終盤のミツバツツジを見ながらイワナと遊ぶ!

f0103126_2122879.jpg

経験的に大型連休前の休みは空いていることが多い。今年のゴールデンウイークでは、まさに今日が一番の狙い日。思惑どおり、途中の道路は行楽客と思われる車は皆無で、ほとんどが出勤する人や業務車ばかり。

心躍る気持ちを抑えて釣り場を目指すと、なんとそこには6台の車が・・・。

中には山登りの人もいるだろけど、車の感じからほとんどが釣り人みたい。しかもボンネットはみんな冷たいし・・・。沢を変えることも考えましたが、最後にもう一度ミツバツツジの群生が咲いているのをみたいので、先行者のいる沢に入渓しました。

先行者との距離は足跡の渇きぐらいから3時間程度。餌釣りが狙わないような場所で、とても荒く出るイワナを釣りながら遡行します。そして1時間くらい釣り上がったところで、上流から先行者が降りてきました。

すれ違うときに、どこまで釣り上がったか確認します。川通しに降りてきているので、そこから釣り上がった場所まではかなり絶望的な状況ですが、濡れた足跡からイワナが人の気配に気づかないような場所を中心に釣っていきます。
f0103126_21234293.jpg

足跡の数から判断すると、ゴールデンウイークは連日釣り人が入っているようで、イワナの出方がとても荒い。あまりの荒さに、今季2回目の痛恨の合わせ切れも・・・。それでもそこそこイワナと遊び、ミツバツツジを観賞しながらマイナスイオンが充満する渓谷を満喫しました。

この沢も上流域は昨年の台風でガレが広がり、大きなプールはことごとく小型化して浅くなっていました。また資源量も、台風による被害と解禁後の人為的プレッシャーでかなりダメージを受けている感じです。餌釣りの先行者の方は、20cm以上は釣れなかったと言ってましたし・・・。

魚の大きさはともかく、今後資源量は回復してほしいところ。そのために我々釣り人ができることは、必要以上に持ち帰えらないこと。また渓魚の場合は15㌢以下の採捕を禁じているケースが多いですが、この沢は親魚確保の視点から、今年は7~8寸の持ち帰りを遠慮してほしいところです。
f0103126_21263850.jpg

余談ですが、イワナって美味しいと思いますか?イワナの骨酒が有名ですが、ふぐのヒレ酒と同じで頻繁に飲むものでもないし・・・。味噌焼きも、もともとは鮮度を維持するため、持ち帰るときに腹を出した後、味噌を詰めたのが始まりだし・・・。淡水魚に限定すればニジマスの方がまだ美味しいと思うのは私だけでしょうかね!
f0103126_21311671.jpg

by scott1091 | 2008-04-29 21:21 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)