え!まだ鮎釣り?(Super Light 超硬90の改良パーツ・テスト①)

  今日は富士川に行く予定でしたが、体調があまり良くなかったので昼から狩野川に行ってきました。例年なら10月中旬には竿を納めるのですが、今年は竿の改良パーツ・テストのためにまだ頑張っています。この改良パーツは、私の熱意に共感してくれた方がメーカーにお願いして作ってくれたもので、10月末までにサンプルを送ってくれるとのことだったので、感覚を鈍らせないよう今日まで頑張ってきました。

  さっそく改良パーツに替えると、「振り調子」はかなり振幅の減衰速度が速くなり、3番の軟さが改善された感じです。超硬ロッドなので荒瀬で23㌢以上の鮎を釣りたいところですが、この時期では贅沢は言えません。錘の「曳き調子」を見たいので、下流部のもっとも水が絞られている場所を選定し、行きつけのおとり屋さんでメス鮎のみ3尾選って川に入りました。
f0103126_1940167.jpg

↑水量を考えると大見川合流点よりシモ。この場所は岩盤で流れが絞られている

  鮎のサイズは最大で21㌢。超硬ロッドで曳き合うにはあまりにも小さいサイズですが、今日は風が無かったのでそれなりに竿の曲がりなどをチェックすることが出来ました。改良パーツを使用する前に比べると、3番よりも上がかなり安定した感じで、竿の感度は間違いなく良くなっている印象です。鮎のサイズが小さいので、「返し調子」の結論を出すことが出来なかったので、次の三連休で再度富士川でテストする予定です。

  どこかのパーツを補強すれば予期せぬ場所が曲がったり、今まで気にならなかったセクションが気になったり。竿はトータル・バランスということを身をもって感じました。各セクションのテーパー・デザインや切りの長さ、カーボン素材(トン数)の組み合わせなど、メーカーの開発担当者の苦労が窺えます。
f0103126_1956770.jpg

↑本日の釣果は27尾。もう少し大きいと良いのですが・・・
f0103126_19574171.jpg

↑塗装されていない2番、3番が改良パーツ。背景にオレンジの秋桜を入れてみました

by scott1091 | 2006-10-29 19:59 | フナヤオリジナル | Comments(0)

久々の狩野川です

 昨日は富士川に行ったのですが、人の多さに圧倒されました。ほとんどが県外ナンバーで、いつもより目つきがきつい釣り人が多いので早々に撤収してきました。

 ということで、今日は上流域はガラガラの狩野川です。午前中は快晴で暑いような陽気でしたが、13過ぎくらいから急速に天候が悪化して14 時過ぎから雨となりました。雨が降り始めてからは、鼻環を差すときは手がかじかんで解禁の頃の感じです。九頭竜、富士川では「超硬」の竿を使っていたので、久々に「中硬」を持つととても新鮮です。0.05のメタルに、ハリは6.5号と7号。解禁のときと、ほぼ同じ仕掛けで釣りました。
f0103126_18451156.jpg

 今日は秋ならではの神経質な釣りでしたが、同じ場所で粘っても掛らないので鮎が掛るヨレを探しながら拾い釣りをしました。釣果は5時間で12尾。ほとんどが背掛りでしたが、入れ掛りはありませんでした。来週は土曜日釣りに行けないので、日曜日の天気しだいでは今日で竿納めになるかもしれません。
f0103126_18564531.jpg

↑石は真っ黒。鮎は沢山いますが、見える鮎はサイズが小さい・・・
f0103126_18555841.jpg

↑釣れたのはオスが多かったですが、まだサビは出ていませんね♪

by scott1091 | 2006-10-22 19:04 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)

2週間ぶりの富士川

  まだ水は笹濁りながら川に入れる状況になったので、友人とともに富士川に行ってきました。石垢はほとんど飛んでおり、垢付きも極めて薄い厳しい状況です。しかしこのような状況ながら、本日の富士川もどこも釣り人であふれております。
f0103126_1932766.jpg

↑水位は15㌢高。まだ笹濁りがとれません

  残り垢狙いで分流やヘチを釣っている方がほとんどです。狙いの本流筋に友人と入ると、すぐに1尾目が掛りましたが、これが異常に小さいのです。1尾目をバラした後、5尾までは同じパターンで掛り、全ておとりよりも小さいサイズ。友人のサイズもほとんど同じです。大きなサイズを求めて二人でいろいろな場所に竿を出しますが、流芯や水深のある場所は石垢がまったく無いような状況なので掛りません。周りの人は、完全にお地蔵さん状態。午前中は私と友人以外で竿が曲がったのを見たのは二人のみ。壊滅的な状態です。

  ゆっくり昼食を食べてから、午後もいろいろな場所をさまよいますが結果は得られません。結局一日盛り上がり無く終了し、今日の釣果は13尾。一日釣りをした釣果としては、今季最低の尾数でした。また来週に期待致しましょう!
f0103126_19454293.jpg

↑婚姻色がはっきり出たオスが1尾。付き場的な場所で掛りました

by scott1091 | 2006-10-15 19:53 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)

今季最後の渓流

f0103126_19273220.jpg

  酒匂川水系の渓流は、禁漁が10月15日(14日まで入渓可)なので今日釣り納めに行ってきました。10月に入るとどこも禁漁となるため、酒匂川水系は人で一杯です。水が高めで条件が良い土・日を避けての釣行ですが、連休最終日の今日もやはり人が多いです。この時期になるとヤマメは瀬付き気味となるので、イワナの沢に入りたいところですが気合の入った餌釣り師が多くて思うようにはいきません。ちなみに日曜日は、あるゲート前は朝2時半で20台以上の車が待機していた由。これでは沢割りに加わっても希望の沢に入れないのだから、9時過ぎに出発の私などは贅沢は言えませんね!
f0103126_19195139.jpg

  ということで、カメラを片手に初秋の山を散策です。景色を楽しみながら、比較的釣り人が飛ばしやすい区間を狙って入りました。大きな魚はすでに瀬付き気味なので、タイミングを計ってフライを流さないと出ません。ペアリングしている魚を避けながら、フィーディング・レーンに乗っている魚をサイトで狙います。本日釣ったヤマメの写真をアップします。丹沢の宝石をお楽しみください。
f0103126_1926749.jpg
f0103126_19262440.jpg
f0103126_1926413.jpg

  そして最後は渓流で熊の次に遭遇したくない生き物、そうマムシ。そんな場所にいたら踏んじゃうよ!
f0103126_1929042.jpg

by scott1091 | 2006-10-09 19:29 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)

抜けるような空

f0103126_2044188.jpg

  金曜日までの雨で富士川は1㍍以上の増水。土曜日は写真のように抜けるような秋晴れとなりましたが、富士川はこの三連休は鮎釣りは出来そうにありません。狩野川も1㍍以上の増水となりましたが、こちらは流程が短いので本日から釣りは可能です。駿河湾に面する河川は天然遡上が多いので、どこも来月中旬までは友釣りが可能な状況です。
f0103126_20494696.jpg

  さて今日お昼に外出すると、富士山の初冠雪を確認しました。例年ですと納竿する10月中旬くらいなので、少し早い印象です。夏までは季節が遅れ気味だったのですが、秋から冬にかけては早いのでしょうか?直感的に今年は寒くなるのが早いですが、暖冬のような気がします。今年は今月一杯くらいは鮎釣りをしようと思います。どこまで頑張れるでしょうか?
f0103126_20503249.jpg

↑土曜日に撮影した月。今年は雨のため中秋の名月は見られませんでしたが、一日遅れの名月です

by scott1091 | 2006-10-08 20:51 | Comments(0)