ゴールデンウイーク第一弾

<I'll be back!ならぬI'm Back!>

骨折から13日目。ゴールデンウイークの復帰を目指してきたので、リハビリを兼ねてお気軽コースへ。山歩きをしてみると、普段平らな道を歩くのがいかに楽なことが実感します。街中でのウォーキングは体型を維持する有効な手段ではありますが、筋力アップにつながらないのは痛みの違いで明らかです。

経験的に大型連休の初日は釣り人が少ないので、連休前半はこの日が勝負。そんな気持ちもあったので、そこそこ行けそうな感触なので予定を変更してミドルコースを飛び越えてハードコースへ突入。右足を大きく上げると痛むので、左足を使って登ります。バストバンドで胸部を固定しているので、いつもより息が上がるのが早い。
f0103126_20482864.jpg

新緑を楽しみながら歩くには爽やかな陽気ですが、風が冷たいので薄手のフリースは必需品。寒気流入によりここ2週間くらい肌寒い日が続いていますが、桜が開花するまでは暖かい日が続いたのでミツバツツジは例年よりも開花が早く、すでに見ごろを過ぎた感じ。次はトウゴクミツバツツジに期待したいところですね~。

いつもより歩く速度が遅いので、予定より30分遅れで目的地に到着。先行者がいるか確認のため、痕跡を注意深く観察します。しかし性格の悪いベテランは足跡を残さないため、魚の状態で判断するしかありません。ハッチがあるので小型の魚影は確認できますが、人影に対してとてもスプーキーなので先行者がいると判断。そのまま遡行して行くとまさにビンゴでした。

この沢を諦めて違う沢にトラバースするも、そこにも新しい足跡がベタベタ。そこで魚から気づかれない高巻きルートで、魚を探しながら少しづつ降下します。残念ながらこの日は他にも釣り人がおりましたが、いくつかの区間で中抜けを見つけることができました。そんな場所ではそれなりのサイズが盛んに捕食中。これぞまさにヤマメ・ハンティング。
f0103126_22585646.jpg

すでにスレていて一筋縄にはいきませんが、フライを見た魚は深追いせずに時間を空けてフライをチェンジ。山岳渓流では3投目はないので、全て1投ないし2投で決めました。どこも先行者で当てが外れてしまいましたが、数少ないチャンスを全てものにしたので、この日はよしとして撤収を開始。

しかし行きは思いのほか快調だったものの、痛みを避けるため歩き方に問題があったようで左膝に痛みが発生。友人からガラスの左膝と言われているくらいなので、この状況では致し方ないでしょう。もともと体が弱いオラなので、リハビリとして完全にやり過ぎ・・・。明日はゆっくりカウチポテトなどと思いながら、寒風が吹き抜ける谷を後にするのでした。


<思いでの沢は過去のものに・・・>

前日の夕食は家族でフレンチへ。ソースが甘くて私にはいまひとつでしたが、結構人気があるお店です。フォーマル使いではサーブのタイミングやサービスが垢抜けないし、普段使いでは少し敷居が高い感じ。だから予約なしでも入れちゃうんですけどね~!

この時点では完全にカウチポテト・モードでしたが、朝目が覚めるといざ山岳渓流へ。前日と同じく風が冷たいですが、この日はフリースを着ないでウインドブレイカーを携帯して出発。しかし太陽が出ているときは汗ばむくらいですが、雲で日が覆われるとにわかに寒くなります。フリースを置いてきたことを後悔しました。
f0103126_22592376.jpg

山仕事の道とバリ・ルートを使って思い出の沢へGO~。昨年は入渓しませんでしたが、2年前には資源量が激減して4尾しか確認できませんでした。イワナなので復活していることを期待しましたが、残念ながら今回は魚影すら確認することができませんでした。

完全にいないとは断言できませんが、再生産はできないでしょう。このような状態の沢は今年2本目。魚が絶えてしまった主因は沢の荒廃。膨大な量のガレ流入は、イワナの生息も許されない状態です。かつてはヤマメとイワナが混生する沢でしたが、最初にヤマメが絶え、ついにイワナも・・・。
f0103126_2255589.jpg

稚魚や卵放流しても定着できる環境ではないので、もはやこの沢の復活はありません。思い出の沢は過去のものに・・・。もう訪れることはないと思うと、かつての思い出が走馬灯のように蘇ります。別れを告げた沢はこれで3本目になります。


<行楽地の喧騒を抜けて>

連休前半の最終日。10連休の人も多いと思いきや、大半の人はカレンダーどおりのご様子。であれば最終日は午前中には帰途に着くものですが、3日頑張ればまた4連休という心理が働いて幹線道路は遅くまで大混雑。この渋滞に巻き込まれないように移動しなければなりません。

この二日間の体たらくっぷりを打破するべく、リハビリの難易度を上げます。肋骨骨折から15日目で、落ちれば生命の危機に直面するヘツリをこなすことができるのか?現場を見て怖いと感じたら行かないのが正解。しかし考えずに闇雲に取り付くのはもっと危険です。
f0103126_2315192.jpg

体が痛みを感じるのも、恐怖を感じるのも生きるための防衛手段。右膝を腰より高く上げると痛むので、出す足を慎重に選びながらホールドを確保。いつもなら簡単な場所もかなり苦戦。このような場所で足を入れ替えるのは命取り。この体では帰りはザイルがないと降下できません。あ~情けなかぁ・・・。

そんなこんなでいつもの1.5倍くらいの時間を要して目的地に到着。この一連のリハビリでわかったことは、今まで激痛を感じていた場所と違う場所に鈍痛があること。おそらくそこがぶつけた場所で、折れたのはそれよりも背中側。医者がレントゲンでこれはおそらくヒビだろうと言っていた場所とほぼ一致します。
f0103126_2321264.jpg

しかし激痛に比べれば鈍痛なんて感じないようなもの。新緑とミツバツツジ、リアル・サイトフィッシングを満喫しまくり~。そして無事に下山したときには、自然と山に向かって一礼するのでした。なぜ山に登るのと言われれば、そこに魚がいるから。「渓流魚がいない山には登らない」というのが私のポリシーではありますが山は大好き。

この連休中に開催された「ULTRA-TRAIL Mt. FUJI」。距離161km、累積標高9,000m、日本初の100マイルトレイルレースで、「L'Ultra-trail du Mont-Blanc」と精神を共有する世界初の姉妹大会。日本人はもとより世界中のトレイルランナーがエントリーしました。

ジャンルはまったく違いますがフィールドは同じ山岳。非常に過酷なレースですが、大会要項の参加条件にとても参考になる記述があったので、備忘のために抜粋しておきます。アルピニズムの先進地、シャモニーから生まれた大会。参加者は自己責任であらゆる問題を解決することを求められています。
f0103126_20531771.jpg

以下、「ULTRA-TRAIL Mt. FUJI」のホームページから抜粋です。

〇レースの距離と、山岳地を一昼夜以上走り続けるという特殊性を十分認識し、必要な訓練を行なっていること。

〇この種のレースで起こりうる問題に対して、自ら対処できる能力を有していること。

〇山岳地で予測されるトラブルや天候の悪化など(低温、強風、雨や雪)に、他に頼ることなく自ら対処できること。

〇極限的な疲労、内臓・消化器官の不具合、筋肉などの痛み、軽度の怪我が引き起こす肉体的、精神的問題に対して自ら対処できること。

〇自然の中での活動において、安全にかかわる問題に直面した場合、自らがそれぞれの能力に依って対応しなければならないことを十分認識していること。


f0103126_2324794.jpg

f0103126_22101781.jpg


この連休に観た映画です。

「ザ・グレイ」
f0103126_22244433.jpg

「コロンビアーナ」
f0103126_2225149.jpg

by scott1091 | 2013-04-30 22:24 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(4)

渡利牡蠣と80㌢オーバーのヒラスズキ!

f0103126_21282234.jpg

渡利牡蠣(わたりがき)は、汽水湖である白石湖で育ったマガキのこと。弘法大師が湖に投げ入れた餅が牡蠣に変わったという伝説が残る牡蠣の産地です。汽水であることに加えて真夏は水温が30℃近くまで上昇する環境なので、地牡蠣でないと夏を越えることができません。

白石湖に流れ込む船津川は、原生林が豊かな吉野熊野国立公園から豊富なミネラルを供給。また熊野灘から流れ込む黒潮により冬場も水温が10℃以下になることがないため、ノロウイルスのリスクも低い。岩牡蠣に匹敵する濃厚な味とぷりぷりの弾力感は、一度食べたら病み付きになること間違いなし。しかもariariさんが送ってくれたのは自生している天然物。
f0103126_21275464.jpg

そして今回送って頂いたヒラスズキは、な~んと80㌢オーバー。毎回脂の乗っている食べごろサイズを厳選して送ってくださいますが、今回はぶっちぎりのデカさ・・・。素人の妻が下ろしても分厚い切り身となり、それでムニエルを作るとビジュアル的にも超~豪華でこれがまた格別の味。emoticon-0105-wink.gif

脂が乗っているので、火を通してもまったくパサパサ感がありません。牡蠣フライを作るついでに切り身を角切りにしてフライにしてみましたが、適度な脂が染み出しつつも身はホクホク、衣はサクサクでも~最高。皮の食感と皮下脂肪のじゅわ~も堪えられませんがなぁ。
f0103126_21284682.jpg

いつもの魚の下処理に加えて、今回は牡蠣も剥き身で送って頂き感謝、感謝であります。外に洗い場がないマンション暮らしでは本当に助かります。でもあそこまで下処理すれば欲しいという人も多いと思いますので、無理なさらないでくださいよ~。

ありがとうございました!emoticon-0139-bow.gif
f0103126_2129960.jpg

f0103126_2152774.jpg

by scott1091 | 2013-04-23 21:25 | Comments(6)

週末はカウチポテトで安静です…

f0103126_2145413.jpg

↑紅ほっぺの苺タルト。数えたら苺が31個使われていました

動くと息ができないくらいの激痛が襲う肋骨骨折。医者から10日を過ぎると息ができないほどの痛みは軽減すると言われたので、7日過ぎた現在はこんなものなのでしょう。依然として咳はまったくできませんが、軽く鼻をすするくらいはできるようになりました。しかし現在も一番辛いのは寝ること。いまだに寝返りはできませんし、ゆっくりと向きを変えるだけでも激痛がともないます。

こんな状態なので、この週末は自宅で安静です。しかし安静といっても横になるのが辛いので、背筋を伸ばして椅子に座っているしかありません。カウチポテトと言いながらカウチに深くもたれることはできませんし、そもそも我が家はウサギ小屋なのでカウチがありませんがなぁ。したがってテレビを見ながら、だらだら過ごした週末とご理解くださいませ!
f0103126_21252164.jpg

↑↓栄養は食べ物から摂るのが基本。妻がローストビーフを作ってくれました
f0103126_21253242.jpg

二日間フライを巻いたりDVDを見て過ごすわけですが、安静にしている間にも骨折がどんどん治癒してほしいところ。肋骨骨折は一般的には3週間経ってもレントゲンで骨の癒合を確認することはできず、骨折がつながるのは4~6週間程度は必要とのこと。これは年齢によって大きく左右されるわけですが、何としても4週間での融合を目指したいところです。

そこで妻に運転してもらって、近くのドラッグストアーにサプリメントとプロテインを物色に行きました。骨新生(=代謝)に不可欠なのはカルシウムをベースに、ビタミンK、ビタミンD、マグネシウム、たんぱく質。これらを前提にサプリメントはカルシウムとマルチビタミン。そしてプロテインは「ザバス(ZAVAS)」の「ジュニア プロテイン」を選びました。
f0103126_2124593.jpg

「ザバス」というブランドは初めて見ましたが、販売者を見ると「株式会社 明治」。この会社は「明治製菓」と「明治乳業」が経営統合してできた持株会社「明治ホールディング」の事業会社です。かつてはプロテインといえば輸入品が主流でしたが、このドラッグストアーの売り場は「ザバス」一色でした。

おこちゃま向けのプロテインなので、味の方はもぉ~最高でっせ!牛乳でシェイクしますが、まさにアイス・ココアそのもの。これなら子供も喜んで飲むでしょう。我が家は朝食に必ず牛乳を飲むので、せっかくの機会なので妻も同じプロテインを飲むことにしました。

スポーツ選手は2週間目くらいから軽いリハビリを開始するとのことなので、ゴールデンウイーク明けには復帰を目指したいところです。しかしこの週末は本当に寒かったですね~。土曜の午後から雨だったので、気持ち的にも穏やかに家で過ごすことができました。ニュースによれば、仙台市の4月下旬の積雪は1947年以来66年ぶりとのことです。

以下は、この週末に観た映画です。

「エクスペンタブルズ2」
f0103126_1547353.jpg

「ボーン・レガシー」
f0103126_15521449.jpg

「ネイビー・シールズ」
f0103126_15523021.jpg

「セイフ」
f0103126_15525021.jpg

by scott1091 | 2013-04-21 15:42 | Comments(0)

満身創痍で下山・・・

土曜は寒気の影響で風が冷たいけれど、天気予報は快晴。この時期になると季節がよくなるので山に人が増えてきます。それを想定していつもより早めに家を出発しますが、すでに駐車スペースには車が一杯。ほとんどの車が山登りですが、いかにも釣り人的な車も何台かあります。

山登りの人と釣り人の車の見分け方は、ジムニーや軽トラはほぼ間違いなく釣り人。車内が雑然として、ボトルホルダーに缶コーヒーや脱いだ靴があるのも釣り人。逆に車内が整然として、車内の荷物が見えない車は山登りの人が多い。駐車スペースに車をきれいに並べるのは間違いなく山登り。ちょっと離れた場所にポツンと停めるのは釣り人といった感じです。
f0103126_21395760.jpg

この日は釣り人と判断される車は4台。残りは山屋というよりもハイカーに近い方々でしょう。アプローチで山ガールやペアを5組をほど抜いて、目的の沢に入るもそこには真新しい足跡。しかたがないのでさらに奥の沢を目指します。ここ数日は気温が低く水量が大いので標高の低い沢に入りたいのですが、最近は餌釣りよりもフライの方が多いので考えることは皆同じ。

そこでイワナより水面に反応がよいヤマメの沢を目指します。昨年入ったときは個体数が激減していたので徒労に終わるかも・・・。そんなことを考えながら、ひたすら登ります。最近はハードなバリルートが多いので、このコースは距離があるもののあまり疲れません。ようやく到着した沢は渓相はあまり変化はないものの、谷の景観が大きく変わっています。
f0103126_2151712.jpg

かなり水が出たことを伺わせるごとく、巨木が何本も無残に横たわって根をさらしています。これでは数少ない魚が絶えてしまったかも・・・。そんな不安を胸に釣り上がりますが、予感的中で生命反応はまったくなし。比較的荒れていない枝沢も確認しますが、残念ながら魚影を確認することができませんでした。

まだ時間が早いですが、これより上には魚が生息する沢はないので降下を開始します。登山道で、この場所では遭遇したことがないトレイルランニングに遭遇。しかも次から次にベアーベルを「ちりんチリン」させて登ってきます。そして次は年配のハイカーが多数。登り方に多様性があるものの、昭和40年代の登山ブームの再来を思わせます。

この日は行くところ行くところ先行者の後追いになってしまい、気温が低いこともあって魚の反応はまったくなし。このまま〇ーズで終わることも覚悟しましたが、最後のエリアで起死回生の一発。古傷の左膝に違和感が出てきたので、早めに切り上げました。
f0103126_21423099.jpg

そして問題の翌日。傷む左膝に滴るくらいバンテリンを塗って出発。天気予報では南風で気温が上がるとのことでしたが、風向は南寄りながら風は冷たい。装備に迷いを感じて予定の時間よりも30分遅れて出発。この30分がこの日の明暗を分けました。

日曜は山登りも釣り人も少ないので、安心していましたがタッチの差で先行者。入る沢を確認すると私が予定していた沢です。歩く速度が私の方が1.5倍くらい早いので、その沢を譲ってさらに奥を目指します。左膝が傷みますが、利き足の右足で登れるので問題なし。ガンガン飛ばして目的の沢に到着すると、な~んとここでもタッチの差で先行者あり。
f0103126_21445410.jpg

遡行を始めたばかりなので、時間を空けることもできません。そこでさらに奥の沢へ。ここまでくるとかなりへばってきます。ここにも先行者がいたら、もう諦めるしかありません。いつものとおり朝一の餌釣りと2時間くらい空けていれば何とかなるのですが、中途半端に早いのが仇になりました。

しかし残り物には福があるもの。前日の入渓者もなく、しかも大型のメイフライのハッチにも恵まれて魚の反応はすこぶる良好。まさに「リアル・サイトフィッシング」状態なので、小型は飛ばして遡行します。こんな浮かれた状況の中で、それは起こってしまいました。
f0103126_21451125.jpg

枝に引っ掛けてティペット付きでフライが切れたので、野鳥が絡まったりしないよう回収するべく岩に登って手を伸ばしたところ、空の眩しさに目がくらんでバランスを崩し転落。着地点が不安定で、間が悪いことに脂肪が少ない脇腹を大石に強打。しばし呼吸ができない状態に陥り、10分くらいそこにうずくまってしまいました。他にも打撲している場所がありそうですが、尋常ではない脇腹の激痛に他の場所は痛みを感じません。emoticon-0124-worried.gif

深呼吸も鼻をすすることもできません。この状況から少なくとも肋骨のヒビは覚悟しました。時間の経過とともに傷みが和らぐことを期待して、そのまま釣りを続行します。この後もおもしろいように釣れますが一向に傷みが和らぐことはなく、利き足の踏ん張りがきかないことに危機感を持ちます。
f0103126_21452860.jpg

内臓へのダメージも心配ですが、呼吸に支障はないので肺は大丈夫そう。右脇腹なので肝損傷が頭をよぎります。どのルートで帰るか思案しましたが、途中で動けなくなることも考慮して初めてのバリルートへ。尾根に出れば携帯が通じるので、GPSと地図を使って植林地帯から取り付きます。

しかし利き手を使っても脇腹に激痛。痛みはまさに足が攣るときの痛さ。想定外のヤブコギで行く手を阻まれますが、ところどころに沢屋がつけてくれたテープが心強い。いつもは景観を損ねるマーキングを嫌うのですが、このときばかりはありがたい。もはや降りて登り返すほどの余裕がありません。emoticon-0107-sweating.gif
f0103126_21454325.jpg

慎重に稜線を見定めながら、最初の目的地であるコルに到着。吹き抜ける風は冷たく、汗で濡れた衣類はあっという間に体温を奪います。このコルから主稜線までのルートが問題。GPSで現在地を確認しながら獣道のようなルートを進みます。予想以上に登りがキツイので息が切れますが、深呼吸ができないので呼吸を整えることができません。

山では自分が歩かない限り前には進まない。歯を食いしばって登るしかありません。そしてヤブが途切れたところで一気に視界が開けて尾根道に合流。ここで妻に電話をして現在地とこれから歩くルートを報告。17時前には撤収できるペースをキープしますが、稜線は風が強くてともかく寒い。
f0103126_2148596.jpg

傷む脇腹を手で押さえながら、踏ん張りの利かない利き足を使わないようにカニ歩きで進みます。しかし左足も膝が傷むので、まさに泣きっ面に蜂。嵩張るので最近はテーピングに代用できるガムテープを装備に入れていないのも自己責任。

そして地獄のようなロードを進んで車に到着。カーブのたびに激痛に耐えながら車を運転して何とか帰宅しました。妻に患部を確認してもらいますが内出血などの症状がないので、これはやばいということで休日診療の外科を受診。レントゲンでは骨折は確認できませんでしたが、症状からしてヒビは入っているだろうとのことで痛み止めを処方されました。
f0103126_214602.jpg

寝返りも打てない辛い夜を過ごし、翌日はどうしても休めない仕事を片付けてから整形外科を受診。レントゲン写真で明確にわかる骨折が二カ所で、全治二ヶ月の診断です。肋骨はバストバンドなるもので患部を固定して、激痛を少し和らげるくらいしか処方がありません。痛みのピークは骨折から1週間とのことなので、咳払いや咽たときの辛さはしばらく続きそうです。emoticon-0106-crying.gif

皆様もこんな失態をさらさないよう気をつけくださいね!
しかし肋骨の骨折はまじで痛い。
まさに足が攣ったときの激痛と同じで、その瞬間は息もできません。

by scott1091 | 2013-04-14 21:03 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(19)

ベルーン洋菓子店

f0103126_2144455.jpg

この街で一番最初に利用したケーキ屋さん。
それだけに思い入れがありましたが4月10日をもって閉店。
人気のシュークリーム「シューパリジェンヌ」。
f0103126_21442048.jpg

そして洋菓子店なのに並んでいる「小麦まんじゅう」。
食品ではタブーと言われるグリーンをあしらったケーキ箱はレトロながら斬新。
閉店の理由はわかりませんが、もう食べられないのが残念です。

by scott1091 | 2013-04-10 21:30 | お店 | Comments(0)

爆弾低気圧で思ったように動けなかった週末!

f0103126_20483785.jpg

昨年と同じように、非常に発達した低気圧が日本列島を縦断。短時間に急速に発達し、熱帯低気圧並みの風雨をもたらす温帯低気圧を爆弾低気圧と称しています。山屋であれば知らない人はいないと思いますが、この通称が広まったのは昨年4月3日に甚大な被害をもたらした低気圧のニュース報道によるものでしょう。

都内の交通を麻痺させた1月14日の降雪を受けて、2月6日に出された大雪警報が肩透かしだったのとは異なり、発達した低気圧が通過することは間違いないので警戒が必要です。問題はどこのタイミングで風雨が強まるか。天気図を見ると土曜の午前中くらいは持ちそうなのでイワナの沢を目指します。
f0103126_20565270.jpg

風の強い日は尾根では滑落に注意しなければなりませんが、谷では落石が一番怖い。風で木が揺すられると、もろい岩盤に根を張っている場所では落石が起こります。こぶしくらいの大きさでも頭を直撃したら大怪我するので、そのような場所では長居は無用です。天気は思った以上に持ちましたが、空模様がめまぐるしく変わるので落ち着きません。

こんなときは早めに切り上げるのが鉄則なので、15時過ぎには家に戻りました。土曜は幸いにも風雨ともに昨年ほどひどくなりませんでしたが、翌日の日曜は終日の強風。水が引くのが早い沢であれば午後から釣りになりそうでしたが、部屋に干していたヤエンの道具類を片付けて部屋の模様替えに当てました。

今回の雨量は鮎の遡上には最適でしたが、できれば週末の荒天は勘弁してほしいところ。里山の桜も終わり、これからは標高が高いところのヤマザクラとミツバツツジの季節。そして標高の低いところは山萌ゆる新緑の時期がやってきます!
f0103126_2132866.jpg

↑ariariさんから送って頂いたヒラスズキ、クロムツ、天然マガキ。妻の撮影ですが、尻尾の輪ゴムを外してから撮影してほしかった…emoticon-0141-whew.gif
f0103126_21591167.jpg

↑ヒラスズキは刺身や昆布締めはもちろん、アラの塩焼きも最高です

by scott1091 | 2013-04-07 20:45 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(6)