今季3回目の九頭竜遠征です!

今週は延べ4日間のプチ・ロング釣行。
平日に釣りをするのは今季初めてなので超~楽しみです!

コメント頂いた乾坤一擲さんに北陸道で遭遇し、一緒にコンビニ経由で「もりいし釣具店」へ。平日なのにかなりのお客さんです。金曜日に天気が崩れるとの予報なので、考えることは皆同じなようですね~。006.gif
f0103126_2126351.jpg

オトリを買ってから、それぞれ目的のポイントに入ります。私が入った場所は、毎年鮎の量やサイズを知るため定点観測的に入っている場所。前回も入りましたが、人が多過ぎて状況を判断するだけの情報が得られませんでした。

いつものコースで釣って行きますが、先週よりもかなり石色が悪い。最初の1尾はエラ掛かりでアウト。苦労して釣った2尾目はどう見ても26㌢クラスですが、この鮎がまったく泳ぎません。オトリも絶え絶えの状態となり、10時過ぎまで2尾という悲惨な状態です。008.gif
f0103126_21273155.jpg

釣った鮎の回復を待って、瀬の中の大石の裏で野鮎が絡むのをひたすら待ちます。そして待望の1尾。ここから一気に立て直して、13時に川から上がった時点でちょうど20尾。昼に様子を見に来るはずの乾坤一擲さんに電話すると、車にいなかったので元の場所に戻った由。
f0103126_21291725.jpg

状況を確認するとあまり良くないようなので、私の場所で合流します。しばし楽しい昼食の後、14時過ぎに並んで入りました。この日は狙いが的中して、追いがたった黄色い鮎が気持ちよく超硬ロッドをひったくっていきます。楽しい時間を共有して午後は28尾。この日の釣果は48尾で、最大は2尾目に釣った26.5㌢でした。001.gif
f0103126_21202529.jpg

翌日は今季初めて入る場所へ。最近あまり評判を聞かない場所ですが、夕方から雨との予報なので、この日を逃すわけにはいきません。午後からEgaoさんも合流するとのことなので、午後二人分のポイントを残すよう丁寧に拾いました。ポイント的には予定の半分まで釣り降りて12時。「錘」と「背バリ」、「引き釣り」と「引き釣り泳がせ」を駆使して、ほぼ入れ掛かりの状態が続いて午前中はジャスト30尾。

Egaoさんと一緒に昼食をとりますが、残念ながら急な仕事で川には入れなくなった由。午後二人分のポイントを残しているので、午前のペースが続けば70尾も夢ではありません。しか~し、そんなに甘いわけがありませよね~。
f0103126_2128566.jpg

午後のポイントは人が多くて、思ったように動けません。一番期待していた場所は、50㍍区間を流してな~んと1尾のみ。バリバリのオトリで駄目なので、鮎が付いている筋が違うようです。釣り下がったときの足場を、こんどは「引き釣り泳がせ」で釣り上がってやっと順調なペースに入ります。サイズはまちまちですが、午前中に釣ったサイズも混じりました。

当たりから掛かりどころを丁寧に判断して、顔掛かりも全て獲って何とか午後は27尾。ラスト10尾を釣るべく移動しますが、その場所に釣り人が二人いたので早めに終了。この日の釣果は57尾で、最大は25.5㌢でした。003.gif
f0103126_21205859.jpg

土曜日は夜半に降った雨で濁りが入ります。流域全体から入った濁りに加えて、支流から遅れて濁りが入ったので、午前中はEgaoさんと川原でおしゃべりタイム。マイクロバスの団体も到着して動くことができないくらいの混雑ですが、どこも同じような感じなので、午後から二人でポイントを挟むように入川します。
f0103126_2128313.jpg

空いた場所に入ろうとすると、それを見て慌てて移動したりする人が多くて苦労しますが、Egaoさんと連携しながら上手く釣り歩いて、この日は30尾釣ったところで終了としました。最大はEgaoさんも私も26㌢でした。
f0103126_21295085.jpg

f0103126_212121100.jpg

最終の日曜は渋滞を考慮して午前中だけの釣り。人が少ないことを期待して、あまり釣れていないポイントに入りました。そんな場所でも、水が低いこともあって、釣り人の数は圧巻です。やっぱりここは石色が全体的に悪いです。30分近く見ていて釣れたのは1尾だけだったので、この日の目標は10尾に設定します。017.gif
f0103126_21285072.jpg

狙いどおり最初の3尾はまずまずのペースですが、その後はやっぱり厳しい。流芯ではなく、静かな波立ちを「引き釣り泳がせ」で釣るのが一番釣果が伸びる状況ですが、エリア全体を探りたいので粘らずに移動しました。しか~し、一番期待した荒瀬はすごく石色が悪く、ここでこの日の撃沈が確定。007.gif

もう一箇所気になっている場所はEgaoさんが調査しているので、残りの時間は目標をクリアーするべくしっかり拾って12尾。今回の遠征は初日から、48尾、57尾、30尾(PM)、12尾(AM)の計147尾。私の現在の腕では、これ以上は厳しいかな~という状況でした。
f0103126_21214231.jpg

f0103126_21315831.jpg

by scott1091 | 2009-08-30 21:18 | 鮎釣り/九頭竜川、神通川他 | Comments(4)

「MSRハバハバ」

九頭竜遠征の連泊に備えて、「MSRハバハバ」の点検をすると・・・。

なんとスタッフバックがべとべと。恐る恐るフライシートを広げると、これもやっぱりベタベタ。フレームバックやペグバックもべたついています。

最終的にMSRに吸収されたMOSSでは聴いことがありますが、まさかMSRで・・・。早々ネットで調べてみると、オレンジ系の幕体を中心にポリウレタン・コーティングに加水分解が発生するとのこと。そして一度始まってしまった加水分解は止めることができないとも・・・。

MOSSのことが頭にあったので、保管場所は竿やフライのマテリアル類が入っているクローゼットで、温度や湿度には気をつけていたのですが・・・。一緒に保管していた「MSRフューリー」は無事でした。

正規代理店扱いなので修理対応してくれるとのことですが、実際はスタッフバック類とフライシートが新品交換になる由。カラーは、オレンジが現行のイエローになってしまうとのこと。オレンジに黒のロゴが気に入っていたので残念です。

購入したのはパーマークさん。前社長のあんさまはフライはもちろん鮎釣りも大好きだったので、機種選定では色々と相談にのってもらいました。他にもユニフレームのユニセラTGや、家使いのダッチオーブンと上火ヒーター。山岳渓流ではもはや手放せないワコールのCW-Xなどなど。

8月22日はあんさまの命日。

今回の「ハバハバ」の件。
「九頭竜で無理するなよ!」。
あんさまからのメッセージかな・・・。

もう一年が経ちます。
f0103126_2285578.jpg

by scott1091 | 2009-08-21 22:11 | Comments(6)

お盆の狩野川。残り垢を探して・・・

f0103126_2144255.jpg

台風9号がもたらした大雨で、狩野川は8月11日に短時間で2㍍近く増水。今季初めてまっ茶色の濁流となりました。比較的短時間で雨が止んだので、垢がさほどとんでいないと思っていました。しかし金曜日に中流域に入ってみると、予想以上に垢がとんでいます。
f0103126_21422224.jpg

2004年の台風22号がもたらした集中豪雨で、上流域のワサビ田が崩壊してから、狩野川は堆積する砂が多くなりました。かつては大石が敷き詰められた荒瀬ほど、石垢のとびが少なかったものですが、現在はどこも砂が巻くので、定石通り増水時に流芯を外れる残り垢狙いとなります。

天気が続いたので新垢も期待したいところですが、完全に垢がとばなかった流芯の大石以外は期待できそうにありません。
f0103126_2143974.jpg

金曜日の状況はすでに書いたとおりですが、この日の水位は20㌢高。ヘチの残り垢狙いでは掛かる鮎が小さいので、流芯の大石のみを狙って釣りました。石裏は砂が舞っているせいか、石の前で掛かってくることが多かったですね!
f0103126_21424519.jpg

土曜日は人が少なかったので、久々に人気ポイントに入りました。水位はまだ15㌢高くらいですが、流芯の大石狙いで期待度マックス。しかし掛かってくるのは小さく、午前中頑張って11尾。やはり垢が薄いので入れ掛かりがありません。

午後は川見をしながら中流域へ。ここでしっかり垢が残った場所を発見。しかも釣り人が3人しかいません。とりあえず釣り人がいないシモの瀬で時間を調整し、15時過ぎに狙いの瀬に突入。流芯は完全に竿抜けで、よい型の鮎がペースよく掛かりました。17時に竿を納めて午後はちょうど20尾。合計31尾でこの日は何とかノルマ達成です。
f0103126_21464936.jpg

日曜日はさらに水位が下がって10㌢高。今季は高水に慣れてしまったので、平水よりも低く感じます。この水位になると竿抜けは期待できません。午後から食事に行く予定になっているので、この日は午前中のみ。久々にじっくり粘って釣る平瀬に入りました。
f0103126_21444335.jpg

よい型の鮎が食んでいるのが見えますが、なかなか掛かりませんね~。「泳がせ」と「曳き釣り泳がせ」を駆使して、30㍍区間をじっくり釣って18尾。7割が口や顔掛かりで、サイズは昨日より一回り小さかったですね~。
f0103126_2145359.jpg

日曜日は爽快な釣りではありませんでしたが、技術的に充実した釣りでした。

by scott1091 | 2009-08-16 21:13 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)

思ったよりも石垢がとんでます

f0103126_22544294.jpg

取り急ぎ情報のみです~。

本日の狩野川は約20㌢高で、気にならない程度の濁りあり。
思った以上に石垢がとんでいて、すっごく苦労しました。007.gif
f0103126_2255360.jpg

ヘチの残り垢狙いは小型、瀬の流芯にある大石の残り垢では20㌢アップが掛かります。
今日の釣果は25尾。カメラの電池切れでいつもの集合写真はありませ~ん。
最大は23㌢でした!ご参考まで。
f0103126_22551837.jpg

by scott1091 | 2009-08-14 22:56 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)

今季初めての九頭竜遠征です!

f0103126_2124411.jpg

通称「1,000円高速」が導入されてから初めて乗る高速。この週末と次の週末はお盆の帰省ラッシュを緩和するため木・金も適用されていますが、渋滞はいかがなものでしょうか?

渋滞が大嫌いな私としては、九頭竜釣行の最大の障害です。家で少し寝てから、土曜の朝1時少し前に出発します。昨年はガソリンが高かったので、この時間であればトラック以外はほとんど走っておりませんでしたが、いきなり「富士IC」付近で渋滞。008.gif
f0103126_205901.jpg

やたらと追い越し車線で「キープレフト」で走る乗用車が多いです。これではすぐ前の車のテールランプしか見えないから、結果としてやたらとブレーキを踏む結果に。また自分が気をつけていても追突される危険があるので、前方は運転が上手なスポーツ車、後方は車を大切にする高級車にはさまれて走るのが、一番疲れないし安全みたい。

ということで選んだのは、前方は「インプレッサSTI」、後方は「カイエン」。3台とも割り込めない絶妙な車間距離で走るので、ず~と三台一緒でした。特にインプレッサはマニュアルなので、ほとんどブレーキを踏まないので目が疲れません。045.gif
f0103126_2122292.jpg

↑Egaoさんの立ち込みは健在(笑)

渋滞していない区間でも巡航速度100㌔には程遠いですが、とりあえず止まることなく行けると思っていたら、朝の3時にも関わらず「豊田IC」付近で10キロ以上の渋滞。そして各サービスエリアは満車の表示・・・。

やっぱり想像以上の利用者です。そしてやっと


風が・・・・・はこんだ物語
南の風 風力3



このネオンを見ると、後もう少しという気持ちになりますね~。
いつも妙に気になってしまうのですが、ピンとこられる方いらっしゃいます?037.gif

そしていつもより1時間半遅れで「南条SA」で朝食。いつもガラガラの「北陸道」の各SAも結構な車でトイレもプチ渋滞。年券とオトリを買いに「もりいし釣具店」に行くと大繁盛です。今シーズンでもっとも人が多いとか・・・。

お客が一段落するのを待ってから年券を購入し、Egaoさんの到着を待ちます。オトリを購入した車はほとんど上流に向かうので、「中島」当たりは人が多そうな感じ。日曜に「中日鮎釣り名人戦」があるので、その下見を兼ねている人も多いのでしょう。
f0103126_20592953.jpg

私はもとよりEgaoさんも今年初めての九頭竜入川となるので、状況が全然わかりません。水はず~と高めですし、前日の夕立と朝方降った雨で濁りも入っています。こんな状況を勘案しながら、Egaoさんお勧めの「竿頭ポイント」へ。006.gif

瀬肩は人が多いので、空いている瀬の中段に入ります。約一年ぶりに使う「超硬」ロッド。いきなり掛けますが、「コントロール悪いぞ~」。こんな調子で、周りの人に楽しんで頂くこと5尾。瀬に立ちこむ緊張感もあて、立ち込みも掛かり鮎のいなし動作も、超ぎこちな~い。10尾くらいからやっと、鮎の引きを楽しむ余裕が出てきました。
f0103126_2059519.jpg

↑午前の釣果

午前中の目標は30尾でしたが、10尾近くバラして27尾で終了。俺ってこんなに「下手だったの~」と、がっくり落ち込みながら昼食に戻ります。家の用事を済ませて私が4尾釣るところを見ていたEgaoさんから、「ちょっと、力みすぎじゃないの~」のご指摘・・・。はい、午前中の釣りは「華麗」とは程遠い内容です。「華麗」ならぬ「加齢」か~?025.gif

楽しい昼食後はさらに釣り人が加わって、入る場所がありません。川を切りたくても人がいて入れず、1時間近く放浪して一人分入れるスペースにEgaoさんと入川します。午前中釣りをしていないEgaoさんに流芯に入ってもらい、私はヘチからEgaoさんの足元までを探ります。

午前中のようなペースでは掛かりませんが、お互い狭い場所でポツポツ。人が少なくなってからは、二人で瀬を探りまくって何とか20尾。この日は47尾で終了となりました。
f0103126_2113964.jpg

↑午後の釣果

終了後は、来季新作予定の打ち合わせで「フナヤ」さんへ。企画中の「征龍竿EXPERT MODEL」は、今年購入された方々からの要望も多く、私の昨年の希望が実現しそうです。そして「龍芯竿」は、「SLⅡ」と「征龍竿」の開発経験の集大成として、開発担当者に自分が欲しい一本として要望したモデルに該当。こちらはまったく暗中模索なので発売にこぎつけるか未定ですが、「プロト1」の感触では方向性は間違っていないと思いました。001.gif

これからまだまだ改良しなければならない状況ですが、「超硬」をテストできる場所は少ないので、他の方々と協同で作業を勧めていかなければなりません。いずれにしても残りの九頭竜は、全てこの竿のテストに当てる予定です。

さて話がかなり脱線してしまいましたが日曜の釣況です。この日は7時過ぎくらいから雨が降り始めます。大会のためにダムの放水量を絞ったので、入梅してから一番水位が下がったのではないでしょうか?この日は良い思いをした方々も多かったと思います。
f0103126_20575865.jpg

私は朝からすでに、尋常ではない渋滞のことがず~と気になります。各JCTを遅くとも16時前に通過するためには、12時には川から上がらなければなりません。この日は「龍芯竿」のテストがあるので、Egaoさんに私の希望する条件を伝えて場所選定をしてもらいます。

しかしこの日も絶妙な場所に人がいて、なかなか思った場所に入れません。結局9時半まで放浪し、残り時間が少なくなったので、比較的空いていた昨日と同じ場所に入ります。同じ水位なら入りませんが、昨日どんなに頑張っても入れない場所に、この日は竿が届く。こうなると、まったく違う場所と同じですよね~。
f0103126_2143138.jpg

おそらく入梅以降はまったくのサラ場だったと思います。竿の曲りや抜けを確認しながら2時間10分で31尾。感覚的には怒涛の入れ掛かりでした。小雨が降る中、アドレナリン全開状態。これで眠気が起こることなく帰れる~。003.gif

帰り際に、開発担当者に「プロト1」のインプレを報告。そして「北陸道」を快走して予定よりも早く各JCTを通過しますが、すでにプチ渋滞。おまけに「渋滞予測カレンダー」にはまったくない「牧之原~吉田IC」の自然渋滞13㌔もあり、6時間近く掛かりました~。
f0103126_20582333.jpg

↑日曜の釣果。最大寸は土曜の方が大きかったですがサイズがそろいました

今回が始めての釣行なので的外れかもしれませんが、今年は2008年より鮎が少ない。かといって、2007年のような大鮎連発もなさそう。私はそう感じましたが、皆様はどのように感じておられますか?

by scott1091 | 2009-08-09 20:42 | 鮎釣り/九頭竜川、神通川他 | Comments(15)

掛けられなかった土曜日、土砂降りの日曜日・・・

この週末の九頭竜釣行もキャンセル。
これだけ降ると、どうしようもありません。

上流域のダムは満水状態なので、発電放流とは別に大雨に備えた災害対策の放水が続きそうです。今年は昨年と打って変わって、シーズンを通して高水が続きそうですが、いったいいつになったら行けるのでしょうか?「え~、いまさら年券買うの~」て言われない時期に行けるとよいのですが・・・。ま~こうなったら、9月に期待しましょう!001.gif
f0103126_20453253.jpg

ということで、この週末も狩野川です。土曜日は10㌢高で水位は最高の条件ですが、前日からの気温低下で午前中は渋かったです。日が差して気温が上がってからは、ガンガン瀬でテンポよく掛かりましたが、期待した夕方の入れ掛かりはありませんでした。
f0103126_20481050.jpg

狩野川は解禁から完全に垢が飛んでしまうような出水がないので、中心サイズが大きくなってもよい感じがするのですが、水温が平均して低いせいか飛びぬけたサイズも掛かりません。8月に入れば鮎も成長から成熟に向かうので、思ったほど大型は出ないかもしれませんね~、今年も!
f0103126_2046762.jpg

天候不順でどこも満足に竿が出せないので、今年は狩野川で色々な方とお会いします。土曜日は、十年ぶりくらいにお会いする方々も。現役インストラクターなので、ベストにフルネームが入っているのでこちらは話しかけやすいですが、先方はしばし?・・・です。ず~と見たことがあると、お互い思っていたとしばし談笑です。10年経つとそれぐらいお互い風貌が変りましたが、不思議と釣り姿と雰囲気は変らないものですね。018.gif

土曜日は色々な方の釣りが見れて有意義な一日でしたが、釣果は思ったほど伸びず36尾でした~。007.gif
f0103126_20451242.jpg

翌日の日曜日は家を出る頃から雨。川に着く頃には、マルパパさんが来なければお休みしてしまうような降りとなります。もう少し早くから川に入ればよかったのですが、私の判断ミスで2時間弱の釣りとなってしまいました。
f0103126_2044040.jpg

濁りが入って、見る見る増水するまでのわずかな時間に7尾。ゴミの流下と手が痺れるくらい水が冷たく感じるので、昼前に川から上がりました。8時前からきっちり釣っていれば、20尾くらいはすんなり釣れる感じでした。タラレバですが~。
f0103126_2044239.jpg

さらに下流域では終日やって40尾台という釣果もあったようなので、明らかに私の判断ミス。マルパパさん、申し訳ありませ~ん。帰りの抜け道といい、完全にナビ失格です。040.gif

by scott1091 | 2009-08-02 20:43 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(11)