爽快なあたり!

 本日も天気予報のとおり、午後から天気が回復。二日続けて合羽は着たくないので、雨が上がった11時過ぎから入川。大見川の濁りにより修善寺橋よりシモが強い笹濁りとなっているため、上流部は昨日よりも人が多いですが、それでも解禁2週目とは思えない人の少なさです。
 日が出るまではかなり苦戦しましたが、日が差してくると状況は一変。解禁日に掛かった湖産系の型の良い鮎が爽快なあたりで掛かります。今日の釣果は23尾。二日連続で、鮎の空揚げを堪能しました。
 6月1日は酒匂川の解禁に行く予定でしたが、今日明け方の局地的な雷雨により川は増水&アマゾン川状態。丹沢湖に流れ込む沢も、信じられないほどの濁り&増水とのことなので、今後の水況を見て会社を休むか決めたいと思います。
f0103126_19535461.jpg

by scott1091 | 2006-05-28 19:55 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)

なぜ週末は雨なの?

 天気予報のとおり、4時前から雨が降り始めました。今年は春から天気のサイクルが、週末崩れて週初めに回復のパターンが続いています。この時期の鮎は、雨だとてき面に追いがおちるので頭が痛いところです。とは言うものの、シーズン・インしたからには、川が濁らないかぎり鮎釣りに行きます。今日は天気予報が的中したこともあり、解禁2週目とは思えないくらい釣り人がいませんでした。雨の状況は完全に止むことはありませんでしたが、濁りや増水はほとんどありません。
 解禁日に楽しめた湖産系鮎は今日は2尾のみ。放流鮎に病気が見られますが、竿抜けで天然物が小さいながら小気味良い当たりで掛かりました。予報では明日の方が良いようなので、気温の上昇に期待したいところです。
 本日の最大魚の写真と、遅ればせながら解禁祝いの「お赤飯」の写真をアップしておきます。メジャーがずれていますが、ちょうど20cm。型が小さくなりましたが、ほとんど天然鮎で釣果は30尾でした。この時期の鮎は皮も骨も柔らかいので、おとりより少し小さいサイズまで空揚げで美味しく食べられます。
f0103126_2052841.jpg

f0103126_20522460.jpg

by scott1091 | 2006-05-27 20:52 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)

鮎解禁です!

f0103126_2124687.jpg

 待ちに待った2006年鮎の解禁です。ホーム・グランドである狩野川に友人と行って来ました。前日までの雨で状況が心配されましたが、天気に恵まれてまずまずのスタートです。完全に濁りが抜けなかったこともあって、流心にいる型の良い鮎の掛かりが今ひとつでしたが、写真のとおり釣った鮎の半分以上で塩焼きサイズをそろえることができました。釣果は友人が56尾で、私が42尾。いつものごとく解禁日は場所むらがありますので、他の人の釣果もまちまちです。数は少なかったですが荒瀬で、今年新調したロッドをしっかり曲げてくれる鮎もいて大満足です。
f0103126_2105940.jpg

 少し早めに上がって、さっそく初物を炭火で時間をかけて焼きました。炭で時間を掛けて焼いた鮎を食べると、ガス・コンロで焼いた鮎は食べる気にならないほど美味しいです。始まるとすぐに終わってしまうと感じるくらいシーズンが短い鮎釣り。今年も後悔しないよう、目一杯楽しみたいと思います。
f0103126_21261.jpg

by scott1091 | 2006-05-21 20:44 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)

景色を楽しむ

 一人で釣りに行くと、ついつい釣りに熱中して周りの景色が見えなくなるものですが、友人と一緒だと景色を楽しむゆとりがあります。この写真も、先週友人が釣っている間に撮影しました。渓流の石にも綺麗に苔が生えていて、先日放映された「もののけ姫」の映像とだぶるところがあります。こんなに綺麗な景色の中でも、残念ながら釣り人が残したごみが散見されます。同じ釣り人として、ごみは必ず持ち帰るようお願いしたいと思います。
f0103126_22573264.jpg

by scott1091 | 2006-05-17 23:00 | Comments(0)

母の日

 私の母はすでに他界しておりますが、子供達の母である家内に花のプレゼントです。
f0103126_2144013.jpg

by scott1091 | 2006-05-14 21:04 | Comments(0)

傷負いヤマメ

f0103126_20574073.jpg

 天気予報では快晴とのことでしたが、山は夕方まで小雨が残る天気。友人とともに5年ぶりとなる沢に入りました。この沢も他の沢と同様、イワナが生息域を広げておりました。
f0103126_20585091.jpg

 上の写真のヤマメは、もっとも上流で確認できた最後のヤマメです。獣に襲われた傷が痛々しく、放流後流れに戻っていく姿を見ていると、傷の部分が保護色となっていないためかなり目立ちます。尾びれも発達し型も良いので、何とか秋まで生き延びてパートナーに巡り合えることを願ってやみません。
  
 

by scott1091 | 2006-05-14 20:55 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)

雨の土曜日

 天気予報どおり、家を出るのを見計らったように雨。さらに釣り場に向かう途中で、土砂降りの雨となってしまいました。道路にある温度計は5℃を表示。さらに標高の高いところは3℃。これでは解禁日と大差ありません。
 こんな日は、間違ってもエスケープ・ルートが少ない沢には入れないので、林道と平行するような沢に入ります。気分的にかなり怯むような雨なのですが、なんと駐車スペースにはいつにも増して餌釣りの方々の車が駐車されています。
 このまま帰ろうかなと思っていると、雨が小降りとなり空が少し明るくなったので意を決して出発。この時季はかなり木々の葉が茂っているので、14時くらいまではあまり濡れることなく釣りができました。しかしそれ以降は土砂降りの雨。帰るころには、林道に水が流れていました。残念ながらデジカメのバッテリー切れのため、本日の魚の写真はありません。写真がないと寂しいので、先日行ったブナ林の写真をアップしておきます。このときはまだ芽吹いていませんが、今頃は新緑の見ごろだと思います。
f0103126_1958574.jpg

by scott1091 | 2006-05-13 18:53 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)

ダイダイメ

  今日はゴールデン・ウイークのUターン・ラッシュ日。混雑もひと段落するので、釣りに出かけました。思ったよりも人の引きが遅い印象でしたが、明日は雨との予報なのでもう少し遊んでいこうと思う気持ちは皆同じといったところでしょうか?
  さて今日のタイトルの「ダイダイメ」。いったい何の意味と思われる方も多いと思います。この言葉は我々釣り仲間で使っている言葉で、写真のようにダイダイ色が強く出ているヤマメを「ダイダイメ」と呼んでおります。数的には多くありませんので、かつて釣れたプールなどは、「ダイダイメ・プール」などと呼んだりしております。今日久々に釣れましたので、アップしました。成魚放流の実績はない沢ですので、鰭の欠損は昨年の繁殖行動によるものと思われます。「ダイダイメ」のほとんどが、背中の黒点がないのも特徴です。
f0103126_9241274.jpg

 ついでに新緑の写真もアップしておきます。標高の高い山はまだヤマザクラも開花していないと思いますが、1000㍍以下の丹沢はまさに新緑の季節です。これからいよいよイワナのシーズンに突入しますが、今年の狩野川の鮎解禁は5月21日。ほとんど行く機会がありません。
f0103126_9295813.jpg

f0103126_22433663.jpg

by scott1091 | 2006-05-06 21:11 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)

家族でバーベキュー

  さすがにゴールデン・ウイーク。釣りで通いなれた渓谷も、どこもキャンプ&バーベキューの人々で一杯です。駐車スペースと川原の距離がない場所が人気で、めぼしい場所はすでに複数のグループが占拠しております。
  当然ながらこのような状況は予想しておりましたので、すでに先週穴場的な場所にめぼしをつけておりました。駐車スペースとバーベキューをするスペースに距離がなく、周りには人がいない。当然ながらすぐ脇に沢が流れていて、近くには飲める湧水がある。こんな夢のスペース、しっかり確保です。日頃、ただ釣りに行っているわけではありませんよ~。家族も新緑と美味しいバーベキューを満喫です。
f0103126_23275432.jpg

by scott1091 | 2006-05-05 23:43 | Comments(0)

Ashinoko

  恒例となっている、ゴールデン・ウイークの芦ノ湖。終盤のユスリカの釣りと、産卵後のワカサギへのボイルに期待して釣行です。しかし、強風のため水面に絡んだユスリカの釣りは日中はまったくできず。奇跡的に見つけたワカサギにボイルするブラウンは、一発で食わせたがファイト中に痛恨のバラシ。
 結局シンキングラインで数だけは釣ったものの、大きな魚は釣れませんでした。それでも夕方の一時、ワンドのシャローで入れ食いとなったイマジャーの釣りは、とても楽しかったです。
f0103126_20324100.jpg
f0103126_2034415.jpg

by scott1091 | 2006-05-04 20:19 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)