どうした九頭竜、土用隠れかな?

  この週末は家族旅行もかねて九頭竜に。土曜日の朝2時半に家を出発し、養老SAと南条SAで食事&洗面を済ませて、7時半に谷口に到着。すでに毎度お世話になっているヒデ(ユウタ改め)さん、Egaoさん、そして度々ご一緒させて頂く大阪からのこうさんと合流です。家族を皆様に紹介してから、家族が車で観光できるよう私はEgaoさんの車に同乗させてもらいます。
 
 連日の快晴で垢付きは進んでおりますが、毎日川に入っているヒデさんの話ではかなり難しい状況とのこと。土曜日は必要電力が少ないことから放水がかなり絞られているようで、金曜日からはかなり水が下がっている由。それでも出水前よりは高い状況なので、私には十分な流れです。移動しながら川を見ていくと、すでに北島橋から吉波にかけてはずらっと竿が並んでいます。たぶん今季最高の人出ではないでしょうか?

 我々も二手に分かれて、Egaoさんと私は地元の人しか入らない岩盤が点在する瀬に。ヒデさんとこうさんは志比堺に入りました。ヒデさんからの情報どおり垢付きにムラがあり、場所によっては滑るくらい垢付きが進んでいる場所もあります。事前情報では芯ではあまり良いサイズは掛からないとのことなので、芯のキワを釣ります。追いが悪いせいか、立て続けに顔掛かりで2尾バラし。その後もう1尾掛けるもこれも同じく顔掛かりでバレ。そうこうしているうちにおとりを1尾ロストし、弱りきったおとりで瀬の中をさまようことに。11時過ぎまで頑張るも1尾も獲れず、ぽつぽつ掛けているEgaoさん助けを求めます。

  しかしEgaoさんもあまり状況が良くないとのことなのでお昼前に移動。どこも釣り人で一杯ですが、釣れていないので人の動きも激しく、入れないことはありません。シモに行っているヒデさん、こうさんと連絡を取るも良くない由。ヒデさんの話では「今日は少し変や」とのことで、どこも釣れていない様子です。

 午後からはお決まりの風が吹き、釣りにくいなか放水口付近を広範囲に探ります。頑張って釣った最初の2尾はどちらも掛かりどころが悪くほぼ即死状態。祈るような気持ちで、最後のおとりを垢付きの薄い流芯に送り込むと、会心の当たりで黄色い鮎が背掛かりで釣れました。このパターンでぽつぽつとおとりを増やしていきます。ちょうどヒデさん達が合流するころには本日初のプチ入れ掛かりで4尾ゲット。これで何とかツ抜けして、元気なおとりを持って狙っていた底流れの速い瀬に移動です。

  ヒデさんとEgaoさんが見守るなか、ここで待望の入れ掛かりモードに。掛かってくる鮎も今までのものとは違って、腹もパンパンで真黄色。取り込みについてヒデさんとEgaoさんの指導を受けながら、最高のハッピー・タイムとなりました。あまりお二人とこうさんを待たせては申し訳ないと思い、最後の1尾と決めた鮎を釣って川から上がろうとすると、ヒデさんからもう1尾とのご指示。おとりが良いので一番大きな波立ちにおとりを誘導すると、ガツンとした手ごたえ。掛かり鮎が底流れから出てきません。強引に竿を絞って底波から引き剥がすと、掛かり鮎はそのまま一気にシモに下がります。Egaoさん直伝の抜き技ができる状況に掛かり鮎を誘導して、一気に鮎を返して本日は終了です。釣果は19尾でした。

f0103126_21472479.jpg

f0103126_2055423.jpg

f0103126_2121371.jpg

↑上の2枚が日曜日の写真で、3枚目が友人のホームページから借用した金曜日の写真です。撮っている方角が違いますが、テトラの出具合から土・日の減水が歴然です


 翌日もヒデさんとこうさんに宿まで迎えに来て頂き、家族とは別行動でEgaoさんと合流して飯島に入りました。人は多くかなり近い間隔となりますが、釣れる人がほとんどいないのですぐに人が動きます。このような状況の中、昨日の状況から周りの人が竿を挿さないド芯を、錘7号をつけて一気に狙いました。最初の1尾は苦労しましたが、その後は狙いどおり型の良い鮎が超硬の竿をひったくっていきます。しか~し、いっきにツ抜けと思いきや、7尾釣った後はスロー・ダウン。ぽつぽつ追加するも最初の勢いはありません。

 お昼までにいろいろ探りますが、パッとしません。垢付きはかなり進み、すでに垢腐れ気味の場所もあるのですが、鮎のハミ跡が非常に少ない印象です。この週末は、ここ数日ではとても良くない状況なのはヒデさんの携帯に電話してくる方々の情報でも明らかなのですが、これからどの程度好転するのか一抹の不安を感じます。

 さて午後からは竿の長さを変えて、人がいなくなった瀬を午前よりもカミから流します。竿の長さは50㌢しか違いませんが、やはり効果はてきめん。午前同様、5尾まではそれなりのペースで釣ってその後は盛り上がりなく終了。

  皆様も私に合わせて16時に竿をたたみ、しばし歓談してから九頭竜を後にしました。この日の釣果は17尾。両日とも20尾には到達しませんでした。く~、残念!

  さて、九頭竜周辺は東尋坊、福井恐竜博物館、越前竹人形の里や永平寺、丸岡城などの史跡名所も多く、二日くらいの日程でかなり効率よく観光できます。子供達の夏休みを利用して、日本の急流「九頭竜川」を一度訪れてみてはいかがでしょうか?今回利用した宿と、家族の観光ルートを参考に記載しておきます。ご活用ください。


★リライム★
http://www.relaim.co.jp/

 天然温泉、ホテル、和風レストラン、プール、フィトネス・ジム、エステなどを併設。まだ新しい施設で、部屋の水まわりも清潔感があり、家族の評判も良かったです。福井北ICから近く、九頭竜川からでも15分くらい。施設内にもレストランがありますが、周辺には焼肉、中華、バイキング等の飲食店も多く、いずれも歩いて行けます。夫婦で飲む家族には最高のロケーションです。
  また少し歩けば、九頭竜用のオリジナル・ロッドで有名な老舗釣具店「フナヤ」や、リサイクル商品もある釣具店「フジノ」にも行けます。
  利用者は中学生以上に限定されておりますが、チェック・インの際に何の確認もありませんので、身長があれば小学生でも利用可能です(実績ありです(笑))。施設内に騒ぐ子供がいないため、温泉などはゆったりと寛げます。

素泊まり3人一部屋 14,175円 (4,725円/人)
温泉・施設利用料 1,050円×3人=3,150円
朝食/和食バイキング 892 円×3人=2,676円  
<合計20,001円>

<初日>
谷口(九頭竜川) → 東尋坊 → 越前松島水族館 → 丸岡城 → 越前竹人形の里 → リライム(温泉を満喫)

<二日目>
リライム → 一乗谷朝倉氏遺跡&復原町並 → 一乗滝 → 永平寺 → 福井恐竜博物館 → 大野城 → 飯島(九頭竜川)

f0103126_21475366.jpg

↑永平寺
f0103126_21481522.jpg

↑一乗滝。ここで剣豪・佐々木小次郎が修行し、「燕返し」が生まれた伝説の滝。ここで修行すれば、正統・九頭竜返しを会得できるというのはEgaoさんのコメントだったかな?

by scott1091 | 2006-08-06 21:24 | 鮎釣り/九頭竜川、神通川他 | Comments(0)