ついにヤエン(野猿)に挑戦

f0103126_18265555.jpg

  極めて困難なミッションを達成し、ついに念願のヤエンに挑戦です。West shoreよりもEast shoreの方が釣果がはるかに良いとのことなので4時起きで家を出発。初めて行く餌屋さんで、口から出た第一声は当然ながら「オトリください!」。(笑)

  明け方から南西の風が強いので、狙いのEast shoreにまっしぐらです。そして事前に下見していた待望のポイントに、夜明け前の5時半に到着。しか~し、防波堤はもとより、夜はとても乗れそうもないテトラの先端にも人、人、人です。

  かつてはひなびたポイントだったようですが、ブログでちらほら見かけるようになってから週末はいつもこんな感じだとか・・・。譲りあえばもう少し入れそうな感じですが、とても入れてもらえそうにありません。しかたがないので、その場所に近いマイナーな防波堤に移動します。そこは防波堤の濡れ具合から、昨夜はかなり波が被った感じ。当然ながら釣り人はいません。

  まずは安全を十分確認してから、初めて使用するヤエンの道具をセット。アジはアユよりもはるかにおとなしいので、オトリ付けは超簡単!とりあえずまだ暗いので、沖に向かってアジを泳がせます。当然ながら鮎師として選択したロッドは、「手持ちで積極的にアタリを出すスタイルを提案」の、ダイワ精工「バトルゲーム アオリワン」。しかしこの竿、鮎竿に比べるとノー感度です。(笑)

  多くの磯竿がそうであるように、ガイド絡みによるトップの欠損を避けるため先端にソリッドが使われているのだと思いますが、感度的にはいつも使っている鮎竿にガイド付けて使用したい感じです。
f0103126_19532748.jpg

  そしてうっすらと明るくなり始めたゴールデンタイム。経験的に餌木でもトワイライト・ゾーンが最高の地合い。しかも大潮で下げ三分。初めてのヤエンでも、絶対に釣れるとの確信がありました。そしてそのときはすぐに訪れます。「ジーーーーー」、芦ノ湖のムーチングのようですが、いつまで経っても止まりません。やっと30㍍くらい出たところで糸が止まります。竿先で利きながらリールを巻いてみますがまったく抵抗なし。さらに巻いても抵抗がないので、巻き上げるとアジがありません?

  手早くオトリを替えて送り込むと、またまた同じような当たりです。この時点でアオリではないことはわかっていたので、糸は出ているものの一気にヤエンを投入。だましだましファイトしますが、中途半端なポンピングでは寄ってこないので一気に寄せに入ります。ラインは1.75号なので鮎に比べればロープみたいなものなので、まったく心配なし。そして姿を現したのがこれ(↓)。予想どおりの結果でした。これって、きっちり底が取れてないってことですよね!(笑)
f0103126_2010414.jpg

  今日の夕方のトワイライト・ゾーンも滅茶苦茶期待ができますが、今日はクリスマス・イブなので夕方の部はなし。ヤエンでのアオリゲットは次の機会に持越しです。
f0103126_10243549.jpg

↑今年の私の担当は、アオリの昆布締めとイナダ&アジ(残った餌)の刺身です
f0103126_1027186.jpg

↑本日のメインは「岩手地鶏のバスク風」

by scott1091 | 2007-12-24 20:12 | アオリスト(Aorist) | Comments(2)

Commented by よっちき at 2007-12-25 12:37 x
ん?夜宴?
え゛、コイツに野猿入れた?当然、コイツをオトリにしたんでしょ(爆)
Commented by scott1091 at 2007-12-27 20:50
よっちきさん、待望のお子様の誕生おめでとう。
母子ともに元気そうなのでなによりです。女性にとって産後の肥立ちはとても大切なので、2008年は釣りなんかしないで家事洗濯と育児、頑張ってくださいね。(←鮎と磯をセットにすると、週末の家族団欒がまったくなくなるぞ!(笑))

さてイナダの件です。私もヤエンが掛かると思いませんでしたが、食い逃げされるくらいならと思って練習を兼ねて投入してみました。当然ながらヤエンがあの硬い外皮に刺さるわけもなく、結局はアジを刺していたハリにフッキング。しっかりフックを掛けたヤエンはなぜか行方不明?Mr.マリックになった心境です!(笑)

まだ一回しかやっていませんが、手持ちで泳がせるならチューブラ・トップの竿が欲しいところですね。メーカーのカタログを見る限りでは、競技用のインターラインが良さそうな感じですが、ヤエンにこれだけの投資はできませんから…。(笑)

一説には、青物が回遊してくるとアオリは難しいとのことですが、本当のところどうなんでしょう?イナダはアジを丸呑みしても、1㌔近いアオリを襲うとは思えませんが、3ヶ月前はコロッケ・サイズだったので防衛本能なんでしょうかね~。