黄金週間の喧騒を避けて「ヤマメ」釣り!

今年のゴールデンウイークは前半は飛び飛び。人によっては4月26日から5月6日までの超大型連休の人もいるのでしょうが、普通は3日以降の四連休が一般的でしょう。ということで本命の釣りは前半に行って、後半の連休は家族と一緒に遊べる場所へ行く計画。いずれにしても釣りが絡みますが・・・。

今日は朝方までの雨で沢が増水しているので、イワナのフライへの反応が期待できません。そこで久々に友人とともにヤマメ釣りへ。しかしこの時期になると自分達の教育のせいでヤマメは超スレスレ。増水しているにもかかわらず、ヤマメの姿を確認したと同時に走られるパターンが続出です。これで渇水だったら、姿を確認する前に走られてしまうでしょうね!心当たりのあるヤマメには、ことごとくフライを見切られてGone。こんな状況ですが、同行の友人と頑張って9寸を頭にプチ爆釣でした。
f0103126_2142338.jpg

↑本日最大の9寸。素直にフライに出てくれた感激の1尾

ついでに今回は少~し、フライフィッシングについて語りましょうかね。(笑)

魚にフライを見切られる場合、フライパターンがマッチしていないと判断する人が多いですが、私は見切られる最大の原因はドラッグだと考えています。特に見た目には感じないマイクロ・ドラッグがくせもの。フライにティペットを結ばないで流せば、ほとんどの場合魚は違和感なくフライを咥えてしまいます。

多くの人がドラッグ回避のためにロングティペット・リーダーを使いますが、私は現在も山岳渓流では7フィート6インチのリーダーに少し長めにティペットを足す程度。なぜこのようなシステムになるかといいますと、魚にリーダーを見せればいずれにしてもGoneなので、本流のように伸びきらないティペットを流れに落とすことができないからです。
f0103126_2154655.jpg

↑8寸ヤマメ。流速が早い場所に定位していたので、フライを見切られる前にゲッ~ト

またこのシステムではティペットにスッラクを入れて、かつピンポイントでフライを打ち込むことが出来ません。注意しなければならないのは、スレスレのヤマメにはフライを長く見せては絶対に駄目ということ。ヤマメが定位する水深と流速に合わせて、フライに反応できるギリギリの距離(上流側)に打ち込むのが最良の方法です。そしてフライにドラッグが掛かる前に喰わせるのが鉄則。

本流ではほとんどありませんが、山岳渓流ではリーダーとティペットのノットに魚が出てしまうこともしばしばあります。普通はノットをしっかり魚に見せるほど投げ過ぎませんが、ミス・キャストや狙った魚と違うのが出てしまうこともままあります。この時期はヤマメの活性も高いので、これが起こるとそのポイントは全滅。

山岳渓流はサイト・フィッシングが原則。したがってドラッグフリーで長い時間ドリフトするよりも、狙った場所にフライをタイトに打ち込んで喰わせる方がはるかに重要だと私は考えています。
f0103126_2163964.jpg

↑友人からもらった朝採りの筍

by scott1091 | 2008-04-27 21:06 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)