「鮎の干物」&「子うるか」を作る!

  私は九頭竜釣行の際は、最終日の鮎だけを氷〆にして持ち帰ります。しかし9月の最終釣行のときは最終日に釣りをしなかったので、前日の鮎を「おとり店」で冷凍してもらいました。しかし個別冷凍用のOPPフィルムを持っていなかったので、袋の中で鮎はしっかりと固着。これだけの量を一気に解凍しても塩焼きにはできないし、そのまま保存しておくと冷凍焼け(乾燥)が起こるので、この週末にまとめて解凍して干物を作りました。

  終盤の鮎なので、いずれの鮎もかなり大きな「卵」と「白子」が入っています。このまま捨てるのは惜しいので、「子うるか」作りにトライしました。しかし表面にある血管を除去する作業が結構大変。結局「白子」については断念!でも「卵」だけでも十分なボリュームです。
f0103126_23122446.jpg
 
↑下処理した「卵」。鮎が大きいのでこれだけ取れました
 
  良く水で洗ってから水分を切って、焼酎と塩を加えて冷蔵庫で熟成するのを待ちます。三日間は塩分が均等にいきわたるよう撹拌するのでタッパーで保管。その後空気に触れる面積を少なくするため、熱湯消毒した塩辛の空き瓶に移し替えました。
f0103126_16204454.jpg

  鮎の干物は通常一日で表面は十分乾燥するのですが、今回の鮎は大きなものばかりなので、丸々一日半、天日干ししました。寒くなってきたのを見計らっての干物作りですが、マンションの高層階でもどこからともなくハエが現れるので、干物ネットは必需品です。鮎が大きいのでネットに入りきらない分は、笊(ざる)に載せて上からネットを被せて天日干ししました。
f0103126_2314515.jpg

f0103126_23142916.jpg

↑干物ネットに入らない分は、笊(ざる)で干しましょう

  干物の仕上がりはこんな感じ。腹皮の薄い魚は背開きといいますが、東西南北どこでも背開きにするのは鮎くらいではないでしょうかね!
f0103126_23152845.jpg

↑すぐに食べる分は冷蔵保管。残りはジブロックに入れて冷凍します 

by scott1091 | 2007-11-25 23:17 | DIY | Comments(2)

九頭竜的「鮎竿」に関する考察・・・フナヤ・オリジナル

きた、きた、きた~
掛かり鮎の強烈な引き!


竿を伸(の)されないよう腰を入れて竿の角度を維持すると・・・、
釣り人から見る竿は満月。

か~、これぞ真の男の釣りだぜ~い!
f0103126_1742155.jpg

という状況の竿を、横から客観的に見たのがこの写真。

な~んだ、ぜんぜん曲がってないじゃん!(笑)

この写真はおとりが26㌢、掛かり鮎が27㌢で背掛かり。
背バリを使用です。

 そう、もうお気づきのとおり、釣り人が感じているほど竿は突っ込んではいないのです。特に3~元竿までのパワーをうまく利用できれば、このサイズの鮎でも実際の竿の曲がりはこの程度。もちろん流れによって大きく違いますが・・・。竿はフナヤ・オリジナル「Super Light Ⅱ超硬90(以下SLⅡ)」です。
f0103126_17464671.jpg

↑返す寸前。この鮎は26㌢で腹掛かり

  九頭竜に限らず鮎竿に求めるもの。それは、①掛けるまでの操作性、②掛かりの良さ(ケラレ・バレの少なさ)、そして③掛かり鮎の抜けの良さ、といったところではないでしょうか?当然ながらの竿の調子はトータル・バランスですが、しいてこの条件に一番結びつく要素を上げれば、①自重とモーメントが軽く胴ブレしない先調子、②穂先の硬さと穂持ちバランス、③3~元竿までスムーズな力の伝達と腰折れしないパワー、と思います。

  そして九頭竜の竿選びでもっとも重要なのは、①と③のどちらに主眼を置くか。私の場合、鮎釣りはまず掛けなければ始まらないと思っているので、①=②>③の順番で竿を選んでいます。もちろん全てが揃っている竿が理想ですが、残念ながら九頭竜のような特殊なフィールドでは、現在の高弾性カーボン素材を駆使しても、①と③を完全に両立することができません。

  このブログをご覧の方から、フナヤ・オリジナルについてのお問い合わせを頂くので、私が使ったことがある「撃龍竿 超超硬925(以下撃龍竿)」と「SLⅡ」を例に説明します。簡単に言えば、①に重点を置いたのが「SLⅡ」、③に重点を置いたのが「撃龍竿」。②についてはいずれの竿も穂持ちバランスから、穂先は最適と思われる太さ(SLⅡ1.9㍉、撃龍竿1.85㍉)に設定されています。
f0103126_1752586.jpg

  「SLⅡ」は60~65㌧の高弾性カーボンを使用することで、張りとパワーを実現しておりますが、軽量化のため「撃龍竿」ほどカーボンの巻きに肉厚がないので、絶対的なパワーとトルクが不足します。車で例えれば同じ四駆でも、軽量化のためボンネットにもアルミを採用しているレガシー(*)が「SLⅡ」、ランクル(**)が「撃龍竿」といったところでしょうか?(笑)

(*) 総排気量1,994cc、最大出力260PS、最大トルク35.0kg・.m/rpm
(**)総排気量4,663cc、最大出力288PS、最大トルク45.7kg・m/rpm

  したがって掛けてからの抜きは圧倒的に「撃龍竿」が優位で、九頭竜返しもとてもしやすい。逆に「SLⅡ」は軽くて操作性に優れているため、背バリや5号以下の錘で誘いを掛けたりテンポ良く攻める釣りには優位。「撃龍竿」に比べると鮎が大きいと抜くまでに時間が掛かり、必然的に「返し」の振り幅も大きくなりますが、これは慣れでカバー可能です。今年の9月のように鮎が大きいと、5~10号の錘で極端なシモ竿にするとパワー不足を感じるのは致し方ないでしょう。
 
  しかし普通の人はこれだけ錘をつけると、極端なシモ竿にはしないと思いますし、おとりが廻っていれば錘がここまで必要な場所は九頭竜といえども、そう多くはありませんよね!(*注)
  また、私のように状況に応じて「返し」と「タモ受け」を使い分けたり、「タモ受け」のみをされる方は、一瞬といえども「撃龍竿」を片手で操作するにはかなりの握力と腕力が必要となるのでご注意ください。「撃龍竿」での取り込みは、あくまで「返し」が前提となります。

掛けるまでの「SLⅡ」か、掛けてからの「撃龍竿」か?
はたまた来年発売予定の、その中間を狙った「豪龍竿 超硬90H」か?

 先の車の比較なら、釣行の際の高速道路でのストレスないぶっ飛びを選ぶか、川原での機動性を選ぶかといったところでしょうかね?(笑)

  この時期になると実釣での比較は難しいですが、購入を検討している方は鮎釣りの確かな感覚があるうちに、実物を手に取ってみることをお勧めいたします。
f0103126_17531424.jpg

↑きべっちさん撮影

(*注)
 地元にはこの考え方が根本的に違う方も多い。いわゆるおとりは最初から錘で沈めるという考え方。この方法だと水中糸の抵抗は錘で相殺されるので、細い水中糸を使う必要がありません。仕掛けの特徴は切れるまで使うのを前提に、水中糸はPE0.6号程度。おとりの泳ぎを確保するため、錘とおとりの間隔を広く(最低でも50㌢以上)とるのが一般的です。

  この手の釣りをされる方には、①掛けるまでの操作性も「SLⅡ」より「撃流竿」のほうが優れているという方もおられるので補足しておきます。
f0103126_20293553.jpg
f0103126_2030744.jpg

f0103126_20303645.jpg

f0103126_20322214.jpg

↑連続した写真に見えますが、掛かっているのは全て違う魚。すごく離れた場所から撮影した動画からの転用なので見づらいですがご容赦を!私はどちらが上手でも返せますが、このときは鮎が大きいのでやりとりの際に上手を利き腕に持ち替えていますね(笑)
f0103126_1944473.jpg

by scott1091 | 2007-11-24 17:44 | フナヤオリジナル | Comments(11)

紅葉を見がてら管釣り(YGL)へ!

f0103126_20465495.jpg

 今週は海に行く予定でしたが、友人の誘いで急遽「YGLスポーツフィッシングエリア」へ。台風4号、9号の直撃で川の状態が心配されましたが、かなり修復工事の形跡はあるものの、思ったほど大きくは変わっておりません。

  今年は昨年よりイワナ・ニジマスともに薄い感じなので、かなり流されたものと思われます。まだ季節が早いので、産卵行動の余韻でヤマメのライズが安定しませんが、ヤマメだけは昨年よりも多い感じ。わたしのようにヤマメのライズが目的の方は、12月の釣行はお勧めかもしれません。
f0103126_20462197.jpg

  今年のYGLは魚が人慣れしておらず、大胆にアプローチすると逃げてしまいます。流下するフライラインにも神経質に反応し、魚全体がソワソワした感じ。管理釣り場ではあまり起こらない現象なので、魚が比較的新しいか、石の配置が少なく隠れ場所が少ないことによるものと思われます。

  さて今回は、いやらしいライズを繰り返すヤマメを、実際の捕食物よりも小さいフライで釣りました。釣り人が気づかない程度のマイクロ・ドラッグの回避と、シャック(抜け殻) の透明感をいかにフライで表現するかがポイントと思われます。しかしいずれの課題も滅茶苦茶難しい。(笑)

  肝心の紅葉は、色付く前に落葉してしまいそうです。
f0103126_2047195.jpg

↑ヤマメの捕食物。この写真の中にフライがありますが、わかるかな~(笑)

by scott1091 | 2007-11-19 20:15 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(2)

鮎の竿納め後の最初の週末にすること!

  毎年鮎の竿納め後の最初の週末にすることは、部屋の整理・整頓。今年は鮎と一緒にセイルフィッシュ関連の片付けもあるので、収納スペースの確保がかなり大変です。ただ詰め込むだけでは、来年どこにしまったか思い出せない年齢になりつつあるので、系列的に収納しておかなければなりません。あわせて鮎については、新品在庫と今年の使用頻度をチェックして、来年購入する消耗品のリストも作成しました。
f0103126_2120354.jpg

↑整理前
f0103126_21212074.jpg

↑整理後

  そして夕食には、時間を掛けて抱卵鮎を炭火でじっくりと焼きました。厳選した鮎ばかりなので、どれも卵でパンパンです。子供達はもとより、お裾分けしたお隣も満足の一品。炭で立て焼きで焼いた鮎を食べると、コンロで焼いた鮎は食べられません。いつも炭火で焼くことはできないので、コンロで焼いてもおいしくて食べられるように、残りはもう少し寒くなったら背開きで干物を作る予定です。
f0103126_21252794.jpg

f0103126_2126327.jpg

f0103126_21362242.jpg

↑お裾分けしても、この鮎専用の冷凍庫が満杯です。干物、昆布巻きを作ってもとても食べ切れません。毎年のごとく、鮎好きの友人達に協力を要請です。ちなみに黄色い付箋は、いつどこで釣った鮎か明記されています

by scott1091 | 2007-11-11 21:29 | Comments(3)

2007年鮎シーズンの総括です!

  毎年恒例の鮎シーズンの総括です。今年は狩野川解禁の二日目である、5月27日(日)からシーズンがスタート。竿納めとなった11月4日(日)までの釣行日数は延べ39日。この日数は実釣時間に関係なく、釣りに行った日は全て1日とカウントしています。昨年同様、あくまで個人の備忘用なので、詳細についてはご容赦くださいませ!()書きが昨年の結果です。

総釣果        950尾(1,146尾)
釣行日数        39日(45日)
実釣時間       229時間00分(Ave.5時間50分/日)
             (299時間30分(Ave.6時間40分/日))
平均尾数       24.4尾/日(25.5尾/日)
時速釣果        4.2尾/時(3.8尾/時)
最高釣果      5月27日(日)狩野川/72尾
            (8月24日(木)九頭竜川/53尾)
最低釣果      9月29日(土)富士川(身延)/0尾
           (10月21日(土)富士川(静岡)/0尾)

<河川別内訳>                   2007年       2006年
狩野川      758尾 (79.8%)  29日 (Ave. 26.1尾)   (Ave.26.6尾)
九頭竜川     164尾 (17.3%)   6日 (Ave. 27.3尾)   (Ave.27.0尾)
富士川       28尾 ( 2.9%)   4日 (Ave.   7.0尾)    (Ave.20.3尾)
 
  今年は残念ながら総釣果が1,000尾を超えませんでした。昨年と比較しますと、時速釣果(尾/時間)は今年の方が多いのですが、平均釣果(尾/日)は昨年を下回っております。この理由は9月第一週の海外遠征の準備で、8月の一日の実釣時間が短かったことによる影響です。

  河川別の平均釣果を見ますと、狩野川と九頭竜は昨年とほぼ同じです。不調だった九頭竜でこれだけの釣果が上げられたのは、釣行のタイミングが良かったからに他なりません。狩野川については、個人的には昨年よりも鮎は少ないものの、評判ほどひどい状態ではなかったと思います。特に狩野川の8月の実釣平均が4時間なので、例年どおりに釣っていれば昨年の平均釣果を上回っていたと思います。

  狩野川の天然遡上の絶対量は意見が分かれるところですが、私は5月には放流がない下流域の支流で相当量の鮎を確認しております。遠征組の評判が悪いのは当たり外れがあるので理解できるのですが、今年は狩野川をホームグランドにしている方からも不満が聞かれました。近隣の酒匂川が好調だったこともありますが、個人的にはここまで不評な原因が理解できません。ネット社会の弊害といったところかもしれませんね!(笑)
  今年の狩野川は本当に釣り人が少なかったので、その分私の釣果が上がったのも事実かもしれません。
f0103126_20373083.jpg

  そして今年特筆すべきは、人生で初めて「尺鮎」を釣ったこと。個人的には友釣りの醍醐味は、「当たりのバリエーション」と「その後のやり取り」だと思っています。したがってこの両方を追求しようと思うと、「数」と「大きさ」が両立できる河川への釣行が多くなります。その結果、私の行動範囲では尺鮎が今まで釣れなかったわけですが、今年9月の九頭竜は、両方を求めた上で「尺鮎」が狙える状況だったと思います。

  最後に富士川ですが、今年は台風4号、9号の影響もあり絶不調でした。今年も昨年も2時間ほどの実釣でしたが、2年連続で不本意ながら0尾を記録してしまいました。しかし山梨側へは今年初めて行きましたが、あの水質は何とかならないものですかね。気持ち良く立ち込める水質であれば、もう少し頑張れると思うのですが・・・。日本三大急流の一つだけにとても残念です。

  河川状況以外では、今年は週末の天気に泣かされました。週中晴れて、週末に崩れるパターン。雨や台風による影響で、竿を出せなかった週末が延べ9日ありました。この日数は例年よりもかなり多いレベルです。

  ということで、今年も平均釣果30尾/日を達成できず。8月15日までは30尾超をキープしていたので残念です。海外遠征で鮎釣りが中途半端になってしまったことは否定できません。まだまだ修行が足りませんね!来年も日々精進です。
f0103126_20181979.jpg

↑今年使用した鮎竿4本。全て先調子で長さは9㍍。硬さは下から「中硬(VV)」、「硬中硬(LV)」、「硬調(BV)」、「超硬(SLⅡ)」レベル。各ロッドの年式は、VV(06-07モデル)、LV(02-03モデル)、BV(03モデル)、SLⅡ(07モデル)
f0103126_730825.jpg

↑距離があるので写真自体はピンボケですが、鮎が写っているので採用。最高の背掛かりです

by scott1091 | 2007-11-09 20:20 | 鮎釣り/年度総括 | Comments(2)

2007年鮎シーズン、今日で竿納めです!

  昨日のエントリーを見た方は、今日は当然ながら中~下流域に行ったと思われるでしょう。今の時期は釣り人の8割が修善寺橋よりもシモに集中。特に鮎の着き場(産卵床)となっている、神島橋のチャラ瀬はとても賑わっています。

  しかし私はこの時期でも銀ピカの鮎にこだわっているので、色の出たオスが掛かる可能性の高い場所やポイントは意識的に避けるようにしております。着き場的なポイントでメス鮎をおとりにすれば、掛かる確率は非常に高くなります。しかしこの時期でも、少しでも追い気のある鮎を探して掛けたいですよね!

  ということで本日も誰もいない上流域へ。昨日よりも朝の気温が高いので、9時からスタート。日差しが暖かいのでカッパを着ないで始めますが、まもなく吹き始めた風の冷たさに耐えられず車に取りに戻ります。最初の1尾(メス)はイメージどおりに掛かりましたが、掛かりどころが良くありません。弱る前にすぐに2尾目を掛けますが、水中でハリ立ちするまえにバレてしまいました。その後はぱったり。
f0103126_204395.jpg

  最近のゴールデンタイムである11時までは、さらに同じようなパターンのバレが一度あったのみ。11~12時までにやや小型の若いオスを3尾追加して午前中は終了。昼はおとり店の店主が、伊豆で養鶏されている「シャモ」と朝採りの「シイタケ」を焼いてくれました。晴れているのに、火の温もりが心地よい季節になりましたね!

  午後からは午前掛かったような波立ちを釣ってさらにメス1尾、オス3尾を追加しますが、期待のメスの入れ掛かりがありません。そして16時。最後に選んだポイントは、今日はまだ掛かっていない水深のある早瀬。今季最後の釣りを意識して、おとりを足元から狙いのラインに泳がせると・・・。ついに待望のキタ、キタ、キタ~。(笑)
f0103126_2094078.jpg

  瀬の流芯でメス3尾の入れ掛かりで、納得の竿仕舞いとなりました。この鮎を見ると、「まだまだいけるじゃん!」と思われるかもしれませんね~。しかしこれは狙って釣った結果なので、鮎のコンディションにこだわるとこれ以上はかなり厳しい感じです。ということで・・・、本日が今季の竿納め!最終日の釣果は11尾でした。
f0103126_2013163.jpg

↑シャモ肉とシイタケ。ともに歯ごたえがたまりません!

by scott1091 | 2007-11-04 20:11 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(12)

そろそろ竿納めかな~!

f0103126_21134631.jpg

  銀ピカの鮎を求めて、この時期としては最上流に位置する場所で頑張ってきましたが、ついに婚姻色が出た鮎が混じりはじめました。この時期の一週違いはやはり大きいです。上流域は鮎の密度もかなり薄くなってきたので、これからは中流域から下流域がメーンの釣り場となります。
f0103126_21175455.jpg

  しかし夕方様子を見に行った中流域のテニスコート裏は、それなりに人がいますが竿が曲がっておりません。私も今日は何をやっても効果はなく、3箇所移動して最終的な釣果は7尾。内訳はメス3尾、オス4尾。オス4尾の内、2尾が強い婚姻色が出ていました。
  
  明日釣れる鮎のコンディションしだいでは、今週で竿を納めようと思います。自然はここにきて、しっかりと帳尻を合わせてきましたね!(笑)
f0103126_21182932.jpg

f0103126_2132377.jpg

by scott1091 | 2007-11-03 21:29 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(3)