さくら咲く

f0103126_20315530.jpg

実は我が家の息子は、今年が高校受験。すべり止めの私立高校は2月初めに合格しておりましたが、第一志望の県立高校の発表が今日でした。緊張する心境を察し、本人には合否の連絡をするようには言っておりませんでしたが、妻からの連絡よりも先に、本人から「合格しました」のメールが届きました。

私と似てスロー・スターターなので、内申点が志望校を受験できるレベルまで挽回できるかが気がかりでした。客観的に見ても、私立併願が難しいようなレベルから、よくここまで頑張ったという印象です。一般的な受験生よりは勉強時間が少ない感じでしたが、勉強するときの集中力はたいしたもの。初志一貫して志望校が揺らがなかったのも立派でした。

この半年間、「合否の結果を受けて、後悔しない時間を過ごして!」と言い続けてきました。合格したことは当然嬉しいですが、実は今回の受験で一番嬉しかったのは、受験が終わった日の夜、祖父の問いかけに「もう悔いはない」と子供が応えたことでした。これを聞いたとき、合否の結果を待たずに私の中で子供の高校受験が終わったと、そして私の思いは通じていたと感じました。

本音を言えば、自分を棚に上げて私の中学時代より成績の良い子供に、勉強しろと言うのはかなり辛かったです。しかし自分の経験から、高校の勉強は「夢の実現」のために自らするものですから、親として勉強しろと言うのは、中学生活が最初で最後だと思っています。

将来何をしたいのか?今の年齢では、明確なものがなくて当然だと思います。しかしいつの日か具体的な目標を抱いたとき、それを目指すスタート台に立てる環境にいてほしいと切に願っておりました。

まずは心から、「高校合格、おめでとう」

より多くの友達と出会い、高校生活を楽しんでほしい。そして「自ら思考し、自ら実践する」人になってください。

2007年3月14日(水)記
さくら咲く

by scott1091 | 2007-03-14 20:34 | 家族 | Comments(2)

Commented by 岐阜アン at 2007-03-15 18:27 x
ご子息の高校受験合格おめでとうございます。
我が家にも3人の愚息がおります。長男はまだ小学3年生ですが、お正月に3学期の目標として、テストで100点をとる課題を与えました。成功報酬は『DSライト』先日の理科の学年のまとめテストで見事100点をゲットしてきました。普段、親の目から見ると遊んでばかりに見えるのですが、頑張って課題をクリアしたことが親としては非常に嬉しく思います。
少々懐は痛いですが、子供に達成感を味わって欲しく日々魚を釣るように子供の気持ちを釣り上げています。鮎、渓流など色々な釣りがありますが、みんな難しいですね。
Commented by scott1091 at 2007-03-15 22:40
岐阜アンさん、ありがとうございます。
鮎竿に比べたら、「DSライト」なぞ安いものですぞ!(笑)

私は一貫して、子供にも自分の興味のあることには徹底的にこだわってほしいと言ってきました。私の鮎釣りもまったく同じ。私の釣り姿を直接見せる機会はありませんでしたが、物事への取り組み姿勢を理解してもらう一助になったのではないかと思っています。

これからのご子息の成長が楽しみですね!自分が逃げず子供と真剣に向き合えば、思いは必ず通じると信じています。