前日の「大時化」と「氷点下の朝」!その結果は?

土曜日に釣行予定でしたが、日が出てから強い西風。家から出るのもひるむような風なので、釣りには行けません。翌日の日曜日は、寒気の流入と放射冷却で明け方は氷点下となりましたが、天気予報どおり風は止みました。天気は晴れながら最高気温は10℃前後。今までのような軽装では耐えられません。

今回はNさんに同行です。前日の時化と急激な冷え込みで厳しい状況ではありますが、一人ではないので勇気百倍です。まずは一番良い場所を譲って頂いて、それぞれ少し離れた場所でスタート。当たりを待っている間も、釣りの話題が尽きないので退屈することはありません。
f0103126_22443169.jpg

しか~し、肝心の当たりは昼から日没までな~んにもなし。私にはウツボの当たりすらなく、リールの逆転音はアジが元気に泳いでいる間だけ。日中でも寒かったので、日が落ちてからは一層寒くなり、今シーズン初めて手がかじかみました。

この時間に当たらなければ今日はもう駄目かもしれないと思っていた矢先、待望の「Ziーー」、「Ziーーー」の逆転音。これを掛けなければ今日は終わりかもしれない、という覚悟でヤエン投入の機会をうかがいます。そして30㍍まで寄せてからヤエンを投入。ヤエンが掛かったのを確認し、タモのある場所まで寄せていると、ここでまさかのバレ。痛恨の一杯です。
emoticon-0107-sweating.gif
f0103126_21191774.jpg

Nさんにバラしたことを伝えて、二人一気に臨戦態勢に突入。そしてNさんが待望の一杯目をゲッ~ト。その後しばし当たりがないので、これで終わりかと思っていると待望の「Ziーー」、「Ziーーー」の逆転音。最後のチャンスかもしれないので、Nさんがギャフ入れに来てくれます。

そしてヤエンを送り込んでいると、もう一方の竿で派手なリールの逆転音。一杯目のアオリを取り込んでいる間、Nさんがバックラッシュしないようサミングしてくれます。そしてこのアオリは、Nさんの華麗なギャフワークでヤエンが外れる直前にゲット。この後はお互いハッピータイムに突入~。
emoticon-0105-wink.gif
f0103126_21194363.jpg

私は型が小さいけれど当たりの数は多く、Nさんはキロクラスを確実にゲットしていきます。私がアジを18尾、Nさんが14尾用意しておりましたが、計ったようにほとんど同時に最後のアオリを取り込んで終了となりました。釣果は300~700㌘が11杯。Nさんのようにキロ物が出ないのは明らかに腕の違いでしょう。

この日の潮は長潮で、海水温度は日中で17.6℃。しかし午後風向が変り、局地的に温度の高い底水が湧昇流で入り込んだ感じで、劇的な展開となりました。6時間近く何もなったのに、突然当たり出すのがアオリ。でも最後まで、何もないことがあるのも釣りですから…。
f0103126_21201168.jpg

既製品では満足できず、この冬はヤエン作りにも挑戦することになりそうです!emoticon-0100-smile.gif

by scott1091 | 2008-12-07 21:05 | アオリスト(Aorist) | Comments(4)

Commented by マルパパ at 2008-12-08 22:10 x
寒かったですね~ でもなんか楽しそうですね 釣れなくて熱くなりますが釣れてもなおさらムキになる Ziーーにハマってますね 
Commented by nagano-t at 2008-12-09 12:37 x
お疲れさまでした、疲れも回復しつつあり週末に向け準備しています。
ラインも新品に ヤエンのメガネ部分を磨き 空耳でZZZzzz が聞こえているような、ヤエン地獄からいつ抜け出せるのでしょうか。
Commented by scott1091 at 2008-12-09 22:32
マルパパさん、こんばんは!
もうすっかりヤエン地獄。この釣りは道具類の工夫・改良が楽しいのですよ~。
ヤエンも今は既製品を調整して使っていますが、自作することでより楽しみが広がりそうです。この年末年始は楽しく過ごせそうですよ!(笑)
Commented by scott1091 at 2008-12-09 22:37
nagano-tさん、こんばんは!
先日のアドバイスを参考に、ヤエンのバランスを取り直しました。
な~んと、錘が半分くらいになってしまいましたよ~。
明日、メガネ部分を磨いたら、私は準備完了です。
この週末はヤエンが落ちないイライラから開放されるとよいのですが…。(笑)