Happy & Anniversary Day

  今日は解禁第一週目の陽気が嘘だったような寒い一日でしたが、皆様はいかがお過ごしだったでしょうか?私は思うところ(*1)あって、通常は持ていくことがないランディング・ネットを持って釣りに行きました。実は山岳渓流にネットを持っていくのは今回が2回目。前回は2001年で、このときは33.0㌢を釣りました。そして今日は、一番大きい魚が30.6㌢で、その次が28.7㌢。なんと山岳渓流での尺ヤマメは6年ぶりとなります。
f0103126_2024737.jpg


  人の話では、丹沢でも尺ヤマメが沢山釣れるような印象ですが、厳密には30㌢を超えるヤマメはそんなに多くはありません。特に成魚放流のない沢筋となると、尺まで成長する確率は自然・人為的要因の両面で極めて低くなります。9寸くらいまでは年に1~2本釣れることはありますが、泣尺(29㌢以上)や尺となると・・・。

  皆様もぜひ尺と感じたヤマメにメジャーを当ててみてください。我々の仲間内では29.8㌢や29.9㌢の泣尺記録もあります。厳密に測定すると、それぐらい数も少ないし、チャンスも少ないです。まさにその出会いは一期一会。次に巡り会えるのは、6年後の2013年でしょうか?(笑)
f0103126_23273016.jpg

f0103126_20353053.jpg

f0103126_2036134.jpg

(*1)ランディング・ネットを持って行った理由は、ネットを使って魚を撮影するため。最初から大物狙いだったわけではないのです。最後に補足しておきますね!(笑)

by scott1091 | 2007-03-10 20:12 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(2)

Commented by 肥満 at 2007-03-10 23:50 x
お!
尺ヤマメですね... いいなぁー。
私の場合数とサイズはそれなりなんだけど...
いかんせん 尺クラスを目の前にすると、何かしらやっちまう..。
昨日もやってしまった(涙)... いつになったら上手な釣りが出来るのやら
まだまだ修行がたりん(汗)...。

Commented by scott1091 at 2007-03-11 10:15
肥満さん、皆同じですよ!

狙っている魚が完全に尺を超えていると認識した場合は、私も相当緊張します。30年以上のフライ暦がある友人も、いまだに尺を前にすると手が震えるといっていますしね!

この手の魚が獲れるか獲れないかは、腕よりも運だと思っています。そのときの状況が、いかに自分に味方するか。今回もまさに運だったと思います。

だから6年ぶりなんですよ、きっと。(笑)
吉報をお待ちしております。