いよいよ桜が満開です♪

f0103126_218815.jpg

  いよいよ桜が満開となり、この週末がお花見のピークですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
  私はと言いますと、先週釣りに行けなかったこともあり、今日は珍しく少し早めに友人と出かけました。木・金曜日の天気と打って変わって寒い一日となりましたが、釣果の方はまさに春爛漫の爆釣モードです。ライズもそこそこあって、ゆったりとした雰囲気で楽しんできました。

  ソメイヨシノはもちろん、ヤマザクラやミツバツツジも木によって開花しているものがあり、2月までの暖冬と3月に入ってからの冷え込みにより、自然界はすっかり調子が狂ってしまった様子です。これからがヤマメ・アマゴ釣りの最高のシーズン。2007年の春は二度とないので、人生後悔しないようガンガン行きましょうね!(笑)
f0103126_20544911.jpg

f0103126_20554295.jpg

f0103126_20564780.jpg

f0103126_20573878.jpg


f0103126_22195746.jpg

by scott1091 | 2007-03-31 20:57 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(2)

寒中水泳の一日

  なんとこのくそ寒い時期に、寒中水泳してしまいました。何を大袈裟なと思われるかもしれませんが、本当に全身ずぶ濡れです。水の滴る、いい男状態。どうせナメ滝かなんかで、プチ滑落したんでしょ!とお思いのあなた、それはノンノンです!

  どうしてこの時期の泳いでしまったかと言いますと、水中写真を撮ろうとして、買ったばかりの防水カメラを水の中に落としてしまったのです。それも「水深深すぎ」&「巻き返しに吸い込まれていく」状態。一時は完全にカメラを見失ったため、洋服も脱がずに淵の中に突入しました。
  幸運にも手探りで何とか回収するも、上半身まで完全にずぶ濡れです。一度洋服を脱いで水を絞りましたが、手が凍えてうまくできないんですよ、これが・・・。加えて、凍えた体で水を絞った服を着るのにも一苦労。こんな状況なので、早々に撤収してきました。
f0103126_1824183.jpg

↑こんな写真を撮ってるから、寒中水泳をするはめに・・・

  完全に体の芯まで冷えてしまい、着替えても体の震えが止まらないので、遠回りして日帰り温泉に直行です。露天風呂で1時間近く温まって、何とか普通の状態になりました。いったい何をやっているんでしょうかね!鮎の時期には、まだ早いちゅう~の!(笑)
f0103126_1814612.jpg

f0103126_23125193.jpg

by scott1091 | 2007-03-21 18:03 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(3)

天気晴朗なれど寒い!

f0103126_2137571.jpg

  昨日の寒さに懲りて、釣りに行かない・・・、わけがない!(笑)
  この時期にしっかりヤマメを教育しておかないと、秋まで残る魚がぐっと少なくなるので頑張って今日も釣りに行ってきました。天気は良かったですが、10時時点の外気温度は0℃。地面はしっかりと凍っていました。さすがに寒すぎて大きなサイズは出ていませんでしたが、小型ながらしっかりと楽しんできました。粘って釣れなかった9寸が、次回以降の課題です。9寸まで成長した理由が納得できるほど、難しい場所に定位している魚でしたね!経験的に、あの魚は確実に秋まで残ると思います。
  太陽が出ているのに、ウェーディング・シューズの紐が凍ったのは何年ぶりでしょうか?冷え込んだ分空気の透明度も高く、青空が綺麗に見える一日でした。
f0103126_2142398.jpg

f0103126_2143196.jpg

f0103126_21432457.jpg

↑出ている魚が小さかったですが、盛期にこのサイズが人影で走ることにより、大きな魚が守られます

by scott1091 | 2007-03-18 21:44 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(6)

すっかり冬景色

  この週末は天気予報も悪く、今日は朝から雨が降っていたので釣りは休み・・・のはずが、早朝からモーニング・コール。友人から釣りのお誘いです。こちらは雨が降っておりますが、友人宅付近は降っていないとのこと。現地10時集合となりました。
f0103126_2202153.jpg

  目的地に近づくにつれて、確かに雨は小ぶりになりましたが、高度が上がるとともに雨から雪にかわります。今年は暖冬なのでスタッドレス・タイヤは履いていないので、これ以上雪が降ると下りの峠道が心配です。友人の車もノーマル・タイヤなので、しばらく雪の様子を見てから意を決して出発しました。
  
  それにしても、寒すぎだっちゅ~の!しかもこのくそ寒い中、餌釣りの先行者が複数あり。あまりの寒さに昼ごはんを食べる気にもならず、めずらしく早上がりしました。解禁第一週目の週末の暖かさが嘘のようです。染井吉野のつぼみも固く、いまだ咲く気配はまったくありません。このままだと、例年よりも桜の開花が遅くなってしまいそうな感じです。
f0103126_174619100.jpg

↑寒すぎて冷たいカメラを触る気になれず、本日の魚の写真はこの一枚のみ。あしからず

by scott1091 | 2007-03-17 17:46 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)

さくら咲く

f0103126_20315530.jpg

実は我が家の息子は、今年が高校受験。すべり止めの私立高校は2月初めに合格しておりましたが、第一志望の県立高校の発表が今日でした。緊張する心境を察し、本人には合否の連絡をするようには言っておりませんでしたが、妻からの連絡よりも先に、本人から「合格しました」のメールが届きました。

私と似てスロー・スターターなので、内申点が志望校を受験できるレベルまで挽回できるかが気がかりでした。客観的に見ても、私立併願が難しいようなレベルから、よくここまで頑張ったという印象です。一般的な受験生よりは勉強時間が少ない感じでしたが、勉強するときの集中力はたいしたもの。初志一貫して志望校が揺らがなかったのも立派でした。

この半年間、「合否の結果を受けて、後悔しない時間を過ごして!」と言い続けてきました。合格したことは当然嬉しいですが、実は今回の受験で一番嬉しかったのは、受験が終わった日の夜、祖父の問いかけに「もう悔いはない」と子供が応えたことでした。これを聞いたとき、合否の結果を待たずに私の中で子供の高校受験が終わったと、そして私の思いは通じていたと感じました。

本音を言えば、自分を棚に上げて私の中学時代より成績の良い子供に、勉強しろと言うのはかなり辛かったです。しかし自分の経験から、高校の勉強は「夢の実現」のために自らするものですから、親として勉強しろと言うのは、中学生活が最初で最後だと思っています。

将来何をしたいのか?今の年齢では、明確なものがなくて当然だと思います。しかしいつの日か具体的な目標を抱いたとき、それを目指すスタート台に立てる環境にいてほしいと切に願っておりました。

まずは心から、「高校合格、おめでとう」

より多くの友達と出会い、高校生活を楽しんでほしい。そして「自ら思考し、自ら実践する」人になってください。

2007年3月14日(水)記
さくら咲く

by scott1091 | 2007-03-14 20:34 | 家族 | Comments(2)

支那そば家「毎度」

f0103126_20315321.jpg

 遠くから食べに来る人も多いと聞き、ここ二回ほど食べに行ったお店が、支那そば家「毎度」です。お店に行くまで知りませんでしたが、師匠がテレビなどにも出演している「支那そばや」の佐野実氏とのこと。開店当初は製麺機の能力から売り切れてしまうことが多かったようですが、現在は製麺機をバージョン・アップして一日100食限定となり、だいぶ品切れが緩和されたようです。

 ここのラーメンは文字通り「支那そば」です。当然ながら麺は細麺で、私のような年代には何とも懐かしい感じです。食材にこだわり、タレやスープ、麺には化学調味料(旨み成分)を一切使用していないこともあり、とても素朴な味です。特にスープの出汁には、トビウオ、アジ、イワシなどの干物や、ホタテ貝柱、カツオ節、昆布などの魚介類をメーンに使用しているため、食べた後の後味がさっぱりしております。自家製麺は細麺ながらしっかりした食感で、茹で上がりにしっかりと麺からゆで汁を切るのも調理方法として好感が持てます。

 化学調味料に慣れてしまった現代人の味覚には、ちょっと物足りないと感じる人も多いと思いますが、私は結構はまりました。さっぱり度合いからすると「潮味」、「醤油味」、「味噌味」の順番です。価格は決して安くはありませんが、原料を吟味し、麺から全て自家製となれば、このレベルは十分許容範囲。カウンターのみで10席くらいなので、タイミングが悪いと待つことになります。

 お近くにお越しの際は、立ち寄って見てはいかがでしょうか?車の場合は駐車場がお店から離れていて、かつ入口がわかりにくいので注意してください。

メニュー:
地鳥と魚介の醤油味 750円
海の恵 潮味     750円
季節限定 味噌味  850円
(大盛りは各150円アップ)    

営業時間 : 昼11:30~14:30、夜18:00~21:00(麺がなくなり次第終了)
定休日   : 月曜日・火曜日(祝祭日は営業)
場所    : 三島市大宮町1-11-1
         TEL&FAX 055-976-2118

f0103126_20321867.jpg

↑季節限定の味噌味。鹿児島川辺の麦味噌を使用しており、出汁の繊細さと相まって、麦味噌の香りと甘さがうまく引き立っています

by scott1091 | 2007-03-12 20:34 | 食事処 | Comments(2)

Happy & Anniversary Day

  今日は解禁第一週目の陽気が嘘だったような寒い一日でしたが、皆様はいかがお過ごしだったでしょうか?私は思うところ(*1)あって、通常は持ていくことがないランディング・ネットを持って釣りに行きました。実は山岳渓流にネットを持っていくのは今回が2回目。前回は2001年で、このときは33.0㌢を釣りました。そして今日は、一番大きい魚が30.6㌢で、その次が28.7㌢。なんと山岳渓流での尺ヤマメは6年ぶりとなります。
f0103126_2024737.jpg


  人の話では、丹沢でも尺ヤマメが沢山釣れるような印象ですが、厳密には30㌢を超えるヤマメはそんなに多くはありません。特に成魚放流のない沢筋となると、尺まで成長する確率は自然・人為的要因の両面で極めて低くなります。9寸くらいまでは年に1~2本釣れることはありますが、泣尺(29㌢以上)や尺となると・・・。

  皆様もぜひ尺と感じたヤマメにメジャーを当ててみてください。我々の仲間内では29.8㌢や29.9㌢の泣尺記録もあります。厳密に測定すると、それぐらい数も少ないし、チャンスも少ないです。まさにその出会いは一期一会。次に巡り会えるのは、6年後の2013年でしょうか?(笑)
f0103126_23273016.jpg

f0103126_20353053.jpg

f0103126_2036134.jpg

(*1)ランディング・ネットを持って行った理由は、ネットを使って魚を撮影するため。最初から大物狙いだったわけではないのです。最後に補足しておきますね!(笑)

by scott1091 | 2007-03-10 20:12 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(2)

9月に向けての準備③

f0103126_1105541.jpg

  前回の準備②では使用するロッドを紹介しましたが、今回はリール。私は右利きですが、通常フライ・リールは左巻きで使用しております。これは魚のやりとりの際に、ロッド・ワークを利き手でしたいのと、魚を掛けた後リール・ファイトする際にロッドを持ち帰る必要がないからです。しかし今回の釣りは、リールの巻き取りスピードがとても重要なのと、小手先のロッド・ワークなど意味がないので右巻きを選択しました。

  今回ご紹介するリールは、1980年代初めの「Billy Pate」インスプール・モデル(ブラック・ソリッド)の「MARLIN」です。現在のモデルはアウトスプールとなっておりますが、その前のモデルとなります。今回ティボーリール社が、残っていた在庫で世界限定23個で復刻したものの1台です。通常の復刻版には入っていないものですが、ショップの友人がティボーリール社にお願いして、現行モデルに入っているマーリンのグラビングを入れてもらいました。このかっこよさに、「ぐっ」とくるのは私だけでしょうか?どんな釣りもお気に入りの道具を使いたいもの。釣れるといいな~。
f0103126_11125673.jpg

by scott1091 | 2007-03-06 11:13 | フライ・ルアー / 海 | Comments(0)

今日は友人と一緒に!

f0103126_20445652.jpg

  土曜日仕事のため、今日が解禁日となる友人と一緒に釣行です。今日も天候に恵まれて、5月を思わせるような陽気です。当然ながらどこも車で一杯なので、ヤマメの顔が見られればといった感じでしたが、偶然にも川廻りの方から思いがけない情報をもらって状況が一転します。
f0103126_20555914.jpg

  最高の沢と陽気に加えて先行者なし。そりゃー当然釣れますよね(笑)!久しぶりに解禁最初の日曜日に爆釣しました。帰り際に、浮きっぱなしの9寸のマル放(放流物)2尾のおまけ付で友人の解禁も無事終了です。
f0103126_2053719.jpg

f0103126_20454477.jpg

by scott1091 | 2007-03-04 20:47 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(4)

2007年シーズン開幕「祝解禁でーす!」

  ついに渓流解禁です。年齢的に、これから迎える解禁日の数が、過去の解禁日の数よりも少なくなってしまっただけに、一年一年を大切にしたいと思います。

 3月1日に休みを取った友人達の報告は悲喜こもごもながら、暖冬の影響もあり全体的には悪くないようです。私は今日が解禁。どうしてもやらなければならない所要を午前中に済ませて、午後過ぎに家を出発しました。陽気も良いことから、予想どおりすご~い車の数です。駐車スペースに着いたのが14時過ぎですが、まだ釣り人が上がってくる気配がありません。
f0103126_22212258.jpg

  林道で会った釣り人に入渓状況を確認します。さすがにこの時間なので、林道でお会いする方々は快く情報を提供してくれます。当然ながら人が入っていない沢はないようなので、脱渓ルートから推定してもっとも時間があいている沢を選びます。最初様子を見た沢は、すでに3月3日にしてスレスレ状態(笑)。フライに出ますが咥えていません。

  さらに人が飛ばしやすい、障害物の多い場所を丹念に探すと、結構ヤマメが見えます。魚が見えるのがそんな場所ばかりなので、障害物でフライが「投げられない、流せない、合わせられない」のまさに三重苦(笑)。しかし解禁後最初の土曜日。それも15時近いのですから贅沢はいえませんよね!7寸どまりでしたが、気合一発で釣ってきましたよ~。

  皆様も解禁日を楽しめたでしょうか?
f0103126_22192547.jpg

f0103126_22232818.jpg

f0103126_22235345.jpg

f0103126_2224582.jpg

f0103126_22373888.jpg

f0103126_2255444.jpg

↑今日は「ひな祭り」。我が家の夕食は定番の「ちらし寿司」。お嬢様のいらっしゃる方は、早くお帰りを。夕食を楽しみに待ってますよ!

by scott1091 | 2007-03-03 22:29 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)