かったときに回収できません。

数を揃えたければ、オトリが回収できない場所を釣るな!

これが今の狩野川の鉄則ですが、そんな場所はもう激混み…。私の感覚ではとても入れませんが、友人の意向を確認することにします。やはり釣れている場所に入りたいとなれば、私はカメラマン&見学に徹するつもり。陽気が良いので、そんな一日も悪くありません。
f0103126_21572439.jpg

しかし友人の意向はまったく違うもので、土曜の半日は私の釣りを見たいと…。こうなると人のいない場所を探さなければなりません。目星を付けた場所は対岸に人が並びますが、こちら側には50㍍区間に釣り人ゼロ。大石ごろごろで垢も飛んでいませんが、畳一畳の範囲に葦が3個所くらいの根掛かり密度。しかも深くてウエーダーやドライタイツでは回収できません。

こんな場所でオトリを気持ちよく泳がせたら、即刻根掛かり。しかも葦がまったく腐っていないので、竿で煽ったくらいでは絶対に外れません。胸まで浸かってオトリ回収にトライするか、最初から潔く仕掛けを切るかの二者択一。前者はオトリに手が届かない可能性もあるし、流されるリスクもある。

手持ちのオトリがなくなったら終了ということで始めます。波立ちから底石を把握し、葦がありそうな場所はオトリを中層に持ち上げます。スポット、スポットではオトリを沈めますが、掛かることが多い横の動きでオトリを中層に浮かせるため、どうしてもチャンスが少なくなります。でもそれをしなければアッシ~地獄。emoticon-0124-worried.gif
f0103126_20533324.jpg

↑卵がパンパンの25㌢。容姿から特別解禁区から降りてきた鮎と思われます

こんなぴりぴりのテンション系の釣りでも、釣っては切っての一進一退。あまりに釣れないので友人に竿を出すよう勧めますが、こんな厳しい状況だからこそ参考になる由。入れ掛かりシーンはビデオでいくらでも見れますが、トラブルへの対応は編集でカットされたりカメラを回さないので一理あります。

なかなか釣れないので飽きてしまうと思うのですが、友人は見ている方が有意義とのことで最後まで竿を出しませんでした。私の釣果は舟残りでオトリを除いて9尾…。ベストに入っている付糸と鼻環まわりが底をつくような状況ですが、なるべく入って仕掛けを切ったので、水中糸は1セットで通すことができました。emoticon-0106-crying.gif

翌日は友人と8時半に待ち合わせます。そこに前泊のマルパパさんも合流。オトリ店お勧めの場所を見に行きますが、すでに竿1本間隔の釣り人。そんな状態でもまだ釣り人が入って来ます。マルパパさんが「あの間隔であそこに入るかね~」と呆れていますが、この場所をホームにしている人は慣れたものなのでしょう。
f0103126_20521383.jpg

他の場所も人が多く、結局前日と同じ場所に落ち着きました。午後から雨との予報ですが、これ以上オトリを葦にとられるわけにはいかないので、私はタイツを履きます。ネオプレーンのソックスを履いているので耐えられますが、素足ではかなり辛い水温。しかも底石が大きいので、回収に行くと胸くらい水深がある場所もあります。

しかも葦に手が届きそうで届かない場所もあり、「葦」は「足」では外せないところが辛いところです。前日とまったく同じ場所を流して、午前中の釣果は11尾。この日は成熟が進んだメスが多く、オスは2尾のみ。メスのオトリは十分確保できたので、午後に希望をつなぎます。

川から上がって三人で食事をしていると、天気予報より早く雨。友人は雨男とのことなので午後も降り続くと思いきや、しばらくすると止んで空が明るくなりました。体調不良で午前中は車で休んでいたマルパパさんも、そのまま帰ると思いきや午後から参戦。怪しい雲行きではありますが、時折日が差すこともあって温かい一日となりました。
f0103126_2053770.jpg

夕方になってからオスがぱたぱたと掛かりましたが、午後もスローな釣況でした。上にカッパを着ているので、上半身を沈めると抵抗が大きく4尾回収し損ないましたが、前日よりタイトに攻めることができたのはタイツのおかげ。もう少し数が伸びると思いましたが、根掛かりする度にペースが止まってしまいました。釣果はリミットメイクならずの24尾。

この日の締め括りは、竿を畳んだマルパパさんと私の目の前で、友人が3尾の入れ掛かり。2尾はまずまずの型で、「スペシャルA」がきれいに弧を描きます。これで脳汁が放出されて、帰りの運転も入れ掛かりパワーで乗り切れたはず。私も見習って北陸遠征最終日は、17時まで竿を出さねばなりますまいかぁ~。emoticon-0116-evilgrin.gif

わざわざ遠くから来たのに、参考になるような釣りをお見せできず申し訳ありませ~ん。これに懲りず、また遊びに来てくださいませ。そして二日目にご一緒したマルパパさん、ダンさんもお疲れ様でした!emoticon-0105-wink.gif
f0103126_2152937.jpg

by scott1091 | 2014-10-26 20:43 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(8)

台風18号以来、二週間ぶりの鮎釣り!

日本で一番釣期が長い狩野川をホームグラウンドにして、北陸の友人達より先に竿を納めるのはいかがなものか? そんな思いで、きれいに洗って片付けた釣り道具を5分で準備。いつものように現場着9時過ぎを目安に家を出発します。この時期になると、今まで釣り人などいなかった場所に人が一杯。

これはこの時期にしか釣りに来ない人が、鮎の下りを意識して修善寺橋よりシモの瀬に集中するからでしょう。狩野川銀座である牧野郷~松下の瀬はもちろん、狩野川公園~城山の瀬、石コロガシの瀬、神島の瀬、大門橋カミにある水門前の瀬、新大門橋シモの瀬が賑わっています。
f0103126_213271.jpg

この時期に利用するオトリ店を尋ねると、前日は神島橋周辺が釣れた由。この日は「一二三荘」の大会があるので、下流域はどこも混雑しています。台風18号以来川を見ていないので、底石を確認できる場所から川見していきます。垢が完全に飛ばなかった大石はすでに垢付きが進んでいますが、それ以外はまだ白川。

まだ新垢が付いたと言える状況ではありません。場所によっては底石が動いて完全な白川ですが、そんな場所にもま~釣り人が多いこと。この時期は残り垢を狙うより付場を意識する人が多いのでしょうが、そこに鮎の群れがいなければ餌がないので釣果は望めないでしょう。
f0103126_2135122.jpg

こんな感じで私は残り垢を探して場所を決定。ウエットでは寒いのでウエーダーを履き、ベルトをしようと思ったところで忘れたことに気がつきました。車が2台あった頃は妻に持ってきてもらって途中で合流するところですが、今は1台しかないので取りに帰るしかありません。履いたウエーダーを脱いで、来た道を戻ります。

この日は比較的道が空いているとはいうものの、往復となると時間が掛かります。釣り場に戻った頃には、朝は吹いていなかった風がぴゅーぴゅ~。残り垢がある場所には葦が沈んでいるので、まずはこれを取り除きます。いつも思うことですが、これがなかなか外れません。外れないときは千切るしかありませんが、まだ腐っていないので一汗かきました。
f0103126_21426.jpg

この場所はしっかり垢が残っていますが、周辺にカワウの糞がないのが気になるところです。カワウがいないに越したことはありませんが、飛来しない理由は餌が少ないからに他なりません。すでにかなりの鮎が下ったものと思われますが、見える範囲に釣り人はいないので釣果よりもそちらを優先します。

残り垢にハミ跡が見えるような状況ではありませんが、垢の状態は悪くありません。もっとも秋の日差しでは短期間で垢腐れはしないのですが、白川で竿を出すよりもモチベーションは上がります。この日は来季使うラインを選定するため、新しいものを2種類用意してきました。
f0103126_2141819.jpg

今年は「メタビート」、「メタコンポⅢ」と、在庫整理で「メタマックス」の三種類を使いましたが、いずれも一長一短でしっくりきません。号数指定であれば「メタビート」は0.05号、「メタコンポⅢ」なら0.07号となるのでしょうが、同じ銘柄で号数を使い分けないと強度に一貫性がありませんものね~。

ウエーダーで回収に行けないような水深で、周辺に葦が見える場所は全てパス。掛かる鮎はまだ若いですが、一回り小さくなってダイエット中のものばかり。やはり10月の白川リセットは鮎の餌不足に直結です。すでに卵巣や精巣が成熟した個体は産卵行動が早まるのでしょうが、成熟に至らない個体は餌を食べなければなりません。
f0103126_2143697.jpg

前日、自転車に乗りがてら観測ポイントの下流を川見しましたが、きれいな砂利底のカミにはかなりの数の鮎が群れていました。ときどき大石の残り垢を食んでいましたが、いずれの個体も泳ぎが弱々しい感じです。これで産卵ができるのかなと思いますが、生物の子孫を残す本能はそんな生半可なものではありません。

次の満月は11月7日。この頃には垢付きも進みますが、産卵床としてのコンディションは現在の方がよいので、鮎の本能がどちらを選択するかでしょう。いずれにしても今年の鮎の老けは例年より半月ぐらい早い感じがしますが、狩野川には1月に産卵する系群もいるので、サイズにこだわらなければ付場でなくても友釣りは可能です。
f0103126_21135486.jpg

濡れると風が冷たいですが、カッパを着るほどでもない気温。増水により川沿いにある葦が枯れて景色は一気に初冬の様相ですが、小気味よい当たりで鮎が掛かりました。この日は忘れ物で竿を出している時間は短かったですが、効率良く掛けて26尾。白泡が噴くガンガンにはオトリを入れませんでしたが、残り垢があればまだ掛かりそうな感じです。

by scott1091 | 2014-10-19 21:00 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(4)

この施設ってなぁ~に。興味本位でプチ観光!

f0103126_2265586.jpg

存在は知っていましたが、何を売り物にしているのかわからなかった「伊豆フルーツパーク」。先日のテレビで、季節によって「いちご狩り」、「メロン狩り」、「みかん狩り」ができる施設とか。昼の定食には季節に応じて「メロン食べ放題」や「マンゴー食べ放題」が付いているコースがあるようで、観光バスがかなり入っています。

今回初めて立ち寄ってみましたが、フルーツ狩りのシーズンでなければ「大食堂&お土産屋」という感じでした。「えびせんべい工場」のコーナーは種類が多く、全部試食したら昼食の代わりぐらいになりそうですが、買うほどのインパクトはなし。せっかく寄ったので、「ミカンソフトクリーム」を食べてきました。

建設中である日本最長の「箱根西麓・三島大吊橋(全長400㍍)」が2015年12月に開業すると、伊豆方面や箱根方面の観光バスルートの定番になるのでしょう。しかしフルーツの季節でなければ、団体客用の食堂&休憩場くらいに考えておけばよろしいかと思います。
f0103126_22795.jpg

次は定番の芦ノ湖。ここから御殿場側に降りれば、御殿場高原ビールやイルミネーションで有名な「時之栖(ときのすみか)」。そして地元ではよく贈答に利用される「二の岡ハム」。「ボロニアソーセージ」が定番ですが、私はブロックの「ベーコン」が好きです。注文のときに脂の少ないのと頼むと、在庫の中から少なめのものを見繕ってくれます。かなりスモーキーですが、ウイスキーにはぴったりの逸品。塩分控えめの人はNGです。

ここから山中湖を回って、忍野村にある「田舎そば」へ。すでにこのブログで紹介しておりますが、試食してから購入するのが基本。私は何回も利用しているので、試食なしで購入すると同行の人数分だけ蕎麦をサービスしてくれます。消費税が増税されたこともあって、蕎麦もうどんも30円値上げして530円。初めて利用する人はコスパに感動すると思います。
f0103126_2272810.jpg

f0103126_2274358.jpg

ここから河口湖経由で鳴沢村へ。「道の駅なるさわ」にある「鉱石ミュージアム なるさわ富士山博物館」は入場料無料ですが、富士山に関するものはほとんどなし。水晶のお土産屋という感じでした。道の駅にも地野菜や果物が沢山売られていますが、国道沿いに点在する即売所の方が天然キノコなどもあって品揃えは楽しいです。

こんな感じで富士山の裾野を回り、朝霧高原経由で新東名や東名に入れば、ちょっとした観光になります。これからの紅葉シーズンは今回のように短時間では回れないので一日コース。また時間に制約があるときは、、河口湖周辺にある「ほうとう」で有名な店には近寄らない方が無難かもしれません。駐車場に入るのにかなり並ぶので、付近に渋滞が発生します。

私が「ほうとう」が好きなので、我が家では冬の定番メニュー。最近はスーパーでも「ほうとう」が手に入るので、有名店と変わらないものが作れます。話のタネに並んで一度有名店で食べたら、家でトライしてみてはいかがでしょう。 煮込みうどんみたいなものなので、具材や味付けもお好みしだい。私はかぼちゃと煮込んだ味噌味が好きです。

by scott1091 | 2014-10-18 20:59 | 旅行 | Comments(0)

台風19号(VONGFONG)が来襲…

NASAの飛行士が宇宙ステーションから、「宇宙から沢山(熱帯低気圧を)見てきたけど、こんなのは見たことがない」とツイッターに書き込んだ台風19号。急速に発達して中心気圧が一時は895hpaに達し、これだけを見ると伊勢湾台風(894hpa)並みのスーパー台風です。

この三連休は先週の台風18号に続いて、その台風19号が来襲。日本列島で災害が続いていることもあり、各市町村は台風の北上ルートに合わせて順次「避難準備情報」を発令。特に台風18号で被害があった地域では、ほぼ全域においてさらに「避難勧告」が発令されました。

これだけ多くの世帯に「避難勧告」が出ても、計画された避難場所ではとても収容できないでしょう。しかし「避難勧告」は、「避難指示」や「警戒区域」とは違って拘束力がないので、自治体として危険レベルを住民に勧告するというのが主旨。避難するかは自己判断となります。

賃貸ならともかく、生涯で一番高い買い物となる家やマンションを購入するとき、その地域の地盤や過去の災害について確認しない人は少ないと思います。車のスペックを調べないで購入する人は少ないのと同じ。もちろん最近は古く住んでいた場所でも災害が起こるので、それで油断することはできません。

災害別に避難場所と自宅のどちらが安全かくらいは、いつも認識しておかなければなりません。地盤の強度や標高はもちろん、地震については建物の耐震性も重要です。多くの避難所に指定されている小~中学校の耐震等級は「2」(建築基準法で定める地震力の1.25倍に対抗できる)。最近の分譲マンションは「2」に準じるものもありますが、「1」(建築基準法で定める地震力に対抗できる)で建設されるのが一般的です。

子供が通学していた小学校や中学校は、当時はまだ耐震工事が完了していませんでしたが、その当時も避難場所に指定されていました。自分の家や避難場所が安全という考えではなく、近隣でより安全な場所はどこなのか?それをいつも念頭に入れて行動することが、自分の命を守る最も有効な手段だと思います。

今回のように「避難勧告」が広範囲に発令されると、すぐに形骸化してしまうもの。自治体は万が一災害になったときは責務を果たしたということになりますが、そもそも自治体に自分の命を預けること事態がおかしな話ではありませんか?

釣りはもちろん、どんなスポーツも危険をともなうのを承知でやっているわけですから、自分の感性を研ぎ澄ませて危険を回避しなければなりません。日常の生活においても、天災に対する行動はまったく同じでしょう。最近の報道を見ていると、何もかもが行政機関の責任みたいな風潮を感じます。

ちなみに今回の台風19号は、上陸時点の中心気圧は970hpa前後。室戸台風912hpa、伊勢湾台風929hpaと比較すれば、日本沿岸に接近した時点でスーパー台風と呼ばれるような規模ではなくなっていたのは歴然です。最近の報道は「最強」という言葉が一人歩きしていますが、中心気圧の変化やルート、台風の目を中心にした周辺の雲の様子などにも関心を持つことが肝要です。

台風19号は危険半円に発達した積乱雲がなかったこともあり、拍子抜けするくらいの風雨でした。狩野川も最大で80㌢の増水止まり。この増水で垢付きが遅れたことは間違いありませんが、さらに垢が飛んでしまうような状況ではありません。

この三連休ですが、結果的にはいずれも狩野川で釣りができる状況でした。しかし私は久々の行楽で釣りはお休みです。まだ紅葉には早かったですが、周辺を散策してきました。これで川が落ち着いて垢付が進むようであれば、第二、第三の千秋楽があるかもしれません。

最後に備忘メモとして「発令基準」と「耐震等級」を列記しておきます。

<避難準備情報>
要援護者など避難に時間がかかる方は避難行動を開始してください。それ以外の方は家族等と連絡を取り、非常用持ち出し品の用意をするなど、避難準備を開始してください。

<避難勧告>
該当地域に居住する方は計画された避難場所などへの避難行動を開始してください。

<避難指示>
人的被害の発生する危険性が非常に高い状況です。直ちに避難してください。

<警戒区域>
設定した区域への立ち入りを制限、禁止またはその区域から退去を命ずるものです。従わない場合、罰金または拘留の罰則が科せられます。


「耐震等級1」
数百年に1度発生する地震の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に1度発生する地震の地震力に対して損傷しない程度(建築基準法同等)

「耐震等級2」
上記の地震力の1.25倍の地震力に対抗できる

「耐震等級3」
上記の地震力の1.5倍の地震力に対抗できる

by scott1091 | 2014-10-13 22:23 | Comments(0)

今季最後の鮎釣りになりそうです!

台風18号(HANFONE)は予報より速度が早まり、天気がもつのは土曜のみになりそう。この時期に強い雨の中釣りをするのは辛いので、竿納めのつもりで家を出発します。まずは連絡をもらったmotoさんが竿を出している場所に行き、しばらく見学。この日も沢山の人が竿を出していますが、30分くらいの間に竿が曲がったのは一人のみ。emoticon-0124-worried.gif

motoさんも早々に場所を見切って少し上流に移動したので、私はここには入らないで空いている場所を探します。前日に引き続いて気温は高め。タイツで入っても寒くはない陽気です。先週より人が少なく、人気ポイントでなければどこでも入れる感じ。オトリを買いに寄ったポイントに友人がいたので、今季の状況などを伺いました。
f0103126_2131898.jpg

狩野川は鮎の解禁以来、大きな水が出ていません。したがって少しでも雨が降れば泥濁りのコーヒールンバになるのは間違いなし。今までの台風はことごとく外れてくれましたが、今度の台風18号は伊豆半島を直撃しそうなコースです。おそらく2㍍も増水したら、完全な白川になってしまうでしょう。

この時期は日も短く、太陽光も盛期とは比べもにならないくらい弱いので、完全な白川になってしまうと垢付には3週間くらい掛かります。加えて今年の鮎は老けが早いので、産卵床がきれいになったこのチャンスを鮎も逃さないでしょう。盛期であれば鮎が大水を察して雨が降り始める前はよく掛かると言いますが、この時期はどうでしょうか?
f0103126_20592223.jpg

竿出しが10時近くなったので、お昼を食べてから入川。私のいる右岸側には釣り人はおらず、対岸の人も上下いずれも50㍍くらい離れているので問題なし。引いても掛かりそうにないので、緩い流れでオトリを泳がせて掛けます。これが手ごろなメス♀だったので、午前中までにツ抜けを達成。これらの鮎は全てメス♀。

午後は少し上にある荒瀬を釣ると、気持ちよい当たりでオス♂が掛かります。鮎は雌雄ともに先週よりも若い感じです。このペースでリミットメイク達成と思いきや、ぱったり掛からなくなりました。地合がとても顕著で、私に掛かると対岸の人の竿も曲がります。地合がくる間隔が徐々に長くなり、15時過ぎるとぱったり。結局16時半まで粘ってポツポツ追加するも、28尾でリミットメイクならず。emoticon-0141-whew.gif
f0103126_211355.jpg

いつもなら16時くらいには人がいなくなりますが、私が川から上がって着替え終わっても、まだ釣りをしている人が4人くらいいました。おそらく今季の竿納めのつもりなのでしょう。翌日は予報のとおり早朝から雨なので釣りはお休み。予想以上に雨が降って、日曜の22時には放水路を解放。

月曜には台風18号が浜松に上陸し、風雨ともに強まって同日8時30分に氾濫注意水位(大仁2.10㍍)を超えました。大仁にある水位計では雨が降る前は平水より15㌢くらいの減水だったので、この状態から3.7㍍(9時20分大仁2.71㍍)くらい増水したことになります。下った鮎が放水路に流されてしまった可能性がありますが、この時期の大増水は産卵床の条件にはよいことなので、踏み止まった鮎に期待したいと思います。
f0103126_20595689.jpg

あっけない千秋楽となりましたが、今年は早めに竿のテストが終わっていたので結果オーライ。また来季の狩野川に期待したいと思います!これからは物欲とオフ会の季節ですなぁ~。増税と物価上昇の煽りをもろに受けているので、これまで以上に財布の紐を引き締めて臨みたいと思います。emoticon-0133-wait.gif

次の三連休は友人が釣りにくる予定ですがどうされますか~?もちろん来られるのであればご案内します!しかし次の台風19号(VONGFONG)による雨がなければ水位は下がりますが、残り垢は期待できそうにありません。
f0103126_20582847.jpg

f0103126_20584244.jpg

by scott1091 | 2014-10-04 20:56 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(7)

「Short Range龍 急瀬77」

「何故、7.7㍍なのでしょうか」?
この竿について一番多い質問です!

8.0㍍を作ろうとして、一番7.7㍍が調子が良かったという答えを期待する人が多かったですが、私の答えは「フナヤさんが天邪鬼だからでしょう」というもの。9.0㍍クラスになると結果として長くなったり短くなったりすることはありますが、この全長で30㌢を調整しきれないということはありません。もちろん8.0㍍と差別化したいという狙いもあると思います。
f0103126_22303790.jpg

f0103126_22305792.jpg

↑錘は100㌘。マーキングが見えにくいですが下が「プロト2」

すでに狩野川支流でのテストの様子はアップしておりますので、「プロト1」と「プロト2」を比較したベンディングカーブを掲載します。最終製品は1~3番にマーキングがある「プロト2」が採用されます。錘100㌘では「プロト2」の方が穂先が下ですが、錘150㌘になると「プロト2」の方が穂先が上にきています。 
f0103126_22342072.jpg

f0103126_223436100.jpg

↑錘は150㌘。マーキングが見えにくいですが100㌘とは逆に上が「プロト2」

これは3番の強さによる違いで、オトリを引いている感じは「プロト2」の方がソフトに感じるものの、鮎が掛かると「プロト1」よりもパワフルということを意味しております。7.7㍍くらい短い竿になると、早瀬くらいの調子では引いたときに竿が振れてオトリが落ち着きません。したがって短竿は急瀬に近い調子になりますが、釣っている感覚は早瀬のようでありたいもの。

これを具現化したのが「プロト2」となります。この長さになると自重や持ち重りはほとんど考える必要がないので、カーボン弾性を下げて肉厚にすることができます。この効用によりトルクがあり、粘りのある竿に仕上がります。粘りのある竿とは、言い換えれば無理の効く竿。
f0103126_2240786.jpg

↑「プロト1」と↓「プロト2」
f0103126_22402098.jpg

足元の岩盤に潜む大鮎や、下がれない渓流相の段々瀬などで踏ん張れる竿。また風の強い日は8.5㍍と比較しても格段に空気抵抗がありませんので、繊細なオトリ管理が必要な瀬釣りも可能です。もちろん川幅のある場所では本当に短いと感じますが、これは一長一短なので仕方ありません。

特別な地元河川や扱いが楽な短竿をお探しの方は、完成プロトをご確認くださいませ。また川幅が大きくても立ち込める川相。そんな川で瀬釣りをするのであれば、風の強い日は重宝すると思います。

実釣記録 狩野川支流

by scott1091 | 2014-10-01 22:35 | フナヤオリジナル | Comments(0)