松崎町の「花畑」と那賀川沿いの「桜並木」

f0103126_21062188.jpg

近年、伊豆は河津桜がもっとも集客力がありますが、ともかく混雑するのでわざわざ見に行く気にはなりません。そこで今回紹介するのは農閑期の水田を活用した松崎町の「花畑」。最近は手作りの案山子も加わりましたが、やはり訪れたいのは隣接する那賀川の「桜並木」が見頃を迎えた頃。那賀川の桜並木は染井吉野ですが、樹齢が古いので河津川沿いの河津桜の並木より見ごたえがあります。

かつて釣りの途中で立ち寄ったときは観光客がほとんどいなかったので、この週末に妻と訪ねてみました。家を出たのが10時近かったので渋滞を覚悟していましたが、拍子抜けするくらい車が少なかったです。土肥から海岸線を走って、国道から見える安良里港には加山雄三さんがオーナーの「光進丸」が係留されています。

f0103126_21064037.jpg

途中には「究極のそば 晶庵」や「きびなご寿し 味千」、元祖こあじ鮨を競っている「三共食堂」や「八起鮨」」などがあります。そして仁科川を過ぎると那賀川まではさほど距離はありません。あまりに会場に人が少ないので、今年はやっていないのかと思うくらいでした。

時間的に地元の方々は河川敷でお花見の真っ最中。期間中に設けられた臨時駐車場を利用することもなく、河川敷の駐車場に停めることができました。ここから案山子が展示されている場所までは距離がありますが、「花畑」をずっと歩いていけるのでまったく問題なし。帰りは那賀川の「桜並木」を歩けばこの日の目的は達成です。

f0103126_21065030.jpg


この時期に川沿いを歩くと気になるのがやっぱり石色。河口が近いので石が少ないですが、瀬になっている場所には食んでいる天然遡上鮎が見えました。この川としては遡上が多いのか少ないのか判断つきませんが、大きさはタバコサイズよりもかなり小さい感じです。

そしておみやげは名物オーナーがいる「ニサク印 海産屋」。知る人しかしらない、西伊豆の「正月魚」と言われる「潮かつお」が目的。本来は荒巻鮭のように年末に1尾購入するもののようですが、かなり塩辛いので切り身で十分。これに「きびなごの干物」なども購入しました。

f0103126_21063104.jpg

何気に店先に停まっていた「ステージア260RS」。「260RS」は「スカイラインGT-R」のエンジン、ドライブトレーン、サスペンションを流用したオーテックジャパンが手掛けた特別仕様車です。店内にそれらしいお客さんがいないな~と思っていたら、やはり大将の車でした。

ここのオーナーはハーレー乗りで有名ですが、車もこだわりがあるようです。私の車を見て、ここからしばらくは車談義。「260RS」は最初からブレンボ製キャリパーやBBSホイールも装着されており、「GTR」の人気も相まって19年落ちにもかかわらず高値で取引されているのが現状です。

f0103126_21241222.jpg

最近は人並みにゆるゆるの週末を過ごしていますが、さすがに二日続けると身体がなまってしまいます。翌日は体に喝を入れるべく、いつもの時間に起きて朝食を食べてから出発。朝は肌寒いくらいでしたが、気温がぐんぐん上がって水量のあるエリアでも魚は浮いているものに反応しそうです。

目星を付けていたエリアは、ラッキーにも前日も入渓者はない様子。ライズはないものの魚の定位している泳層は浅く、かなりエンドまで出ているので距離をあけてキャスト。ラインの置き場所を間違えるとすぐにドラッグが掛かり、フライを見た瞬間にGoneとなったり、喰いそこなってフッキングに至らないことも…。

f0103126_21232379.jpg
f0103126_21242025.jpg

水量があるので警戒心は薄いですが、エンドの魚が走るとその場所はほぼ全滅。やはり解禁から1カ月が経過して、魚は人影にスレています。エンドの魚がそれなりのサイズなら問題ありませんが、その上に定位している魚の方が明らかに大きい場合が悩ましい。リーダーの水面へのインパクトをエンドの魚がフリーズするくらいに止められるか、走ったのに気づく前に食わせたいところです。

心臓がバクバクするような大物はいませんでしたが、ほどほどにスレているので簡単には投げさせてくれません。久々に天気が良い中での釣りなので、魚もよく見えて楽しい釣りでした。最後は調査を兼ねて枝沢を遡行し、蟻地獄のようなザレ場を突破して見晴らしがきく尾根へ。ここからトラバースしてハイウェイを使って一気に降下して、明るいうちに車に戻りました。

f0103126_21263064.jpg

話題が変わりますが、月曜から車はコーティングショップへ。今まで利用したことはありませんが、ボディとホイール、窓全面をガラスコーティングする予定です。施工期間はだいたい5~6日間。下地を作るのが一番大変ですが、ガラスコーティングも完全に硬化するには1カ月くらいを要します。次の週末までに納車が間に合わないようなら、週末だけ代車を借りる予定です。

f0103126_21061195.jpg
↑ariariさんからの陣中見舞い。いつもありがとうございます040.gif
f0103126_21244500.jpg


by scott1091 | 2016-04-10 21:02 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(4)

Commented by ariari1968060606 at 2016-04-13 22:22
お疲れ様です、彩良くおいしそうなアヒージョですね、ひょっとしてアヒージョ専用鍋ですか?我が家も最近やっていますが、普通のミルクパンに入っているのは、牡蠣、グレの白子、グレの切り身、エリンギのみ(笑)彩の悪さに私は油グダグダ鍋と呼んでいます!
ただ案外美味しいんですこれが。コレステロールが怖いですがネ。
Commented by scott1091 at 2016-04-14 23:09
ariariさん、先日はありがとうございました。
とても美味しかったです!

写真はスキレット(厚手の鉄製フライパン)です。手入れが大変なのでアウトドアーでしか使わない人が多いですが、これはユニフレームの黒皮処理されているものなので、普通に洗剤で洗っても赤サビの心配がありません。我が家は油が少なくてすむので、揚げ物もこれを使っています。

白子はコレステロールがとても高いですが、オリーブオイルはオレイン酸の含有量が多いのであまり影響しません。よって塩焼きの白子を食べているくらいの感覚でよろしいかと思います。最後にスキレットに残ったオリーブオイルを、フランスパンにつけて食べるのが我が家の定番です。
Commented by ariari1968060606 at 2016-04-15 08:22
喜んでもらえて良かったです、我が家は残り油はパスタの残り汁で乳化させてペペロンチーノ風?パスタにしております、菜の花なんかを入れるとこれまた滋味深く美味しいですよ!
今年はベイトが入らずヒラ鈴木は全くダメ、困ったもんです。
Commented by scott1091 at 2016-04-17 12:53
ariariさん、ペペロンチーノも最適ですね!
今日はこちらも荒れ模様の天気です。
途中まで行きましたが、第六感で引き返してきました…。