「ハリ合わせ」について

鮎釣りをする人は必ず耳にしたことがあるはず。
皆様はどの程度こだわっておりますか?
「掛かるときはみんな一緒だよ!」、という方も多いでしょう。

でも本当にそうでしょうか?

同じような場所で、圧倒的なスピードで入れ掛かっている人を見たことはありませんか?
自分がバレやケラレが起こるのに、確実に獲っている人を見たことはありませんか?
「今の自分のペースが本当に最速だろうか?」、と考えたことはありますか?

トーナメントのファイナルで多くの人が数日前から下見に入るのは、ポイントや鮎の特性を確認する以上に、この「ハリ合わせ」のためだということをご存知でしたか?
f0103126_18344412.jpg

ここで注意しなければならないのは一概に「ハリ合わせ」と言っても、傾向は確実にあるものの、そのハリが誰にも一番良いというわけではないことです。その人の釣りスタイル、すなわち使用するラインや竿、竿の角度などによっても変ってきます。私が「ハリ合わせ」に影響すると考える要因を整理すると、以下のような内容になります。

①ハリ  / タイプ、サイズ、針先形状、軸径
②ハリス / 材質(ナイロンorフロロ)、号数
③ライン / メタルorフロロorナイロン
④穂先  / 硬さ、チューブラorソリッド
⑤穂持ち / 穂先とのバランス     
⑥スタイル/ 引き釣りor泳がせ


これらの要因を考慮して、「当たりバリ」を絞り込んでいくわけです。目安としては最低でもケラレまたはバレが2回続くようならハリを交換。経験が浅い人は、このときなるべく対極にあるハリに交換します。これで止まるようであれば、そのタイプに近いハリで絞っていきます。逆に交換して悪くなるようであれば、タイプをもとに近いものに変更して比較していきます。この作業を積み重ねていくと、バレやケラレ方である程度ハリ合わせの検討がつくようになります。

私の場合は前年の実績で抽出された6種類に、新製品から好みの形状を2種類追加してシーズンをスタートします。同じハリでもサイズによって重量やハリス・バランスが違うので、8種類のハリでも実際はかなりのバリエーションとなります。ハリをシーズンオフに巻き貯める人もおりますが、無駄を避けるならシーズン中に巻くことをお勧めしますよ。
f0103126_18352373.jpg

通い慣れた川では、この時期はこのタイプのハリというような傾向がわかります。しかし初めて行く川では、この「ハリ合わせ」情報がもっとも重要となります。釣法は多少違っても当たりバリの傾向が掴めれば、その情報をもとにハリを絞り込めば、大会前の下見が3日かかるところ2日で済みますものね。
f0103126_18355661.jpg
ちなみに狩野川の大会では、今でも遠征組から使っているハリを聞かれます。私はもう大会には出ないので、もちろん正直に教えてあげますよ~。かつては私も遠征先で、地元組に使っているハリを尋ねた後、「そのハリケース見せて!」とからかったのが懐かしいです!(笑)

また九頭竜のような特殊なフィールドになると、ハリやハリス強度の関係で選択肢がぐっと狭くなります。バリエーションが少なくて錨で合わせきれない場合は、チラシという選択肢も考えなければいけませんよ!

「答えは鮎に聞け!」

皆様もフィールドで試行錯誤してみてはいかがですか?
きっと世界が変ると思いますよ!

by scott1091 | 2008-06-14 18:36 | Technique | Comments(1)

Commented at 2008-06-16 18:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。