「BB-X EV3000」をアオリ仕様に改造する

 久々の「アオリ」ねた!最近は検索ワードランキングでヤエン関係が非常に高くなった当ブログです。ではさっそく本題へ!

 もともと「BB-X EV」シリーズにはアオリ専用の「EV3000アオリイカ」があり、2002年から2005年まで販売されておりました。現在ヤエンでレーバーブレーキを使っている人は、ほとんどがこのモデルからスタートしております。

 それゆえ今でも小売店のデッドストックを探している人も多く、程度の良いものはなかなか入手できません。そんな背景から前回紹介したように現行モデルの「デスピナ」や「ラリッサ」を改造しているわけですが、私もヤエンを始めてからオークションの出品を定期的にチェックしておりました。

 この間程度の良い「EV3000アオリイカ」の出品はありませんでしたが、先日今回の標題である「EV3000」のデッドストックを入手。もともと「EV3000」と「EV3000アオリイカ」は本体が同じなので、早々「EV3000アオリイカ」用のパーツをメーカーから取り寄せました。
f0103126_994647.jpg

 あわせて当時の上位機種「BB-X XT」に装備され、当該リールには付いていないベアリング2個を追加し、スプールも交換してチューンアップ。これにより、見た目は「EV3000」、中身は「XT3000アオリイカ(←このような商品はありません)」にグレードアップ。さらにレバーブレーキは、ライン絡みが少ないワンピースの現行品に交換しました。

 残りは、「EV3000アオリイカ」標準仕様のダブル・ハンドルは大き過ぎて、逆転時に慣性がつき過ぎてバックラッシュの原因となるので、小さいものに交換する予定です。現行品のハンドルも転用可能ですが、色を統一したいのでただいま物色中です。(笑)

 組み上がったリールは、ベール逆転時の音が「デスピナ」や「ラリッサ」よりもかなり大きい。ラチェットによる音出しはやっぱり音色(ねいろ)も良いですね♪この逆転音を聴くと春アオリに行きたくなります!

 その後ミント・コンディションの「EV3000アオリイカ」も手ごろな価格で入手できました。既にベアリングは追加済みで、現在交換用のレバーブレーキを取り寄せ中です。これで今年の冬は完璧ですね!(笑)
f0103126_910430.jpg

<注意>
 リールの改造は自己責任でお願いします。純正部品による改造もメーカー保証の対象外となる場合があります。レバーブレーキ交換くらいのレベルでも、メーカーは「お客様自身での組み替えは困難なのでサービスセンターで」との立場です。自信のない人は絶対にしないでください。

by scott1091 | 2008-04-12 08:58 | Technique | Comments(0)