グランドスラム達成に向けて

f0103126_19504546.jpg

 見逃しませんでした。一番奥の巻き返しで鼻先が出るライズを。まだ距離がかなりあるものの、下流を向いているのは明らかなので不用意には近づけません。巻き返しの手前の流れが速いので、ドラッグを回避するのは不可能に近い場所。フライを流し込むため、ラインが送れる距離まで近づけば、投げる前にゴーン。気づかれない距離で投げれば、フライに出る前にドラッグが掛かってスプーク。どちらにしても釣れないパターンです。今までこのような場面に、何度遭遇したことでしょうか?

  ライズの際に見えた鼻先から、明らかに大きい。その後ライズを観察するも、鼻先が出るライズは最初に見た一回だけ。何となく魚らしいものは見えるものの、はっきり魚体を確認できる距離まで近づけないので、その後のライズが同じ魚なのか判断できません。魚が定位しているであろうポイントと反流のコースから、ドンピシャに鼻先にフライを落として、ドラッグが掛かる前に喰わせるしか方法はなさそうです。こんな場所だから、釣られずに大きくなったんだよね!

 さて、いずれにしてもこのパターンでは2投目はないので、この緊張を最大限楽しみながら最低限のフォルス・キャストで一気にシュート。このキャストがドン・ピシャに決まって、あっけなくフライに出てしまいました。何度かエゴへの突っ込みをかわして、取り込みも無事終了。幸せの撮影タイムとなりました。
f0103126_19514248.jpg
 
  ということで、イワナについても尺をクリアー。残るは鮎のみとなりました。よくフォルス・キャストで距離をメジャーする人がいますが、最後のシュートまでは最低限ラインは魚の視野に入れてはいけないのです。

  え!今のキャストをもう一回やってくれって。だから言ったでしょ、こんな場面に何回遭遇したかって。あんなキャストは、もう二度とできませんね!

by scott1091 | 2007-04-30 19:47 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(2)

Commented by 肥満 at 2007-05-05 13:36 x
お!
いい岩魚ですね で、すでに2種目制覇ですか さすが!
ちなみに私どちらもまだです...。(楽しみは後に...??)

今のキャストとーぶん封印しといて下さい (笑)
Commented by scott1091 at 2007-05-06 07:27
ゴールデン・ウイークの釣果はいかがでしたか?肥満さんのホーム・グランドは行くまでの渋滞はひどいものの、川は空いていましたね!もっとも日中は小型のみで、8寸以上が釣れるのはイブニングだけでしたが・・・。

キャストの件ですが、過去釣った場所で「よくここで投げれたな~」みたいな感じの場所がありますよね!もちろん枝が伸びたりして、実際に投げにくくなっている場合もありますが、あらためてその場所でキャストして、過去の実績に感心することがあります。そんなキャストが大物につながると、思いでもひとしおです。

さて、5月最終の週末には鮎が解禁となりますので、私の渓流は残り2週となりました。鮎をやらない肥満さんは、これからがシーズン本番。尺などと小さいことは言わず、尺2寸、3寸を目指して頑張ってください。