狩野川の奇跡?「龍星竿(proto6)第六回テスト」

今週はずっと天気が良かったのに、土曜は台風の影響もあって予報より早くから雨が降りだします。前回書いたように秋の鮎釣りは天気しだいなので、この週末はかなり厳しそう。

既報のとおり「龍星竿」のテストは最終段階ですが、自分自身これが「BEST」であるとまだ納得できておりません。考えられる全てを尽くして結論を出したい。その思いで無理を聞いてもらって作ったのが「Cタイプ」。この修正プロトがダメでも、テストが完璧にできれば結論はでる。何とか納得できるテストができるよう、祈るような気持ちで川に向かいます。
f0103126_20372741.jpg

土曜は9時から入川。妻が写真を撮りに来てくれた10時半までに10尾。妻の到着と同時に雨が降り始めます。カメラが防水ではないので、護岸の立ち木の下から望遠撮影になります。体感温度もぐっと下がり、カッパを着ていない妻が風邪をひくので、7尾釣ったところで撮影を中止。

昼食のため雨宿りできるオトリ店に戻ると、梅雨以来の焚き火があります。それくらい寒い。1時間ほど焚き火で暖を取ってから、午後はそのままオトリ店前に入川。しかし雨と気温低下で鮎の追いが悪く、15時までにやっと7尾追加して終了。この日の釣果は24尾でしたが、竿の結論を出すには至りません。
f0103126_20361685.jpg

翌日は朝のうちだけ雨が残る予報でしたが、狩野川周辺は雨脚は弱いものの間断なく降っています。道中で見える川には、釣り人がほとんどおりません。いつものオトリ店に行って焚き火で暖を取りますが、風が強く体が冷える一方のなので早々に着替えます。

上~中流域はどこでも入れる状況ですが、鮎のサイズを考慮して中流域に9時過ぎに入川。下流の対岸に釣り人が二人いますが、竿がまったく曲りません。絞り込んだ修正プロトを、すぐに交換できるよう草の上に並べて仕掛けを張ります。
f0103126_20385492.jpg

f0103126_2394314.jpg

↑「proto6」のベンディングカーブ

雨空ですでに夕方くらいの明るさですが、山間なので風がないのがありがたい。すでに川の水の方が温かく感じる気温ですが、風がないので濡れた手が凍えることはありません。こんな状況なので釣果はまったく期待しませんでしたが、オトリを送り出し大石を横切らせた瞬間、川の中で閃光が走ります。え~、いきなり掛かっちゃいました・・・。その後も狙ったポイントで必ず反応があります。

10月後半のこの陽気で、ここまで掛かった経験は過去ありません。竿先を入れ替えて、まずは振り調子を確認、次はポイントごとにオトリの操作性と感度、そして掛かったときの感触と穂先の叩き具合、引き抜き性能。自分が納得するまで何度も何度も・・・。
f0103126_20395747.jpg

↑硬度調整のため、「急龍竿」と「競龍竿」を何度振り比べただろう・・・。左から「proto2」、「proto6」、「競龍竿」、「急龍竿」。

いつの間にか川にいるのは私一人。テストに集中して、気になっていた時間や天気のことも忘れてしまいました。この日は竿先を入れ替えるごとに、短時間で2尾づつ掛かります。おまけに最近はあまり掛からない荒瀬のど芯で、型の良い鮎が竿を絞り込むこともたびたび。

「台風が来たら、今日が最後になるよ。」
「だから、納得するまで釣らせてあげるから・・・。」


f0103126_20363628.jpg

↑季節外れの桜が咲いていました

狩野川が、そう語りかけているようでした。2尾釣っては竿先を入れ替え、振り調子の確認と実釣の繰り返し。振り調子と実釣で得られる感触が完全に一致するまで、同じ作業を3回繰り返しました。

そして最後の確認と同時に、まったく鮎が掛からなくなります。時計を見ると15時ちょうど。釣果は33尾。いつの間にか雨も止んで、空も明るくなっています。まるで雨で撮れなかったカットの撮影まで考慮してくれた感じです。
f0103126_20355588.jpg

↑錆びている鮎は1尾もいません

9月21日の神通川からスタートした「龍星竿」のテスト。「proto6」まで作って、やっと納得できるものになりました。これで最終的な判断を、開発責任者に委ねることができます。

ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。040.gif
「龍星☆竿」の記事は決定された最終仕様を受けて、後日あらためてアップする予定です。
f0103126_2040147.jpg

↑例年この田んぼの稲刈りが終わると、私の鮎釣りも終わりです

by scott1091 | 2009-10-25 20:10 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(6)

秋の鮎釣りは天気しだい!「龍星竿(proto4~5)第五回テスト」

「proto3」をベースにした1~3番の修正プロトが、2タイプ土曜日の夕方到着。テーパーが違うものもあるので各パーツの単純な入れ替えはできませんが、それでも10通りの組み合わせが存在します。これを全て実釣テストする時間はありませんので、振り調子を確認してから、フナヤさんで絞り込んだ3通りについて、感度を中心にテストします。
f0103126_2053418.jpg

日曜は朝はまったく太陽が出ない曇り空でしたが、10時くらいから一気に快晴に!この時期では最高の鮎釣り日和となりました。土曜日夕方から雨で、日曜日は快晴との天気予報だったので、日曜日はどこも釣り人で賑わいました。

前日の土曜日は朝から曇りで肌寒く、おまけに15時くらいから予報通り雨。この日はマルパパさんとご一緒しましたが、秋のこういう天気は小型が多い。また流芯で掛かる大型は♂が多い傾向があります。この日も例外ではなく、雨で早上がりして釣果は28尾でした。
f0103126_20522793.jpg

さて話を日曜日に戻しますが、この日はカメラマン兼助手の妻も同行します。テストなので、釣場で1~3番を適宜入れ替えなければなりません。当たり前のことですが、入れ替えるためには竿を畳まなければならないので、横で交換用の修正パーツを用意してもらうだけでもすごく助かります。006.gif

この日はどこも人が多く、女性同行では移動もままなりません。また同じ場所を釣らないと竿の比較テストにならないので、3通りのパターンで20㍍区間を行ったりきたり。昼休みを30分挟んで、10時過ぎからカメラの電池が切れる15時前までの約4時間で26尾でした。
f0103126_20533215.jpg

この日は半袖でも寒くないような天気だったので、盛期を思わせるような掛かりっぷり。掛けた鮎は土曜日よりも全体的に大きく、流芯で掛かる鮎も♀が多かったです。昼前から風が強くなり、流下してくる落ち葉には閉口しましたが、この時期の鮎釣りはどうしても避けられません。オバセを入れすぎるとメタルラインに絡むので、違う意味で気の抜けない釣りです。

今回のテストで長~く続いた「龍星☆竿」のテストは、ほぼ目処がついた感じです。竿は個人の好みがありますが、「proto2」よりは2~3番がしっかりした調子に仕上がっております。その分4~7番の切りが長くなり、かつ2~4番の径が太くなっておりますが、持ち重り感は「proto2」と大差ありませんし、自重もプロト段階で2㌘重いだけ。「急瀬HIGH POWER」の「HIGH POWER」は伊達ではないレベルに仕上がっているので、竿を選ぶ際はくれぐれもご注意くださいませ!
f0103126_205439.jpg

↑「proto5」のベンディングカーブ

「征龍竿」と同様に2~3番の調子にこだわるのは、瀬落ちギリギリの「曳き釣り泳がせ」で、オトリのコース精度を求めるから。そして掛かり鮎に遊ばれないのも重要な要素です。強い流れでオトリ任せの泳がせでは同じコースしかトレースできませんし、曲った竿の「ぶるんぶるん」や「ダヨンダヨン」はオトリ操作でも引き抜きでも頂けません。

また「糸フケによる泳がせ」では関係ないと思う方もいらっしゃると思いますが、穂先がブレないと体の振れが竿で増幅されないので、目印が上下にブレにくくシビアな糸フケ調整が可能となります。(←竿のブレで自動的に目印がビヨンビヨン。これがよいという方もいらっしゃいますが・・・008.gif)
f0103126_2132447.jpg

↑「proto4」のベンディングカーブ

いずれにしても今回のテストは限られた場所で各パターンのテストを優先したため、最終候補の組み合わせでもう少しテストして結論を出したいと思います。しばしお待ちくださいませ。
f0103126_2341825.jpg

by scott1091 | 2009-10-18 20:38 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(4)

「AIRFLO Ridge Japan Special」インプレッション!<実釣編>

鮎竿のテストが押せ押せになって、なかなかラインの実釣テストにいけません。そうこうしている内に、渓流の禁漁が目前に・・・。管理釣場でのテストは気が向かないので、何としてもシーズン中にテストを終わらせるべく時間を捻出します。テストに選んだ場所は山岳渓流で、対象魚はヤマメ。

前述の加工編と同様、内容は私個人の主観によるところが大きいので、まったく違う感想を持たれる方も多いと思います。これらのことを前提に、お読み頂ければ幸甚です。
f0103126_2325795.jpg

では最初に現場でのラインの感触から。気温がすでに12℃くらいですが、ポリウレタンっぽい感触はなく、むしろさらさらした感じ。使用回数が増えるとどうなるかは分かりませんが、新品ではスリップしそうな感触。ラインに巻き癖がつかないのも良いですね!

ラインの使用感は、ともかく「しなやか」の一言。ドラッグ回避にはすごく効果がありそうですが、反面でコアの存在がラインに感じられません。実釣してみて最初に気になったのがティップへのラインの絡み。通常ですと竿をフリフリすると外れますが、このラインはいつものように外せません。ま~これは慣れで解決できる問題でしょう。
f0103126_21212624.jpg

次にキャスティング性能ですが、テーパーデザインそのものが繊細さを狙っているので、ラインが竿2本分くらいまでは、スカスカ感とコントロールに不安定感を感じます。しかしある程度ラインを出すと、竿にしっかり乗ってくる感触が得られます。この感触が得られる距離までラインが出ると、ラインの直進性には不満は感じませんし、しなやかな分トルクを感じます。

浮力については新品なので当然今回は問題なし。しかしリッジ構造によるものか、細かい砂の上に濡れたラインを置くと、3Mのラインよりもライン表面に砂が付きます。リッジ構造とあいまってザラザラ感を強く感じるので、今回は釣っている最中に2回ほどラインを洗いました。これは今まであまり経験がないことです。
f0103126_21215221.jpg

それと加工編でも感じたとおり、ライン表面のポリウレタンが柔らかいので、地面に置いたラインの処理は注意が必要です。3Mはコアがブレイデッドラインなので、表面のPVCコーティングが部分的に剥がれてもキャスティングは可能です。しかしこのラインは、表面のポリウレタン・コーティングでラインに張りを出しているので、コアだけではおそらくパワー伝達が途切れてしまうと思います。

余談ですが、3MもASTが採用されてから石に引っ掛けて表皮を傷つけてしまうケースが増えたような気がします。年齢とともに、自分が横着になっただけかもしれませんが・・・。
f0103126_21221126.jpg

今回のテストは、ラインの伸びの違いを感じるほどラインを出すフィールドではありませが、飛距離が出ているときのアワセにはパワーコアは効果が期待できそうです。止水の浮き釣りやドライには威力を発揮しそうですね!

ということで今回の実釣テストをまとめますと、このラインは中距離を投げる釣りに向いているように思います。私のフィールドで言えば、狩野川水系みたいな里川。山岳渓流では、重めの3M「JストリームDTT」の方が使いやすい印象でした。

経年変化が少ないことで定評のあるポリウレタン・コーティングなので、引き続き来シーズンも使ってみる予定です。

by scott1091 | 2009-10-14 23:05 | fly関連・インプレッション | Comments(2)

「AIRFLO Ridge Japan Special」インプレッション!<加工編>

リニューアルされたエアフロの「リッジ・ジャパンスペシャル」。この前のモデルを使ったことはありませんが、縁あってラインのテストをすることになりました。

今回の加工編は、ラインをそのまま使う人にはまったく意味がないので読み流してくださいませ!また内容は私個人の主観によるところが大きいので、まったく違う感想を持たれる方も多いと思います。これらのことを前提に、お読み頂ければ幸甚です。

まずインプレに入る前に、私のライン遍歴を書いておきましょう。現在使用しているリールに巻かれているラインは、3M「ULTRA4 JストリームDTT」、「MASTERY XPS」、「MASTERY トラウト」の三種類。そのうち山岳渓流でもっとも使うのが、「JストリームDTT」の「DT4F」です。
f0103126_23474138.jpg

私がフライを始めたころは、3M「AIRCEL」かCORTLAND「333」くらいしかありませんでした。その後長く使ったのが3M「SUPLEME」。当初の「URTRA」は浮力はあるもののライン径が太かったので、「うどんライン」などと揶揄されて使う人が少なかったように思います。

私は「URTRA3」になるまで「SUPLEME2」と「444」を使っていましたが、それ以降は「MASTERY」を含めて3M一本となりました。今回のテストは一番出番が多い3M「ULTRA4 JストリームDTT」との比較になります。

サンプルで頂いたのは「DT4F」で、色はファーングリーン。まずは商品を手にした印象から。リッジラインはライン表面に凹凸(リッジ・テクノロジー)があり、その構造から通称「なると・ライン」などと呼ばれております。この凹凸構造による効果なのか、ポリウレタン素材のべた付き感がありません。
f0103126_23574694.jpg

気温の影響もあると思いますが、ラインはかなり柔らかめ。今回のリニューアルの売りである「パワーコア」による効果なのか、ラインにまったく伸びがありません。ラインを長く出しているときは伸びによるアワセそこないが軽減しそうです。

ファーングリーンはあまり聞きなれない色ですが、3M「JストリームDTT」のウィローを少し濃くした感じです。ナチュラル系で、私の好みには合致しております。

さて次は、使うためにいつもの要領でラインを加工します。

①両端のループをカット
 (水量のない山岳渓流では、このループが着水したと同時にGoneでしょう)

②DTを有効に使うために半分でカット
 (片方1~2シーズン使用して、一本分で2~4シーズンが目安です)

③カットしたラインにシューティングライン(17lb)15㍍をつなぐ

ところがここで作業が中断。シューティングラインのコーティングをアセトンで剥がし、コアのブレイデッドラインを解すまでは、いつもの手順。しかし解したラインに接着剤を付けてラインのコアにスプライスすると、フライラインの「パワーコア」が全部抜け出てしまいます。
f0103126_23471994.jpg

2回やっても駄目なので方法を変更し、ライン同士を重ねてスレッドで巻き上げてアクアシールでコーティング。これで使用できる状態になったのですが、仕上がりが今ひとつ。その理由はラインのコーティング柔らかく、スレッドで巻き上げるとハムみたいに表面が凸凹になります。凸部分を均そうとスレッドを巻いても、絞られたコーティングが逃げてしまいイタチゴッコです。

思案して次にトライしたのは、逆にラインのコーティングを剥がして、「パワーコア」をシューティングラインにスレッドで巻き上げで接着剤を塗付。このままではコーティングの切れ目にハリがなく見た目も悪いので、熱収縮チューブでつなぎ目を固定します。

しかしここでまた問題発生です。温度が低い炎の中心でチューブを熱収縮させるのですが、シューティングラインはまったく問題ないのに、ラインのコーティングはともかく熱に弱いのです。ライン側に熱が伝達しないよう工夫して、何とか満足できる状態になったのが下の写真です。
f0103126_23443382.jpg

↑右が「JストリームDTT」で、左が「リッジ・ジャパンスペシャル」のジョイント部分

この一連の加工で分かったことは、ポリウレタン素材は非常に柔らかく熱に弱い。また「パワーコア」はブレイデットラインではなく、「GSPウルトラスレッド」と同じように細い糸を束ねてできているため、コーティングがコアから剥(む)けやすい感じです。
f0103126_2346334.jpg

この結果からもわかるとおり、リーダーのネイルノットはどこかで妥協しないとズルズル抜けてしまいます。私の釣る魚は大きくても尺クラスなので、これでも強度的に問題はありませんが、北海道や海外で大型のニジマスを釣られる方は、ループを残すかさらに工夫が必要かもしれません。
f0103126_0173714.jpg

by scott1091 | 2009-10-13 23:08 | fly関連・インプレッション | Comments(0)

追いが渋った三連休の狩野川!「龍星竿(proto3)第四回テスト」

台風18号による増水と、朝晩の放射冷却現象で追いが渋った三連休。皆様の釣果はいかがでしたか?台風が2年ぶりに本州に上陸したことを思えば、この週末に竿出しできただけでも十分ですよね!この三連休で、竿納めをした方々も多かったと思います。

ではまずは土曜日から。「龍星竿」の「proto3」が到着予定なので、最寄の配送センターに到着しだい妻に届けてもらうつもりでしたが、結局夕方の便で到着したためこの日は間に合いません。
f0103126_2111014.jpg

前日の電話で、ヘルニア・ファミリーが竿納めに来られるとのことなので、途中で合流して川を見ながらオトリ店に行きます。台風以来初めて見る狩野川ですが、思ったよりも垢が飛んでいるかな~、という状況です。もちろん短時間の増水だったので、流芯を外れている場所は、アオノロも飛んでいません。025.gif

天気予報に反して午前中は日がほとんど出ず、空気が冷たくて川に入るのが嫌になるくらい。増水による水温低下もあいまって、お決まりのパターンで掛かってくる鮎は小型主体です。午前中の場所で掛かるパターンの様子を見て、昼食後は場所を移動します。
f0103126_2123740.jpg

移動した場所は流芯は完全に垢が飛んでいますが、他の場所は残り垢もばっちり。すぐに入れ掛かりになると思ったのですが、あまりに掛からないので30分ほどで移動を決断。ヘルニア・ファミリーに気持ちよく竿納めしてもらうべく、最後のポイントにご案内します。

幸い先客がおらず、ポイントを独占。お二人に一番良い場所に入ってもらって、私は少し下流にある瀬の様子を見に行きます。しかしそこはしっかり垢が飛んでいて、流芯の大石の周りでポツポツ掛かる程度。5尾ほど釣って戻ると、ヘルニア・ファミリーが入れ掛かりを満喫中。お父様の「すっごく当たりがいい!」の一言で、今日のガイドは無事終了で~す。私の釣果は31尾でした。042.gif
f0103126_2113918.jpg

翌日は放射冷却現象ですごく寒い朝となります。前日とは違って快晴なので、気温がすぐに上がってきますが、水温はなかなか上がりません。9時過ぎまで人の様子を見ていますが、まったく竿が曲りません。この日は「龍星竿」の「proto3」のテストなので、カメラマンとして妻も同行です。
f0103126_21235422.jpg

↑「proto3」のベンディングカーブ

カメラアングルを考えて、他人がファインダーに入らない場所を選びますが、そういった場所はやっぱり釣れません。妻は夕食の支度に戻らなくてはならないので、昼食後は本命ポイントに入って一気に撮影を終わらせます。この日の釣果は23尾。今季一番苦労した印象です。
f0103126_213441.jpg

帰宅後早々、フナヤさんにテスト結果をメールします。詳細は竿が完成したらまとめますが、「proto3」の調子は悪くありません。しかし、「急瀬HIGH POWER」としては完全にオーバースペック。「proto2」の自重が241㌘で、「proto3」 が243㌘。2㌘の違いで2ランクくらいパワーがアップした感じです。この「proto3」は、別の意味で欲しい竿ですよ~。023.gif
f0103126_2132541.jpg

翌日は朝から自宅で、竿のベンディング・カーブを撮影します。錘は100㌘と150㌘。「急龍竿Ⅱ」、「競龍竿」、「proto2」、「proto3」をそれぞれ比較して撮影します。私が竿を持って、妻が撮影してくれるとよいのですが、構図に自信がないということで私が撮影。女性の力では、100㌘でも休み休みやらないと、竿がプルプルしてしまい撮影になりません。ましてや150㌘では、竿2本でも必死な状況です。
f0103126_2162522.jpg

人が少ない早朝を狙って撮影しておりますが、すっかり近所では評判に・・・。撮影しながら「もうちょっと頑張って~!」、「もう一度、上げて~!」、「揺らさな~い!」「その角度、いいよ~!」って会話、完全に変ですよね~。037.gif
f0103126_2165564.jpg

メーカーでは専用の測定器がありますが、私はもっぱらこんな感じ。工場には測定器があるのでしょうが、私が兵庫まで行けませんから~。いかにも原始的ではありますが、振り調子や実釣で得られる感触を、視覚的に確認する上で欠かすことができない工程となっています。

こんなことをやっていると、川に着くのが9時過ぎとなります。この日も前日に引き続いてマルパパさんと一緒。私が川に着いたときはすでに釣りをされていましたが、状況が良くないので私と同行することに。移動中の車窓から見えるポイントは、どこも釣り人で賑わっておりますが、目的の場所は奇跡的に釣り人がいません。
f0103126_2224476.jpg

釣果は今ひとつでしたが、秋晴れの狩野川を二人で満喫しました。この日の釣果は29尾。流芯の大石に付いている鮎を、横の動きで誘うと効果がありました。全体的に垢が薄いので流芯で気持ちよく掛かってくる鮎は少なかったですが、この三連休では一番気持ちがよかったです。

☆のことが、とても気になってますけど・・・。008.gif
f0103126_213527.jpg

by scott1091 | 2009-10-12 21:07 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(8)

「中秋の名月」、見て思いを馳せるは☆!「龍星竿(proto2)第三回テスト」

今週はまだ「龍星竿」の修正プロト(proto3)が仕上がっておりません。結局「proto2」の延長では対応できないとの結論なので、全面改良すべくメーカーの設計担当が鋭意検討を重ねてくれております。

次の三連休に間に合うとよいのですが、気になるのが台風18号の進路。これが関東を直撃して白川になれば、10月の陽気では石垢が付くまでに3週間近く掛かります。さらに続けて台風が来れば、最悪は実釣テストができない可能性も・・・。今は台風の進路がずれてくれることを祈るばかりです。032.gif
f0103126_19545940.jpg

さて「龍星竿」の中間報告はこの辺で、今週の狩野川の釣況です。土曜日は午後から晴れとの天気予報でしたが、午前中は一次土砂降りの雨・・・。時間とともに天気が好転するのを前提にしていたので、川に入るタイミングが遅れました。
f0103126_19594164.jpg

小雨ながら青空が出たので着替えて入川すると、すぐに暗雲立ち込めて遠くで雷が・・・。しばし後に土砂降りの雨となりますが、入れ掛かりでんがなぁ。あれよあれよという間に、水が増水してゴミが流下するまで1時間弱。釣果は19尾でした。午後から雨も上がる予報なので夕方には竿が出せそうですが、水の色がどんどん茶色くなるのでこの日は撤収です。002.gif
f0103126_19553514.jpg

さすがに回りには釣り人がいませんでしたが、濃い濁りが到達していない下流域には50人くらいの釣り人が・・・。すでにかなり濁っていますが、みなさんお互いが刺激になって上がるに上がれない感じでしょうか?
f0103126_19555494.jpg

↑1時間弱で19尾。怒涛の入れ掛かりでんがなぁ
f0103126_1956987.jpg

「中秋の名月」が出るころにはすっかり快晴。久々に早く帰ったので、妻が月見団子を作っている傍らで、鮨なんぞ握ってしまいました。神通鮎も炭火で焼く予定でしたが、食べきれないということで今回は延期。鮨にやたらアオリが多いのは、ヤエンシーズン到来に向けて在庫整理、強化月間だそうです。
f0103126_19571321.jpg

翌日の日曜日は、朝から快晴。川の水はすっかり引いてしまい、昨日の30㌢増水が嘘のようです。底石に泥も被っておらず、一見したところでは好条件。釣り人も朝早くから解禁日並みです。川を見ながら昨日の鮎を取りにオトリ店に行くと、そこにはマルパパさんファミリーが・・・。二週連続でんがなぁ。
f0103126_19572953.jpg

今回は黒ラブのマルも一緒なので、この日はそのまま駐車場の前に入ることにします。入川者は顔見知りばかりですが、予想に反してま~釣れないこと・・・。引き水の好条件は、すでに夜のうちに終わっておりました・・・。私は午前中、何とか20尾釣って終了です。
f0103126_19574757.jpg

昼食は、鮎釣りならぬ家庭菜園の話題でひとしきり盛り上がります。そして午後はどこでも鮎がキラキラと盛んに石垢を食んでおりますが、これがなかなか掛かりません。ハリに乗ったのではないかと思うくらいキラキラやっているので、ついつい熱くなりますが、まったく結果がともないません。
f0103126_1958043.jpg

時間も押してきたので見え鮎の平瀬を諦めて、早上がりの仲間から場所を譲ってもらいチラシで瀬を攻略。何とか17尾を釣ったところでこの日は終了です。この夜も月がきれいに見えましたが、☆を見ると「龍星竿」のことが・・・。042.gif
f0103126_19581366.jpg

↑釣果は37尾

by scott1091 | 2009-10-04 19:56 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(14)