ブログをアップする時間がない!

f0103126_2017041.jpg

 先週末のブログのアップがなかったので、「寒いから釣りはお休みかな?」などと思っておりませんか?答えはもちろんノン!、non!、NON!。3月から渓流が解禁となるので、ただいまヤエンのラスト・スパート中です。(笑)

 このヤエン釣りのおもしろいところは、釣り方もさながら、使用する道具に個々人の創意工夫があることでしょうか?通常の釣りですと、痒い所に手が届くような商品をメーカーが開発・販売しておりますが、ヤエンはあまりないんですよ、これが!そこがまた楽しみの一つなんですよね~。(笑)

 ヤエン専用のロッド、リールやラインも販売されておりますが、すでにこの2カ月の短い間で満足できない状態です。実釣とテストを繰り返してヤエン専用ではないものから、自分の理想とする道具をチョイス・改良するのは、何事にも替えられない究極の楽しみ
f0103126_1755326.jpg

↑ノンストップでリールから200㍍ラインを引き出したワラサ。放流主体河川のアユの奇形は見慣れたものだが、厳しい自然界の海で・・・。タモが60㌢枠なので、奇形なのに75㌢はゆうに超えています。頭の大きさだけなら完全にブリですね!

 ということで実釣と改造・創意工夫を繰り返していると、パソコンの前に座っている時間がありません。今週は三連休だったので、久々に今日だけは釣りをお休み。昨日、一昨日の実釣の結果を踏まえて、朝からリールの改造やヤエンの調整をしております。

 この時期ではありますが、実はすごいペースで釣っております。しかしアオリの写真はどれも同じようなので、今日はギャフの創意工夫についてご紹介しましょう。

 アオリのギャフといえば、エギンガーお馴染みの第一精工「オートキングギャフ」が有名ですよね!ギャフ部分もしっかりとケースに収納されて安全面でも完璧。しかしエギでは問題ないのですが、5㍍の磯竿でヤエンに掛かっているアオリは、あの太いハリではうまく刺さらないんですよ、私のような素人では・・・。
f0103126_17435559.jpg

 そこでヤエン師定番のカツイチ「イカギャフ」の出番となるのですが、これって見るからに怖いし危なすぎ~!チープな保護ケースがついておりますが、このままではとても持っては歩けないので、カバーを自作してみました。ポイントは取り外しに力を要しないこと。力を入れる場面があると、万が一の場合は大怪我になりますからね!

 製作はまずギャフのサイズに合う容器探しから。タッパーのように着脱時に力を入れることがないようにネジ蓋タイプを探しました。趣味の世界なので、軽量化(?)と中が蒸れないように蓋部分は肉抜きしてみました。これでやっと安心して釣り場に持って行けるようになりました。(笑) 
f0103126_17391380.jpg

↑頂き物のシールの中に、トラマーク(危険箇所表示)のカラーと一致するものがあったので貼ってみました

by scott1091 | 2008-02-11 17:08 | アオリスト(Aorist) | Comments(2)

Commented by よっちき at 2008-02-13 08:24 x
そのページに私のリールがありますな、LBD^^リールはS社が気に入ってます!改造して壊したこと、昔はよくありましたからね(笑)
Commented by scott1091 at 2008-02-13 19:51
よっちきさん、お宮参りも無事終わったようですね!
これからの成長が楽しみです。女の子は、「バレンタインに○○ちゃんにチョコレート上げる」くらいにすぐ成長しちゃうので、独り占めできる今を大切に!

さてリールの件ですが、よっちきさんは「デスピナC3000D」をお使いでしたね。実はこのページを背景に使ったのは、今後アップする予定のアオリ用リール改造編の予告なのです。お楽しみに!

私はLBはシマノもダイワも持っています。個人的には機能面では互角、内部のギヤ関係は本業なのでシマノの方が作りが良いと思っています。特にBB-Xは、ラリッサでも「made in Japan」なのがよいですね!