九頭竜サイト、「竿頭Saogashira」が復活!

お知らせです!

昨年から休止していた九頭竜サイト「竿頭Saogashira」が復活しました。

おなじみ九頭竜の名手、Egaoさんのサイトです!
f0103126_5244573.jpg

↑やさしい物腰とは裏腹の男の立ちこみ!(汗)

以前のサイトは掲示板へのスパムコメントがあまりにも多かったので、今回はSNS(ソーシャルネットワークサービス)機能を使用しております。

九頭竜に釣行予定のある人は必見ですよ!(笑)

by scott1091 | 2008-05-31 05:11 | 鮎釣り/九頭竜川、神通川他 | Comments(4)

祝2008年鮎解禁!

いよいよ待ちに待った狩野川の鮎解禁です!
f0103126_6531188.jpg

↑本日の最大。解禁日にこのサイズが掛かると結構あわてます!(笑)

解禁日の川の状態は、台風4号の雨で20日には最大150㌢ほどの増水となり、大部分の石垢は流されておりますが、その後の快晴続きにより新垢もつき始めている状態です。

このような状況なので、今年の解禁日は残垢と新垢がつきやすい場所が狙い目。20日に解禁となった興津川が絶好調なこともあり、昨年よりも人が少ない解禁日。個人的には人が少ないのはウエルカムですね!(笑)

なじみのおとり店から4時には来てほしいとの電話だったのですが、なんだかんだで4時20分に到着。でも20分遅れたけど、すでにドライタイツを履いているもんね(笑)!すでに明るくなっているので、早々に準備をして曳舟を川に活けます。

顔見知りの方々と半年振りの挨拶を交わし時間調整をしますが、多くの釣り人がいつまでたっても様子見状態なので、皆様を煽るべくにやる気になってもらうべく5時におとりを放ちます。
f0103126_6525114.jpg

その結果はおとりサイズの怒涛の入れ掛かり!(笑)

橋に車を止めて川見している方々はあわてて駐車場へ。駐車場でいままで様子を見ていた方々は、あわてて着替えておとりを買い求めます。

親しい方からは、「それ以上釣っちゃだめ!」の声も・・・。(笑)

入った場所は竿頭は狙えないものの、サイズは一番期待できると読んで入っているので当然の結果なのですが・・・。今年6年ぶりに新調した硬中硬の鮎竿を、遠慮なく曲げて鮎を抜いていきます。

天気予報のとおり、14時過ぎから雨が降り始めて厳しい状況となってしまいましたが、今年も楽しい解禁日となりました。本日の釣果は72尾で、最大は23㌢。尾数は昨年と同じでしたが、今までにない大きなサイズが混じりました。

これから解禁日を迎える方々も条件に恵まれるとよいですね!皆様の大漁を祈念しております。
f0103126_6521446.jpg

f0103126_6572843.jpg

↑塩焼きにならないサイズはから揚げで!初期の鮎はこのサイズでも骨がまったく気になりません。個人的には塩焼きよりも好きです

by scott1091 | 2008-05-24 05:09 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(2)

うっひょひょ!(笑)

いよいよ今週末から待望の鮎シーズンがスタート!
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

鮎釣りをされる方は仕掛け作りやハリ巻きの準備。フライオンリーの方はイブニングしか期待できない里川を離れて、雪代が終わる山岳渓流へ。ソルトの方は、底物やシーバスから青物シーズン到来といったところですかね~。

あっそうそう、最近海にはまっている方々で「エギ」で親アオリや「弓角」で青物狙いという人もいらっしゃいますね!

当の私は、これからの週末は10月末まで鮎オンリーの生活となるので、今年の渓流はこれでひとまずお休みです。今シーズンは昨年のように大きなヤマメは釣れませんでしたが、イワナは尺が1尾。昨年の台風による川の崩壊を考えれば、まずまずの結果ではないでしょうか?

な~んて思うものの、今年はな~んか燃えるものがないシーズンでした。このまま2008年渓流シーズンを終わらせてよいのか、という思いがくすぶります。

そんな自分に「喝」を入れるには、やはり釣りに行くしかない。そう青島刑事の名せりふ、「事件は会議室で起きているんじゃない現場で起きているんだ!」です。

そして結果は・・・。



標題の「うっひょひょ!(笑)」。



f0103126_21181675.jpg

サイズは皆様のご想像にお任せいたしましょう。

イワナは唯でさえ撮影が難しいので、このサイズを2尾並べて撮影できるか不安でした。しかしランディングネット同様、体表を接触させてあげると意外や意外、すんなりとおとなしくなりました。

今回は「チョイ悪おやじ」に釣られちゃったけど、キープ派に釣られることなくペアで禁漁を迎えられると良いですね!

これで心置きなく鮎シーズンに突入いたします。

by scott1091 | 2008-05-19 21:41 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(4)

今年も週末に天気が崩れるパターン?

f0103126_21523585.jpg

今年も何となくこのパターンになりそう。杞憂に終わればよいのですが・・・。

さてこの週末は大型連休明けなので、人の出が少ない期待の週末。ゴールデンウイーク中から楽しみにしていたのですが、「え~」まさかの雨。加えて北からの寒気流入によりとても寒~い!通常であれば釣りはお休みしたいところですが、鮎解禁が目前となっているので本降りになる前の土曜日午前中に釣りに行ってきました。

もちろん駐車スペースには狙いどおり釣り人も登山客もいませんが、この天気では当たり前ですよね!レインウエアーの下にフリースを着て小降りの中を出発です。午後から本降りになるので、安全を考えて今日は深い谷には入れません。
f0103126_21525236.jpg

来週はイワナ釣りに行く予定なので、鮎解禁前としては最後のヤマメ釣り。しょぼ雨の中、今年一番の大物を狙いたいところですが、今日入る沢にそんな魚はいないのはすでに調査済み。私を含めた釣り人に教育された、すれっからしのヤマメと対峙します。

シーズン初期に釣ったヤマメはほとんど残っておりますが、キャストできたとしてもフライを見た瞬間に「稲妻Gone」。餌釣りの人はスタンスが近いので、魚影を確認する前に走られているものと思われます。こんな状況ではありますが、しょぼ雨と水量に助けられてそれなりの数のヤマメと遊ぶ週末でした。
f0103126_21531288.jpg

そして日曜日は早朝から鬼のフライ・タイイング。部屋をフライから鮎に模様替えするため、今季成績の良かったパターンをまとめ巻きです。あわせてヤエンの道具も一まとめにしてクローゼットに収納しました。

フライシーズンであれば条件次第でヤエンに行くつもりでしたが、エギンガーの混雑ぶりを見たら気持ちが萎えてしまいました。鮎が始まれば海に行くことはないので、今年の12月まで迷うことなくお蔵入りです!

今回は雨に濡れた新緑の写真をお楽しみ頂ければと思います!
f0103126_21532986.jpg

f0103126_2159619.jpg

by scott1091 | 2008-05-10 21:33 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(2)

恒例の芦ノ湖へ!

f0103126_7384389.jpg

ゴールデンウイーク恒例となった芦ノ湖です。今年は所要でSSJ大会に出席できなかったので、今年初めての釣行です。行楽客が動き始める前に芦ノ湖に到着してしまえば、湖上はまさにパラダイス。海賊船やボート屋の桟橋付近は、時間とともに行楽客で賑わいを見せますが、今年も釣り人は非常に少ない。

かつて河口湖が釣り人で賑わった頃は芦ノ湖も混雑した時期もありますが、いまはすっかりブームが過ぎて、ボートが全て出てしまう日はシーズン中でも数日のみ。ボートが全て出ても混雑して釣りができないほどの隻数はないので、半分くらいの出船であればどこのポイントにも自由に入れます。
f0103126_739854.jpg

↑スチールヘッドを思わせるメタリックボディ。鰭は完全に再生しているが、尾びれがやや奇形なのが残念

釣り人の減少にともなって年々放流量が減少しているので、かつて混雑していた頃のようには釣れません。しかし私が盛んに通っていたころもブーム前でさほど釣れたわけではないので、まったく気になりませんね!(笑)

どういった理由によるものかわかりませんが、かつてのようなユスリカやマダラに絡んだエキサイティングな釣りはできませんが、それなりに楽しむことができます。今回の狙いはキャスティングでサクラマスを釣ることでしたが、残念ながらニジマスしか釣れませんでした。

今回は鰭が再生したニジマスが2尾釣れたので良しとしましょう。次回はぜひサクラマスを釣りたいですね!
f0103126_7392910.jpg

↑鰭が完全に再生した固体。狙い通りに釣れた会心の1尾
f0103126_7575492.jpg

↑芦ノ湖名物の海賊船。早い時間なのでまだ乗客はいませんが、午後になると乗船桟橋に長蛇の列が・・・
f0103126_7401069.jpg

↑雨後の筍ではないけど、ワラビもまたまた収穫

by scott1091 | 2008-05-06 07:46 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(2)