カテゴリ:アオリスト(Aorist)( 91 )

ミッション発令、「20世紀のウェポンでアオリをゲットせよ!」

えっ!この時間から出かけるの?
私の言葉に驚く妻・・・。

素面(しらふ)で帰宅すること自体めずらしいので驚くのも無理はない。

この週末、物置の奥から出してきた古びた11feetのシーバスロッド。ガイドはすでに錆びているが使用には問題ない。

かつて使いなれたバッカンと、全ての道具が入ったエメラルドグリーンのベスト。タグには「FoxFire」と印字されている。

最後に行ったのがいつだったかもう思い出せない。それぐらい昔・・・。それを物語るように、電池を入れても「豆電球」のヘッドライトは点(とも)らない。

気が遠くなるほどの道を一緒に走った、少し疲れた愛車に道具を積み込む。今日は帰らないかもしれない・・・。心配そうに見守る妻がバックミラーで小さくなり、そして消える。
f0103126_21284392.jpg

車に流れる音楽は、当時お気に入りの「ホテル・カリフォルニア」。通り過ぎるセンターラインが、映画フィルムを巻き戻して時代を遡っているような錯覚をおこす。

「ふっ・・・」、俺も年をとったな・・・。

バサーというルーキーの参入により、いまや最新のウェポンが開発されているアオリ。それに比べれば、俺のは子供のおもちゃみたいなもの。

そう、最新の「FLURO」や「PE」はもちろん、「LED」さえ持っちゃいない。「エギング」なる怪しい言葉も俺は知らない。

でも餌木を結んで海に投げることができれば、ラインを通して最低限必要な海底地形や底質を知ることができるはずだ。

「ふっ・・・」、見上げる空は雲で月が見えない。密かにミッションを遂行するには最高の条件が揃っている。

長年の勘がこの状況から瞬時に餌木を選ぶ。収納されているベストのポケットもかつてと同じ。長い年月が流れたが、叩き込まれたスキルを体は忘れてはいない。手元は暗くて見えないが、目をつぶってもインプルード・クリンチ・ノットはできる。今までに何回結んだのだろう。

当然ながら餌木は全て4.5号のヘビー、そして半笠だ!

信じれば必ず釣れる。今までもそうだったし、これからも・・・。
道具が違うなんて、「そんなの関係ねぇ」。

かつては簡単に上がれた防波堤の段差がやけに高く感じるし、テトラに立てば体のバランスが上手くとれない。

でも、「そんなの関係ねぇ」。

俺も年月を無駄に過ごしてきたわけじゃない。人生の苦渋を舐め、かつてはなかった狡猾さが今の俺にはある。

若い女性から「KY」と言われても、「そんなの関係ねぇ」。
ナンタラ還元水」も、「そんなの関係ねぇ」。
ガキが連発する「どんだけぇ~」も、「いか(烏賊)ほど~」だ。

今夜の俺は、誰にも止められない。

この餌木でも食らえぇーーーーーーー!
ビュッ・・・、ひゅるひゅるひゅる~~~、ボッチャン!
ひゅん、ひゅん、カリかり。ひゅん、カリ。ひゅん、ひゅん、ひゅん、カリかりカリ。カリかりカリ・・・・。

ビュッ・・・、ひゅるひゅるひゅる~~~、ボッチャン!
ひゅん、ひゅん、カリかり。ひゅん、カリ。ひゅん、ひゅん、ひゅん、カリかりカリ。カリかりカリ・・・・。

<以降、繰り返し>

どげんかせんといかん」!
「ロングピッチ・ジャーク」で駄目なら、「ショートピッチ・ジャーク」。これでも駄目なら奥義、「ワンピッチワン・ジャーク」。

でも何も起こらない・・・。
しょうがない」。

ミッションは失敗に終わった。
繰り返す、ミッションは失敗!

速やかに撤収せよ。
てっしゅうー!
f0103126_21225618.jpg

はい、ということで妻との大切な食事の時間を割いて行ってきました。
しかも初めて行く場所。暗くなってから行ったので、マジでちゃんと海に投げているか不安になりましたよ!(笑)

結果は写真のとおり、ケンサキ1杯でした。
海の幸に感謝して、「オッパッピー」!

(注)今回は「2007年流行語大賞・候補語」をまじえてお送りしました

by scott1091 | 2007-12-04 21:34 | アオリスト(Aorist) | Comments(8)