国際フィッシングショー2007

  「みなとみらい・パシフィコ横浜」で開催されている、国際フィッシングショーに行ってきました。例年どおり、最初に各メーカーのブースで新しい鮎竿をチェック。その後、糸の専門メーカーやハリ・メーカーのブースをチェックしてきました。

  各メーカーのロッドで目新しいところは、ダイワ精工はもちろん超弾性チタン合金を使用したメタルトップ搭載の「グランドスリムⅢ」。シマノはノン・ズームのロッドがさらに充実し、「SPECIAL競 Scudetto(スクデット) コンペディションNS」や「SPECIAL競 MI コンペディションNS」が目を引くところです。がまかつはモデルチェンジした「競技スペシャルV-Ⅳ」に期待しましたが、「引抜荒瀬」がライン・アップされなかったことが個人的には残念です。
f0103126_18104143.jpg

f0103126_1811926.jpg

  しかし、カーボン素材が航空機などによる世界的な需要増で高騰しているとはいえ、既存モデルの値上げに踏み切るとは思いませんでした。ダイワ精工、シマノともに5~10%程度の値上げといったところでしょうか?私の身近なところで、初めてインフレーション(個人的にはスタグフレーションですが・・・)を実感する出来事でした。原料の国際相場高騰を理由に、しっかりと小物類なども値上げしているので、今後は徐々に値上げが末端にも浸透していきそうです。

  メーカーの寡占化もあり、年々使用されているブースが少なくなっているように感じます。今回は物産展みたいなコーナーもあり、干物を焼いているところもありました。釣り人は皆、食べる方も魚好きといったところなのでしょうか?
f0103126_1812016.jpg

↑カタログによれば、「グランドスリムⅢ」90が410,000円、95が430,000円。「SPECIAL競 MI コンペディションNS」のH2.5 90が240,000円、95が262,000円。「競技スペシャルV-Ⅳ」の引抜急瀬の90が263,000円、95が273,000円です(全て本体価格なので、これに別途消費税がかかります)

  

by scott1091 | 2007-02-11 19:02 | オフ・ネタ | Comments(0)