渓流の宝石

  デジカメを購入してから少しずつ撮りためてきた、丹沢の渓魚の写真を整理してみました。ブログを作成する以前はあまりまめに撮影していなかったので、魚の写真は景色ほど枚数がありませんが、ヤマメとイワナの写真を7枚づつ掲載します。沢によってはかなり血が濃くなって、独特の斑紋となっています。

  私と精力的に丹沢を釣り歩いた友人達にとっては、写真を見てどこの沢だったか思い当たるのではないでしょうか?解禁までの間、お楽しみ頂ければと思います。
f0103126_2243169.jpg

↑ある沢で2004年に撮影したヤマメ。初めて訪れたときにはすでにイワナ主体の沢だったが、この撮影以降はヤマメの存在が確認できない。そんな沢が丹沢には何本もある
f0103126_22432687.jpg

f0103126_22552870.jpg

f0103126_2249293.jpg

f0103126_22451722.jpg

↑定期的に卵放流されている沢でよく見られる固体
f0103126_22572182.jpg

↑一見アマゴだが、この沢のヤマメは30年以上も前から朱点があったとのこと。今となっては丹沢の地ヤマメを確認するすべはないが、ヤマメとアマゴの生息域の境界に位置する丹沢では、このような固体がいても不思議ではない
f0103126_22462737.jpg

  イワナ編です。
f0103126_21174058.jpg
f0103126_21175988.jpg
f0103126_21182210.jpg
f0103126_21185784.jpg
f0103126_21192139.jpg
f0103126_21194543.jpg

↑朱点が綺麗なイワナ
f0103126_21201349.jpg

by scott1091 | 2007-02-12 22:46 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)