今季初めて九頭竜に行ってきました

f0103126_20282614.jpg

 週末の天気に恵まれず、九頭竜の初釣行がここまでずれ込んでしまいました。釣況としては、今季もっとも有望な週末となると予想されておりました。しかし今週に入ってから追いが悪く、加えて木曜日午前中に山間部で降った雨の影響により増水と強い濁り。金曜日は笹濁りまで回復するも、石に泥が被ってしまいました。

  こんな状況ですが、金曜日の午後から川に入りました。へちの石色から判断して、雨が降る前の30㌢高レベル。笹濁りで深いところは石が見えないので注意が必要ですが、大抵の中洲には渡れそうな感じです。事前情報ですと有望なポイントはへちも真っ黒になるくらい「食み跡」があるとのことでしたが、どこも石に泥が被ってポイントの判断ができません。ではこの三日間の釣況を記載致しましょう。

○2007年7月27日(金)/場所:北島橋シモ 同行者:Egaoさん
 Egaoさんに電話をして、とりあえず私が見た要所ポイントの石色の状況を伝えると、木曜の雨が降る前とかなり状況が違うようです。今季初めてで「川慣れ」しておらず、また笹濁りで底石が確認できない状況なので、Egaoさんが心配して一緒に入ってくれることになりました。

  初日ということもあり、まずは先週良かった北島に入川。Egaoさんが石色を見て、鮎の着き場が変わったとの分析。状況を踏まえて、今まで良かった棚ですでに鮎に磨かれている数少ない石でおとりを獲って、徐々に泥が被りにくい流芯まで探ることにします。

 私は昨年テストしたとはいえ新しい竿なので、竿の感触を確かめながら磨かれている石を探っていきます。すぐにEgaoさんが掛けてきれいな九頭竜返しで取り込みますが、その次がなかなかきません。ユウタさんの情報どおり、かなり鮎は薄いようです。私も九頭竜名物の強風で竿を煽られながら、狙っていた棚で最初の1尾を掛けます。引きの感触から背掛かりなので、じっくりと竿の曲がりを確認しながら竿を絞っていきます。2~3番の補強により4番への過負荷が心配されますが、23㌢クラスではまったく問題なく、鮎を返したときの感じも良くなりました。

  今季は釣り返しが利かないということなので、釣り方を変えて同じ瀬を「二(ふた)流し」。夕方の追いを期待して「三(み)流し」にトライしましたが、さすがに1尾も獲れませんでした(笑)。最終的な釣果は20~23㌢が17尾。数はともあれ、久々に会った友人と九頭竜を満喫です。
f0103126_20285350.jpg

↑体高があり引きも最高です

○2007年7月28日(土)/場所:放水口、飯島 同行者:Egaoさん、浜松wandoyさん、きべっちさん
 本日は、初めてお会いする浜松wandoyさんときべっちさんも参戦。集合場所で合流する前に、偶然にも「坂東鮎塾」の塾長にお会いします。教えてもらった川の状況から、今日の午前中は今季実績のない放水口に決定。昨日よりも10cmくらい減水し、濁りもほとんどありません。

  初めてお会いする方々と挨拶をし、続いてEgaoさんからポイント説明。それぞれ目星をつけたポイントに散っていきます。私はEgaoさんとポイントを分け、石色の状況確認と掛かるパターンを探っていきます。掛かる鮎は昨日の北島よりも小ぶりですが、私なりに掛かるパターンを見出していきます。
 
  最初はそのパターンを掴むため、かなり高速で釣り下がりました。一(ひと)流しで獲れた鮎は5尾。ここで一度瀬肩に戻って、Egaoさんと情報交換。Egaoさんも同じような流れで8尾とのこと。これらの状況を踏まえて、二(ふた)流し目はポイントを絞って時間を掛けて粘ります。釣果は午前中13尾でした。

  午後からはきべっちさんのリベンジのため、飯島に移動です。私は今季の状況を確認するため、三番瀬で少し竿を出させてもらってから人のいない場所を探ります。ここもやはり他の場所同様、ほとんどの石が泥を被った状態です。流れの変化や川底の状態を確認しながら探りますが、今季もなぜかバレが多い飯島でした。

  夕方は竿のMaximumパワー確認のため、飯島堰堤上の絞り込みに移動。この水量では、堰堤内の絞り込みで掛かった場合、堰堤キワに寄せられなければ潔く竿を伸(の)して、糸を切らなければ竿が折れます。手前で掛かればラッキーと思っておりましたが、ユウタさんが定期的に攻めているので大きいサイズはやっぱり堰堤の中。結局5+4=9号で堰堤内におとりを入ると、目が覚めるような当たりですぐに掛かりました。

  あとは自分の仕掛けと竿のパワーを信じて、最初の走りを竿で押さえ込みながら一気にキワに掛かり鮎を誘導します。流芯への大きな突込みを二回かわしてから、カミに返して無事取り込み。竿のパワーを見るには最高の1尾でした。さらに堰堤内で同じサイズをもう一尾追加して、本日は終了。午後はバレに悩まされて釣果は伸びず8尾。合計21尾で終了です。
f0103126_20343532.jpg

↑飯島堰堤内で掛けた本日の最大。きれいな背掛かりでした

○2007年7月29日(日)/場所:北島橋カミ、飯島 同行者:Egaoさん、浜松wandoyさん、きべっちさん、ヒデVさん
  本日は昨日の夕方初めてお会いしたヒデVさんも合流。濁りは完全にとれてさらに減水。木曜日に雨が降る前の水位となりました。今日はこの時期では外れる可能性が極めて高い、北島橋カミに入ります。ここにはおとり店がないので、放流がありません。大きな増水があったので、下流域で放流された鮎の遡上を期待。しか~し昨年同様、2時間ほどで全員が撃沈(笑)。予想どおり釣れません!

  日曜日で人が多いので、この人数で入れる飯島に移動です。少し早いですが11時に昼を食べてから入川。浜松wandoyさんときべっちさんが三番瀬上~中段、ヒデVさんが三番瀬のシモへ。Egaoさんと私は昨日探っていない飯島下流の大岩まで、広い範囲を探ります。今日はこの三日間でもっとも強い風。竿の操作が大変です。

  私は相変わらずバレが多いですが、ここという場所で確実に拾っていきます。川の真ん中に立つのは二人のみ。これでガンガン掛かれば最高なんですが・・・。移動中に偶然掛かるというイージーなパターンはまったくありません。

  私の帰宅時間とEgaoさんの販売鮎の発送時間を考慮して、15時過ぎに早上がり。延々と300㍍ほど歩いて車に戻りました。きべっちさん以外はこの時点で釣りを終了。16時には各々帰路に着きました。私の釣果は午前1尾、午後15尾の計16尾。厳しい九頭竜でしたが、昨年も土用の時期は低調だったので今後に期待しましょう。

  ご一緒させて頂いた皆様、お世話になりました。またご一緒する機会がありましたら、よろしくです!
f0103126_20272189.jpg

↑今回初めて利用した「松岡サウナ」。一泊二食付6,500円、一泊朝食付4,800円。鳴鹿大堰よりシモを釣る場合は近いです。土曜日の宿泊客は全て釣り人でした
f0103126_20275241.jpg

↑シモから吹き上げる強風で、竿がカミにしなっています。釣り人はきべっちさん。長躯を活かして流芯を攻める

by scott1091 | 2007-07-30 22:38 | 鮎釣り/九頭竜川、神通川他 | Comments(3)

9月に向けた準備⑥ 「続・バッキングを巻く」編

f0103126_2212172.jpg

  昨日、使用するブレイデッド・ループの相談で、久々に「SABALO」に行って来ました。その際、バッキング巻きについて丸橋氏に尋ねてみたところ、いまどきソルトのフライリールに自分で巻く人は珍しいとのこと。大抵の人はお店に頼んじゃうようです。

  PEラインの場合は巻く際のテンションが弱いと、巻き量に関係なくバッキング全体がスプール内でスリップして魚とのやりとりで巻き取り不能状態になるそうです。フライ、ルアーを問わず、釣具屋で巻いたものでも結構あるようで、こうなったら現場で巻き直すしか方法はないと・・・。しかし、巻き取り用スプールなしに、現場で600㍍を巻き直すのは不可能ですよね!(笑)

  私も直接PEラインをユニノットでスプール軸に止めた際、PEラインがあまりにも滑るのでこれを懸念しておりました。確かに慎重にPEラインを巻き重ねると止まるのですが、強い力で引かれると当然バッキング全体がスリップすることが想定されます。

  とういうことで、私は巻き始めに20lbのナイロンラインを3重くらい入れました。20lbでは全体のシステムからすれば強度不足ですが、ここまでバッキングが出てしまったらいずれにしても取り込みは不可能なので、スプールの芯にしっかりと馴染む細さを優先。(「Marlin」は30lbにしました。)

  巻き取り時のテンションについては、可能な限り強いテンションで巻くようにとのことで、ソルト用のリールであれば、スプールが広がる心配はまったくないとのことでした。ということで、安心して「Marlin」にバッキングを巻き込み中。

  「Momentum」はスプールを軽量化するため中抜きがあり、巻き始めのバッキングがカクカクになるので、万が一巻きが弱くてもその角の摩擦でスリップは避けられそうな感じですが、「Marlin」はスプール内側がつるつるで軸が細いので、巻いても巻いても「カラカラ、カラ回り~♪。お~お順子、君の名を呼べば僕は切ないよ~♪」が十分起こりえる感じです。

  特売で購入した「高速リサイクラー」がフル稼働です!(笑)

by scott1091 | 2007-07-19 22:13 | フライ・ルアー / 海 | Comments(0)

9月に向けた準備⑤ 「リールにバッキングを巻く」編

  バッキングをリールから回収することも考え、一人でも巻けるよう第一精工の「高速リサイクラー」なるものを購入。この週末、近くの釣具屋でたまたま「広告の品」として特売されていたものです。

  かつて鋳造のフライリールにPEラインを強いテンションで巻くと、スプールが広がってしまうという恐ろしい話を聞いたことがあるので、こわごわとテンションを調整しながら巻き込みます。「Ross Momentum」はアウト・スプールのためスプールが肉厚なのでまったく心配ないのですが、イン・スプールの「Billy Pate Marlin」はスプールの肉厚が結構薄いのでとても心配。

 だからといってテンションを緩めにして巻き込むと、伸び縮みがないPEラインはトラブルのもと。ホームページを検索してもここら辺を明確に書いたものはなく、友人に聞いても適当な感じなので、心配無用と割り切って作業継続中です。
f0103126_239087.jpg

↑本日のウイスキーは、シングルモルト「サントリー白州」

  両軸リールやスピニングリールに糸を巻いたり、番手の小さいフライリールにバッキングを巻いたりする作業は何度も経験していますが、これだけの量を一定のテンションで巻き込むのはかなり大変。かつて行き着けだったお店にあった、深海用巨大両軸リールにPEラインを巻き込む装置を貸して欲しい!(笑)

  今回用意したPEラインは5号(60lb)。強度的には4号(50lb)でもまったく問題ないようですが、これではPEラインがいくらあっても足りません。ちなみに5号でも3Mバッキング・ライン20lb程度の太さしかありませんので、バッキング指定が30lb / 600yardであれば720yard(660㍍)くらい入ります。
f0103126_2383526.jpg

↑もし希望小売価格で購入したら、1,200㍍でフライラインが何本買えるのでしょうか?

by scott1091 | 2007-07-17 23:08 | フライ・ルアー / 海 | Comments(0)

「Super Light Ⅱ 超硬90 カスタム」、ついに完成!

f0103126_13111624.jpg

ついに仕上がってきました。思い起こせば昨年の9月、フナヤさんからプロト・モデルをお借りしたのが始まりでした。

試用した竿はフナヤ・オリジナルの「Super Light 超硬90」と「Super Hard超超硬925」の2本。たった一日九頭竜で使っただけですが、ブログに記載した私の感想を踏まえて、フナヤさんが理想に近づけるべく、「Super Light 超硬90」の改良パーツ製作にトライしてくださるということに!

その改良パーツが完成してきたのが昨年の10月末。遅くても11月初めに間に合わせるということだったので、感覚を鈍らせないよう竿を納めず釣りを継続しておりました。そして10月29日/狩野川、11月4日/富士川の二河川で実釣テストを実施。掛かる鮎のサイズが九頭竜よりも小さいため、抜き調子についてはさらに別途、ダミーによるテストも行いました。

テストの感想は、2~3番が補強されたことにより竿全体のブレが低減し、感度も向上しました。また2~3番が曲がりにくくなった分、4番以降に曲げ応力が大きく伝達しますので、結果として竿の太い部分で曲げを復元(竿を起こす)することから、竿全体のパワーもアップしております。

最終的にこれらの結果を踏まえて、今年の製品は改良パーツによるマイナーチェンジが決定!竿にレタリングされたモデル名も、「Super Light」から「Super Light Ⅱ」に変更されました。
f0103126_13114027.jpg

最後に竿の塗装ですが、製品は赤と黒のツートン・カラーで、写真の塗装は特注です。少しでも軽量化を図るべく、玉口周辺以外はNP(ノンペイント)工法となっています。しかし九頭竜は平水でも細かい砂が流れているので、流し竿で取り込むと格納時に細かい砂でカーボン素材に傷がつく懸念があります。

また塗装がないので通常よりも慎重に扱わなければならないので、使い方が粗くなる超硬竿にはあまりお勧めしませんので念のため。しかしクリアー全塗装の竿とは感度がまったく違うので、私はNP工法がベストだと思っていますemoticon-0105-wink.gif

今の時期の感覚では、超硬(not超超硬)といえどガチガチに感じますし、300㌘とはいえ重く感じます。昨年10月、狩野川の小さい鮎でテストしていた私は天才?と思うほどたった半年で感覚が鈍ってしまうもの。皆様も竿を選ぶ際は、極力シーズン中に振ってみることをお勧め致します。

by scott1091 | 2007-07-14 13:13 | フナヤオリジナル | Comments(0)

9月に向けた準備④ 「セイル・フィッシュへの道」

f0103126_19545852.jpg

↑この二つのリール合わせて、バッキングが1,000㍍入ります

  渓流、鮎解禁以降、すっかりとご無沙汰となった「9月に向けた準備」ネタ。具体的には毛ばりで芭蕉梶木(バショウカジキ)、そうフライでセイル・フィッシュ(Pacific Sailfish)にトライしようというものなのです。私のフライ暦はトラウト・オンリーと言っても過言ではなく、ソルトは東京湾でシーバスを釣った程度。当然ながらビック・ゲームに関する知識はありません。

  ということで9月の釣行を決めた昨年末、まずは先人に教えを請えということで「世界のEIZO」こと丸橋英三氏のお店「釣道楽サバロ」の扉を叩きました。過去に数回尋ねたときは丸橋氏を見かけることはありませんでしたが、このときは幸運にも店頭でロッド・ビルディング中。店長にいろいろと尋ねていると、その会話に丸橋氏が鋭く反応。ビックゲーム経験ゼロであることをしっかりと伝えて、1時間以上のレクチャーを受けます。続いてロッド、リール、フライ・ライン以外に必要なものを見繕って頂き、IGFAルールに基づいたリーダーを目の前で作製して頂きました。

  ビミニ・ツイストはともかく数を作って、強度テストを繰り返すしか上達する方法はないとのことなので、お勧めの「BOUZ Drag Checker」も購入。渓流解禁までは頻繁に作っては切って、作っては切っての繰り返し。はっきり言って、20lbラインを切るのはかなり怖いです。反対側を引っ張ってくれる妻は、いつも必ず手前に寄ってきますね!こんな感じでセイルも寄ってくれば良いのですが・・・(笑)。
f0103126_19542826.jpg

↑ビミニ・ツイストの強度確認
f0103126_19571342.jpg

↑理想的な切れ方ですが、ライン強度の20lb(10kg)に達していません。このラインは没ですね!

 初のトライなのだから、フッキングできたら確実に獲れるシステムであることが最優先。したがってIGFAルールに基づいたリーダーを組む必要はまったくないのですが、やるからにはしっかりとした知識と技術の習得を、という丸橋氏の言葉にすっかり感化されてしまいました(笑)。

  しかし2時間程度の丸橋氏のレクチャーだけでは、具体的なバッキングからリーダーまでのシステムや、各セクションに使用するライン号(lb)数・銘柄、結節方法の良し悪しがわかりません。ここら辺は必ず口頭では伝わらない「重要なツボ」があるので、具体的に使用しているタックルを見せてもらいながら確認していくのが最良の方法です。

 ということで早くからビックゲームにはまり、今年もすでに二回コスタリカに行っている心強い友人、KOJIMAさんにお願いしてタックル見ながら各システムを確認させてもらいました。コスタリカ釣行の直後だったので、話の内容も超~リアル。実際にキャッチしたフライの数々が見れたのもラッキー。KOJIMAさんには感謝、感謝です!m(_ _)m

 必要なものは揃ったので、そろそろ時間を見ながらリールにバッキングラインを入れる作業から取り掛かろうと思います。しかし一つのリールに、PEラインを600㍍も巻くと思うと気が遠くなりそう・・・。

 こんなヘビー・タックルで投げたことは当然ありませんので、最低でも行く前にフライを投げてみなければなりません。また組んだライン・システムで、クラス・ティペットが切れる限界も確認したい。やることが一杯ですが、シーズン本番を迎える鮎釣りも仕掛け作りを含めて超~忙しい。また平日の夜は、お付き合いの予定がマウンテン。いつものことながら、体が二つ欲しいと思う今日この頃です。
f0103126_2002689.jpg

↑ラインは全て「AIRFRO」。ティージング前提のポッパー用に「Billfish WF14I」(13番で使用)、キャスティング用に「Ridge Tarpon WF12F&I」を用意。KOJIMAさんはケブラーのブレイデッド・ループに付け替えていたが、最初は既成のループを使っても大丈夫かな?
f0103126_2033453.jpg

↑同じ強度を使用するなら、ビルによる擦れを考慮すれば太い方が有利。日本のメーカーは細く強くが前提なので、日頃は使わないmade in USAに手が伸びます。個人差はありますが、柔軟性や太さの違いで、ビミニ・ツイストがしやすいものとしにくいものがあります

by scott1091 | 2007-07-09 20:08 | フライ・ルアー / 海 | Comments(0)

この週末の狩野川。渇水です・・・

f0103126_20544563.jpg

↑今季初めて瀬を下がって取り込んだ鮎。体高のある鮎は引きが違います

  雨が降ることは降るのですが、渇水を解消するほどは降らず。この週末で平水-10㌢レベル。解禁以来アカを飛ばすような増水がないので、いよいよアオノロがひどくなってきました。現在の狩野川は、最低でも1㍍以上の増水が必要な状況です。

  さてこの週末の釣果。土曜日は濁りや目に見える増水はないものの、朝から結構な雨。午後には上がりましたが、雨が降っている間はほとんど掛らず午前中はなんと3尾のみ。午後から少し追いが出て挽回し、最終的には何とか22尾。
  今日は瀬で朝からそこそこの追いがあり、昨日の不調を取り返す感じで47尾。今日は今季で一番強烈な当たりと引きを満喫。来週の三連休は天気が良ければ、今季初の九頭竜遠征を予定しております。お楽しみに!
f0103126_20551389.jpg
  

by scott1091 | 2007-07-08 21:04 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)