雑草対策の巻 Vol. 1「除草と整地」

施主さんの意向で庭のメーンはスギゴケで修復しましたが、まだ対応しなければならないスペースがあります。ここもスギゴケを植えることを検討しましたが、コストが掛かりますし、これ以上広い面積を草抜きすることはできそうにありません。スギゴケには「プリグロックスL」を使うことができますが、この除草剤は「ラウンドアップ マックスロード」のように根まで枯らすことはできません。

このスペースはもともとは山野草が植えられていましたが、日当たりと水捌けが良過ぎてなかなか定着しません。現在残っているのはシャクヤクとスイセン属だけで、春になると雑草で埋め尽くされます。そんな場所には「ラウンドアップ」が有効ではありますが、薬剤の値段も噴霧の手間もばかになりません。
f0103126_229011.jpg

そこでこの場所は防草シートを使うことにしました。防草シートは敷く前に除草と整地の必要がありますが、意外と大変なのが整地です。古い庭は木の根元が回りよりも盛り上がっていますし、石組の高さがまちまちなので、防草シートの上に砂利を敷く高さを確保しなければなりません。

すでに除草は終わっているので、高さを揃えるため土を削って行きます。木の根があるので完全に均すことはできませんが、砂利をある程度均一に敷けるようにしなければなりません。写真左側は砂利がこぼれる心配はありませんが、右側はある程度削って砂利がこぼれないように施工する必要があります。

防草シートは十分な透水性があり、半永久的な耐久性を兼ね備えたものでなければなりません。ホームセンターでは廉価なものも売られていますが、検討の結果デュポン社の「ザバーン128」を使うことにしました。同じ「ザバーン」でもっと耐久性が高いものもありますが、庭で使うにはこれで十分でしょう。厚さも薄い方が、縁(へり)の馴染みがよいのできれいに施工できます。
f0103126_2294243.jpg

今週は整地と必要な資材の発注で終了。資材が届きしだい防草シートを敷く予定です。その後はこの庭にも使われている伊勢砂利を敷きます。砂利をあまり厚く敷くことができないので、大きさを何分にするか頭の痛いところ。小さいと歩いたときに動いて防草シートが見えやすくなりますし、大きいと歩きにくくなります。

面積から計算すると砂利は20㌔×12~13袋必要になるので、運ぶときは軽トラを借りなければなりません。伊勢砂利のサイズは2分(6㍉)、3分(9㍉)、5分(15㍉)、8分(24㍉)とあるようですが、今までの経験で泥が溜まって砂利を洗うことになれば、大きいに越したことはないんですよね~。

今年は暦の関係で、我が家は遅いクリスマス。モエ・エ・シャンドン社がオーストラリアで醸造するスパークリングワイン「ドメーヌ・シャンドン ブリュット ロゼ」と、ちょっとだけクリスマスらしい夕食を囲んで、ささやかな「Merry Christmas!」の週末でした。emoticon-0123-party.gif
f0103126_2218413.jpg

by scott1091 | 2015-12-27 22:01 | DIY | Comments(2)

Commented by ariari at 2015-12-30 23:26 x
お疲れ様です、ザバーンですか?草抜きは大変ですものね、私も実家はザバーンにしましたが我が家は傾斜地も有るので高速道路等でよく見かける4ミリ厚の絨毯みたいなのにしました、ヤフオクで半端物が安く出ていたのでまとめ買いしてみました。が、おっしゃる通り整地が大変なんですよねぇ~。私は性格がグダグダなので妨草シートも波打ってグダグダですわ。
今年も色々お世話になりました、少し早いですが良いお年をお迎え下さいませ。
来年も色々お世話になりますがよろしくお願いいたします。
Commented by scott1091 at 2015-12-31 08:08
ariariさん、おはようございます!

すでにザバーンをお使いだったのですね~。傾斜地は上に砂利を敷くことはできませんから、止めピンを沢山使うことになるのでしょう。雑草が生えないことが重要なので波を打つ程度は問題なし。重機を使って均すわけではないので限界があります!

今年は例年にも増してお世話になりました。人生初のヒラスズキは最高の思い出ですし、九頭竜でもご一緒できて楽しかったです。ご家族の皆様にもよろしくお伝えくださいませ!来年も引き続きよろしくお願い致します。