「淡紅の秋桜が秋の日の~♪何気ない陽溜りに揺れている~♪」

  狩野川の鮎があまりにも小さいので、今季2回目の富士川釣行です。大鮎が釣れている富山橋付近に突入したいところですが、この時期の週末は混んでいて思うように入れません。今回も人が少なそうな場所を狙って、延々と川原を歩きました。夕方までほとんど日が差すこともなく、川に入ると寒いくらいの陽気でしたが、今日も釣り人で混雑しております。
f0103126_21352355.jpg

↑本日のタイトルのコスモス。川原に可憐に咲いていました

  天然鮎100%区間なので当然ながら鮎はまだ若く、サビている鮎はおりません。ハミ跡の量から判断しても、鮎の量は半端ではありません。前回のように荒瀬で小気味良くは掛りませんが、深瀬や瀬肩で縦の誘いをかけると、天然鮎ならではの反応があります。前回同様にスリムではありますが、当たりは爽快です。雌雄ともにまだ卵巣・精巣は大きくなっておりません。前回はまったく釣れない釣り人はいませんでしたが、さすがに秋の鮎は気難しく、釣れている人のほうが少ない感じです。
f0103126_2152746.jpg

↑こんな場所で縦の誘いをかけると、「ガガン、キューキューン」と超硬ロッドが絞り込まれます。石色を見てください。この大石の周りで誘うと・・・

  今日も人が多くて思うように動けず、最後は痺れを切らして九頭竜のパターンで瀬を切って人が少ない対岸に渡りました。背が立たないくらいの場所もあったので、周りの釣り人は少しびっくりしていたようです。対岸はすぐドン深となっているので、足元から丁寧に攻めると狙いどおり。夕方は良い感じで竿が絞り込まれて、本日も富士川の天然鮎を堪能です。釣果はちょうど30尾で、最大が25.5㌢でした。
f0103126_2233597.jpg

↑この感じだと10月中旬までは確実にいけそうです
f0103126_2244660.jpg

↑九頭竜の鮎とは対照的にスリムですが、天然鮎なので鱗のきめが細かくヌメヌメです

  さて今回は富士川SAのスマートICを利用してみました。家からの距離は往復で80㌔。時間では片道40分です。帰りにせっかくなのでSA(上り方面)を覗いてみました。地域のお土産も充実していて、「富士宮のやきそば」とおつまみを2品ほど購入しました。施設が充実しているわりに混雑していないので、ねらい目のSAかもしれません。
f0103126_22143450.jpg
  

by scott1091 | 2006-09-30 21:41 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(5)

Commented by けん at 2006-10-01 10:46 x
富士川はどの辺に入られたんですか?私も納竿に一度行ってみたいと思います。天然遡上はどの辺まで有るのでしょうか。よろしければ教えていただけますか。
Commented by scott1091 at 2006-10-01 15:53
けんさん、はじめまして。

私も富士川は素人なので実態を把握できていないのですが、富士川専門のサイトを見ますと、山梨県の身延までは確実に天然遡上があるようです。富士川の特徴は瀬のある場所に大石や岩盤が点在するので、瀬の前後がわかりやすいポイントとなるようです。延々と歩いて行くと、瀬が出現するのですが、そのような場所にはどこから来たのか必ず釣り人がいます。

いずれにしましても、河川敷まで車を入れられる場所は少ないため、川の全貌を確認するためには、私のように富士川を知らない人間は川原を歩くしかありません。現在は、蓬莱橋と富原橋の区間をこんな感じで釣り歩いております。次の瀬まではかなり距離があるので、近づいてみると釣り人が一杯なんてこともあります。

今年は、静岡県側であれば大石が点在する場所なら鮎は沢山います(なかなか掛らないのですが・・・)。ぜひ一度訪ねてみてください。日本海や三陸の小河川を除けば、天然鮎100%と断言できる釣り場は、富士川の静岡県側しかないのではないかと思っております。とても貴重な釣り場です。
Commented by けん at 2006-10-02 00:39 x
scott1091さん貴重な情報を詳しく教えていただき本当にありがとうございます。1091さんのブログですが非常に楽しく拝見させていただいています。実は自分も今年、愛知県から九頭竜川に何度か行って(鳴鹿下ですが)天然鮎の引きのよさと、味の違いに、はまってしまいました。来年は絶対に鳴鹿上の瀬でやりたいと考えています。来年の話はまだ早いと思いますが、今まで以上に来シーズンが待遠しいです。張り切りすぎて流されないようにしたいと思いますが。
Commented by scott1091 at 2006-10-04 21:16
けんさんも、HP「竿頭 Saogashira」経由で当ブログに来られたのですね!愛知県ですと、私よりもかなり九頭竜に近くてうらやましいです!来年は、ぜひ鳴鹿大堰カミでトライしてみてください。

私は年齢的に何もしないとオフに太ってしまうので、冬の間は子供と一緒に走っております。ランニングはかなりつらいですが、九頭竜の激流に限界まで立ち込みたいという気持ちが自分を奮い立たせています。九頭竜の流芯でご一緒する機会がございましたら、よろしくお願い致します。
Commented by けん at 2006-10-07 01:53 x
scott1091さん、こんにちは、富士川まだ鮎が釣れるでしょうか?
scott1091さんのブログにどうやってたどり着いたのか正直覚えていないのです。なんかいきなり勝手に書き込みしてしまって申し訳ありませんでした。コメントをいただいて感謝しております。
実は自分もこの時期毎年恒例である会社のマラソン大会に向けて走っていて、これはいい体力作りになっています。来年は九頭竜川で釣りについてご教授いただけると幸いです。