初雪の降る夜明け、ヤエンです!

  この三連休は天気予報が外れて、比較的穏やかな海況となりました。停滞する低気圧の恩恵で強い西風も吹かず、夜明け前に雪がぱらつくものの体感温度はさほど寒くありません。いつもの餌屋でアジ(大)を18尾購入して、初めて訪れる防波堤に行ってきました。
f0103126_2103582.jpg

  到着は6時前で、防波堤には誰もいません。まずはアジを防波堤まで運んでから、足場や防波堤の墨跡を確認します。乗りやすいテトラを見つけて、そこにロッド・スタンドを設置。気温が低いのでアジは2尾を残し、他は全てスカリで海中に活けます。

  期待の第一投を入れてから、もう一本の竿をセットします。2本目を投入して当たりを待ちますが、アジの潜りが悪いので錘を付けます。その後はしばしウツボのラッシュ。アジが潜らないとアオリも釣れないのですが、ウツボの猛襲にはさすがに閉口しました。

  そしてやっと待望の当たり。20㍍ほど走って止まりました。しっかりと食わせてからヤエンを投入。ヤエン到達とともに大きな引き込みで最初の1杯目をゲット。その後はジンドウを1杯追加。
f0103126_211785.jpg

  その後も続くウツボの猛襲。本命の当たりがないまま、餌のアジがどんどんなくなります。そしてすっかり明るくなってからやっと本命の当たり。このアオリは50㍍くらい走ってから止まりました。餌のアジが残り少ないので、しっかりと食わせてから寄せに入ります。そして中層まで誘導してからヤエン投入。距離があるのでヤエン到達まで時間が掛かります。そして待望の大きな引き込み。根に引っ掛けないように足元までしっかり寄せて無事に取り込み。思ったよりも当たりが少なかったですが、今日は100%の取り込み。釣れたアオリは1㌔と1.2㌔。表面水温は14.6℃でした。
f0103126_217278.jpg

by scott1091 | 2008-01-14 21:07 | アオリスト(Aorist) | Comments(2)

Commented by よっちき at 2008-01-17 17:53 x
お~~~~~、魔除けにウツボの画はないんですか?トグロを巻いて上がってきたんでしょ?(笑)しかし、10年戦士の様な腕前ですね~。もしかしてチョロイ!?どうですか、デカイカの食べ応えは?味や硬さを好んで、意図して日本海に釣りに行く方もこちらでは結構おられますがどうでしょうね。
ところで、大王イカくらいが似合ってるんちゃいますか?(爆)
Commented by scott1091 at 2008-01-17 21:59
よっちきさん、がま磯「マスターモデル口太T5.3」を購入されたのですか?気合入ってますね~。(笑)

さてウツボですが、使用しているラインが細いので、ほとんどは根掛かりのような状態で切れてしまいます。しかし数尾は、ハリの掛かりどころで水面まで寄せることが可能です。根から出すのに尾長用本流竿の本領発揮といったところでしょうかね!(笑)

でも絶対にタモには入れません。網があの歯に掛かればズタズタですし、ギャフを使っても柄に巻きつかれたら、外す勇気は私にはありません。(笑)

魔よけのウツボ画像は、よっちきさんにお任せいたします。