解禁に向けて、新製品を購入しました!

今季、解禁に向けて新製品を購入したのは、ラインとフロータント、そしてリーダーです。
f0103126_91620.jpg

  まずはラインから。山岳渓流ではラインを石や岩に引っ掛けて表面を傷つけてしまうことが多いので、1~2年くらいで交換しております。この使用期間ですと割高ですので、私はDT4Fを半分にカットし、もっとも細い17lbのシューティング・ラインを50feetつないで使用しております。シューティング・ラインが傷つくことはまずないので、実質はシューティング・ラインはバッキング・ラインの一部みたいな扱いです。この使用方法であれば両端ともに新品感覚を味わえますし、双方合わせれば2~4年は使用可能です。また、最軽量リール「Waterworks PL-1」にもDT4Fが収納可能なので一石二鳥なのです。

  ラインは長年そのしなやかさからSA/3M社の「Mastery XPS」を愛用してきましたが、今回はちょっと浮気して同社の新製品「Ultra4 J Stream DTT」を購入しました。カラーは渋めの「Willow」を選択。キャスティング・フィールの違いを感じるほど、テーパーや素材に特徴があるとは思いませんが、このラインに採用された「DRY TIP TECHNOLOGY」に期待しております。
f0103126_914018.jpg

  次に紹介するのはフロータント。液状フロータントはリーダーやライン・ティップにも塗る関係で、今でも「Gehrke's Gink」を使用する頻度がもっとも高いのですが、解禁当初は体温で暖めないと絞り出せません。そこで今季はTROUT HUNTERの「Natural CDC Fly Dressing」とティムコの「Dry Fly Drops」を購入してみました。前者はCDCオイルが使用されている点が魅力。当然ながらCDCパターンにも使用可能とのこと。後者は温度変化による状態変化が少なそうな点が魅力です。
f0103126_92744.jpg

  最後はリーダーです。ロングティペット・リーダーとはまったく無縁のスタイルなので、山岳渓流では7feet6inchのリーダーを使用しています。今までのお気に入りは一昔前の「VARIVAS Tapered Leader DRY」なのですが、買い占めた在庫がついになくなり、新製品ではありませんが現バージョンの「STANDARD」を購入しました。個人的にはドライフライ・リーダーに色をつけるセンスが理解できませんが、谷では狙った魚にリーダーを見せることはないので、使用感が同じであれば継続して使うつもりです。仲間内でも結構使っているティムコの「Bushmaster」はどうも体に合わないのですよ!白状しちゃいますけど、たぶんキャスティングが下手なせいだと思います。

by scott1091 | 2007-02-28 20:58 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)