「友舟AT-700」インプレッション!

今年発売された「友舟AT-700」。今までダイワ、シマノ、がまかつの曳舟を使いましたが、私は完全にダイワ派。ダイワについては全モデル使ったことがありますが、現在使っているのは「RR-600」。すぐ反転する評判がいま一つのモデルですが、荒瀬でも舟が沈み込まないのと、移動で持ったとき「BT-750」よりも軽く短いのが魅力です。

当然「AT-700」は最新モデルなので、「RR-600」の悪いところは改善され、良いところは継承されていると考えられます。手持ちの友カン「SS-1800R」に収まらないのが残念ですが、宣伝用のビデオを見て思わずこの時期に購入してしまいました。006.gif
f0103126_2155443.jpg

まずインプレッションを記載する前に、カタログ上の特徴で私の「RR-600」にない機能を整理しておきましょう。⑥は現行の「RR-600」には搭載されていますので注意してください。


①舟重心位置を下側にすることにより反転し難い
②反転しても「起き上がりこぼし」原理で復元しやすい高復元力機能搭載
③大型プッシュトップ付両開き観音扉で鮎の投入が楽々
④投入口、小ブタ部にスリットを入れることにより舟本体への水流入を促進
⑤数多い通水口で舟内の水の循環がスムーズになり、鮎の弱りを解消
⑥体に伝わるショックをさらにやわらげる「快適ハンドルCR」搭載



今回のインプレッションは、私の極めて主観的なものです。まったく違う印象を持たれる方も多いと思いますし、比較対象がないビギナーにはまったくストレスを感じないかもしれません。そのことを前提に、お読み頂ければ幸甚です。

f0103126_2212336.jpg

では、まず曳舟を手にした感想から。「RR-600」が乗用車なら、「AT-700」はF1マシーンを彷彿させるフォルム。「高復元力機能」搭載の関係で断面積は正方形に近いので、水深の浅い場所では置く場所に苦慮しそうです。深さがある分幅が狭いので、流水抵抗に対しては期待が高まります。

川に入ってすぐに試してみたのが、宣伝ビデオにある「起き上がりこぼし」の実験。ビデオ通りに復元するのに感動するまではよかったのですが・・・。

<①、②の機能について>
回転できるだけの水深があっても、ある一定の流速を超えると反転したら復元しません。ロープの長さを調整しても、立ち込んでしまえば大差なし。舟底形状による影響か、反転すると舟が水面下に沈んでしまい、流水抵抗も半端ではありません。

この結果はな~んとなく予感していたのですが・・・。また反転しなくても「RR-600」よりかなり流水抵抗が大きいので、立ち込んだときに流れに弱くなります。ある一定の流速以下で使用する方が無難な感じです。

<③の機能について>
これは私には非常に入れにくいです。扉を大きくしたことが問題ではなく、扉の本体下部の構造が気になります。鮎が逃げる逃げないは慣れの問題でいくらでも解決できますが、投入時に指が痛い。釣っている間は続けて鮎を入れることはないので我慢できますが、釣り終わって尾数を数えるときに、曳舟に鮎を入れるのがいやになります。これは慣れでは解消できそうにありませんが、気にならないという方もいます。手の大きさや、投入方法の違いによるものかもしれません。008.gif
f0103126_2271559.jpg

同じサイズの鮎を入れるのに、扉を大きくする意味はどこにあったのでしょうか?極端に言えば、手を突っ込んで観音扉からオトリが出せる大きさですが、当然ながら鮎投入時の開口面積(隙間)は大きくなります。
f0103126_2274595.jpg


<④、⑤の機能について>
舟内の水の循環については評価できそうです。観音扉のスリットから中の鮎も見えますが、蓋を開けたときの鮎の飛び出しにも一定の効果がありそうです。ただこの循環効果によって流水抵抗が犠牲になっているとしたら、どっちを選ぶかは人によって異なるところだと思います。

<⑥の機能について>
現行の曳舟にはほとんど標準装備されておりますが、私は初めて使いました。これについては賛否両論あると思います。保守的な意見としては、ある一定以上の流速ではハンドルに内臓されたローラーによる、舟のスムーズな動きは実感できません。クッションロープも同様です。

また移動時にハンドルを持ったとき、両端から出たロープで手が痛いです。それとハンドルの稼動域の関係で取り付ける本体ロープが長いため、私の指ではハンドルを持ったまま舟の先端を抑えても、「RR-600」ほど安定しません。これは鮎を出すときに、曳舟のどこを固定するかによって評価が分かれます。普通はハイマウントフックを持つと思いますが、立つのがやっとの荒瀬では、先端を押さえてオトリを出す人が多いと思うのですが・・・。

私だけかもしれませんが、移動するとき下手でロープを瞬間的に引き寄せて、ハンドルを掴みませんか?また荒瀬に立ち込んだり渡渉するとき、下手でロープを掴んで体のバランスをとりませんか?これらをするには、クッションロープの伸びは逆効果です。

えっ!そんなことはしない
では・・・、⑥のインプレは読み流してください。001.gif

ダイワの曳舟が全て「快適友舟ハンドル」に変ってしまいそう勢いなので、今使っているタイプをまとめてパーツオーダーしました。その意味では「AT-700」を買ってよかったかもしれません。
f0103126_2263164.jpg

f0103126_2264692.jpg

容量が1㍑大きいので当然ですが、水を入れた状態で持つと「RR-600」と「AT-700」では約1㌔違います。しかしたった1㌔の違いなのに、川原を歩くとき結構バランスを崩します。1㌔分水を捨てればよいのですが、中途半端に水を捨てるのは難しいもの。今回あらためて実感しました。
f0103126_2235769.jpg

曳舟がダイワ派である最大の理由は、フタが途中でしっかり止まる、2ポジションヒンジが装備されているから。「AT-700」にも装備されていますが、止まるポジションが高過ぎるのと、止まり具合が弱いのが残念です。フタの長さによる意図的なものかもしれませんが、個人的にはマイナス点でした。042.gif

by scott1091 | 2009-06-30 22:05 | 鮎関連・インプレッション | Comments(17)

何ゆえにブルックトラウト?

f0103126_20192448.jpg

写真を見て、「え~、この時期に管理釣場に行ったの~?」と思った人も多いはず!

ブルックトラウトの標準和名は「カワマス」。北米東部原産のイワナの一種です。国内では日光・湯川で自然繁殖していることが有名ですが、ニジマス同様「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」で「要注意外来生物」に指定されている魚です。

ゲームフィッシュとして人気が高く国内でも養殖されており、ルアー・フライ専門の管理釣場で、見たり釣ったことがある人も多いと思います。そんな魚をいったいどこで釣ったのでしょうか?039.gif
f0103126_2021474.jpg

答えは、ずばり狩野川です!

支流の大見川水系で一時期よく釣れたブラウントラウトや、本流のニジマスは耳にしますが、ブルックが釣れたという話は初めて。本流で釣れるニジマスは「浄蓮の滝」にある「天城国際鱒釣場」から流れてきたものですが、ブルックは放流種目にはありません。

鰭の再生具合から成魚放流と推定されるので、マス釣場の放流魚への混入か、個人が管理釣場から持ち帰ったものを放流したかの、どちらかだと推測されます。いずれにしてもこのまま川に放流するわけにはいかないので、オトリ店で希望者に持ち帰って頂きました。
f0103126_20221265.jpg

さて本題の、週末の狩野川の状況です。

水曜日の雨で最高80㌢くらい増水しましたが、土曜日はほぼ平水まで減水。場所によって石垢が飛んでいる場所もありますが、減水が早かったのでアオモもかなり残ってしまいました。

水色もよく今シーズンとしては高めの水位なので、土曜日はやる気満々。水が出たので流れに勢いがあります。増水で放流魚も動き、天然もオトリサイズに成長してきているので、自然体で入川場所を選びます。天気も良く最高の鮎釣り日和ですが、釣り人は全体的に少なめでした。
f0103126_2023081.jpg

↑土曜日の釣果

まずは静岡2系が付きやすい場所から釣っていきますが、すっかりお留守の場所が多くなりました。天然は掛かるまで少し間が空くので、まずは高速で一通り流してから、各ポイントをじっくりと攻めます。狩野川も、型のわりに当たりがよい天然主体の季節になってきました。

増水してリセットされた川を釣るのはやっぱり楽しいですね~。日に日に減水しているので、流芯はほとんどサラ場。オトリが馴染むと同時に、底流れにはり付く当たりは緊張感があります。この日は思ったほど大きな鮎は掛かりませんでしたが、16時前にブルックが釣れて竿を納めるまでで38尾でした。
f0103126_202722100.jpg

↑日曜日は雨なので人気ポイントもガラ空き状態

翌日の日曜日は予報よりも早く雨が降り始めます。入川した9時にはすでにカッパがいるような降り。その後どんどん雨脚が強くなりますが、水曜日に雨が降っている影響でなかなか濁りが入りません。ゴミの流下もほとんどないので、断続的な土砂降りの中で14時半まで頑張ってしまいました。008.gif
f0103126_2020396.jpg

こんな天気なので鮎の追いは悪いですが、そんな中でも追星ギンギンで掛かってくる鮎↑もいます。最後のポイントで22~23㌢を5尾釣って納得の撤収。この日の釣果は、すごく苦労して25尾でした。
f0103126_20203910.jpg

↑日曜日の釣果

by scott1091 | 2009-06-28 20:18 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(4)

愛用の偏光グラス「TALEX & 999.9」

今回は愛用している偏光グラスの話。

フライのサイトフィッシングはもとより、最近では「鮎釣り」や「エギング」でも注目されるアイテムとなった偏光グラス。私は早くからフライのサイトフィッシングにはまっていたので、コンタクトレンズの併用で、米国ガイドの多くが愛用していた「Action Optics」などを使ってきました。
f0103126_21144428.jpg

↑度なし偏光グラスでは最後に使った「Action Optics」の「Lochsa」。レンズカラーは「Clear Water Copper Photochromic」

しかし悲しいかな年々花粉症が悪化し、コンタクトレンズをするとスギ花粉以外にもヒノキ、イネ、セイタカアワダチソウとほぼ周年にわたってアレルギー反応が出るように。そこでよく利用したのがメガネに付けるクリップオン。しかしメガネのフレームと、クリップオンの輪郭が一致しないのでまったくお洒落じゃない!

いつもそう思っていたので、ティムコの「FoxFire」から一体フレームが発売されたときは先行予約したくらいです。これを長らく使っておりましたが、それでも真近で見るとメガネそのものがごつい。また高屈折率の薄型レンズを使ってもフレーム本体が重たくて、長時間掛けていると鼻が痛い。

f0103126_212037.jpg

↑ティムコの「FoxFire by Nikon」初期モデル。偏光部分は跳ね上げ式で着脱できません

そこで、その後トライしたのが「Action Optics」の「度付き偏光レンズ」。まだ国内ではオーダーシステムが確立されていなかったので、日本の眼鏡処方箋を英訳して直接オーダーしました。

この偏光グラスは米国ヘンリーズホークでも使用しましたが、どうも今ひとつ。その理由は、日頃かけているメガネが非球面レンズであるのに対し、この「度付き偏光レンズ」は球面レンズ。視点がメガネの中心を外れると、球面レンズの歪みが発生します。私は左右の度が違うので、その歪みが左右で微妙に違うのが違和感を助長するようです。それがどうしても気になって、その後は少し軽量化したティムコの「FoxFire by Nikon」や「Sight Master」を使用してきました。

f0103126_2122411.jpg

↑度付き球面レンズの「Action Optics」。フレームは「Alturas」でレンズカラーは「CW Copper Photochromic」。レンズはmade in Japanなのに、フレームはmade in China。USAのメーカーらしい…

クリップオンのメリットは、照度に応じてレンズカラーが変更できること。そして偏光グラスが取り外せるので、メガネ一つで遠征が可能です。逆にデメリットはメガネが重くなることと、「度付き偏光レンズ」ほどクリアーな視界が得られない。そんなこんなでこれで数年乗り切りますが、鮎釣りではメガネと偏光レンズの間に入った水滴がとても煩わしいのです。

そこで過去愛用してきた「Action Optics」や「Sight Master」のOEM元である「TALEX」に期待をかけます。目当ては「度付き偏光レンズ」にラインアップされている「非球面レンズ」。偏光グラスはフレームに加工する技術が重要なので、「TALEX」は認定プロショップ制をとっており、どこでも買えるというものではありません。

f0103126_2124364.jpg

↑「FoxFire by Nikon」の二代目モデル。偏光部分は着脱式で跳ね上げはできません。レンズカラーは「Brown」。「Yellow」も別途購入しました
f0103126_21302614.jpg

↑ティムコの「Sight Master」。メガネ本体とクリップオンがセット(V.C.S:バリアブルコンポジットシステム)。偏光部分は着脱式で跳ね上げも可能。レンズカラーは「Light Brown」。「Light Gray」と「Selen」も別途購入しました

まずは「TALEX」のホームページで検索してからお店を尋ねました。そこでレンズカラーは、今までの経験と好みから、見え方がナチュラルでコントラストもあり、かつ明るい「トゥルービュースポーツ」に決まり。あとはTALEXの「非球面レンズ」で私の希望する視界が得られるかが一番のポイントでした。

最初は欲張って6カーブのフレームで作成してもらいましたが、繊細な私(?)にはやはり違和感が・・・。そこで今回紹介した「999.9」のフレームに変更。これが大正解。九頭竜川での使用を想定し、川で流されたときようにグラスコードなども考えておりましたが、フレームのフィッティングが良く、過去数回顔まで水没しても外れませんでした。

しかもメガネをしていないような軽い掛け心地と、コンタクトレンズをして偏光グラスをしているようなクリアーな視界。ついに釣り人として最良の一本を手にした感じです。

f0103126_21312187.jpg

↑レンズカラーはトゥルービュースポーツ。フレームカラーもお気に入り!

すでに購入してから5年。良好な視界を保つため、釣っている最中も水滴を拭うこともあって、レンズに水滴跡はいまだにありません。「TALEX」のハードマルチコートは非常に丈夫なので、釣りを目的にするのであれば必ず選択することをお勧めいたします。

私は度付きということもあって、釣っている間は照度に関係なく偏光グラスをしております。したがって加齢とともに暗い渓流では近くが見えにくくなってきたので、最近同じフレームで「イーズグリーン」も作りました。個人的には日差しの強い鮎釣りでは「トゥルービュースポーツ」がベストですが、暗い沢筋では「イーズグリーン」の明るさは快適です。

f0103126_21364434.jpg

↑レンズカラーはイーズグリーン。フレームカラーはレンズに合わせてシックな感じに!

こうやってあらためて見ると、偏光グラスにいったいいくら費やしたのでしょうか?でも良い偏光グラスをすることは、それぐらい釣りには重要なこと。そしてもう一つ留意しておかなければならないことはアイケアです。

釣り人は通常の人より紫外線を浴びる量が圧倒的に多い。しかし皮膚には日焼け止めを塗るのに、目については無防備な人が実に多いこと。日本人は欧米人より目が紫外線に強いと言われておりますが、最近は高齢化にともなって国内でも白内障患者が急増しております。

常時しない偏光グラスにお金は掛けられないという方も多いですが、将来の眼病予防の意味でも高性能な偏光グラスを身に付けることをお勧め致します。


この偏光グラスを作ってくれたのは、TALEX認定プロショップ「三島めがね 幸原店」。このときに対応してくれた川口さんは、2016年9月22日に独立して「REGINAA opt(レジーナ オプチカル)」をオープンしました。各種フレームとTALEXに精通した川口さんが、顔型に応じたフレームの選択と完璧なフィッティングをしてくれます。お近くの方はどうぞ!


by scott1091 | 2009-06-22 21:25 | TALEX | Comments(13)

朋あり遠方より来る!

九頭竜で知り合ったヘルニアさんが「G杯狩野川予選」に参加するため、土曜日は暗い時間に起きて4時30分に現地着。5時30分集合ということなので、私の車で大会本部からよく見えない場所を中心に川見しながら、掛かるポイントの特徴などを簡潔に説明します。
f0103126_1950499.jpg

別れてからは万が一、一次予選で敗退した場合に備えて、ヘルニアさんと同行のお父様が気持ちよく釣れる場所を確保しなければなりませんが・・・、まだ6時前じゃん!こんなに早く川に行くのは解禁日だけなので、おとり屋さんも超~びっくり~。開口一番「どうしたの!」です。014.gif
f0103126_19493896.jpg

↑今季最大の23㌢

川に日が差すまでは我慢の釣りですが、その後はいつものペース。11時前に予選が終了したヘルニアさんと合流します。確保していた場所で釣れるか心配でしたが、そこは初めて参加した狩野川予選で7尾揃える腕前。よいペースで掛けています。川相や周りの景色も気に入って頂けたようで何より。この日の私の釣果は36尾でした。
f0103126_1947228.jpg

↑土曜日の釣果

翌日の日曜日は、天気予報どおり前夜からの雨。午後から曇りとの予報でしたが、終日愚図ついた梅雨空。時折激しく降ることもあり、増水して濁りが入り石に泥が被ります。こうなると、流れてくるアオモには閉口しますね~。午後は薄日が差すとすっごく蒸すので、カッパは着てられません。この日は16時まで釣って28尾。目標のMIN30尾に2 尾足りません。時間帯がよいので30分残業すれば達成できますが、マタケの筍を採りたいので終了としました。006.gif
f0103126_1946484.jpg

f0103126_19511835.jpg

↑日曜日の釣果

鮎もだんだんパワーがついて、荒瀬で立ち込むと「PTソリッド」では抜き辛くなってきました。しかし個人的には抜きよりも掛ける方が優先なので、7月も「PTソリッド」を使うことになるのかな~?
f0103126_1947559.jpg

↑日曜日に初めて使った「AT-700」。後日インプレを書きますが、来週は使わないかもです・・・008.gif

by scott1091 | 2009-06-21 19:45 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(4)

居残りの土曜日、早上がりの日曜日?

f0103126_20332348.jpg

さてさて、今週の狩野川。

土曜日は松下地区、日曜日は松ヶ瀬地区でシマノ・ジャパンカップ予選会が開催されました。例年、大会当日は会場以外は午前中ガラガラ。昼前から一次予選敗退者がどっと川に繰り出すので混雑します。
f0103126_2040122.jpg

そんなこともあって、土曜日は午後のポイント移動がままならず。車で見て回りますが、微妙に混雑していて入る気になれません。結局、午前中釣った場所にリターンしました。この日は10時くらいに、一度パタパタと掛かりましたが、その後は本当にポツ・・・・・ポツ・・・・・。

一次予選敗退者の話では、予選トップは3時間で20尾超とか?私の午前中の釣果は13尾なのでトホホです。一日30尾を目標にしているので、13時から17尾釣らなければなりません。最近は16時に川から上がっておりますが、居残りで17時15分にやっと30尾達成です。008.gif
f0103126_2036156.jpg

日曜日は行きつけのオトリ店主から、「〇〇は解禁からあまり釣れてないみたいだから、ダム湖産が残ってるんじゃねーか~」という情報で、様子を見に行きます。いつも必ず数人が入っている場所なのですが、ここぞという波立ちにオトリを投げると、流れに馴染む前に掛かっちゃいました。最初の3尾はまったく同じパターン。017.gif

早い時間は人が少なかったので、飛びつき鮎だけまずざ~と拾います。一通り流してからは、難しい場所をじっくり攻めて行きます。午後になると対岸に多くの人が入ってきたので人の動きに合わせて移動し、同じエリアを三往復。15時30分に狙いたかったポイントに全て竿を挿して、この日は16時前に早上がりです。
f0103126_20381010.jpg

この日の釣果は52尾。「征龍竿+PTソリッド」と相性がよいのですが、この日はさすがに穂先にパワー不足を感じました。ハリが小さいこともあり痛恨の身切れ3回。この時期から「征龍竿」で、なかなか抜けない鮎が釣れるとは思いませんでした。0.8号の中ハリスを一回飛ばされてしまいましたし・・・。006.gif

体高があって立派な鮎なので並べた写真を掲載する予定でしたが、帰りがけに一緒になった不調河川をホームにしている知り合いが、今年はまだ初物をご近所に配れていないと・・・。「よっしゃ~」ということで、全部進呈しちゃいました。

鮎がいない川で釣れないのはお互い様ですものね!
f0103126_20365640.jpg

f0103126_20411472.jpg

by scott1091 | 2009-06-14 20:32 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(9)

「征龍竿 早瀬High Power」が大活躍!

f0103126_22191939.jpg

土曜日は昼まで雨が降るものの、午後は日差しがのぞくことも。日曜日は夏日らしい、この時期にしては最高の釣り日和でした。私の釣果は土曜日が30尾で、日曜日は38尾。尾数的にはあまり変りませんが、満足度は日曜日が150%。003.gif
f0103126_22175279.jpg

土曜の天気が悪く日曜は河津川の解禁ということもあって、この週末の狩野川はガラガラ。初日は水温も上がらず平瀬で我慢の釣りでしたが、二日目は解禁日に私が釣ってからほとんど釣れていないという場所と、今年初めて竿を挿す二つの荒瀬を釣りました。結果は狙い通り◎(二重丸)。強い日差しではじけるように輝く白泡の中で、目印が吹っ飛びまくり~。006.gif
f0103126_22182167.jpg

瀬で釣れた鮎はほとんどが20㌢前後で、荒瀬で磨かれた魚体は素晴らしい。オトリを入れるのが難しい瀬なので、だ~れも釣れていなかったんですね!最初の瀬は木が被っていて流芯が一番奥なので、手前から泳がせないと芯には入らない。二番目の瀬は、前面白泡なので、オトリを入れる弛みがない。また掛かったとしても、両方とも抜くのが難しいのです。
f0103126_22171410.jpg

特に二番目の瀬は、一般的な早瀬クラスの竿では攻めきれない場所。繊細な引き釣り泳がせから、こういった場所も同じ精度で攻められる竿を作りたかったんですよね~、私は!こんな瀬は「PTソリッド」ではオトリの引き上げにストレスを感じますが、その反面「波の隙間」にすんなりとオトリが入ります。2~3番にブレが出ないからこそ、こんな場所でもソリッド穂先でタイトに攻められるのです。017.gif

メタル0.05号で一歩も下がらず抜ける絶妙なバランス。「急龍竿」であればもっと釣りやすいですが、0.05号ではバランス的に細過ぎますし、そもそもこんな場所は狩野川にほとんどありませんから。二番目の瀬は2時間ほどで釣り切りましたが、ずっと見ていた人から、「ラインはメタル0.15号くらいですか?」と尋ねられました。
f0103126_22185327.jpg

狩野川もアオノロがかなり酷くなってきました。例年ある程度水温が上がると剥がれますが、大きな増水がない限り、6月中はメタルラインやハリに絡んで苦労しそうな感じです。朝晩の冷え込みで水温があまり上昇せず、冷たい雨のたびに「冷水病」を心配しておりますが、今のところ海産鮎の成長は順調です。
f0103126_22195037.jpg

↑土曜の釣果

今季は23日の解禁から「征龍竿」を使っておりますが、初期から使用するのであれば「PTソリッド」は必需品。私のようにチューブラ愛用者であれば、「NTソリッド」は不要だと思います。個人的には替穂として、標準穂先より少し長くて先径が細いチューブラ穂先も欲しいところですが、これは「PTソリッド」を少し詰めることで、チューブラに限りなく近い替穂を作ることができそうです。
f0103126_22201018.jpg

↑日曜の釣果

もっとも穂先で悩むのは、理想の2番~元竿があるからこそ。昨年、最後まで妥協しなくてよかったと心から思える一日でした。037.gif

by scott1091 | 2009-06-07 22:15 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(2)