釣り人が増えてきたけれど…

先週まではガラ空きだった狩野川。しかしこの土曜は、かなりの人出となりました。天気予報が日曜雨なので、遠出を見送って近場に釣行した人も多かったのでしょう。また漁協が成魚放流するという情報も影響しているものと思われます。な~んか釣り堀みたいですが、釣れないので放流に頼らざるを得ないのが現状でしょう。
f0103126_214647100.jpg

今年の狩野川は人がいなければ何とかなりますが、混雑したら拾えないので数が伸びません。いつものように人のいない場所を探しますが、残念ながらこの日はそのような場所はありませんでした。広大な面積の修善寺橋~神島橋の区間を、釣り人が敬遠しているのも大きな要因です。

そこでこの日はオトリを確保してから、下流域を調査することにします。シモの人と50㍍くらい間隔を空けて入川。水温が低いですが、すぐにオトリサイズが掛かりました。しかしその後はビリが2尾。有望そうな場所がないのでここで場所を移動。オトリが足りないので、現在釣れているという狩野川銀座へ。
f0103126_2145527.jpg

車の数は少なかったのですが、曳舟を持って川に行くとそこはまさに銀座。間隔が空いている場所で少し竿を出しますが、オトリが2尾獲れたのでここは早々に撤収します。下流域のどこを調査するか悩みましたが、流れが変わってから入っていない場所にします。もはや釣り人の姿が浮いている感じですが、曳舟を持って勇んで川に向かいます。

しかし遠目にはわかりませんが、アオノロがひどく石はドロドロ…。石色が良い場所で竿を出するつもりでしたが、かなりの区間見て歩きましたが鼻環を通すことはありませんでした。上流にいる天然鮎がここを通過したことは間違いないのですが、まさに下流抜けといった印象です。
f0103126_2204843.jpg

このまま終わりにしようかと思いましたが、来る途中空いていた場所をもう一カ所調査します。対岸に釣り人が3人見えますが、一番シモの人でも50㍍以上離れています。下流域と違って色の良い石もあるので、少しは掛かりそうな感じ。今年の定番である瀬から攻めていきますが、底石が小さいためか反応なし。

次は対岸にある小さなフクロ。そこで鮎を泳がせると目印が飛びました。入れ掛かりにはなりませんが、似たような場所で誘うと反応があります。今年はハリ合わせで悩むことはありませんでしたが、この日は目印が大きく飛んで掛かっていないパターンが発生。これに対する処方はありますが、そのハリに交換すると口掛かりはバレが多くなります。
f0103126_21404486.jpg

ウエーダーを修理中なのでこの日はタイツ。おまけに着替えたときは暑かったので、ドライシャツではなくアームカバーに半袖シャツ。気化熱による冷却効果もあって、寒くて耐えられなくなって16時前に竿を畳みました。この日の釣果は17尾。またしても目標の20尾を達成できませんでした。

NHK「小さな旅」は一週遅れで土曜に放送されている地域もあるのですね!前日の朝、先週書いた投網によるサクラマス漁を見たよ~と友人から連絡がありました。今週の日曜は「笑顔はこぶ 初がつお~宮城県 気仙沼市~」でしたが、これもついつい見てしまい、いつものごとく遅めに家を出発です。
f0103126_21565480.jpg

道中で雨が降り始めました。予報は雨ですが前日ほどではありませんが、釣り人が見えます。鮎の追いも悪そうなのでこの日は型狙い。渡り場に人がいるので、瀬の段々を利用して川を切ります。この時点では濡れるほどの雨ではありませんが、ドライシャツにカッパのフル装備。ウエーダーもアクアシールによる修理で復旧しました。

やはり下半身が濡れないだけでも全然違います。動けば暑いくらいですが、徐々に雨脚が強くなってきてからはちょうどよいくらい。最初のオトリ交換に神経を集中しますが、やはり安易な場所では掛かりません。この天気で鮎が入っているかな~と思うような場所で、昨日はなかった目印を見失う強烈な当たり。
f0103126_21571039.jpg

オトリには大き過ぎるくらいですが、それに鼻環を通します。狙った場所でもすぐに掛かりませんが、ちょっと間をおいて誘いで焦らすと、目印を見失います。完全にピンポイントの釣りなので、オトリをシモに置いてから立ち位置を下げます。そんな移動中に私の横を猛スピードで上がっていく鮎が…。もう掛かっちゃいました!

しかし釣る場所がなくなると、泳がせても引いてもウンともスンともしないのが今年の狩野川。ここからはハミの甘い鮎を掛けやすい場所で狙います。掛かっても口掛かりで「ポロッ」も多いですが、そんな鮎も狙わないと数が伸びません。やはり天然はこの時期は天気しだいです。
f0103126_2140248.jpg

完全装備のおかげで前日よりも寒くなく、雨の中釣りを続けることができました。この日は16時ちょうどに竿を畳んで26尾。ボリュームは前日の3倍といった感じでした。6月も残すところ後一週。そろそろ違う川で竿を出したいところです。

今年の夏至は6月22日。昔はこの時期は19時まで鮎釣りをしていました。鮎釣りは梅雨明けからが本番ですが、夏至を過ぎると夏を折り返したような寂しさを感じます。
f0103126_21394296.jpg

↑子供から父の日にビール用のタンブラーをもらいました!

by scott1091 | 2015-06-21 21:38 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)