富士山の初冠雪が融けるような夏日~!

f0103126_204346100.jpg

天気のサイクルが一日前にずれてくれれば…。026.gif

今週も先週に引き続き、土曜は雨の予報です。そして日曜は晴れて、月曜も同じような陽気に恵まれるとのこと。秋の鮎釣りは天気に大きく左右されるので、土曜は苦戦が予想されます。10月の満月は27日なので、これに向けて鮎が動くので先週のイメージで釣りができるのは今週までとなりそうです。
f0103126_2044128.jpg

朝から雨が降っているので遅めに家を出発。オトリ店の駐車場には車がちらほらありますが、川に入っている釣り人は非常に少ない感じ。どこでも入れるので、まずは上から下まで川見をします。入るつもりでいた場所にカワウの群れがいたので、追い払っても1時間は掛からないので別の場所へ。

駐車スペースがないので少し離れた場所から歩いて川に行くと、結局この場所にもカワウがいました。釣り人がいない狩野川はまさにカワウの天国。カワウが潜れない浅場から探っていきますが、空が暗くて目印も見えにくくテンションは下げ下げ。オトリを替えられないまま時間が過ぎます。042.gif
f0103126_20443131.jpg

同じ場所で粘っても掛かるような状況ではないので、掛かり波のある場所をピンポイントで釣って行きます。そんな場所で小型をぽつぽつ掛けますが、まったく数が伸びません。10時半から14時まで頑張ってやっと7尾。しかしこれ以上やっても1尾たりとも追加できそうにないので、この時間から場所を移動します。

7尾釣ったことによりパターンを掴んでいるので、その条件に当てはまる場所を絞り込み、その中で人のいない場所に入川。川見のときには二人竿を出していましたが、違う人が遥かシモの方にいるだけでした。ここも駐車スペースがないので少し離れた場所から歩きます。
f0103126_2044467.jpg

すでに14時半なので直接狙っている場所へ。ここで釣れないわけがないというポイントにオトリを送り込むと、馴染んだ瞬間に目印が飛びます。ここからはほぼこれの繰り返し。この場所は平均サイズもよく、鮎が動いたちょうど良いタイミングで入ったものと思われます。001.gif

掛かり方はまさに追って掛かっている感じで、腹の大きいメスも混じります。おそらく抱卵のメスが瀬に入る最後のタイミングでしょう。オスも掛かってきますが、夕方の地合になるとメスが連発。いつもは16時に竿を畳みますが、この頃になると天気が回復してきたので30分延長。この場所で19尾追加して、この日は26尾で終了となりました。
f0103126_20423563.jpg

この時期になると日が暮れるのも早い。しかし帰りの道中には、まだ竿を出している釣り人が何人かいました。きっと泊まりで明日も竿を出す人なのでしょう。この週末は秋祭りをする町内も多く、地元の方はそれの準備とお祭りでこの週末は釣りどころではないかもしれません。

翌日は予報通り朝から秋晴れに恵まれました。娘に「いっや~、ちょっとオーバーでしょ」と言われつつも、10月に入ってから初めて半袖短パンで出勤。前日のように空いている狩野川を期待しましたが、9時の時点ですでに超~激コミ。マイクロバスが入っているオトリ店もあり、さすがは10月の狩野川。相模川や酒匂川が10月15日から禁漁になった影響も大きいのでしょう。008.gif
f0103126_20463296.jpg

いつものようにマイナーポイントを見て行きますが、そんな場所にもなぜか先客。広い釣り場ではないので、動けないストレスはメジャーポイントの比ではありません。その上の瀬にも、またその上の瀬にも人がいるので、いよいよ行き場がなくなりました。さらに川見ならぬ人見をして行くと、あるオトリ店の近くにスペースがあったので、オトリは他で購入していたので駐車料金を払って利用させて頂きます。

前日の午後の場所に近いので、おそらく同じような展開が期待できるはず。まずはオトリを替えることに専念します。しかし鉄板ポイントでは最初の1尾は予想外のビリ。それをオトリに2尾目は少しサイズアップ。これをオトリに強い瀬を探っていきますが、オトリが弱くて思ったように通せません。
f0103126_2046479.jpg

このオトリで入る掛かり波を見つけてそこで少し待つと、豪快な「ガツッ、ぎゅるるーん」と竿が絞り込まれます。これがこの週末、メスとしては最大の24㌢。腹が卵でポンポンですが体色はきれいで盛期を思わせるような魚体。しかし早瀬の竿では瀬の中でオトリ操作するには大き過ぎるのでそのまま曳舟へ。

オトリを養殖に戻して流れに馴染ませて待つと、また「ガツッ、ぎゅるるーん」。これもメスですが、オトリサイズだったのでここからやっとペースに乗ります。釣れる鮎の状態(この時期はオスかメス、掛かりどころ、大きさetc.)を見ながら攻めていく場所を配分して、掛かる鮎は漏らすことなく拾います。006.gif
f0103126_21222686.jpg

f0103126_2047420.jpg

竿抜けと思われる場所では面白いように掛かり、雌雄の比率も半々くらい。白子も卵も大きいので、正月の昆布巻きに最高でしょう。過去に九頭竜で子持ち鮎を揃えることができた年がありましたが、狩野川でこれだけ揃ったのは記憶にありません。やはり大きいものほど幼魚放流の魚が多い感じです。

少し離れてはいますが、上下に人がいるので動くことができません。いつも以上に細かく釣りましたが、13時半にはほぼ釣りきった感じです。この時点ですでに曳舟が爆発しそうなので、オトリ缶を取りに行って少し遅めの昼食。曳舟に3尾残して、それ以外は全てオトリ缶に移します。後半戦も同じ場所なので消化試合となるのは否めません。
f0103126_20491221.jpg

掛け波やキワの際狙いでポツポツ追加するものの、数は前半戦とは大違い。しかし釣りの楽しみが変わらないのは、数よりも狙って掛けるというウエートが私の中では大きいからでしょう。立ち位置を変えてタイト×2くらいで攻めると掛かるものですね~。動ければここまで攻めることはありませんが、久々によい勉強になりました。039.gif

おそらく今季最後の「鮎釣り日和」なので、日曜にもかかわらず川から上がる人がいません。私は夕方の地合でまだ掛かっていましたが、この日は16時ジャストに竿を畳みました。釣った鮎を雌雄選別し、メスはさらに卵の大きいものを選ります。オスも魚体に滑があって白子が大きそうなものをピックアップ。冷凍する際にはここまで分けて、ジブロックの中にメモを入れておくと使いやすいです。
f0103126_204252100.jpg

この日の釣果は、今季の狩野川では最多となる43尾。日差しで汗ばむような陽気で最高気温が25℃を超える夏日。富士山の初冠雪も融けて雪面が小さくなりました。今回釣れた鮎の成熟度から判断すると、今年の狩野川は鮎の落ちが早そうです。これから紅葉の季節になるので、どこかで見切りをつけて旅行にも行きたいと思う今日この頃です!045.gif
f0103126_20493476.jpg

by scott1091 | 2015-10-18 21:10 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(9)

Commented by turishi6825 at 2015-10-20 02:09
TOMOさん、こんばんは。
さすが~猛烈な釣果ですね❗先週、一つの棚からあれだけの魚を引き出すのを見せて頂きましたが、アーム次第で狩野川でもこんなに釣れちゃうんだとつくづく感心しました。
日曜日、私も昼から最後の郡上に出掛けて来ました。復習のつもりで瀬の周りをやってみましたが3匹だけ。また無難な浅瀬の泳がせに戻ってしまいました。難しいです❗
Commented by flymoto at 2015-10-20 10:09
ヒェェェェ〜短パンにTシャツですか?若いですね〜^^
掛かるアユもまだまだ綺麗でですね、TOMOさんのブロみると最盛期のような錯覚してしまいそうです。

狩野川、駐車できる場所が少なく漁協さんがもう少し駐車場とか確保してくれたりするとありがたいですよね。
Commented at 2015-10-20 12:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by scott1091 at 2015-10-20 21:07
turishi6825さん、こんばんは!

鮎は一気に落ちるわけではないので、この時期に滞留する場所があります。そんな場所はタイミングしだいで鮎の密度が濃くなりますが、縄張りを持つくらいの成熟度であることが重要です。瀬付きの鮎を釣るわけではないので、いくら密度が高くても通常の群れ鮎ではなかなか掛かりません

ブログの写真は見た目で瀬を使いますが、そんな場所だけ釣っても数は伸びませんよね~。私は浅瀬は引いた方が早いので泳がせませんが、泳がせでしか釣れない鮎もいます。場所や状況に応じて使い分けるのがベスト。お互い頑張りましょう!
Commented by scott1091 at 2015-10-20 21:09
flymotoさん、こんばんは!

だから~、秋らしい里山風景を掲載しているではありませんか!でも例年10月中は半袖短パンなので、今年は週末天気に恵まれないことが多いのでしょう。月曜も気温が高かったので、富士山の初冠雪が全て融けてしまいました~。

駐車スペースの問題は、裏を返せばあれだけオトリ店が存在する理由です。物理的に空き地もありませんが、もし漁協が用意したらオトリ店からクレームが出ること間違いなし。現在、一カ所漁協が確保した駐車場がありますが、無人ながら有料(300円)です。
Commented by scott1091 at 2015-10-20 21:12
鍵コメさん、初めまして。

お申出の件はお受けするのは可能ですが、期待されるほどのものではありません。またこの時期は一週で状況が大きく変わり、解説しながら掛けるのが難しくなります。そんな状況では参考になりませんので、どうしてもということであれば来シーズンにしましょう。ご希望の頃にまたご連絡頂けたら幸甚です。
Commented by ayufly at 2015-10-21 09:58 x
了解しました。来シーズン楽しみにしております。
Commented by ariari19680606 at 2015-10-21 21:57
お疲れ様です、時期を問わず良く釣られますね!そろそろ本当に終盤でしょうか?当方の川では産卵している鮎も見受けました。さて私、久しぶりにホーム行きましたがまあまあ高いウネリで夜釣りは断念、朝から鯛釣りして平リサーチしましたが気配もありませんでした。シオやハマチのチェイスはありましたがベイトっ気が全く無く撃沈で鯛4枚お持ち帰りで終了。かなりの底ウネリだったようなのでまた条件の良い日にリサーチしてきます。
Commented by scott1091 at 2015-10-22 23:22
ariariさん、こんばんは!

鮎の不漁はかなり以前から続いていますが、この2年くらい海の変調が顕著になっているような気がしませんか?特にアオリは私が行かなくなった2013年秋シーズンから年々悪くなっているようです。鮎のように「あの頃はよく釣れたよね」ということにならないよう祈るばかりです。

最近マダイはタイラバや一つテンヤで釣る人が多いですし、こちらではタチウオのジギングが人気のようです。ariariさんがマダイを狙うときはタイラバですか?4枚持ち帰りはあっぱれであります。