この週末の狩野川。釣果はいかに!

この週末は2週間ぶりの狩野川。
解禁後初めて土日の両日とも晴れの予報なので、今季最高の人出となりました。
f0103126_643471.jpg

状況は4日の増水により石垢が飛び、中~上流域は流芯の垢付きはまだイマイチ。辺地はすでに垢がしっかりと付き、流芯にも転々と垢付きの良い石が散見されます。水位は解禁後初めてのほぼ平水↓。さてこのような状況ですが、どう攻略しましょうかね?

まずはメタルで流芯を引いてみますが反応なし。やっぱり九頭竜のようにはいきません。ここで九頭竜のイメージをしっかりリセットしないと、今日の釣果は絶望的になっちゃいます!001.gif
f0103126_6556.jpg

鮎の着き場も微妙に変化してきており、2週前の高水の狩野川とも違う。いよいよしっかりとオトリを泳がせないと釣れない時期になりました。仕掛けをナイロンに変更して、まずは流芯でオトリを確保。すぐに掛かってこないので、3尾釣るのにかなりの時間を要しました。

このオトリで、今日朝からハミ鮎がよく見える辺地を釣りましょう。今まで釣っていた流芯に立ち込んで、岸際の水深20㌢くらいのところを攻めていきます。太陽を背にして、完全なサイトフィッシング。ま~ケラレやバレ、野鮎のラインへの接触などが多いこと。008.gif
f0103126_663340.jpg

ここで野鮎がオトリに反応する動きを確認していきます。この手の釣りは思ったほど数が伸びませんが、オトリに対する野鮎の反応はもとより、竿を通じて得られる情報と、水中で起こっている現象を確認する意味でもとても重要です。この日は夕方の地合いで数を伸ばす予定でしたが、思いがけない人にカミを押さえられて27尾で終了。

翌日は川見しながら人が少な目の場所に入川。この日も人が多いですが、お会いする方皆釣れないと・・・。面識の無い方に「釣って見せてください!」とストレートに言われて、かなりちょっと退(ひ)きました。003.gif
f0103126_681315.jpg

「お見せできるとよいのですが・・・」と、その方のカミに入れてもらってプチ入れ掛かりで10尾。鮎がいることと、釣っているポイントが外れていないことを納得して頂きました。この日はメタルラインでの「引き釣り泳がせ」。しかし昨日の見釣りの効果で、かなり丁寧に釣りました。

この日は所要で15時30分ジャストまで釣って39尾。最後の1尾が釣れませんでした~。さてさて、これからの時期に数を伸ばすのが腕の見せ所。皆様も練習方法を工夫して頑張ってくださいよ~。
f0103126_23195023.jpg

by scott1091 | 2008-07-13 06:02 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(2)

Commented by よっちき at 2008-07-16 08:33 x
思いがけない人?釣って見せてください?面白いですね~。やっぱりラインに野鮎が当たってることたくさんありますよね?そういう日はそればっかりでオトの入る位置がズレてるのかといろいろやりましたが、完全に振り回されて”いや、あれは鮎じゃなかった・・・”と、自分に言い聞かせていたことがあるんですが、グサリ^^;私の場合はこれからの1ヶ月で1年の半数を釣り上げるという時期なんですが。。。納得のいく鮎を1~2匹しか見てません、今年は(爆)こうなったら、みなさんに釣ってもらうのが得策でしょうか^^
Commented by scott1091 at 2008-07-16 23:07
そんなに鮎がラインに当たっていながら、掛からないという経験は私にはありません。これは推測ですが、ラインが底石、表面の突起や貝類、ボウズハゼなどに引っ掛かり、オトリや竿の動きで、そこからラインが外れたときの衝撃を混同している可能性がありますね。その意味でも鮎がいればすぐに掛かる荒瀬釣りだけでなく、チャラチャラのヘチやカガミで泳がせや見釣りに徹した練習も良いと思います。さらに自信喪失されるかもしれませんが・・・。