今年は明確な梅雨明けがあるのでしょうか?

エルニーニョの発生に加えて、年々加速する異常気象。今年は明確な梅雨明けがあるのか心配になります。太平洋高気圧の勢力は一向に強くならず、梅雨前線は上がったり下がったり。梅雨明けしたはずの関東地方も抜けるような青空が終日続く日がありません。emoticon-0101-sadsmile.gif
f0103126_19522915.jpg

先週も雨が多く、狩野川も金曜日の雨で30㌢まで増水。土曜日は20㌢まで下がりますが、濁りも多少残りました。天気予報も「曇り時々雨」なので、朝の時点では釣り人は少なめです。emoticon-0105-wink.gif
f0103126_19503630.jpg

水位はまだ高いですが、引き水の入れ掛かりを期待して誰もいない荒瀬を選択。しか~し、思ったように掛かりません。天気予報に反して太陽が照り付けると、ジリジリと暑くなって水位が下がってきますが、劇的な好転がありません。そしてこんなに釣れない場所なのに、なぜか釣り人だけが時間とともに増えてきます。

必ず掛かると信じて粘りますが、結局ポツポツのまま。14時にその場所を見切ります。風を避けることができる山間の上流域に入りますが、ここでもポツリポツリ。今季、一番苦労する日となりました。この日は小ぶりの鮎が中心で26尾で終了です。emoticon-0107-sweating.gif
f0103126_19491617.jpg

日曜日はさらに減水して10㌢高。天気予報が晴れとなったこともあり、日曜日としては今季一番の人出となりました。釣場で話をさせて頂いた方の情報では、気田、藁科、興津は全て大幅な増水で釣りにならないとのこと。ベストに入っている年券から判断すると、プチ遠征の方々が多かったようですね。

土曜日がまったく不発だったので、荒瀬のサラ場を独り占めじゃ~。が・・・、なぜか出動はいつもの8時過ぎ。入った場所は、一番の荒瀬だけ人がいない状況です。空いている瀬の開きでオトリを3尾確保してから、人の動きに合わせて瀬の中段に移動します。
f0103126_19515066.jpg

ここである程度オトリを確保してから荒瀬を釣り上がる予定でしたが、これがなかなか掛かりません。そうこうしている間に、他の方が瀬肩から荒瀬を釣り下がって来られたので、その方に合わせて私も釣り下がりました。

この日は10時過ぎたくらいから、やっと思ったように掛かり出します。流芯の立っている石の側面と前を重点的に攻めると、一回り大きなサイズが気持ちよく掛かってきます。今年の狩野川は晴れると強い風が吹くので、掛かりの良い鮎は全て「九頭竜返し」。竿は「急龍竿Ⅱ+HPT(*)ソリッド」を使用しました。

(*)High Power Type
f0103126_1953756.jpg

上流の局地的な雨によるものか、昼過ぎに一時的に濁りが入りましたが、釣果は前日を挽回する51尾。遅くまで人が多かったこともあり、後半やや失速気味でした。
f0103126_19511867.jpg

この日は川原で、「征龍竿」を使っている方に初めてお会いしました。人が使っているのを見るのは初めてだったので、負荷の違いによる竿の曲りや竿全体のブレ、デザインの見栄えなど、こと細かくチェックさせて頂きました。当然ながらご本人から、使用感なども拝聴しました。貴重な時間を割いて頂き、ありがとうございました。emoticon-0139-bow.gif

by scott1091 | 2009-07-26 19:47 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(2)

これって使い過ぎなのでしょうか?

f0103126_2021277.jpg

↑右側の蓋のバネが折れています

なんともびっくり~!emoticon-0107-sweating.gif
釣った鮎を曳船に入れようとしたら、投入口の片側が自動解放状態・・・?emoticon-0141-whew.gif

思わず独り言で、「え~、どうしちゃったの~」です。
しばし呆然としてしまいました。
ダイワの曳船はこれが7台目となりましが、この部分の故障は初めての経験です。
f0103126_20224569.jpg

↑大会会場を避けて人のいない下流域へ
f0103126_20261816.jpg

↑右側の投入口はぶらぶら状態。鮎の放流舟状態です
 
曳船の予備は持って来ていないので、車に戻ってもまったく意味はなし。近くに馴染みのオトリ店もないので、応急処置を考えます。予備の天井糸で蓋を固定することも考えましたが、せっかく作った天井糸がもったいないので、無理やり蓋を外側に引き出しました。

これにより蓋は固定されましたが、反対側の蓋に干渉して鮎を投入すると蓋が戻りません。結局、投入口は使用できず、いちいち大蓋を開けて鮎を入れました。この作業が超~めんどくさい!改めて曳船の投入口のありがたさを実感しました!emoticon-0100-smile.gif
f0103126_2026372.jpg

↑無理やり右側の投入扉を引き出した状態。もしこのような故障があったら、ぜひ参考にしてください!

鮎はかなり逃亡してしまいましたが、言い訳はできません。いつもの如く、一日30尾を目標に16時まで頑張って、な~んと29尾で終了。emoticon-0106-crying.gif1尾足りないのは愛嬌で!emoticon-0111-blush.gif

「ダイワパーツ検索システム」で注文パーツを確認しましたが、パーツ表が掲載されていないので、どれを注文したらよいのかわかりません。「コブタセット」を注文すれば間違いなさそうですが、3,900円は高過ぎ~。「トウニュウコウSP」がスプリングの略だと思うのですが・・・。皆様もこんな経験されたことがありますか?
f0103126_21202347.jpg

↑下流域でも静岡2系が掛かりました
f0103126_20431117.jpg

↑左上の小さい鮎は最近放流した人工産と思われます

by scott1091 | 2009-07-20 20:21 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(8)

納得できない43、納得の34?

基本的に、私はこの7月の三連休を九頭竜の初釣行としています。
ホームグランドや九頭竜の状況しだいでは、その前に釣行することはあっても。
f0103126_636978.jpg

竿以外の荷物は全て車に積み込んで準備も万端。しか~し、今年は北陸地方は雨続き。
金曜日の午前中は何とかなるかと思っていましたが、朝方山間部で降った雨で一気に増水。地元の友人達のアドバイスに従って、今回の遠征は中止としました。

ホームグランドの狩野川は金曜日の急激な増水はあるものの、土曜日の釣りは問題なし。朝方は少し濁りがあるものの、水位は10㌢高くらいまで減水。三連休初日ということもあって、いつもの週末より釣り人は多めなので、まだ水が高くて人が敬遠する場所に入りました。
f0103126_6362929.jpg

条件的には悪くないと思うのですが、鮎の追いが思ったほどよくありません。流芯では良いサイズが掛かってきますがほとんどが口掛かり。九頭竜に行く準備をしていたので、ベストに入っていたチラシが大活躍しました。この日は夕方の入れ掛かりもなく、納得できないまま43尾で終了。チラシを持っていなかったら、おそらくこの半分くらいの釣果だったと思います。
f0103126_6431512.jpg

そして日曜日は水位も最高の条件。天気予報は一日曇りの予報でしたが、朝から強風が吹いて青空となります。晴れてからはさらに風力が増し、竿を操作できる限界。時折吹く突風で、瀬の飛沫(しぶき)が雨のように飛んできます。
f0103126_6433527.jpg

19~20日はJPAジャパンオープントーナメントが開催されるため、この日はエリア外の中流域に入川。最初の2時間は型の良い鮎ばかりが怒涛の入れ掛かり。風が強いので、ほとんど「九頭竜返し」で取り込みました。使用した竿は「急龍竿」。時間の経過とともに風が強くなるので、この日は早上がりして納得の34尾でした。
f0103126_6435593.jpg

by scott1091 | 2009-07-19 19:44 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(2)

高齢化社会と鮎釣りの関係は?

最近、特に感じるのですが、釣り人が川から上がるのが早くありません?
私も含めて、17時前にほとんどの人が川から上がってしまいます。emoticon-0133-wait.gif

私も昔は、6~7月上旬は19時くらいまで竿を出していました。片付けをして着替えたら真っ暗なんてこともありましたし、周りの人も18時くらいまでは竿を出していた記憶があります。盛期は17~18時はゴールデンタイムですから、経験が浅い頃はこの時間帯で、一日のほとんどの釣果を揚げることも多かったです。
f0103126_2342192.jpg

そんなゴールデンタイムに川から早く上がったり、条件が良くても日曜日の午後は釣り人が少ないのは、やっぱり鮎師の高齢化によるものなのでしょうか?確かに自分自身も、明るいうちに家に帰ってゆっくりビール的な感じは否定できません。emoticon-0111-blush.gif

さらに高齢化が進むと、週末が一番空いているみたいな状況になるのでしょうか?日本が未だ経験したことがない高齢化社会はもう目前。我々の世代は「毎日サンデー」になっても、やっぱり週末釣行だったりして・・・。
f0103126_2344487.jpg

さて今週は天気が不安定なこともあり、遠征はなくいつもの狩野川へ。木・金に降った「天城の隠れ雨(←里では降らないが増水) 」で10㌢高。前日から10㌢くらい下がっているので、引き水の入れ掛かりが期待できる状況です。大した増水ではないので石垢の状態は問題ないと判断し、今年初めて入る場所へ。ここは車を止める場所がないので、オトリ店の送迎サービス(?)を利用します。

この場所はテトラの中の石を釣るのですが、第一の誤算はまだ水が高すぎたこと。そして第二の誤算は石垢が薄い。つまり完全にポイント選びに失敗してしまったということです。掛かる鮎はほぼ秒殺ですが、こんな状態なので鮎が小さい。そしてともかく数が伸びません。
f0103126_2372256.jpg

ここから二つ瀬を釣り下って、14時前にオトリ店に戻ります。これではまったく終われないので、車でプチ移動して16時まで頑張って34尾。目標は午前中で30尾のはずだったのですが・・・。とりあえずマルパパさんに楽しんで頂けたようなので、無理やりこの日はよかったことにしましょう。emoticon-0107-sweating.gif

翌日は最近の自分の釣りを反省。釣り人が少ないことをいいことに、竿抜けばかりを狙って技術もへったくれもありません。こんな状況ではエリアを切られたら、ほとんど釣ることができないのではないかと・・・。
f0103126_235295.jpg

ということで、この日は敢えて人が多い激戦区へ。カタログでお見かけする方々もいらっしゃいます。良い場所はお仲間に譲っておりますが、しっかりと拾われています。

よく、〇〇は思ったほど釣っていなかったとか、俺の方がはるかに釣ったとか言う輩がおりますが、同じ場所で同じ数拾えるかと考えるべきでしょう。有名人はそれだけ行動に制約を受けています。久々に真近で見ましたが、やっぱり上手いです。このレベルになると、もし予選会で入川順位が最後となっても、ボーダーは絶対にクリアーしてきますよ~。emoticon-0105-wink.gif
f0103126_2355727.jpg

さてこの日はさらに減水が進み、天気も梅雨明けを思わせる青空。川の水が冷たくても、ウエットが「超気持ちいい~」陽気です。午後から中流域の竿抜けポイントに移動したい衝動を抑え、根気強く限られた場所で拾いました。釣果は52尾でサイズもまずまずでした。
f0103126_2361773.jpg

by scott1091 | 2009-07-12 22:38 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(12)

蝉が鳴き、蜻蛉が舞う!

やっと解禁したと思っていましたが、夢中で釣りをしている間に・・・。
f0103126_2341578.jpg

耳を澄ませば、瀬の音にも負けない蝉しぐれ。そしてこれから山岳地帯に移動するのであろうアキアカネの群れ。7月に入ると鮎シーズンも駆け足で過ぎていきます。このアキアカネが再び里に下りてくる頃は、稲穂も実り鮎釣りも終盤。年を重ねるごとにシーズンが短く感じる今日この頃です。emoticon-0104-surprised.gif

ではさっそく日曜日の報告です。昨日で「征龍竿」の穂先に目処がついたので、高水の荒瀬を攻めるべく竿は「急龍竿Ⅱ」をチョイス。午前中は上流域の瀬を釣って20尾。午後からは今年初めて釣る中流域の瀬に入ります。
f0103126_235919.jpg

昨年同様完全に浮石の瀬で、まだガンガンと白泡を噴いて流れているので誰も近づきません。本当は右岸から釣りたいところですが、カミもシモも深くて泳がないと渡れないので、左岸から竿を出します。

手前の石にも残り垢がありますが、ねらい目は右岸側の巨大な石が点在する場所。いかにもゴミが引っかかってそうですが、竿抜けの誘惑には勝てません。今日はこの瀬を釣りたくて、午前中オトリ獲りをしたようなものですから・・・。良いオトリが沢山あるので一気に流芯に捻じ込みますが、すぐには掛かりません。
f0103126_236250.jpg

あれ~と思って油断していると、ガリガリときて見事に根掛かり。オトリと掛かり鮎が見えますが、とても取りに行ける瀬ではありません。ここでまずメタルライン1 セット消耗。懲りずにラインを張り替えて、少しシモに捻じ込むと、ガガンときて掛かり鮎が流芯へ。躊躇せず一気に竿を絞ると、飛んできたのは22㌢クラス。これをオトリにすると、またまたガリガリときて根掛かり。こんなことを繰り返して、メタルライン5セットを消耗してこの瀬は終了です。emoticon-0106-crying.gif
f0103126_2362733.jpg

午後は完全なマイナススタートとなってしまったので、気分転換も含めて川見しながら誰もいない川原を歩きます。広大なチャラ瀬も今日は水が高いので最高の条件ですが、なぜかほとんど人がいません。釣れないのかな~と思いながら、誰もいない瀬尻から瀬を釣り上がって行きます。

15時くらいから風が強くなりますが、思ったよりもサイズが揃って小気味良い当たりの連続。人もいなくて気分は最高!定刻の16時を少し延長して、昨日の宿題分も含めて挽回します。トータル40尾と思って引き上げますが、最終的に数えたら1尾足りず39尾でした。emoticon-0107-sweating.gif
f0103126_2364871.jpg

1時間半でメタルライン一カ月分を消費してしまったので、今週は真面目に仕掛けを作らなければなりません。九頭竜仕様も一緒に作ってしまおうと思っているのですが、そいうときに限って夜の予定が増えるんですよね~。不思議です・・・。

by scott1091 | 2009-07-05 23:01 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(5)

やっと穂先が完成!

f0103126_19204759.jpg

解禁以来ずっと使用している「征龍竿」。標準穂先はチューブラの先径1.5㍉ですが、ビリ鮎ではほとんど曲がりません。大会の場合は入った場所で鮎のサイズが異なることが多いですし、情報がない川に行く場合もサイズの検討がつきません。そんなシチュエーションでもオールラウンドに使え、荒瀬でも躊躇しない穂先を今日まで探究してきました。

もともとチューブラ派なので、テーパーや先径の異なるチューブラ穂先を試してみましたが、細かい音や柔らかい音は「PTソリッド」にかないません。そこで「PTソリッド」をベースにして、荒瀬で穂先がある程度入っても感度が保てるよう、ソリッドの長さを調整してみました。

詰め過ぎるとソリッド穂先のメリットが損なわれてしまうので、天井糸を留める場所を段階的に変えながらテストして行きます。完成した穂先はソリッドのファジー感を残しながら、荒瀬でも石噛みや根掛かりにすぐ気がつきますし、穂先に少し負荷が掛かった状態ではラインの水切り音が竿を抜けてきます。人によってはうるさすぎるくらいの感度ですが、鮎が石をすり抜ける震動は病みつきになりそうです。初めて使う人は、当りだと勘違いしてしまうかもしれません。
emoticon-0100-smile.gif
f0103126_19222012.jpg

今日は早瀬クラスではかなり厳しい瀬(↑)で最終テストをしてきました。所用で15時前に川から上がって釣果は27尾。ノルマ30尾を達成できなかったので、不足分は明日頑張りたいと思いま~す!emoticon-0124-worried.gif
f0103126_19212481.jpg

f0103126_1922291.jpg

by scott1091 | 2009-07-04 19:22 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(5)