カテゴリ:フライフィッシング / 渓流・湖( 164 )

イワナの沢

 先週、本来ヤマメしかいない沢で、小さいながらイワナが釣れたので、今期初めてイワナの沢に入りました。例年に比べると一週遅れですが、今年は桜が咲いてからは花冷えが続き、イワナの活性は期待できません。それでも底に定位するイワナをフライにアクションをつけて誘って、それなりの釣果を得ることができました。
 今日は、今までに経験したことがないほど、沢で動揺してしまいました。何と超至近距離で、熊と遭遇してしまいました。フライを投げれば簡単に届く距離です。熊は巨岩の岩と岩の間でしきりに何かを食べている様子で、幸いにも私に気がつきませんでした。両岸とも切り立った岩盤で、お互いの退路は私が遡行してきたルートしかないので、熊に気づかれたら無事ではすまなかったと思われます。ちなみに、今までこの沢で熊の痕跡を見たことはありませんし、今まで熊とニアミスした沢に比べると、あまりにも険しすぎる印象です。
 体毛があまりにも真っ黒なので、妙に感動してしまいました。
f0103126_20552673.jpg

by scott1091 | 2006-04-08 21:00 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)

Good condition

 先々週、魚影だけ確認していたヤマメです。着き場が良く、シモには隠れ場もある大きなプールがあるため、この時期でもGood conditionです。この水系は、背中のゴマの数が多く、はっきりしているのが特徴です。
 比較的流れのある流心に定位しており、楽勝と思いきやなかなかフライに気づいてくれず、かなりの回数投げて獲った1尾。活性が上がれば一発で出てしまうと思うのですが、その頃はその頃で、フライをしっかりと見られちゃって、Goneのパターンですよね!
f0103126_21442982.jpg

by scott1091 | 2006-03-26 21:28 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)

会心の一発

 本流筋をドライでねらうには季節的に少し早いのですが、水量があったのでひょっとしたらサイトでいけるのではと思って入りました。予想どおり魚の活性は低く、普通に流してもフライには反応しませんが、魚を確認できれば、しつこく流すとフライに出ます。
 写真の魚は、大きなプールのエンド付近で定位していたヤマメです。この魚は少し浮きぎみだったので、一発でフライに出ました。いつもこうだと良いのですが・・・。
f0103126_21192247.jpg

by scott1091 | 2006-03-11 21:11 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)

2006年開幕

  待ちに待った2006年の開幕。初釣行となる3月4日は、お気に入りの山岳渓流を訪れました。今年は冬が例年になく寒かったのでヤマメの活性が心配されましたが、思ったよりも活性が高く、例年よりも早いペースで春が訪れる予感がします。
f0103126_2351473.jpg

by scott1091 | 2006-03-04 23:42 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)