来季の鮎釣り準備をやっつけちゃいましょう!

不足していたパーツも揃い、集中的に仕掛け作り。オフに楽しみながら作る人も多いと思いますが、私はやっつけ仕事の部類なので正味二日間くらいで片付けます。私くらいの少ない釣り頻度であれば、神通用や九頭竜用は2年に1回作れば十分。今年は2年に1回の制作イヤー(嫌~)なので、予備のハナ環回りもサイズ別に量産します。

完成仕掛けの量産で頭が痛いのがスプールですが、今年はフナヤで半額になっていたものを大人買いしました。型の償却にともないシマノの「回転仕掛け巻き」の価格設定が安くなったので、それを受けての在庫一掃セールと思われます。しかし新製品は型押しのときのバリが残ってスプールが開かないものが多く、手直ししないと使い物になりません。
f0103126_22473031.jpg

面倒だな~と思っていたところだったので、まさに渡りに船。店頭にあったものを全て購入したので、スプールが一気に20個以上増えました。既存のものを含めればかなりの数になるので、来季は狩野川用も作る必要がないでしょう。予備の仕掛けは新しいラインと同じように暗所で保管します。

鮎釣りは新製品が発表されてから道具を買い揃える人がほとんどだと思いますが、私は来季必要なものはほとんどこの時期に買い揃えてしまいます。それは新製品で使ってみようと思うものは小物類かハリくらいしかないからです。またタイツやウエット上着はオーダーで作るので、デザインが変わることはほとんどありませんし、値上げがあっても値下げされることはありません。
f0103126_22224945.jpg

今年は九頭竜でタモを2本流してしまったので、手すきの大目網も新調しました。好きなパープルが品切れだったので今回はブラック、ゴールド、オレンジの三色。これで三日間の遠征でも使うタモの色を変えられます。最近の新商品はテクノメッシュばかりなので、手すきのタモがなくなりそうで心配しております。

新しい素材を除けば、リニューアルされると商品が悪くなるのが釣具業界。昨今はメーカーの在庫管理がタイトなのに加えて、販売店もチェーン展開しているところばかりで流通在庫も多くありません。昔ながらの個人経営の釣具店が年々姿を消し、店頭で埃をかぶったそんなお宝を見つける楽しみもなくなりました。

使用して気に入ったものは、そのときに大人買いしても後悔しない。これが私の釣り人生で得た教訓です。こんなに買わなければよかったと思うような新商品を出してほしいところですが、日本製から台湾、ベトナムを経て中国製になり、その中国の人件費高騰を鑑みれば、今まで以上に期待できないと思う今日この頃。値段が上がって質が下がるのだけは勘弁してほしいです。
f0103126_22263017.jpg

↑富山から林檎の便り。ありがとうございました040.gif

by scott1091 | 2015-11-23 22:18 | オフ・ネタ | Comments(2)

Commented by 8年目のたかしま at 2015-11-29 12:20 x
TOMOさん、こんにちは。
まだもう1回くらいは狩野川に行きたいと思っていたのですが、今年の10月は週末にやたら学会や研究会が多くて身動きが取れませんでした??。でもそのおかげで9月は御一緒出来たのですから文句は言えませんね。
結局11月1日に長良中央で納竿となりました。ポツリポツリでしたが最後に結構な瀬に突っ込んで竿先をぐいぐい曲げたら目の覚める様なアタリが続きました。今年も丁度良い引き加減って?と疑問符のまま終了です。
今シーズンも本当にお世話になりました。来シーズンも宜しくお願いしま~す。
Commented by scott1091 at 2015-11-30 21:19
8年目のたかしまさん、こんばんは!

やはり11月まで竿を出したのですね。最後も瀬で目の覚めるような当たりを満喫したのであれば、もう一週くらいは竿を出したかったでしょう。狩野川もこの週末はさすがに釣り人の姿は見えませんでしたが、千歳橋まで下りればまだ人もいるのでしょう。この週末で下流域のオトリ店もほとんど店仕舞いですが、津田おとり店と狩野川商店は来週まで営業するようです。

年が明ければあっという間に渓流が解禁になり、あれよあれよという間に鮎解禁です。オフも仕事や家族サービスで忙しいと思いますので、道具の片づけをしないまま解禁を迎えることがないようお互いに気を付けましょう。まずは今シーズンお疲れ様でした!