土用の狩野川、暑すぎて倒れそう・・・

f0103126_2248307.jpg

5~6月に十分に降った雨もいよいよ枯れてきて、狩野川も渇水域に突入。しかし伊豆は山が目と鼻の先なので、水温が低いのが救いです。川原は、水分を補給しながら釣らないと、熱中症で倒れてしまうような灼熱地獄。肝心の鮎も土用隠れ気味で、型のよいサイズはなかなか追いません。

夕方になると状況は一転しますが、釣れない日中もやっぱり釣りをしたい。そこでこの時期でも掛かる鮎を狙っていきます。このような時期でも掛かる場所は、独特の波立ちがある浅場。鮎の背びれが出てしまうような場所を、カミ飛ばしで釣るのが重要です。
f0103126_22491136.jpg

型が小さくバレも多発しますが、これも鮎釣りの一つのゲーム。釣れない流芯でひたすら泳がせて夕方まで待っていてもつまらないですものね!久々に一緒に釣る友人と時間を忘れて頑張りました。

そして夕方は流芯に出てきた大鮎狙い。入れ掛かりをしばし堪能し、総釣果は35尾。午前のバラシが多すぎましたね~。一緒の友人は夕方2回高切れして18尾。同じ駐車スペースを利用している釣り人の釣果は、0~10尾といったところでした。
f0103126_2249388.jpg

翌日は以前から気になっていた場所に入ります。石垢の状態も良く、鮎もかなり多い感じです。今日は瀬の中に点在する浅場を釣っていきましょう。昨日同様に型が小さいですが、小気味良い当たりと引きを堪能して午前中の釣果が28尾。この時点で500㍉のペットボトル1.5本を消化。

午後はサイズアップを狙って場所移動で~す。行く予定の場所ではなかったのですが、途中のポイントに人がいないのでそこでストップ。オトリ缶を活けてから、川見しながら竿を継ぎます。横着して、午前中に使っていた軽いハリをそのまま使ったことにより、最初の当たりはまさかのバレ。よい当たりだっただけに残念無念。
f0103126_22501287.jpg

ハリを交換して、午前中よりも大きなサイズを追加していきます。15時くらいに雷雲が通り過ぎてから寒気が入り、私のポイントは快適な気温に。今まで感じなかったのに、にわかに川の水が冷たく感じるくらいでした。

そして夕方のゴールデンタイム。掛かった瞬間に上手く処理しないと、大石にラインを巻かれるような「ジグザク系」の痺れる当たりが連発。しかしここは狩野川。このような鮎は、絶対に甘い場所では掛かりませんね~。
f0103126_22512269.jpg

この日の最終的な釣果は、久々に50オーバーの52尾。この週末は全体的にサイズが小さかったですが、「土用隠れ」が終わればサイズがアップしてくると思います。今週も週間予報は晴れマークの連続。夕立くらい降ると猛暑も少し和らぐと思うのですが、あまり期待できそうにありません。

皆様も水分をまめに補給して、熱中症にはくれぐれも注意してくださいね!
f0103126_22503271.jpg

by scott1091 | 2008-07-27 22:46 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(2)

Commented by ヒデV at 2008-07-30 23:19 x
お久しぶりです。

このところ急な雨はありますが、空梅雨だったのかお湿り程度にしかなららず、こちらの河川もかなり渇水ぎみです。
それにしても周囲の人もビックリするくらいの素晴らしい釣果ではないですか!
TOMOさんには、土曜隠れなんて関係ないでしょうね(^^;

Commented by scott1091 at 2008-08-01 21:11
ヒデVさんこんばんは!
当地も暑い日が続いており、夕立はあるものの道路を濡らす程度しか降りません。
しかし少しでも雨が降ると朝は涼しい風が吹き、通勤は救われる思いですね~。

>TOMOさんには、土用隠れなんて関係ないでしょうね(^^;
とんでもありませんよ~。掛かるパターンが見つけられなければ、正直この時期の鮎は夕方まで手も足も出ません。毎回、試行錯誤の連続なんです。(泣)

そうそう、CACの大会で藁科に来られたのですね。優勝おめでとうございます!勝因は「竿抜けで拾えたこと」と、それにより空いた場所で「掛かるまで待てる心の余裕」ができたことですね。私も見習わなければ・・・。