この週末の狩野川!突然、寒過ぎでしょ~(笑)

「もうシーズン終了間近なので大きな鮎が釣りたい」。

これが酒匂川をホームグランドにしている友人の希望。この希望を狩野川で叶えることが可能なのか?

この難しい課題に答えを出すべく、この週末は土曜日に「上流域」と「中流域」。日曜日は「上流域」と「下流域」を調査してきました。
f0103126_201426.jpg

そしてその結果は…。

やはり大きいサイズのみ揃えるのは無理です。どこのポイントも大きな鮎が付いている場所は同じような条件ですが、そういった場所は少ない。九頭竜のように平均的に大きな鮎を揃えることができない理由は、やはり川の規模の違いによるものでしょう。


現在の狩野川の最大級は25~26㌢。この週末は最低気温が15℃。最高気温が25℃に達しない厳しい条件ではありましたが、このクラスを求めて釣り歩きました。
f0103126_19585064.jpg

初日午前は久々の上流域でしたが、2回の出水でかなり様子が変わっていました。大きな石が動いたり、砂で埋まった場所があったり。大きな石以外は垢付きが薄く、どこでも掛かるという状況ではありません。

反面、垢付きが良い石は、オトリを入れるとほぼ秒殺。垢付きが薄いのを物語るよう、釣れる鮎はスレンダーですが、軽快な当たりと引きを楽しみました。
f0103126_19581569.jpg

午前はパーツを取り寄せた竿の調子を確認するため、硬中硬を使用。先々週穂持ちを折っているので限界まで曲げきれず、一番大きな鮎は流芯の底波から引き出せずにThe End。オトリが目測で23㌢はあったので、掛かり鮎は25㌢クラスだったと思われます。その場所にオトリを入れる際、オトリを小さいものに交換しようと思ったのですが、竿のパワーを信じて横着してしまいました。
f0103126_202865.jpg

午前中の釣果18尾で、最大は23㌢止まり。午後は竿を変えて中流域に移動します。上流域よりも水が温かく感じます。垢付きも上流よりは進んでいますが、こぶし大くらいの石は垢が付いていない状態。ここで夕方までやって19尾を追加。計37尾釣って、最大は24.5㌢♂でした。
f0103126_19594380.jpg


翌日午前は前日よりもさらに上流域へ。この日はウエーダーですが、それでも寒くて体が震えます。3尾までは入れ掛かりするも、その後は続かずサイズも小さい。帰りがけに橋の上から観察すると、大きな鮎は水深のあるヘチで群れながら食んでいました。もう少し垢付きが進めば、上流域もまだまだ期待できそうな感じ。この場所は3時間で7尾というさんざんな結果でした。
f0103126_1959257.jpg

午後は一気に下流域に移動します。本命の場所は流された釣り人が救出された直後で、消防、警察、河川パトロールが出動して大騒ぎ。当然ここはパスして、初めて入る瀬に移動します。瀬の感じは遠目には良いのですが、全体的に石が小さく垢付きがまだ不十分。それでも3号玉で流芯にある大石狙いで6尾掛けて4尾獲り込み、根掛かりで1尾ロスト。残った3尾は22~23㌢なので、もう少し垢が付いたら九頭竜スタイルで本格的に攻めてみたい場所です。
f0103126_2001891.jpg

そして夕方は本命ポイントに移動。朝も午後一も人が多いのでパスしましたが、日曜日の15時になると釣り人はほとんどおりません。ここは前回の出水でまったく垢が飛んでおらず、川は全面真っ黒。17時までの2時間で17尾釣って最大は25㌢♀が2尾。この日は計27尾で終了です。
f0103126_2004792.jpg

この二日間の調査では、大きな鮎を揃えようと思ったら、下流域の底石が大きい場所が有望な感じです。また底石は全体的に小さいものの、二日目午後の最初に入った瀬も、流芯が竿抜けになるので超硬で釣ったら面白そう。

台風15号の雨しだいですが、鮎は若いのでまだまだ楽しめそうです!
f0103126_201559.jpg

by scott1091 | 2008-09-28 19:53 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(1)

連休最終日は狩野川中流域へ!

昨日上流域に入った友人は小型ながら51尾。解禁日を除けば、狩野川の自己最高釣果とのこと。状況としては日が出てから追いが良くなって、どこでも掛かった由。回りの人も満遍なく釣れていたようです。
f0103126_22524030.jpg

この日は連休最終日。釣り人が少ないものの、やはり上流域は人気があるので8時過ぎに中流域に入川。浮石の多いポイントなので、前回の増水で流れが変っていました。オトリを獲るような段がないので、最初から流芯狙い。最初の1尾は腹掛かりでアウト。2尾目もエラでまもなく出血死。007.gif

安心して流芯を攻めるだけのオトリを確保するのに苦労しました。バリバリのオトリを10尾くらい確保してからは、竿抜けの荒瀬で全開モードに突入。この水量では攻められないと思うような流芯も、全て探って午前の釣果が32尾。サイズはまちまちながら9割がメスです。
f0103126_2253552.jpg

食事後は誰もいないシモの瀬に入りました。15時になると地元の人が来るので、それまでに一通り探ります。ここは狙い通りサイズが一回り大きい。しか~し、大きい鮎以外は追いがよくありません。ほとんどが口掛かりですが、この日はバレがなく釣果が伸びました。
f0103126_2253432.jpg

そして夕方の1時間は、朝から釣り人がいる瀬を反対側から。本当の流芯だけを狙って、プチ入れ掛かりを満喫して17時に終了。前回、川に向かって絶叫したリベンジを果たし、この日の最終釣果は62尾。この日は大きさに関係なく8割がメス。

この週末は新垢の条件に加えて、抱卵に備えてメスが荒食いに入ったことが好釣果に結びついたと思われます。

皆様も釣果に恵まれた週末だったのではないでしょうか?
f0103126_2252487.jpg

by scott1091 | 2008-09-15 22:50 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(2)

連休二日目は狩野川下流域へ!

三週間ぶりのホームグランド。新垢も付いて状況は良さそうです。昨日遅く那珂川から戻ったので午後から釣りに行くつもりでしたが、早朝からモーニングコール。もうすでに狩野川にいる友人からの電話です。008.gif

支度をしていつもの時間に出勤。途中で電話が入り、もう一組、酒匂から友人達が来ているとのこと。最初の電話の友人は、狩野川がホームみたいなものなので、ほっといても問題なし。もう一方の友人達は今季初めての狩野川なので、こちらに合流することにします。
f0103126_21585185.jpg

友人達のお目当ての場所は、私が一度も入ったことがない下流域。当然はじめて利用するおとり店でしたが、ポイント説明等々、丁寧に対応して頂きました。そして川で早々に友人達と合流。酒匂川の混雑ぶりと単調な流れ、そして鮎の大きさに閉口して狩野川に来たとのこと。知り合いの情報でこの場所を選択した由。

すでに二人ともオトリは変っていたので、邪魔にならないよう私は分流を釣ることにします。初めて入る場所なので、川見をしながら探って行きます。釣り人は多くありませんが全てこのエリアの常連さんのようで、人の動きで釣れる場所の検討がつきます。
f0103126_21594567.jpg

川で話した人の情報では、昨日はかなり釣れたとのこと。私は前半苦労して午前中の釣果が22尾。同じ筋でも、サイズは大小さまざま。友人達と昼食を食べてから、日が出て暑くなってきたので着替えに車に戻ります。

その際おとり店のご主人から、「やっぱり釣れないですか?」と声を掛けられます。午前は22尾でしたと応えると、数を聞き返されます。ご主人の話では、この尾数は条件が良い日の一日分とのこと。初めてのお客はポイントがわからず、ここは釣れないと文句を言うので心配していた由。
f0103126_2215471.jpg

底石を見れば鮎がいるのは一目瞭然。鮎がいるのに釣れないのは腕のせいと笑うと、そんな奇特な人は少ないと真顔です。人によっては、前の年が釣れなかったから昨年の年券で釣らせろという輩もいるそうです。ご主人とそこから話が展開して長くなり、川に戻ると友人達はすでに思い思いのポイントで釣っていました。003.gif

私は午後は朝方釣り人がいた場所からスタート。そして狙いどおり入れ掛かり。しかし5尾目を抜く際、まさかの穂持ち折損。瀬の中なので穂先の回収は困難と思いましたが、目をこらして探すと、水中をカミに上っていく穂先を発見!043.gif
f0103126_2222729.jpg

掛かり鮎に気づかれないよう静かに穂先を追いかけて回収に成功。ついでにメタルラインもキンクしないよう回収し、掛かり鮎までゲッ~ト!しかしこの竿では釣りを続行できません。ホームなので予備竿は携行しておりませんが、幸い下流域なので妻に「替え穂持ち」を届けてもらいます。
f0103126_2213114.jpg

妻の到着を待って15時に川に復帰。ついでに足場が良い場所なので、妻に釣っているところを撮影してもらいました。私は午後もそれなりのペースを維持して、最終釣果は43尾。

狩野川が苦手な友人達もかなり楽しめた様子で、近々第二段の釣行がありそうです。
f0103126_220380.jpg

↑竿が折れるまでの釣果。やることがないので撮影037.gif

by scott1091 | 2008-09-14 21:57 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)

連休初日は那珂川へ!

三連休の初日。この週を九頭竜の最終釣行にしたいのですが、抜けられない大会で那珂川へ(来年はもう勘弁して~)。予選は入れた場所の関係で、久々に真剣にビリ鮎を拾ってオトリ込み11尾。同じチーム二人の釣果しだいでは予選を抜けられると思いましたが、通過ラインにまったく及ばずあっさり予選敗退。007.gif

昼に友人のKIKUちゃんに電話を入れると、やっぱり那珂川におりました。003.gif
f0103126_20103675.jpg

毎年一回はどこかの川でご一緒するので、早々に合流することにします。黒磯地区はまったく土地勘がないので、KIKUちゃんの説明だけを頼りに車を走らせます。想像以上に遠くて、那珂川の流程の長さに感心してしまいました。

KIKUちゃんには到着まで、竿を出さずに待って頂き感謝・感謝です。思えばこのパターンって、2004年の米代川・土深井とまったく一緒だぁ~。あのときは携帯も通じなかったので、合流できたのが奇跡でしたけど…。今回もまた「ナビ付いてないんですか~?」に、「ギクッ!」でした。008.gif

入った場所は川幅は狭いものの、高水で流芯はかなりの流れ。掛かる鮎も黒羽地区より大きく、残念ながら携行した竿でマッチするものがありません。3号玉で竿先~3番までをブルンブルンさせながら流芯を攻めていきますが、このシステムでは本当の流芯にオトリが入りません。007.gif
f0103126_20111563.jpg

おまけに大会用に厳選したハリは小さいものばかり。1.5号のハリスを飛ばされたので、エチケットボックスに残っていた、九頭竜で使用したチラシをリユースします。ほのぼのとした雰囲気の夕方、瀬肩でプチ入れ掛かりもあって釣果は12尾。

久々にお会いする「鮎中毒」の豪華キャスター、ドン玉さん、ナベさん、初めてお会いする秋田から遠征の「遊友丸と仲間たち」のnaoさん、そしてKIKUちゃ~ん、大変お世話になりました。
040.gif
f0103126_2010950.jpg

案内がなければ絶対に行けない場所なので、とても価値がある半日でした。初めての場所を釣るのは、川の大小に関係なくやっぱり楽しい~。

またどこかで、皆様とご一緒できるとよいですね!

by scott1091 | 2008-09-13 19:57 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(2)