一ヶ月ぶりの狩野川

f0103126_21254595.jpg

↑台風9号の増水により、流れがすっかり変わりました

  台風9号が伊豆半島にもたらした雨は、狩野川台風につぐ規模だったとのこと。護岸の侵食は私が今までに見たことがない水位まで至り、行きつけのおとり店の駐車場の一部が流失し、青羽の鳥小屋の一部も流失してしまいました。

  あれだけの増水では今季の鮎は絶望とも思われましたが、集中的な雨だったため水引きも早く、鮎もしっかりと残りました。今日は一ヶ月ぶりの狩野川でしたが、鮎もまだまだ若く、チャラ瀬から荒瀬まで満遍なく楽しむことができました。本日の釣果は32尾。今月一杯は問題なく鮎釣りが楽しめそうな感じです!
f0103126_21371532.jpg

↑当然ながらサビている鮎はなし。最高の当たりで竿が絞り込まれます
f0103126_23233089.jpg

by scott1091 | 2007-10-06 21:39 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(2)

Commented by きべっち at 2007-10-06 22:13 x
え゛~、イイカンジですね~。チャンスがあれば来年は狩野川に1泊で案内して下さいね~。有田川と似てるのかなぁ、そういう川相好きですよ、釣れるかどうかは別としてね・・・来年は今年使えなかったメインのラインも多投したいですが、釣行日数を確保できるかな^^
Commented by scott1091 at 2007-10-08 09:56
こちらは、まだまだ鮎シーズン。
日曜日の狩野川は解禁日並みの人出だったようです。近年あまり評判が良くないので7~8月は激空きでしたが、10月はさすがに賑わいますね!こちらに来る機会があれば、もちろんご案内します。ただし、私が九頭竜に行く日は避けてくださいね!(笑)

紀州で釣りをしたことがあるのは、古座川と日置川のみ。したがって有田川との比較ができませんが、行ったことがある二河川のダム上で比較しても、少し違う感じでしょうか?

山から海までの距離が短いのが、狩野川に限らず伊豆半島の川の特徴。したがって流程が短いので、全川を通じて水温の変化が少ない。これが鮎のシーズンが長い理由の一つと思われます。