カテゴリ:DIY( 37 )

難航するドアホンの復旧…

2台とも使えなくなってしまったドアホン。そのうち1台は植木の剪定で業者が電線を切ってしまったようです。いつ頃切られたものかわかりませんが、切り口の状態からかなりの年数が経過している様子。こちらはまず地中に埋設されている電線を探さなければなりません。

しかし門柱から出ている電線もコネクターボックスから出ている電線も剥き出しなので、おそらくPF管を使わないで直に埋められているものと思われます。だからこのような切断事故が起こってしまうんですよね…。これでは配線を新たにすることができません。電線はコンクリートの中に敷設されているわけですから…。
f0103126_2151533.jpg

f0103126_21512661.jpg

切断された電線が残っているのですぐに見つかると思いましたが、これが掘っても掘っても見つからない。植木の根を切る際に、根と間違えてかなり深いところで切ってしまったのかもしれません。50㌢くらい掘ったところで、今週は時間切れとなりました。

コネクターボックスまでは通電しているので外配線で復旧は可能ですが、見た目が悪いのと勝手門なのでペンディング。次は最近使えなくなった正門の故障原因を調べます。テスターで調べていくと、一番先端にあるコネクターボックスより先で断線しているのは間違いなし。こちらは途中まで外灯用のVVFケーブルと一緒にPF管に収められていますが、やはりコンクリートから剥き出しで立ち上がっています。

地中に埋設されている距離が長いのと、コンクリートのどこまでPF管がきているのかわからないのでかなり絶望的。どうしてこのような工事をするのでしょうか?しかもドアホン用の電線は0.9㎜×4芯なのに、使っているのは2芯だけで断線に備えたサブがありません。大工は三代住める家と言いますが、電気関係はその間にリニューアルすることを想定しておく必要があるでしょう。
f0103126_2153188.jpg

f0103126_21531532.jpg

祈るような気持ちで地面からインターホンまでの電線を確認していくと、幸運にも断線カ所を発見。そこでカットして被覆を剥ぎ、テスターで調べると通電。これで1台は復旧できます。今回取り付けたのは、なかなか値下がりしない人気のドアホン。「'15DIYシーズン」には交換できないかもと思っていましたが、やっと入手することができました。

勝手門のドアホンについては、もし電線が見つからなければ取付跡が残るので表札に変更しようと思います。家の中も外も同じ業者が配線したと思われますが、このような施工では石垣やコンクリートの下に埋設された配線の修理は大規模な工事となります。家があっても庭がなければ家庭にならないと言いますが、同じような経年変化が「わび・さびの世界」というのが私の感覚です。
f0103126_21535719.jpg

by scott1091 | 2015-01-12 21:48 | DIY | Comments(0)

雨の中、筧(かけひ)を交換しました!

今年の12月は例年より寒い上に週末の天気が悪い!昨年の今頃はDIYで塗装をしておりましたが、今年だったら作業がまったく進まなかったでしょう。今年予定していた手摺と垣根の塗装を11月に終わらせていたのは正解でした。冬はこつこつ働かないと釣りに回すお金が捻出できませんがなぁ…。

ということでブログ公開はしていませんが、今年も「'14~'15DIYメニュー」を粛々と進めております。昨年に比べると作業は格段に少ないですが、2015年は渓流解禁とともに釣りに移行したいので仕事は前倒しで片付けていきたいところです。今週は材料が入手できたので雨の中、筧を交換しました。

つくばいの筧は古い方が庭の風景に馴染みますが、今年2月の大雪で根元が折れてしまいました。中にある塩ビ管が割れることがないよう応急処置はしておりますが、地中で塩ビパイプが折れると修理がやっかいです。また塩ビ管も紫外線で劣化するので、太陽光にさらしておくわけにもいきません。
f0103126_211028.jpg

筧の素材は「青竹」や「晒竹」を使うのが一般的ですが、油を抜いていない「青竹」の方が屋外ではもちがよいので今回は「青竹」を使用します。「駒頭(こまがしら)」を付けるとトップヘビーになって添竹が必要となるため、一番シンプルな「竹筒筧」にしました。

まずは元竹の長さを調整して、倒れないよう20㌢程地中に埋めます。枝竹は水通しをして、手水鉢(ちょうずばち) に落ちる位置を確認して長さを調整します。水栓が固着して回らなかったのは「'13~'14DIY」で対応済みなので、今回はすんなりと水が出ました。

つくばいの水門(すいもん)に設置されている排水管の径が細いため、昨年に続いてドレンクリーナーを使って管内に溜まった泥を洗い流します。地中に埋設されている雨水管の傾斜やエルボの使い方、使っている管の径など、私が施工していたらもう少し違っただろうと思います。
f0103126_2111884.jpg

竹はそのまま鋸(のこぎり)を入れると表皮がささくれてしまうので、マスキングテープをしっかり巻いてから目の細かい鋸で引きます。このときに竹を回しながら表皮から切っていくのがポイント。テープにぐるっと一周マーキングしておくとズレを最小限にすることができます。段差があまりにも大きいときは鉋(かんな)で修正しましょう。

青竹は米糠を手ぬぐいに包み、それを濡らして磨くと艶が出て色も長持ちします。今回は米糠がなかったので磨きませんでしたが、次回精米に行ったときに持ち帰ろうと思います。今年の12月は晴れる日は寒気の流入で強い風となり、釣り仲間もなかなかヤエンに行けない状況が続いています。今年は暖冬の予報ですが、目下のところは例年よりも寒い日が続いています。emoticon-0141-whew.gif
f0103126_21565729.jpg

f0103126_2212992.jpg

↑がちがちに冷えた体はしゃぶしゃぶと雑炊で温まりました!

by scott1091 | 2014-12-20 20:57 | DIY | Comments(0)

解禁はもう少し先になりそう…

いつもの年ならこの週は渓流解禁ウィーク。恒例の赤飯からひな祭りのチラシ寿司と続くわけですが、私の解禁はもう少し先になりそうです。同じホームグランドのヤエン仲間のブログは、今年に入ってからほとんど更新されておりません。厳しい条件でも頑張ってほしいところですが、やはり私が釣りに行かないと釣欲の相乗効果が生まれないのかもしれませんね~。

DIYブログではつまらない!
いつから釣りに行くの?

そんなご意見やお問い合わせもありますが、作業の備忘メモも兼ねているのでご容赦くださいませ。さて今週も週末は天気が崩れて日曜は雨。12~1月に外回りの仕事を終わらせておいて正解でした。2月8日の大雪からこの週末まで、外装を塗装できるような状態には非ず。業者であれば塗ってしまうのかもしれませんが、木の乾燥具合が1月とでは比べものになりません。
f0103126_21145856.jpg

含浸タイプの保護塗料を塗った柱や縁側はしっかり水をはじき、敷石は屋根から滑り落ちる大雪にも沈み込むことはありませんでした。雪で折れてしまった枝や小さい木は、天気が良くなったら剪定しようと思います。また古くなった筧(かけひ)を交換したいところですが、これは次のオフ・シーズンに修理すれば問題ないでしょう。

長年使っていなかった固着した水道栓を工具を使って開き、水道管にたまったサビを排出してから手で回るようになるまで開閉を繰り返します。これで水道回りは全てクリアー。家電製品の作動確認も終了し、最終的に空調とパネルヒーターについては業者を入れなければなりません。使っていないジェットバスは修理するか思案中であります。

空調は全てダイキンなので点検・修理は問題ありませんが、問題はパネルヒーター。ボイラーともにシステムはヤマハリビンテック。しかしヤマハリビングテック(現トクラス)が2009年3月末に石油給湯器の生産から撤退したため、修理や交換はノーリツに業務委託されているようです。

直近のボイラー交換時に配管洗浄や不凍液の交換をしなかったことによる不具合も考えられますが、点火しても室外に設置された不凍液循環用の分岐が温かくならないので、他に問題がありそうです。次の週末にボイラー室の配管を確認しますが、単純にバルブが閉まっているだけなら簡単なんですけどね~!

残された作業はもう2週くらいかかりそうなので、私の渓流解禁は3月21日からとなりそうです。


<備忘メモ>
トクラス㈱ ヤマハ石油給湯機・修理相談窓口
0570-019-910(受付時間24時間 年中無休)

ヤマハ石油給湯機の修理は、業務提携をしている㈱ノーリツに委託。修理受付はノーリツ修理受付窓口となるが、訪問修理についてはノーリツ100%出資のメンテナンス会社である㈱エヌティーエス(NTS)が対応。

by scott1091 | 2014-03-02 23:25 | DIY | Comments(0)

伊豆がもっとも混雑する季節になりました!

f0103126_20222564.jpg

今年の「河津桜まつり」は2月5日~3月10日。2月11日には国道1号線まで接続していた「東駿河環状道路」が「伊豆中央道」までつながり、東名や新東名からのアクセスが良くなりました。以前にも書きましたが「河津桜」を見るだけなら河津まで行くことはありませんが、観光客はやはり河津を目指します。これがブランドというものでしょう。

2週連続の大雪で客足は出鼻をくじかれましたが、今週に入ってから県外ナンバーが徐々に増えてきました。この週末は陽気に恵まれたこともあり、開花も一気に進んで見ごろを迎えています。そんな良い季節にもかかわらず、私は今週も現場に向かいます。ネットで取り寄せたパーツもそろい、トイレ修理は準備万端です。emoticon-0105-wink.gif
f0103126_20225067.jpg

まず水道管からの水漏れがないのを確認してから、「床フランジ」を取り付けます。次にTOTO純正の「Pシールガスケット」を「床フランジ」にセットし、この作業の肝となる便器のセッティングです。便器の排水口がガスケットにぴったり納まるように作業しなければなりません。床に寝そべってライトで確認しながら、添え木に載せた便器を慎重に下ろします。

ネジ穴やボルトの位置を確認し、仮止めしてから便器に体重をかけてガスケットをつぶします。これくらいの荷重で便器が床に接地すれば、排水口がガスケットにぴったり納まっていると判断して間違いないでしょう。ネジとナットを本締めして、便器の設置作業は終了です。
f0103126_20232436.jpg

f0103126_20234430.jpg

次は「ウォシュレット」の新設です。先週すでにネットで購入して取付方法は確認済み。既存の止水栓がついたチーズに、付属している「分岐金具」を取り付けます。このときにニップルに大きな負荷を掛けないよう、チーズを左手で保持しながら袋ナットを締めます。

既存の給水管は「分岐金具」を取り付けることによって長さが変わるので使えません。DIYではここでフレキホースやフレキシブル管を使いますが、私は新しい給水管を調達してパイプカッターでカットして取り付けます。もともとチーズの給水管の位置と、ロータンクの給水管の位置がずれているため曲げる必要があります。
f0103126_2120976.jpg

f0103126_2024434.jpg

f0103126_20243786.jpg

TOTO純正の給水管は銅にメッキしたものなので、しっかり固定すれば手で曲げられます。既存のチーズに嵌めて曲げるのが一番確実ですが、これではニップルに負荷がかかるので予備のチーズを使って加工しました。何回か修正するつもりで目の子で曲げましたが、一発でジャストフィット。emoticon-0100-smile.gif

全て組み上げてジョイント部からの水漏れがないのを確認して作業は終了です。最後に「手洗金具」の付根から水漏れがあったので近くのホームセンターへ。接着剤を購入して修理するつもりでしたが、同じ品番のパーツがあったのでそれを購入。メッキに艶がなくなっていたので、これを交換したらトイレの外観は新品のようです。
f0103126_2171288.jpg

↑before & ↓after
f0103126_21132277.jpg

f0103126_2025234.jpg

ついでにメイントイレのメンテナンスも行います。このトイレは珍しい「エクセルワインレッド」。現在はないカラーなので、ウォシュレットが故障するとTOTOの修理対応となります。しかし修理は思ったよりも高額なので、手洗いとのカラーコーディネイトにこだわらなければ、一般的なカラーに交換した方が安上がりかもしれません。

これが終わるとエアコンなどの動作確認。やはり正常に動かないものが多いですが、さすがに自分では修理できないので状況確認にとどめます。家電製品は寿命が短いので、家のように手を入れれば長く使えるというものではありません。したがってエアコンなどはできるだけ交換しやすいように取り付けておくのが肝心だと思います。
f0103126_20254047.jpg

河津桜も見ごろを迎え、間もなく卒業と入学のシーズン。希望がかなった人、かなわなかった人それぞれですが、人生は長いようで短くもあり、短いようで長くもあります。自分が置かれた境遇に関係なく、今年も平等に桜の季節がやってきます。

by scott1091 | 2014-02-23 20:20 | DIY | Comments(2)

二度あることは三度ある?また雪でした…

金曜の朝からまた雪…。午前中はあまり積雪は進みませんでしたが、午後から降雪量も増してあっという間に銀世界。先週の教訓から帰宅を早める人が多かったですが、それでも間に合わないくらいの勢いでした。朝の通勤電車の車内放送でも「いつ運行が止まるかわからないので早めの帰宅を」と呼びかけていたので尋常ではありません。

私も運行遅れに巻き込まれ、自宅の駅に着いた頃はまさに降雪のピーク。先週よりも早いペースで積もったので、教訓が生きずスタックする車が続出。しかしまだ渋滞が広がっていなかったので、私は妻の迎えで無事帰宅できました。夜半から雨になるとの予報なので、この週末も現場に行かなければなりません。
f0103126_22214268.jpg

翌朝は気温も上昇して天気に恵まれますが、思ったよりも融雪が進んでいません。渋滞が広がる前に峠を目指しますが、すべてのルートが通行止め。トラックがスタックして道路を塞いでいるのは先週と同じですが、今回はこれに倒木が加わります。竹であれば除雪車ですぐに撤去できますが、大木が根こそぎとなると作業は難航します。

一番可能性のあるルートで待機しますが、1時間くらい待ったところで作業員から早くても開通は17時くらいになる旨の説明がありました。これでは行く意味がないので帰ろうとしたところ、わざわざ他のルートが開通したことを知らせに来てくれる希少な御仁が登場。この方は30分くらい前にネオプレーン・ウエーダーのいでたちで現れて、そのまま引き返していったんですよね~。
f0103126_22232894.jpg

そのルートに入るためのショートカットルートは、轍はあるもののすれ違いは不可。対向車が来たら避けるのに難儀しそうですが、こんな道を走るのは軽トラくらいしかいないので何とかなるでしょう。そして無事二車線道路に出ると、ここからはスタッドレスなら問題なく走行できました。まだ放置された車も多く、倒木の撤去作業が続いてはおりましたけどね!

途中立ち寄ったホームセンターでは、ありとあらゆるスコップが完売。ニュースによれば都内は一店舗当たり1,000本仕入れたものが完売したとのことなので、いかに自宅にスコップがない人が多いかということでしょう。女性やお年寄りが重たいスコップで雪かきをしていますが、雪かき専用のアルミ合金(柄:木製、ハンドル:樹脂)スコップが1本あると便利ですよ!
f0103126_22234522.jpg

さて今週の課題は水道屋さん見習い。寝室に隣接するトイレが使えない状態なので、修理をします。止水栓を全開にしても、タンクに水がぽたぽたしか供給されません。そこでタンクに接続されているストレーナーを外してチェックすると、水道管のサビで目が完全に詰まっています。

これを掃除したところですぐに目詰まりしてしまうので、一度水を勢いよく出して水道管のサビを出してしまわなければなりません。そこでホースでバイパスを作って便器に直接水を流し込みます。このときにザルにタオルを入れて濾過してみると、水道管から剥離したサビが確認できます。これが出なくなるまで水を流してから、タンクに貯水します。
f0103126_2224733.jpg

そして水を流してみると、きれいに流れるようになりました。これで修理完了と思いきや、なぜか床が濡れています。バイパス作業のときにこぼれた水はきれいに拭いたので、漏水しているようです。手で濡れている個所を探っていくと、どうやらタンクと便器のつなぎ目のようです。

こんな作業は経験がありませんが、タンクを固定しているナットを外して便器からタンクを外してみると、すぐに漏水している個所がわかりました。タンクと便器のつなぎ目にあるパッキンが経年変化で機能していません。この手のパーツはホームセンターでは入手できないので、ネットで探すしかありません。
f0103126_22242397.jpg

これで作業は中断。念のために便器に直接給水して、水道管のサビを除去しながら様子を見ます。しばらく他の作業をして戻ってみると、今度は便器と床の間にわずかな水が…。冷たい水を流しているので便器が汗をかいた可能性もありますが、ここまできたら便器を外して確認しておきましょう。

便器内の水を除去しなければなりませんが、ハンドポンプがないので捨ててもよいオタマを使用。最後は雑巾を使って準備万端。次に前2本のビスと後ろ2本のナットを緩めて外します。これで簡単に外れると思いきや、便器はびくともしません。無理やりやって排水管を壊してしまうのを心配しましたが、少しひねりながら持ち上げると動いたので、さらに力を入れて外しました。
f0103126_22244268.jpg

動かなかった理由は、「床フランジ」と便器をつなぐ「ガスケット」によるもの。「床フランジ」も排水管に接着されていなかったので、一度すべてのパーツを撤去して掃除をしました。これで「パッキン」と「Pシールガスケット」をネットで調達して、新調すれば修理完了です。

止水栓が付いたチーズやニップルも新品に交換したいところですが、これはちょっと怖いのでパス。それはチーズを外そうとすればニップルも連れ回りする可能性があります。もし回って壁の中のメスネジが緩めばニップルごと交換できますが、ニップルだけが残った場合が問題。
f0103126_2225261.jpg

そのままチーズだけ交換することも可能ですが、経年劣化しているニップルがトルクにどの程度耐えられるか…。パイプレンチで取り外す場合も同様で、ニップルにヒビが入って漏水したり最悪はオスネジを残したまま破断するリスクも…。こうなると壁を壊さないと修理できなくなりますからね!

トイレの修理は業者に依頼すると結構お高いんです。したがってボンビーなわては修理部品をネットで探して、DIYでしのぐしかありませんがなぁ。今年の渓流解禁は4月になってしまいそうです。
f0103126_22251683.jpg

<備忘メモ>
②サブトイレ(パステルアイボリー#SC1)
ロータンク品番 S721B
手洗金具 TSY721BN
横型ロータンク用ボールタップ品番 THYS4A
レバーハンドル品番 THY425-6R
フロートバルブ品番 THY418
密結パッキン品番 91540E
便器品番 C720R
(↑排水芯380㎜)
床フランジ品番 
Pシールガスケット品番 TH633(内径92×外径128×高さ24)
ウォシュレット品番 TCF6421#SC1
排管塩ビパイプ VU75

①メイントイレ(エクセルワインレッド#R5)
ロータンク品番 S710B
横型ロータンク用ボールタップ品番 THYS4A
レバーハンドル品番 THY425-6R
フロートバルブ品番 THY418
密結パッキン品番 91540E
便器品番 C710RS
(↑排水芯405㎜)
ウォシュレット品番 TCF776#R5

by scott1091 | 2014-02-16 22:01 | DIY | Comments(2)

久々に「4WD×スタッドレス」の出番です!

昨年3月31日の記事にもあるとおり、スタッドレスは1本パンクしたまま…。例年のようにヤエンをしていれば峠越えの路面凍結に備えて2本だけ新調したのですが、今年はDIYばかりなので出番がありません。タイヤの山高はまだ十分ですし保管も室内なのでコンディションは悪くありませんが、すでに4シーズン目なので今年の秋に4本とも買い替えるつもりでした。

しかしこのまま雪が降らなければと思っていた矢先にこの大雪。金曜の帰宅が遅くなりましたが、翌日に備えてタイヤを交換します。使えるスタッドレスは3本なので、前輪2本と運転席側の後輪を交換。家には油圧ジャッキがあるので、3本を交換するのに30分もかかりません。
f0103126_2124626.jpg

そして迎えた翌朝。昨晩作業しておいてよかったと思えるくらい降っています。いつものように釣り番組を見てから現場に出発。途中でガソリンスタンドに寄って、空気圧を調整します。すでにノーマルタイヤで走れる状態ではないので、道路はが~らがら。動けなくなったトラックや乗用車が路肩に止まっています。

そして雪はどんどん降り積もり、ドリフトが楽しめるくらい。3本スタッドレスがどのような動きをするのか、車のいない場所で車を滑らせてみます。4WDでもスピンするかな~と思いましたが、ABSが作動するので向きが大きく変わってしまうことはなさそうです。emoticon-0105-wink.gif
f0103126_213261.jpg

そしていよいよ峠道へ。4WDが本領発揮と思っていたらまさかの通行止め…。誘導員の話では、大型トラックが正面衝突して完全に道路をふさいでしまっている由。このまま引き返すつもりはないので、さらに斜度のきつい旧道に迂回します。

しかしそこには登れなくなった車や、路肩に突っ込んでしまった車がご~ろごろ。そしてそれらの車をかわせない車で渋滞が発生。この間にも雪がどんどん降り積もり、発進できなくなった車が続出。私は対向車が来ないタイミングを見ながら、そんな車をかわしてガンガン上ります。
f0103126_2132040.jpg

「行きはよいよい帰りは恐い」ではありませんが、雪道はまさに「上りはよいよい下りは恐い」。しかし「軽カー4WD」の強みは車重が軽いこと。当然ながらタイヤの接地面積は小さいですが、それでも余りある制動力です。そしてその旧道から、轍がほとんどないショートカットルートへ。

ここからはずっと下りですが、スノードライビングを楽しみながら問題なく本線に合流。そこから住宅地に入ると、坂道にスタックした車が一杯。コンビニ駐車場の段差が上がれない車や、コンビニに乗り捨てられた車も…。こんな状況だったのでいつもより遅れて到着。

外回りや庭は終了しているので、今週から家の中に手を入れていきます。しかし雨落ちには屋根から落ちてきた雪が山盛り。雪かきをして歩けるようにしないと家に入れません。まずは雨樋が壊れないようぶら下がった雪を落として、それから歩く場所だけ平らにします。これでやっと家の中へ!
f0103126_2133572.jpg

この間にも雪は深々(しんしん)と降り、屋根から落ちる雪で地響きがします。当然ながらこの程度で潰れるような家ではありませんが、庭木の枝が折れるのが心配です。来る道中にも桜の木が折れたり、竹が雪の重みで倒れて道路をふさいでいる場所もありました。そのときよりもさらに積もっているので、もはや帰れるかどうかという問題でしょう。emoticon-0124-worried.gif

いつもより作業を早く切り上げますが、下り坂にはスタックした車がパイロンのように並んでいるので気が抜けません。そして峠につながる幹線道路に出ると、やはり通行止め。残されたルートは2本ですが、その1本は車高が低いので吹き溜まりがあると厄介なのでパス。もう1本のルートを目指して迂回します。

そのルートも通行止めの看板が出ていましたが、人がいないのでそのまま通過。除雪車が入っているようですが、ま~放置された車が多いこと! ここにも側溝に落ちてしまった車やら、車道をふさぐようにスタックしたトラックやら…。上りだから進めますが、下りでこの状況では怖くて車に近づけません。もっとも下りで道の真ん中でスタックすることはないのでしょうけどね!
f0103126_2145655.jpg

積雪のピークは土曜の夕方。翌日は除雪も進みましたが、路肩に避けられた雪で車道が狭くなって大型が来ると交互通行になる場所もちらほら。前日のような苦労はなく現場に到着するも、屋根から落ちた雪で階段が完全に埋まっています。雪山を歩くと思えばまったく問題ないのですが、ニーブーツの上から雪が入るので通路だけ雪かきします。

東京の積雪は27㌢を記録し45年ぶりとの報道です。天気予報では20年に一度の大雪になると12年ぶりの「大雪警報」だったので、まさに正確な予報だったと言えましょう。私が生活圏で経験したもっとも深い積雪だったわけですが、雪国の方々からすれば「そんなもんはな~」というレベルに過ぎません。

この大雪によって作業工程はさらに遅れ、渓流解禁までに終わらせるのが難しくなってきました。いよいよ2月も残り2週しかありませんが、ラストスパートで頑張りますぞー!emoticon-0107-sweating.gif
f0103126_2113158.jpg

by scott1091 | 2014-02-09 21:00 | DIY | Comments(0)

今週は石工(いしく)見習いです!

庭回りで最後に残った大仕事が敷石。雨落ちの側溝に沿わせて石組がありますが、東側には縁側に出入りするための踏石がありません。雨が降るといつもぬかるむので砂利が敷かれていますが、ここに敷石を施したいところです。

庭の調和を崩したくないので、デザインや材料を考えること1カ月。外装メインテナンスや垣根を作るのに必要な材料を買いに行く際、ホームセンターを回って良いものを探しておりました。しかしセメントを使わないで重厚な仕上げを求めると、思ったよりも選択肢がありません。

そこで縁側の踏石は「御影石」が使われているので、石材は「白御影石」を使うことに決定。「御影石」は産地によって色が異なり、商品は「白」とか「サビ」、「グレー」、「サクラ」などにわかれています。敷設する距離は、踏石から桝蓋までが340㌢。目地切に段差をつけたいので、全て同じ長さの石材は使えません。

また桝蓋の位置から判断して排水パイプが下に埋設されているので、あまり掘り下げることもできそうにありません。側溝の石組と面一(つらいち)にしたときに掘り下げる深さを確認し、最終的には一列を「90㌢×10㌢×10㌢」を3本、「60㌢×10㌢×10㌢」を1本で仕上げることにしました。

このサイズはどこのホームセンターでも入手できますが、問題は表面の「ビシャン仕上げ」に大きな差があること。同じホームセンターでもロットでまったく異なるので、縁側の踏石に近いものを探すのに苦労しました。そして良いものが見つかっても、石材はともかく重たいので運ぶのが大変です。

二列敷くためには90㌢が6本、60㌢が2本必要となります。これを大型の台車に載せると妻の力では動きません。助手がいないDIYではしんどい作業です。「You Tube」などで施工を見ると深く掘りすぎると下地固めの工程が一つ増えるので、正確に深さを計りながら土を削りました。

しかしこの工程で問題が発生。側溝に並べられている石組を固定しているコンクリートや石そのものが部分的に凹凸があって、思うように敷石を並べられません。コンクリートの出っ張りを割るのは簡単ですが問題は石。石が割れない場合は敷石を削らなければなりません。

こんな作業を経て、やっと石組で一番出っ張っている石にぴったり寄せて並べることができました。ここからは各敷石を水平に並べていきます。普通は少し深めに掘って砂を敷いて高さを調整しますが、施工後に沈むのがいやなので逆に高い部分の土を削ったりカケヤで叩いて水平を出します。

下が砂であれば敷石をゴムハンマーで叩けば高さを調整できますが、この方法ではびくともしません。したがって敷石を入れては出しての繰り返しになるため、最後の方は持ち上げられないくらい握力が低下してしまいました。しゃがんだ姿勢で重たいものを動かすのは腕力頼みなので、石屋さんの並外れた握力と筋を痛めやすいのがよく理解できました。
f0103126_22274954.jpg
f0103126_2228714.jpg
f0103126_22281810.jpg
f0103126_22283128.jpg
f0103126_22284269.jpg
f0103126_22285296.jpg
f0103126_2229277.jpg
f0103126_2229125.jpg

これが終わったら次は電気屋さん。エアコンの冷媒が行き来する配管の保温カバーが劣化して部分的に銅管が露出しているので、これを修理します。まずは劣化している保温カバーを撤去します。これが終わったら因幡電工の「耐熱パイプカバー」を被せます。

このカバーにはスリットがありませんので、自分でカットして配管をカバー内に納められるようにします。エアコン配管用には内径7㍉がジャストフィットですが、ネットでも扱っている店がなかったので入手しやすい10㍉を使いました。そして保護テープでしっかり巻き上げて、最後は耐候性のあるインシュロックタイで壁面に固定して終わりです。

今年に入ってから週末もなかなか時間が取れないので、限られた時間で進められるよう段取りが命。折戸の復元も終了し、残るは樋に付いている三味胴(しゃみどう)型アンコウに取り外しできる蓋を作るのと、家の基礎側に伸びてきた笹の根の撤去。来週も時間がなさそうなので、蓋は今年の11月に持ち越しになるかもしれません。
f0103126_22294652.jpg

f0103126_22334883.jpg

f0103126_2230192.jpg
f0103126_22301547.jpg

by scott1091 | 2014-01-26 22:30 | DIY | Comments(4)

いよいよ終わりが見えてきました~!

12月から着手した家のメインテナンス作業。週末は釣りもせずDIYに明け暮れて2カ月が過ぎました。そしてやっと終わりが見えてきた今日この頃!家の外回りはすでに終了し、残るは庭です。子供の頃は庭屋さんが入るのが楽しみだったくらいなので、当然ながら「四つ目垣」や「建仁寺垣」も一緒に作った経験があります。

遥か遠い記憶ですが、ネットでちょっと検索すれば記憶が蘇るもの。当時は今のようにコンパクトなユンボなどはなかったので、庭石の配置は「三又」を組んで「チェーンブロック」を使って「玉掛け」。段差のない場所はコロで移動させたり。小学校3年のときの手伝い(邪魔とも言いますが…emoticon-0136-giggle.gif)は、今思うととても貴重な体験です。普通は危険なので、近寄らせてももらえませんものね!
f0103126_21314444.jpg

まずは垣根を作るために必要な材料や工具をホームセンターで購入するわけですが、いつも業者の車が多いのに驚きます。古い人間なのでホームセンターはDIYのためにあると思っていたのですが…。足りないものを買いに来ているのかもしれませんが、現状はどうなんでしょう?そうそう、施主と一緒に業者が買い物に来ているケースも見られます。

ホームセンターで買える「杭」や「晒竹」はいずれも中国製のみ。安いのはよいのですが、本格的な垣根を作るのであればクオリティ的には満足できません。しかし一番近い竹材専門店で日本製を購入したくても、長ものは輸送手段がないので妥協せざるを得ません。10本くらいでは専門店は配達してくれませんしね~。
f0103126_2132690.jpg

ホームセンターでは3㍍と4㍍の竹が売られています。まずは売り場で太さや曲がりを見てざっと選別し、長さに応じて両端の「節合わせ」ができるものを組み合わせていきます。業者であれば竹が残っても他で使えますが、私は残った竹は捨てるのも困る一般人。余分な買い物はできません。

「四つ目垣」は「しゅろ縄」で固定するのが一般的ですが、耐久性を考えて銅線で固定してから「しゅろ縄」を掛けます。銅線は「シノ」で番線を締める要領で、「しゅろ縄」は下の銅線が目立たないように2本重ねて「いぼ結び(垣根結び)」にしました。
f0103126_21322740.jpg

これで垣根は終了したので、新たな課題は「縁石」。車庫から縁側に入る通路は職人ならではの石組で作られていますが、実際に使う数の2倍くらいの石を買って加工しないとできないので、さすがに素人には厳しい。しかし今のままでは雨が降ると土が少しづつ流れてしまうので、全体の美観を損ねることなく施行したいところです。

あっ…、庭に「枝折戸」も復元する予定でした!emoticon-0141-whew.gif
いよいよ1月も残り一週です。

by scott1091 | 2014-01-19 21:30 | DIY | Comments(0)

作業に追われてすぐに解禁を迎えてしまいそう…

f0103126_19225394.jpg

↑滋養強壮にとマルパパさんが差し入れてくれた自然薯。いつもお気づかいありがとうございます!emoticon-0139-bow.gif
f0103126_1923971.jpg

正月休みもあっという間に終わり。この週末でいよいよ1月中旬になってしまいました。計画的に作業を進めてきたつもりですが、雨水管につまりがあったり動きが悪くなった引戸の滑車が入手できなかったり…。専用工具の入手や滑車の修理に時間を取られて、思ったように作業が進みません。
f0103126_19204574.jpg

外回りは正月休みで終わらせる予定でしたが、このままでは1月一杯までかかりそうです。昨年の今頃は娘のセンター試験を控えて、風邪やインフルエンザを家に持ち込まないよう留意していましたが、今年はそれがないのですっごく気が楽です。しかしこの週末は寒波到来でこの冬一番の冷え込み。もう外見は完全に「はなたれ小僧」でんがなぁ!
f0103126_1921873.jpg

高圧洗浄機で外壁や石畳を洗うと驚くほどきれいになるので、当初予定していた洗浄範囲がどんどん広がってしまいます。そして作業の遅れが拡大してしまう悪循環。でも近所の人から新築に戻ったみたいと言われるくらい違います。もうこうなると自己満足の世界。
f0103126_19213129.jpg

数寄屋門の「足固め」の木材に痛みが出ていたのでこの家を建てた数寄屋大工に相談したところ、木材に樹脂などを充填すると必ずその接触面の腐食が進行するとのこと。したがって一番良いのは木材に防腐剤を含浸させて、その後雨水が木材に浸透するのを防ぐよう上部を鉄板でカバーしてしまうことだという。
f0103126_19214727.jpg

そこで鉄板は固いので加工しやすいアルミ板を使い、木材と違和感がないよう塗装する予定でした。しかし屋根と同じように銅板を使えば色が馴染むので、塗装の必要はありません。早々に大きめの銅板を手配したのですが、これが思った以上にお高いのよ~。emoticon-0107-sweating.gifしかもアルミより硬いので、手曲げによる加工も工夫が必要でした。

正月休みに帰省した息子が樵(きこり)仕事は片付けてくれたので残るは垣根作り。 これが終われば、今シーズンの外回りの仕事は終了です。
f0103126_19221575.jpg

f0103126_19223120.jpg

by scott1091 | 2014-01-13 19:26 | DIY | Comments(0)

今週は塗装工見習い&排水溝の掃除でした!

連休初日は野暮用で上京。したがって今週の作業は二日間となります。何とか塗装を終わらせてしまいたいのですが、2回塗りとなると少なくとも2週は掛かります。そして一番悩ましいのが塗装の色合わせ。最後に残した外柱は紫外線や雨にさらされていない面はしっかり塗装が残っているので、それまでサンディングしてしまうのは効率的ではありません。

含浸タイプの塗料は塗ったときと、乾燥したときでは色調が異なるため、事前に目立たない場所で色合わせをしなければなりません。この色合わせのために3種類ほど塗料を購入することになりますが、一番小さい缶(0.7ℓ)でも結構な値段になります。しかもあまり使わない色も出てくるので、ボンビー中年には辛い出費です。
f0103126_23254412.jpg

当然ながら色合わせが決まれば0.7ℓでは足りないので、3.4ℓを買い足すことになります。全て同じ色が使えるなら割安な業務用もありますが、木の種類によって発色が異なるので数種類の色が必要です。私は最終的に使用したのは4種類で、3.4ℓ缶を3種類、0.6ℓ缶を2種類購入しました。

新築の家であれば同じ色で塗ってもそれなりに統一性があるのですが、年月が醸し出す木造建築の侘(わび)・寂(さび)は残したいところです。こんな感じで塗装については23日の午前中で一区切り。午後からは「雨落ち」の石上げに着手します。
f0103126_2011729.jpg

「雨落ち」とは雨樋がない家に設けられる排水溝で、この溝に敷かれている小石に屋根から直接雨が落ちます。この家には出入り口がある屋根以外には雨樋がないので、全部で3溝あるので一番排水が悪い場所から始めました。排水管には十分な傾斜があるので雨水枡には問題ありません。

目詰まりしないように大きめの石が敷かれていますが、泥が堆積して排水溝として機能していません。スコップで掬うと石が7割、泥が3割という感じです。泥にまみれた石をちまちま洗っていたら埒が明かないので、空いたプランターで車庫に運んで高圧洗浄機で泥を飛ばしながら石を洗います。
f0103126_23262050.jpg

↑妻も私の手伝いに追われてクリスマスの準備ができず…。今年から妻と二人なのでこれでも食べきれません…

屋根から滴り落ちる雨はまさに侘(わび)・寂(さび)の世界ですが、まっこと住人には優しくない構造。洗った石を「雨落ち」に戻すか思案中ですが、もし戻すとしても見た目は悪くなりますが一層敷くだけにしようと思います。落ち葉の除去もそちらの方が楽ですしね!

いつも16時上がりと決めて妻と作業していますが、1溝が終わってからのやり終い(やりじまい)としたため、この日は残業となってしまいました。残る2溝の石上げが終わったら庭の水ハケが良くなるので、いよいよ庭仕事に移行します。まずは垣根の修復。そしてスギゴケはすっかりゼニゴケに置き換わってしまったので、表面の土ごと撤去する予定です。

まだまだ終わりが見えませんなぁ~。
f0103126_23263161.jpg

f0103126_209894.jpg

↑ariariさんが送ってくれたカワハギ。胆汁の苦みが肝に移らないよう生かして港に持ち帰り、その場で処理して肝は別包装で送られてきます。ありがとうございました!emoticon-0139-bow.gif
f0103126_2012477.jpg

by scott1091 | 2013-12-23 23:07 | DIY | Comments(4)