梅雨明けを思わせる青空

  天気予報は曇りでしたが、起床した6時にはすでに晴天。わがホーム・グランドの狩野川は平水よりも少し水が高い程度の絶好のコンディション。本日の目標を60尾として、7時少し前に家を出発です。久々に週末の天気予報に雨マークがないので、すでに幹線道路は海水浴客の車で混雑しております。途中抜け道で渋滞を避けながら、いつもの2倍くらい時間が掛かって、おとり屋さんに到着です。
  
  渋滞のわりに釣り人は少ないので、中流域の人気の瀬に入りました。しか~し、これがまったく掛からない。水温が低いのか、先週のように掛からないのです。そこで1時間くらい粘って5尾釣ったころには、周りは人だらけになってしまいました。こんなペースでこれだけ人が入ってしまうと、掛かりだしても釣れる数が限定されてしまいます。他にも空いている場所は一杯あるので、早々に移動です。
  
  人がいない場所を丹念に探っていると、やっと掛かり始めました。20メートルくらいの区間を一通り抜いてから、上に木が茂ってとても釣りづらい瀬に移動。石の色と瀬の感じが、惚れ惚れするポイントです。ここで本日の超入れ掛かりモードに突入し、今までのスロー・ペースを一気に挽回。14時半に一回上がって、余分な鮎をおとり缶に移した時点で31尾。このペースでは60尾は達成できないので、目標を50尾に変更です。後半は今年はあまり良くない区間で、さらに拾い釣り。最後の1尾がどうにも掛からず、結局17時半まで釣って達成しました。

f0103126_2131426.jpg

by scott1091 | 2006-07-29 20:11 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)