台風一過の秋晴れ!釣果はいかに?

f0103126_2049348.jpg

↑冠雪がかなり多くなりました

  台風20号の雨により、狩野川・黒瀬橋の水位計は昨日の18時に121㌢を記録。これを見て今日の釣行を取り止めた方も多いのではないかと思います。私は行きつけのおとり店から朝の7時に「笹濁りで20㌢程度の増水だが釣りは可能」とのメールを頂き、現地11時着で釣りに行って来ました。
f0103126_2050683.jpg

↑暖かいとはいえ、太陽の光はすっかり秋色  
f0103126_20593928.jpg

↑この程度の笹濁り。石垢が飛んでいる場所もあるので、注意が必要です

  釣り人の姿はほとんどなく、友釣りは全川で10人以下だったと思います。台風一過で快晴となり、防寒用にカッパも着る必要がないくらいの気温です。橋から見ると鮎はまだ沢山見えますが、増水直後なので追い気のある鮎は少ないですね!掛かる鮎はまだまだ若いですが、上流域の鮎の密度は先週よりも薄くなった感じです。

  しかしこの程度の密度であれば、二日ほど照り込めばまったく問題なく掛かるレベル。今年はなぜ週末に雨が降るのでしょうか?今日が土曜日なら最高なのですが。天気予報では週中までは晴れるようなので、火曜日くらいが最高の釣り日和と思われます。

  本日の釣果は不満が残る12尾ですが、釣りができただけでもラッキーだったかもしれません。おとり店からのメールに感謝です!
f0103126_20585935.jpg

↑メス4尾、オス8尾ですが、錆びている鮎はいませんでした

by scott1091 | 2007-10-28 20:59 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(4)

Commented by よっちき at 2007-10-29 12:40 x
あら、ほんまにまだまだ若いですねえ。オスが多いのにスジが入りそうな気配もない・・・周りの人から見たら神がかり的な釣果じゃないですか?う゛~む、次回ご一緒したときは一日竿を持たずに見ていようかな(笑)
Commented by scott1091 at 2007-10-29 20:08
よっちきさん、こんばんは!

この週末はいよいよ昨年竿を納めた11月の第一週。しかし今年は鮎が若いので、天気しだいでは11月の第二週まで頑張ってしまうかも・・・。なんて言っていると自然は不思議で、しっかりと帳尻があってしまったりするのですよね!(笑)

日曜日は一日の釣果として、私よりも10尾多く釣った人がいます。完全に目印が飛んでハリにのらなかった鮎が3尾。逆バリが飛ばずに底バレした鮎が5尾。大会だったら間違いなく負けるパターンですね~。

昨日は最後までハリ合わせができないまま終了。サンプルでもらったハリスがイメージ的に硬すぎた感じがありますが、ハリの準備不足も否めません。秋はチャンスが少ないので、絡んだ鮎は確実に掛けないと今回のような結果になってしまいます。個人的にはハリの消費が一番多いのが10月です。

私も日々人の釣りを見て勉強させてもらっています。よっちきさんの釣りも飯島と北島で、しっかりと見学させて頂きました。私のシモに入るときは視線に要注意ですよ!(笑)
Commented by よっちき at 2007-10-30 18:41 x
今年は全てが手探りでしたからね。釣り方は全くダメだったという反省点が浮き彫りですが、取り込みはおかげさまで今年始めた荒瀬の釣りにしては御の字ではないかと思います。ハリ、ですが今年は7月からハリの方に気が回らず、ハリス・ツケ糸そして竿に気が削がれてなにがなんだか分かりませんでした。あと、白波の立つ瀬肩付近の通し方も悩み。ここらへんは今年中に何かを掴んでおきたかったですね。来年は笑いで鮎をひっくり返してから釣ることにしますよ(笑)
Commented by scott1091 at 2007-10-31 21:20
どんなスポーツでも同じですが、通常10年掛かることを5年でマスターする人はいますが、最初に5年掛かることを1年でマスターできる人はいません。

昨今は糸が細くかつ丈夫になったことから、大会でビギナーが予選を突破することも珍しくありません。しかしブロックや全国となると・・・。これはホームで特定の条件にはまれば、ビギナーでも釣れるということを意味しております。

しかし川の条件が違ったり、日頃行ったことがない川となると、やはり自分の釣りの「引き出し」がどれくらいあるかということになります。シーズン中、毎日川に入れれば習得時間もかなり短縮されるのは事実ですが、週末だけとなれば才能があってもそれなりの年月が必要でしょう。

その意味ではよっちきさんの今季は、順当な一年だったと思います。私なんか、いまだに試行錯誤の連続。「井の中の蛙」となれば、後は後退するだけですからね!(笑)